ヤリチン☆ビッチ部 (1)

yarichin bitch bu

棒打棒☆碧池部

ヤリチン☆ビッチ部 (1)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神344
  • 萌×2120
  • 萌78
  • 中立25
  • しゅみじゃない71

177

レビュー数
86
得点
2459
評価数
638
平均
4 / 5
神率
53.9%
著者
おげれつたなか 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
幻冬舎コミックス
レーベル
バーズコミックス ルチルコレクション リュクス
シリーズ
ヤリチン☆ビッチ部
発売日
価格
¥680(税抜)  
ISBN
9784344836310

あらすじ

新鋭おげれつたなかがお贈りする山奥の全寮制男子校で繰り広げられるフリーダムな恋と性春。意外と?甘酸っぱい展開にハマる人続出!

表題作ヤリチン☆ビッチ部 (1)

加島 優(高校1年生・転入生)
遠野 高志(高校1年生・転入生)

同時収録作品ヤリチン☆ビッチ部

明美 圭一(高3・ヤリ部部長、タチ専)
糸目 幸士郎(高3・ヤリ部部員)

同時収録作品ヤリチン☆ビッチ部

モブ
百合 絢斗(高2・ヤリ部副部長、秀才)

同時収録作品ヤリチン☆ビッチ部

田村(高2・バイで両刀)
モブ

レビュー投稿数86

タイトルに合わず逸品でした!

タイトルでどんな話や!と、躊躇してましたが、今までとっても勿体なかった〜!

写真部改め、ヤリチンが集まるヤリ部の話なのですが、なんでだろう…下品な感じもなくて内容も濃くてすごく面白かったです。

ヤリ部のキャラが濃すぎて、主人公が時々誰だっけ状態になるほどなんですが、それが逆に自分がこの学校に入学して体験しているような…乙ゲー的な視点で読めて面白かったです。

こんなにキャラがいると、いつも誰だっけ…と混乱してしまうのですが、これは全然大丈夫でした。そして皆すき!!
まぁ、強いて言うなら百合くんは最強気になるキャラですが…
タイトルほどエロくもないので、実はBL初心者にもおすすめしたい作品です!

0

全てが好き。

おげれつたなか先生の丁寧なエロがふんだんに盛り込まれていて最高です!
コミカルにストーリーが進んでいて、BLという枠に捕らわれていない新しい面白さがありました!
でも、面白いだけじゃなくてキャラの少し暗い部分が見え隠れするのが、おげれつたなか先生すごいなと感心しながら引き込まれてしまいます。

一人一人のキャラがとても、魅力的で、大好きになってしまいます。推しが見つかるかも??
題名のインパクトだけじゃない✨
ストーリとキャラクターの深さと面白さ…。
大好きなシリーズです。

0

テンポ感!

かなり長いこと人気な作品ですよね。

キャラが多く、固定のカプが少ないのが商業BLなのに二次創作感があって新鮮かも。乱交も乱交。性の乱れって感じなのにエロエロ過ぎないのはなぜ…。
主人公の濡れ場がないというのがかなり大きいのだと思うが、エロよりもギャグ寄りなのが読みやすいし過激なエロが苦手でも手が出しやすい理由なのかな。
テンポ感が非常に良くてだれることなく読める。内容が結構濃いはずなのに読んでしまう。おげれつ先生って本当に男子のノリを描かせたら天下一品ですね。


気になってる方はまずおげれつ先生のpixiv垢でアップされている話を読んでからでもいいのかなと思います!

0

レビュー

タイトルから少し、抵抗をいだいてしまう人もいるかもしれませんが、恋に対する気持ちはピュアでキュンと来るところが沢山あります!後は、エロとのバランスが良いと思います(笑)

BLに慣れていない人には少し、ハードな内容かもしれません!
しかし、推せるCPが沢山あるのでとってもおすすめです!!

0

The 下品 の中のピュアピュア

〖DMM電子書籍〗
修正 : 白線
カバー折り返し : なし
カバー下 : あり、4コマ『ことの真相』
帯 : なし
裏表紙 : なし
電子限定特典 : なし
備考 : 限定版小冊子は例のタム先輩輪姦のお話。
ひと言 : 本編もそうだけど、こんな下品なDK嫌だ…とか思いつつ、キュンとさせてくるから読む手が止まらない。

〖紙媒体〗
未読

0

タイトルそのまんま

ただただ面白い
キャラクターがそれぞれ個性的で、好みが分かれるところが良い
ほんとに、スゴイとしか言えない
ごちゃごちゃしてるかと思いきや、ちゃんのそれぞれが独立してるからスゴイ

ヤリチンビッチなんてタイトルで
中身もそのまんまなのに面白い
なんなんでしょうね

絵はいつも通り美しくて
エロ度も高い作品で
その中に純愛というか初々しい恋愛もあってバランスが絶妙です

今まで読まずにいたのですが
たまたま読む機会に恵まれ手にとったら
思ってた通りのところも多少ありつつ
それ以上のお話に大満足です

0

推しができるBL!

BL作品ではなかなかの登場人物数!(そしてみんなキャラが強い)二次オタ腐女子にぜひともおすすめしたい作品です。推しがつくれる!鹿ちゃん先輩すこ。
抜群のギャグセンス・にぎやかなエロが映えますがそれぞれのカプのストーリーが今までにない感じで心にグッときます(語彙力)
絵も綺麗で見やすいです!コミックスのみ掲載のお話や描き下ろしめちゃめちゃあって驚いたのでwebで読んできた方にも紙媒体おすすめしますよ!
そしてタイトルで回れ右してきた人!とりあえず支部で1話見てきて〜!!

2

BL界に燦然と輝く天才の作品。

twitterやってるとチラッと目に入ってくるんです…ヤリチン面白い、という話。
はっきり言って拒絶反応しかなかった・・・絶対読むもんかとすら思っていました。
ヤリチンとビッチが大嫌いだったんです。読むわけない!!!

・・・という私の堅い決意は、BL沼で割とアッサリ覆りました。
まずはpixivで読んでみて良かったら買ったら?という賢人のアドバイスに従い、pixivを読み始めました。
冒頭の部室に入った遠野と同じく、目が点になり、スマホをほかし投げるところでしたが
踏みとどまり、読み進めて、速攻やられました。イキイキとした個性溢れるキャラ、そしてなんといっても加島と遠野のムズキュンの恋愛に。
あのキスシーンは歴史的名シーンです。遠野とともに私の腰も砕けました。
(あのキス、最初唇合わせた後加島が遠野の唇をぺろりと舐めて、おもむろにベロを絡めてて腰砕けにするんですよぉぉぉ加島‥!)

あとがきに、おげれつたなか先生の(この御名前も今となっては天才としか)
「当時狂おしいほどヤリチンとビッチが好き」というコメントが書かれており
天才は違うな、と過去の自分を猛省しました。
今やヤリチンとビッチこそ至高なのだと私の思考は180度転換しました。
何で今まで読まなかったんだろう、と壁に頭を打ち付けたい思いです。

私のレビューなどなくても、全ての腐った人たち、腐りかけの人たちをこれからも虜にして
ゆくのでしょう。追い続けます!!!

4

気持ちいいくらい突き抜けちゃってる!

タイトルが強烈すぎて避けて通っていたけれど・・・
たまたまpixivで公開されていることを教えてもらい、読んでみたら止まらなかった。
たしかにヤリチンもビッチも出てくるし、設定もキャラも突き抜けちゃってるけど、ここまでだと逆に気持ちいい。

主人公の遠野は案外常識人だし、彼の冴えわたるツッコミも結構好きです。
読んでいるとついつい呑みこまれて常識とか飛んじゃうから・・・大事大事。

結局、推しキャラも出来ちゃったし、好きなCPも出来ちゃったし、もう続きを読まないなんてこと出来ません!
もうヤリチンでもビッチでもいい!
みんなカッコイイし、かわいすぎるよ!

今は紙媒体で買おうかどうしようか悩み中。
本棚に並んだら強烈なまでに目を惹くタイトル・・・
もし、自分が突然死して家族が遺品整理しにやってきて本棚に並ぶこのタイトルをみたらびっくりするんじゃないかしら・・・
ああ、悩む。

1

まさかの食わず嫌いだった…!

そう思えるくらい、私は読み終わったあと非常に楽しく、かつもっと早く読んでおけば良かったという気持ちになりました。(pixivにて最新話まで読了)

基本的にBLに限らずストライクゾーン全方位型のため、割とジャンルはボーダーレスなのですが、これだけはタイトルの時点で嫌煙してました。
従って作者が誰かまで確認しておらず(表紙もチラ見でおげれつ先生まで判断つかず)、先生の著作と知りびっくりしました。
正直『うわ…流石にこのタイトルはないんじゃねぇの…?え、アニメ化?やべぇな日本もとうとうここまで来たか…』みたいな、世も末感を感じておりました。ごめんなさい笑

いやでも、あのおげれつ先生だ!読まずに判断できぬ!どんなエロエロ頭ゆるゆるか見てやろうじゃないか!!と天の邪鬼魂が炸裂し、読み出したらまぁ止まりません。一気読みです。作品に対するイメージがまるで変わってしまいました。

だってだって超面白いんだもん!!!!
乱交の衝撃が強いですが、ストーリーの流れが非常に面白いと思います。
そりゃあね、節操なんて概念はありません。主人公と一部のみで、諸先輩方は現実にもし存在したら息子を叩き切ってやりたいくらいにはゆるゆるです。
でも、コメントされてるようファンタジーなので。
最初は上記のような印象で、強引に勢いのまま突っ走るのかと思ったら、話数を重ねるごとに見事な群像劇になっています。
一人一人の生立ち等が明かされ、エピソードが重なる度にそのキャラに対する愛着がぐんぐん上がっていくんです。
特に鹿谷先輩なんて一番印象変わりましたよ!最初は一番めんどくさいキャラだなと思ってましたが、とびきりの笑顔と後輩想いなところに見事にやられました。明美先輩も、ぶりっ子ドSキャラかと思えば、一番冷静に判断して皆を纏めてますし…彼しか部長はいねぇ…
そして加島のまっすぐさ。真面目な場面はしっかりと纏めてあって、各々の恋愛模様に終始キュンキュンしてました。そもそもこんなに心の機微を描いているとは思ってませんでしたから笑
遠野はキャラとしては平凡な部類なんですが、先輩たちにすっかり馴染んでて何だかんだ楽しそうで、彼の気取らない人間性が好きで爽やかに読めるのもポイントかと。
絶対に入りたくないのに、あら不思議、『あれ?もしかして楽しい…?』と面白そうだから入ってみたいという異常事態が私のなかで起こりました。

とはいえ、ベースがヤリ部。下品が正義。私はお腹抱えて笑える場面が多々あって笑いと胸キュンが一緒の非常に美味しい作品でしたが、合わない人はとことん合わないと思います。ので万人受けではありません。レビュー★1も★5もどちらもあって当然です。ただ、私は読んでみて、完全に食わず嫌いだでしたし、この方は本当に漫画お上手だなと思いました。勿論タイトルからしてそうなることは仕方ないとも思いますが…笑

おげれつ先生もですが、はらだ先生、吾妻香夜先生のように、作品の振り幅が大きい方々が多々いらっしゃるのが、BLは本当に発掘しがいのあるジャンルだとつくづく思います。

まぁあまりこんな作品ばかりでもどうかと思いますが笑、胸が裂かれるような硬派な作品も、脳が麻痺するようなお馬鹿な作品も、どちらもあるのって素敵なことだと思いました。
気になられた方、宜しければ是非一読を。
新しい扉が開けるかも?

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う