ヤリチン☆ビッチ部 (2)

yarichin bitchbu

ヤリチン☆ビッチ部 (2)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神37
  • 萌×218
  • 萌13
  • 中立5
  • しゅみじゃない7

21

レビュー数
11
得点
301
評価数
80
平均
3.9 / 5
神率
46.3%
著者
 
媒体
コミック
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
バーズコミックス ルチルコレクション リュクス(コミック・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥679(税抜)  ¥734(税込)
ISBN
9784344839403

あらすじ

活動内容はずばりS●X! 性に奔放な先輩たちと童貞新人部員たちが繰り広げる意外と純情ピュアハートな大人気学園BL、第2巻!

表題作ヤリチン☆ビッチ部 (2)

松村・モーリモリ学園の教師
鹿谷樹・高校3年生

同時収録作品ヤリチンビッチ部

糸目幸士郎・高校3年生
モブ

同時収録作品ヤリチンビッチ部

モブ、百合絢斗
百合絢斗、田村

評価・レビューする

レビュー投稿数11

笑いすぎ注意!!!

2巻目から林間学校編が始まります。林間学校って初めて聞いたとき輪姦学校かと思ったのですがさすがに違いました笑。鹿谷くんが頑張って後輩たちに先輩ぶっているところが可愛くて萌えました!あー!!かわいい!!そして百合くんも結構登場してきて百合くん好きにはたまらないと思います! 

限定版ではもう本当に百合くんのかわいさとアホさが際立っていてかわいい!!!百合くんは百合くんなんだな、と思えるお話でした。田村くんのつくった卵焼きを食べて「おいぢぃぃいい!!」って言って喜んでいる百合くん本当に天使です... 。是非紙であの百合くんをみてください!!

1

百合君のルーツが!?

1巻同様、かつてなくわちゃわちゃしてるBL漫画です(笑)。登場人物も多く、全てを真面目に読んでると疲れるので、私は好きな加島×遠野カプに関係してこない箇所はサラっと読み流してます。
このカプについては、今回、あまり恋愛面での発展はありませんでした。加島→遠野で、遠野→やっちゃん(恋愛感情かは微妙)の三角関係だったのが、やっちゃんの猫かぶりに今回遠野が気付いて、次号どう展開するのか気になるところです。やっちゃんは、幼少時からの加島に対するコンプレックスから加島が好きな遠野に近付いたようですが、もしかすると加島に対する気持ちは拗れた恋愛感情もあるのかもしれません。加島の気持ちに全く気付いてない遠野の天然ぶりと、加島の恋するイケメンぶりは見ていて微笑ましかったです。
ほぼギャグよりの漫画なんで、今後もあまりドロドロやシリアス展開にはならないと思いますし、それを期待してます。

限定版小冊子は小学生の百合くんと田村の話です。百合君のあのキャラのルーツがわかるかと期待したのですが、百合君は小学生の時から百合君でした(笑)。田村君はどこにでもいるちょっとお調子者の小学生って感じ続きですね。その頃から面倒見の
いい優しい子だったみたいです。百合君のルーツについては謎のままでしたが、今の田村君に成長した理由はただ一つ。百合君と出会ったせいだということは理解しました。

2

百合くんのモグモグ可愛い

ほんと下品!でも大好きです。
pixivの時からちょこちょこ見ていたのですが、記憶にないシーンがちょいちょいあって、単に忘れてるだけなのか、書き足して下さってるのかはわかりませんが明美先輩と糸目先輩のおかしな関係が糸目先輩から言い出したことなんて初めて知りました。

特に今回の二巻は林間学校のお話でみんなの意外な一面がまた出てきましたね。特に鹿谷先輩!もうどこから突っ込んだらよいのやら、遠野くんもそりゃ劇画タッチで固まるわっ!百合くんが一番ヤバイ奴だと思っていたけど、違う意味で一番の変態は鹿谷先輩に間違いないですね。それなのに、スイカにかけて一番美味しいものが蜂蜜と答えたときの可愛らしい顔ったら、ズルいです。

それと、みんなでお風呂に入っていたときの糸目先輩の後ろ姿と言うか、首筋から肩にかけてのラインがカッコ良すぎです。その糸目先輩が後輩らしき男の子にせがまれて林のなかでやってるエピソード、終始雄っぽさが出ていて素敵でした。

3

人多すぎで…

…読み流してると顔の見分けがわかりづらくなってくる〜。
本作は「ビッチ部」の活動部分はなくて、高校生活の方が主のようになってるので、帯に『お下品注意‼︎」ってあるけど思ったほど下品じゃなかったです。
よい子っぽかった「やっちゃん」が実は猫かぶってたとか、加島に憧れすぎてこじれて加島の好きな子取っちゃおうとか、この先どうなるのかは気になるし楽しみではあるけど、言ってみれば「よくある展開」なので、そこは実は読みやすい。
ただ、登場人物が多くて、このカップル、このカップル、と色んなエピソードが連なってくる所なんかは、私には読みづらくてこのエピいる?とかもっと減らしてもいいんじゃないの?とか感じてしまいました。
今気になるのは「明美x糸目」のCPかな…過去何があったのかとか、知りたいです。百合くんは…ヒト語を喋ってくれないから魅力感じなくなってきちゃった…

3

面白かった

待望の2巻です。
相変わらず面白かったのですが、まだまだ先が長そうです(笑)やっちゃんの猫かぶりが徐々に暴かれていって、最終遠野にバレてしまいます。今後の2人の関係性(?)が気になるところ。
明美×糸目の関係も少し気がかな点があったので、伏線ですかね~?糸目先輩が健気すぎて。。。
私的に百合×ジミー ジミー×百合 わかんないですけどこのcpが一番気になります!!百合くんかなりやばいやつだと思ってましたがジミーのがやばい気がしてならないのは私だけじゃないはず。。。(笑)

あと1つだけ。少しネタが多いので読みにくく、もう少し減らしてもいいんじゃないかなと。1巻の時はあまり思わなかったのですが、2巻になって少しそのように感じてしまいました。この会話いるのかな…?とか。。もしかしたら伏線かもしれないのであまり言えないのですが…(汗)

3

楽しい気持ちで読めます

大好きな作品の第2巻です。
個性的な写真部の面々(+サッカー部1名)がわちゃわちゃしているのが楽しくて好きなのですが、それぞれ好きな人がいたり、何か訳ありっぽい感じだったりで、物語としても面白いです。

最初はどうでもいいと思っていたキャラも、背景が見えてきて、どの子にも愛着が湧くというか…。こんなにたくさんキャラがいてひとりも嫌いな子がいないのがすごいです。
今回は潔癖で人嫌いっぽい鹿谷先輩がやたらと1年と仲良くしたがっている姿に不覚にもときめきました。特に描きおろしのクッキーの話!

もうひとつの描きおろしでは、百合くんと田村とモブが視点固定で3Pしてます。
いいもん見せてもらった~って感じでした。このふたりも大好きです。

限定版小冊子は小3・小6・中2の百合くんと田村です。どっちも全然かわってなくて笑ってしまいました。田村の方は今よりピュアだったのかな…?どちらも可愛いです。

あと、百合くんのストーカーだったジミーが、百合くんに負けず劣らずの変態でした。今後一層の活躍が期待されます。

なにより主人公の遠野君は誰とくっつくのだろう?!と楽しみにしてま続きす。まだまだ結論が出るのは先になりそうですが…。
次巻が楽しみです。

2

青春!

一巻でもちらちらとでてきましたが、
今回はやっちゃんの内面にせまった回から始まります。
明るくて可愛くてみんなのアイドルだったやっちゃん。
その本性は実は性格がかなりきつくて…
小さい頃から誰にでも愛される人気者の加島くんに憧れ真似をしています。「優になりたい」から「優に勝ちたい」になるまで拗らせています。
加島くんの遠野くんへの恋心に気づいて、それを利用することにするのですが。

話の流れとしては、林間学校でのみんなの楽しいあれこれ。そして、やっちゃんの本性が遠野くんにバレるまで、というところです。

この作品で好きなところは、キャラクターの設定がきっととても細かいのでブレがなくて、回を追うごとにそれぞれの個性がさらに輝きを増すというところです。
今回も本当にみんなかわいい。
やっちゃんに、他の人には見せない一面を見せてもらえて(口汚く罵られて)一日中ぽわーんと脳が溶けちゃってる田村先輩も。
わかりにくいけど、実は後輩と仲良くしたくて林間学校楽しみな鹿谷くんも。
百合くんを崇めすぎてやばいジミーも。
遠野くんに対して、ザ・恋する男子高校生という感じの加島く続きんも。

多くて書ききれていませんが…。

こんなにもぶっとんだタイトルとお話なのに、友情、エロ、恋、秘密、劣等感、みたいな青春のいろんな要素が、ごく自然にちりばめられて、その全てが萌えになります。
それぞれがそれぞれの青春を精一杯過ごしていてかわいい。
あまりお下品な印象は受けないのも、そのせいかなと思います。


今回、やっちゃんについてはわりと詳らかになってきましたが、1巻から続く、キャラたちがふとした時の表情から匂わせる、それぞれの抱える思いは、まだまだあきらかにはなりません。
林間学校での川遊びや夕飯作りなどのキラキラした?青春コメディの流れの中に、挟み込まれるようにして、シリアス寄りだったりエロだったり、ピュアな恋愛模様だったりとキャラそれぞれの重要な場面が断片的に入りこんできて、お話に厚みを持たせています。
明美先輩と糸目先輩、二人の間に何があるのか。
百合くんとジミーの進展は。
田村先輩の恋も。
もちろん加島くんと遠野くんのピュアな恋も。
早く見たいという反面、ずっと続いてほしいとも思ってしまいます。

そしてやっぱり、基本的にギャグたっぷりです。笑いました。
個人的には、やっちゃんの素のほうの極悪な笑い方がおもしろかったのと、書き下ろしの百合くんのエラーで笑ってしまいました。

3巻も楽しみです。

5

爽やか?林間学校編です

おげれつたなか先生のコミックは全て持っていますが、この作品が一番好きです。

ちょっとシリアスで痛い部分があったりする作風の中で、こちらは気負わず、とにかく楽しく読めるのがいいんですよね。
帯の所に「お下品注意!!」となってますが、ギリ不快感を覚えない、笑える下品さに仕上がっているのも上手だなぁと思います。

1巻では、どちらかというと加島と遠野の関係に焦点が当てられていましたが、2巻ではやっちゃんと遠野に重点が来ています。
1巻で、ちらりと伏線は張られていましたが、本当のやっちゃんてこんな子だったのねと、なかなかびっくりです。幼い頃の歪んだ憧れみたいなものを、かなり拗らせちゃってますね。
序盤では、加島に勝つためだけに遠野を利用しようとしているのに、話が進むに連れ、無意識にといった感じで素の部分を見せたり、遠野に微妙に惹かれてる雰囲気が出てくるのがとても萌えます!

この作品は登場人物がとても多いのですが、それぞれの恋愛模様を楽しめるのも面白いです。これだけ人数が多くなるとゴチャゴチャしそうなものですが、そのへんも上手に読ませてくれます。今作では、鹿谷先輩と糸目先輩続きが特に良い味を出してくれてました。

基本的にはギャグ満載でゲラゲラ笑いながら読めるのですが、その中で所々にキュンと萌える展開が入ってます。まさに、粗筋にあるように「お下品、だが、ピュア」ですね。

衝撃(笑撃)のラストだったので、今後のやっちゃんと遠野の関係が大変気になります。あと、今回は加島の出番が少なかったので、次巻ではまた活躍してくれる事を期待してます!

3

 

ネット掲載分に加え
オールキャラの非エロギャグと百合たむモブの三つ巴ドエロの描き下ろしショートの2本

髪かき上げた加島かっこいいなー
眼鏡なしの鹿谷先輩美人だなー
しかしこのヤリ部ワールド
未だに童貞の主人公2人の方がおかしいんじゃないかって気になってきますね(混乱)

3

安定のギャグ巻

安定の爆笑であった
今回はエロよりギャグ要素が上回っていたね
残念な事に修正が.....なんだあの修正の仕方初めてみたww
修正気になる時は支部でみるといいよね

明美と糸目のどうなってんだ、この関係!とか
田村はやっちゃんにメロメロだし
ツンツンしてた鹿谷が、まさかの
俺だって先輩だぞとデレを見せてくれたり
スイカははちみつ派とか(キモッ☆
何でお前ブラしてんだ!?とかww
ジミーが予想以上に変態だったとか!!気になるところは色々

加島に憧れて、なりたくて。でも何もかなわない...
そこで遠野の自分に好意を寄せている事に気づき
もし俺が遠野を落とせたらと優越感味わいたい
流石やっちゃん。ゆがんでる~☆

肝試しでビックリして、やっちゃんが田村に抱きついた時
やっぱこの二人やな!ってなってしまう

遠野の謎の呪文と
あまりの怖さで本性をさらけ出してしまった、やっちゃん
ヤケクソになって、騙されていた遠野を馬鹿にしていたけど
やっちゃんは、こっちの方がいいと思うw
遠野も、やっちゃんのエンジェル像が破壊されたので今後の展開を楽しみに
続き今回は加島があまりからまなかったので、加島x遠野が見たい


そして読者も引く
ジミーの変態っぷりがw百合以上に変態でびっくりしたwww
こんCPは逆の意味で気になるい

10

1巻での伏線を回収しつつ

発売を楽しみに待っていたビッチ部の2巻。タイトルはちょっとアレなものの、鮮やかな色遣いの表紙&タイトルの文字の色がエメラルドグリーンという保護色に守られ(?)タイトルが読みづらいのでリアル書店でも買いやすかった☆

という事でレビューを。ごめんなさい、ネタバレ含んでいます。







表紙をめくってすぐのカラーの口絵はやっちゃん。
1巻では数少ない常識人の一人、のイメージでしたが、この絵で彼が持っているのバ〇ブ。あれれ?と思いつつ読み始めました。

序盤はやっちゃん視点のお話。
やっちゃんって、明るくって親切で良い人、のイメージでしたが、実は巨大な猫被りさん。でした。

加島くんとは従兄弟の関係のやっちゃんですが、子どもの頃、親切で、明るくて、みんなの人気者だったのは加島くん。そんな加島くんに憧れを抱き、その気持ちがいつしか憎しみにまで到達してしまっていて。
加島くんのようになりたい。
そして、彼の鼻を明かしてやりたい。
それだけがやっちゃんの行動の原動力。

加島くんは遠野くんが好き。
だから遠野くんと付き合っちゃえば加島くんをぎゃふん続きといわせられるんじゃね?
という思考回路に至った彼は…。

という出だしで始まりますが、2巻はモーリモリ学園恒例の輪姦学校…ならぬ林間学校でのお話がメイン。

1年生から3年生までシャッフルされグループ分けされる彼らですが、まあ、基本は「ヤリチンビッチ部」の皆さんのドタバタコメディ。

1巻でちょっとずつ小出しにされてきていた部の皆さんのバックボーンや想いが、少しずつ見えてくる巻でした。

1巻ほどはカラミはありませんが、それでも所かまわず、相手もかまわずの濡れ場はあります。
でも、下品になり過ぎない。
彼らが本当に恋してる相手への想いが透けて見えてくるからなんじゃないかな。
蓮っ葉な態度やビッチさんな行動をとりつつも、みんな、恋する男子でめっちゃ可愛いです。

ビッチ部の部員ではないけど、百合くんに恋してるジミーくん(本名・藤咲くん)も大きな存在感を醸し出してました。「あの」百合くんについていけるのは彼しかいないと思う☆

2巻ではあまりエチシーンはありませんでしたが、最後の書き下ろしがエロかった…。
童貞くんを喰っちゃう百合くんと田村くんのお話。
1巻のあのアホでエロい(褒めてます)空気感はこの最後の描き下ろしで堪能できました。

突き抜けた個性を持つ面々がたくさん出てきながら、彼らの秘めた恋心(秘めてない奴も一部いますがw)や複雑な関係を上手に描き切るのはさすがおげれつさんといったところか。

3巻も楽しみです。

11

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ