ねこねこケイヤク(2)

nekoneko keiyaku

ねこねこケイヤク(2)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神6
  • 萌×28
  • 萌5
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
77
評価数
19
平均
4.1 / 5
神率
31.6%
著者
楢崎壮太 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
リブレ
レーベル
ビーボーイコミックスDX
シリーズ
ねこねこハニー
発売日
価格
¥670(税抜)  
ISBN
9784799745526

あらすじ

世渡り上手なチャラ男・駒野の恋人は、凹むと猫になっちゃう性質の同級生・小根森。
付き合い始めたばかりで幸せな学校生活を送っていた二人の前に、
突然小根森の「契約相手」を名乗る男が現れた。
契約の内容は、その男のペットとして身も心も捧げること!? 
このままじゃ小根森が他の男に奪われちゃう――!
ねこねこシリーズ読者必見の同級生編!ラブエロ描きおろしも収録

表題作ねこねこケイヤク(2)

駒野
小根森

その他の収録作品

  • キスと帰宅のその間。
  • 描き下ろし

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数4

今度こそ…と期待してました!

大好きな『ねこねこシリーズ』の、猫谷家以外の猫ちゃん第2巻です。

1巻では両思いになりお付き合いしましたが、それまでが今までで一番酷い攻めだったので、今度こそ甘やかしてあげてほしいと期待して読みました。

うん。前回の失敗から学んだのか、今回は一生懸命好きな人のために頑張ってましたね。
ただ、まさかのシリアス(!?)展開にビックリしました。なるほど!と思えるところもあれば、益々謎になって、次への伏線?なんて思ったり。

とはいえ、子供相手とはいえ平気で嘘をついてた杵淵や、どこでも盛っちゃう駒野、見た目は怖いのにすぐ猫になっちゃう小根森に、引いてる自分がいてあまり楽しめませんでした(実は1巻から、駒野が好きなタイプではありませんでした…)。

小根森のアメショーは可愛くて好きですが、やっぱり猫谷兄弟が大好きなので、そろそろこの3人でお願いしたいですね。

1

最後にH入れたからいいってわけじゃないし。

ねこねこシリーズとしてちょっと毛色の違う「ケイヤク」の2作目。
前作のレビューにて、脅してヤるのはねこねこの世界観とは合わない、と書きました。
本作ではもうすでに駒野と小根森は甘いカップル的な空気になっていて、確かにねこねこっぽくなってきた。けどじゃああの1作目のツカミはなんだったのよ…
そして新展開、というか、「猫成」という用語や、庇護契約の制度、猫谷一家は対象から除外されているという事実…
これはこれからのねこねこシリーズ全般に通じて行く伏線というか、いわば大前提がここで明かされた、という事ですよね…
もうカラダ込みの愛玩契約じゃない事がわかったから、杵淵さんはもう出ない?それとも杵淵さんも本命がいるみたいなんでこっちもスピンオフる?
広げすぎ…
話中立、猫は可愛いので「萌」で。

1

まだ続くであろうシリーズへの仕込み巻。

猫になるヒトのこの作品の中での設定がはじめて説明されました。

ただ、猫谷家パパのせりふで「ん・・?なんで?」となったのはわたしだけではないはず・・・。

今回は前回に引き続き
このシリーズのもととなっている猫谷家の通う高校の
三男、亜衣ちゃんの彼氏のトモダチ、駒野くんと
駒野くんのクラスメイトの小根森くんとも2巻です。

正直1巻を読んだときは、いままでのシリーズと違って
かわいい、って思うところあんまり感じない。。。などと思っていました。
猫はかわいいんですけどね。

今回は猫になる人の設定が説明されたのもあって、
しかも続きが気になる・・・!というので萌よりの萌×2評価です。

1巻で恋人同士になった二人ですが、
小根森くんのピアスの必要性。
「猫になる人=猫成(ねこなり)」と猫成のまねきねこ的な
効力を信じる「招福契約」やらそれを「愛玩契約」と勘違いさせる男が
あらわれたりと、いろいろな設定が読めて面白かったです。

猫谷パパの「うちは契約の対象から外れている」という発言が気になるし
猫谷パパの弟が芸能人で、小根森くんと契約していた和菓子屋の御曹司と幼馴染。
まだまだ広がりそうなネタを仕込まれて2巻が終わってしまったので、
二人の話は終わっても
まだまだ猫成たちのお話はおわりそうにないです。

猫の書き方がどの作家さんよりも好きなので、猫好きにおすすめしたい作品です。

1

猫の可愛さに対する萌評価

ん?
なんかモヤモヤします……

メインカプは、一巻から引き続き、駒野×小根森です。
しかし、他に気になる要素が多すぎて、
本筋に集中できなかった……

もちろん、ラブラブな2人は微笑ましく、
小根森の猫化は悶えるほど可愛いです。
しかし、シリーズ9冊目?にして初めて聞く、
「猫也」という言葉まで登場し、何が何やら……

「猫也」とは、猫になってしまう人間。
そう、小根森や猫谷兄弟のような……
いやいや、今更ニューワード?
なんでなんで(笑)


まぁ、ストーリーとしては、新キャラ・杵淵という老舗和菓子屋の若旦那が登場し、二人をかき回します。


思い合っている幸せを噛み締める駒野と小根森ですが、
将来の話をする駒野を前に、突然猫化してしまう小根森。
なぜ??
そして、突然、飼い主だと名乗る杵淵が、
小根森を連れて行ってしまうのです。
抵抗もせず杵淵についていく小根森に、駒野は……


さてさて、何やら不穏な展開に……
小根森の耳のピアス、あれには深い意味がありました。
杵淵と小根森の間に結ばれているのは、
なんと《愛玩契約》と呼ばれる、
心身共に飼い主に捧げるペット契約だと言うのです⁉︎

どうも、この契約者は選ばれしものらしく、
「猫也」としての将来を保証してくれるもののようです。

シリーズもここまできて新たな展開だし、
なんだかなぁ……という気持ちになりました。
「猫也」の全てを決められるのが飼い主らしいので、
小根森はそれを分かっていて、
将来の話をした時に猫化してしまったのね……

連れ戻された小根森が駒野を思い、
猫の姿で涙する場面は、
本当に切なくて悲しくなりました。

最終的に頼るのは猫谷一家。
父の話によれば、契約は正当なもので、
身体を売るようなことはないはずだし、
解約時の違約金も発生しないそうな^^;

全部、杵淵に騙されていたの?

そして、父の弟が杵淵の知り合いということで、
話をつけに行った駒野を手助けしてくれました(電話越しで)
そもそもこの弟、何者?
杵淵の憧れの人らしいのですが……

杵淵はこの人のこと好きなのかな?と思わせる展開でしたが、
詳細は分からずじまい。
じゃあ、小根森と無理やり契約しようとしたのはなぜ?
度々出てくる週刊誌の記事の内容とは?

もう、頭ゴチャゴチャで、
深く考えることを放棄しました(笑)
単純に、小根森無事でよかった!……それだけ。

なんとかして助けようとする駒野は男らしかったし、
小根森のアメショは可愛すぎました♡
ただ、私は小根森自体に萌えを感じませんでした。

エロは少なめで、外で盛る駒野にドン引き……
小根森は猫化しすぎだから、
これからは着替えを持ち歩いてね!と強くお願いしたい‼︎

【ねこねこケイヤク】だけ表紙に猫がいませんよね?
やっぱり本シリーズにおいて、異色な作品なのかな?

なんだかまだ続きそうな予感ですが、
正直、この二人はもういいかな^^;







1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ