ヤリチン☆ビッチ部(4)【BLCD】

yarichin bitchbu

ヤリチン☆ビッチ部(4)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神17
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

25

レビュー数
4
得点
92
評価数
19
平均
4.8 / 5
神率
89.5%
著者
媒体
BLCD
作品演出・監督
蜂谷 幸
音楽
ナカシマヤスヒロ
脚本
狐山 真夜子
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
Ginger Records
シリーズ
ヤリチン☆ビッチ部
収録時間
枚数
1 枚
ふろく
フリートーク
別ディスクであり
発売日
JANコード
4571453600643

あらすじ

価格: 3,300 円(税込)

33 pt還元

数量:
お下品、だがピュア!大人気学園BLコミックス「ヤリチン☆ビッチ部」から 待望のドラマCD第4巻が発売!
今回のヤリチンビッチ部はひと味違う!いつものハイテンションはそのままに、
かつてない恋愛&シリアスムード満載!!!でお届け☆

<STORY>
怒濤の林間学校も無事に終了!
そして、ついに加島が覚醒! 
遠野への恋心を自覚した加島によるド直球なアタックに遠野は……!!!??
一方その頃、百合とジミーの関係にも変化が。
鹿谷をはじめとした先輩たちの知られざる過去も?

表題作 ヤリチン☆ビッチ部

加島優 → 濱野大輝

遠野高志 → 小林裕介

矢口恭介 → 村瀬歩

鹿谷樹 → 中澤まさとも

藤咲透 → 熊谷健太郎

百合絢斗 → 佐藤拓也

明美圭一 → 代永翼

糸目幸士郎 → 山中真尋

百合絢人 → 佐藤拓也

田村唯 → 興津和幸

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数4

笑いとLOVEと切なさと 

原作既読

アニメで田村先輩が小野さんにキャスト変更になったので、ドラマCDのキャストは興津さんの続投で嬉しいです。
ドラマCDからアニメ化する時にキャスト変更されるのは時々ありますが、田村先輩だけ変更だったのが気になってました。
ドラマCDはオリジナルメンバーでずっと収録して欲しいです。

今回はコミックスが割と気になるところで終わっちゃうので、若干続きが気になりますが、百合君とジミーの初Hがリバであるし、百合君変だけどジミーブッとんでて今回は百合君かなりまともかも。やっちゃんは遠野のこと意識してたり、ビッチ部の部員それぞれ色々あって1枚だけどボリュームたっぷり。鹿谷先輩のお話が分量多めで、今はあんな感じだけど、中学の時は純情でかわいかったんだな。でも過去の恋愛でトラウマになって、今ではかなりエッチになってしまったけど、今でも中学の思い出は大事にしてるから、弱み握られて酷い目にあっても逃げ出せないかと思うと切なくてかわいそうでした。

じめっとした話だけではなく全体的にはわいわいがやがや楽しくて、本当ずっと聴いていたいCDです。
先輩たちの気になる過去の話とかも出てきたので、次回が既に楽しみです。

本当聴いてると元気になるので、おススメです。
アニメイト限定版はキャストトークも付いてて相変わらず仲良さそうで、こちらもおススメなので購入を検討されてる方はキャストトーク付きがいいかも。キャストトークプラス加島くんと田村先輩のひとりエッチも聴けます。

3

安定感と変化球

いつもほぼ原作ママの内容に大満足のシリーズなので、今回もどうなるのかなと楽しみにしていました。待ちに待った第4巻です。

今回の内容は原作3巻の半ばから。
(16話『秘密でいいのだ』のみ、まだコミックスに収録されていないエピソードです)

遠野への思いを自覚した加島。彼の告白は原作でもめちゃくちゃ好きなシーンだったので、これは音声がついたらとんでもないことになるのでは……と期待していたところです。
モノローグから続く加島のドストレートな熱っぽさ。
それを受けた遠野の可愛いテンパり方。
はちゃめちゃなはずのヤリ部なのに、ここだけ爽やかで甘酸っぱくて、正統派の青春ものみたいだ… (?) と思った次第です。
また、二人には上手くいってほしいなあと思うものの、遠野が気になって仕方なくなったやっちゃんともどうにかならないかな……と欲深いことを考えてしまいました。
一年生トリオ総評、全員可愛いです。

そして今回一番気になっていたのは、百合くんとジミーの初めてのあれそれ。
音声化についてはこんな感じになるのかなあとふんわり想像していたものを、いい意味で裏切ってくださいました。
あんなにやかましい濡れ場は初めて聴きました。(大好きです)
勉強不足なのですが、途中、どちらが何を喋っているのか全くわからない箇所がいくつかあったほどです。個人的な聴きどころは興奮のあまり超早口でまくしたてるジミーと、珍しく人語を喋る百合くん。破壊力が凄まじかったです。
これこそ音声で聴きたかった……! と謎の感動を覚えたトラックでした。

最後は鹿谷先輩の、過去から今へ繋がるエピソード。
どうして彼があそこまでのビッチになったのか、その経緯や心情が描かれています。
キャストさん方もインタビューなどで仰っていますが、ヤリ部とは思えないシリアスな話です。誰か鹿谷先輩を幸せにしてください……お願いします……と、思わず伏したくなる内容でした。

今まで深く掘り下げられることのなかった、鹿谷先輩を始めとする三年生の面々も、底の闇? がちらちら見えてきます。これからどうなっていくのか、どこまで見せてもらえるのか、気になって仕方がありません。

巻末にはドラマCDの次巻予告が入っていました。
鹿谷先輩のエピソード、続編からですね。
発売されたばかりですが、原作と今までのドラマCDを合わせて、次巻を楽しみに待ちたいと思います。

4

聞くとすぐ深夜テンションに

WebCMを聴き、今回初めてblcdの限定盤を予約し発売日に購入しました。原作既読です。

1-3に比べ、物語が大きく動き出していますが、最後には必ず救いがある、という謎の安心感が凄いので、とても安心して楽しめます。(鹿谷先輩のあれこれはpixivの続編で解決していたので尚更…いや、本当にビッチ部入ってて、優しい後輩に恵まれてよかった)

個人的に、やっちゃんとたむ先輩のお互いに向けての口調が、他の人に対するのと全然違うのが、毎度激しく萌えます。
たむ先輩は自分が抱く方だと思ってるのがすごい、可愛すぎてニヤニヤが止まらない、、

しんどいことがあったら、これから本当に電車とかで聴きながら笑い堪えて頑張れそう。
話を知っていても、何度でも聴きたくなる、大好きな作品です。
永遠に続いてほしい(^^)

購入を検討してる方には、ぜひフリートーク込みで楽しんでほしいです。キャストの方たちの素で楽しんでる感が伝わってきました。

4

ラブ部分強め、でも安定の浄化力

1巻目が出た時は、自分がこの作品にこれほど救われるとは
正直思っていませんでした。

原作を読んでいても楽しいですが、
音声になるとハチャメチャ、ラブあり、笑いありの世界に引き込まれ
笑って、笑って、キュンとして、嫌なことを全部忘れられる、
心の浄化剤となるのです。

まず今作で一番注目すべきは、加島の告白からの
加島×遠野ペアの純愛の進展です。
「理由がなくちゃ好きになっちゃダメなの?」
「考えてみたけど、やっぱり分なかった」
々な台詞は、濱野さんの低音で更に甘く聞こえますが
遠野役の小林さんの「はぁ??!!」等のキレ芸で、
ただのラブコメにはない味わい深さに変換されます。
甘いだけではすまされない!

フリトで矢口役の村瀬さんが、
「濃いキャラに隠れてたけど、遠野も加島も濃かった」
と仰っていますが、本当。二人だけでも十分面白い。

矢口は遠野に素性がバレてから、以前とは違った不器用という可愛さを
遺憾なく発揮しています。

遠野を暴漢から守りナイトを申し出るシーンでは、
有無を言わさず「そこは、はい、お願いしますだろ!」
と言っていますが、
原作で読んだ時はもっとキレながら言う感じなのかと思っていましたが
音声ではテレも程よく入っていて、村瀬さん、相変わらず上手でした。


今作の最大の聴き所といえば、百合くんとジミーの絡みです。
これは音声表現が難しいのではないかと思っていたのですが、
結果として原作のマンマという印象を受けました。

百合くんは百合くんの意味不明の部分もあり、
ジミーも気持ち悪いと直向きを保ちながら、
変に色っぽくなりすぎず、色々な意味で必死の絡みがきちんと描かれていて
佐藤さんと熊谷さんのお芝居に、感謝するばかりでした。
あまりエロくないけどキュンとするって、誰もができる訳ではない。

タム先輩は、個人的にはやはり興津さんの印象が強くて
CDでまた興津さんの声で聴けて嬉しかったです。
「ブス」の一言に込められた、矢口への愛情と
真っ直ぐさと、子供っぽさが、興津さんの声で際立ちます。

後半は鹿谷先輩の中学時代のお話で、
ヤリ部にしては珍しくシリアストーンになります。
ただの乱交好きではなかった鹿谷先輩の人となりを知って
キャラに対する愛情が更に強くなりました。

これほどまで作品の世界が広がって、
しかもハチャメチャな割に嫌みが全く無いのは
声優さん達の演技力のたまものだと思います。
この作品が勢いになった方もいるのではないでしょうか?
だってみんな上手なんですもの!

特典CDはラッキースケベからの加島とタム先輩の一人エッチ。
音声だけだとどこまで見えちゃったのかは分かり難いですが
一人だとこうなるのね・・・的な新たな一面が見えて興味深かったです。

はあ、嫌なことがあってもしばらく頑張れる・・・
このCDがあれば、お酒もケーキもサンドバックもいらない・・・
尊い作品を、どうもありがとうございました。

6

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

CD

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ