紳士な宇宙人×チェリーな大学生 「私と子作りしませんか?」

HOW TO BREED~いちゃラブ子作り計画~

how to breed

HOW TO BREED~いちゃラブ子作り計画~
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神7
  • 萌×27
  • 萌8
  • 中立3
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
7
得点
90
評価数
26
平均
3.6 / 5
神率
26.9%
著者
日野雄飛 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
双葉社
レーベル
マージナルコミックス
発売日
価格
¥700(税抜)  
ISBN
9784575380552

あらすじ

イケオジから濃厚えっちのお誘い ――
「こんなにシてるのに赤ちゃんができないのは、どうして?」
平凡な大学生・佐知也が出会ったのは大好きな外国人俳優"プリンス"の姿をした"宇宙人"シキ。
彼が地球に来た理由は「人間との繁殖」。

シキから性行為をお願いされ昼も夜もにゅるにゅるSEX三昧!!
でも子供ができるには「両想い」が条件で…?
危険な香りの美オジ×童貞大学生の愛され同棲生活!
描き下ろしも収録!!
※本作品は、配信中の『HOW TO BREED~宇宙人紳士の愛の手引き~』を改題して収録したものです

表題作HOW TO BREED~いちゃラブ子作り計画~

シキ 宇宙人,人気俳優「プリンス」の姿をしている
小粥佐知也 大学生

その他の収録作品

  • #1 STRANGER
  • #2 FASHION
  • #3 CRAZY
  • #4 PRINCE
  • #5 SHAPE OF LOVE
  • #EXTRA TONIGHT(描き下ろし)

レビュー投稿数7

奇想天外とはまさにこのこと!発想力がすごい!

この作者様の作品はどれもテーマに沿って、ものすごく調べられていたり、緻密な設定がされています。
なにより、これをテーマに、と選ぶ発想力というか、もう、凡人には到底真似できないすごい発想力なんですよね。それを支える取材、下調べが隅々まで行き届いていて、物語の安定感が半端ない。

それだけじゃなく、主人公たちの関係性なども、一筋縄ではいかないようなテーマを選ばれるときが多いですよね。リバについてのお考えや想いなどもとてもおもしろく、作品を読んでいて、人間の感情と行動原理にとても敏感で、とにかく深堀がすごいなぁと感じます。

人物の心理描写も秀逸で、台詞ひとつひとつもとても凝られていて、毎度読むたびにクリエイターの凄さを見せていただいているような気持ちになります。これを何もないところから創造するって本当に凄いことだと思います。

そんななか、今回のテーマは宇宙人と人間との交配!もうテーマが壮大すぎて、ついに宇宙レベルまできたのか、と(笑)これを物語にしようと思うその発想力に脱帽です。

SFとかまったく興味ないので、大丈夫だろうか…と思って読んでみましたが、大丈夫でした(笑)でも、ある意味、もう自分の想像力のなさに落ち込むほど、遥かに予想外の展開でした(笑)

以下、ネタバレありです。

シキ(便宜上呼んでいるあだ名みたいなもの)は感情を食べて生きる宇宙人。種の安定的な存続のために、人間との交配を実践するために地球に派遣されてきた。そこで出会ったのが、大学生の佐知也。

シキの星では人間の行う性行為による繁殖ではなく、お互いが両想いとなり、相互感情を一致させることで繁殖可能となるため、シキは佐知也に繁殖の相手になるよう依頼する。半信半疑の佐知也だったが、一緒にいるうちに絆されて、シキと性行為を行うことを了承する。

シキは性行為は両想いの人間同士で交されるものと思っていたため、佐知也と性行為を行うのだが、佐知也に人間は両想いでなくてもセックスするものと教わり驚愕(笑)しかし、性行為で得る快楽という感情を食するのはとても美味しく、お互いにとってwinwinであることを告げ、繁殖行動を継続していく、という話。

これ、もう、すごい設定なんです。そして、予め作者様が考えられた背景や状況が超綿密に設定されており、この下支えなくしては、こんな奇想天外な物語は成立しないと思います(笑)説明要素もすごいたくさんあるので、話についていくのが大変です(笑)

シキは擬態ができる宇宙人なので(笑)、基本的には、佐知也の大好きなハリウッド俳優に擬態しているのですが、犬とかボールペン、スマホなどにも擬態します。

それに、空腹だったり疲れだったり、怪我?(損傷?)だったり、ダメージを受けると擬態する力がなくなり、溶けたスライムみたくなるんです。意思を持ったスライム(笑)ちなみに本来のシキは、真四角の箱みたいな形をしています(笑)

スライムになっていても、意思はあり自由に形を変えられるので、スライム状態になりながらも、佐知也とエロいことができます(笑)触手に近いのかなぁ…私は触手ものは地雷でまったく読まないのですが、この作品はいろんなことがミラクルというか、すごい発想なので、触手っぽい表現が出てきても、嫌悪感とかはなく、もはや、そーゆー感じなのね…くらいにしか思いませんでした。

物語のなかでは、自宅が火事になったり、親友のストーカーに危ない目に合されたり、シキが擬態している本物の俳優と出会ったりと、もうすごい目まぐるしい展開なのですが(笑)物語の進行とともに、人間的な感情のないはずのシキが、佐知也と一緒にいたいと思ったり、嫉妬に似た感情を覚えたり、同じように佐知也もシキを意識するようになり、図らずもきちんと両想いになっていく2人がしっかりと描かれています。

この作者様のすごいところって、主人公たちの人物像がまったくブレることなく一貫して設定どおりに表現されているところ。徹底しているんですよね。

しかし、やはり、最終話で出てくる、顔がなくのっぺらぼうみたいな人型のスライム(シキなんだけど)と手(?)を繋いでお互いの気持ちを言い合うところとかは、もう、感情移入をどうしたらいいのか?みたいに悩むし(笑)、スライムと抱き合う佐知也とか、もうビミョーな気持ちで見守りました(笑)これは読んでいただかないとわからないかもしれません(笑)けっこうな衝撃映像だと思う(笑)

もちろん、人に擬態したシキとのセックスはとってもエロエロ!シキは射精はしないというところも、あ、そっか擬態だもんね…と。ここにもなるほどなーと思わせる設定がされていて、ほんとにすごいなぁと思いました。

この作品は、奇想天外なテーマを、綿密で完璧な設定で破綻させない構成力でひとつの作品に仕上げた作者様の手腕がすごすぎて、神評価にしました。好みは分かれるとは思いますが、さすがクリエイターと思わせられる、いろんな意味でも飛び抜けた作品でした。

0

顔のない人外攻め、思ったより受け入れがたし…。

実体?形?のない宇宙人との異種間モノ。
ハードルが高そうだとは思いながらも、好きな作家様なので物は試しと買ってみました。

なんだろう、、、なんかねぇ、新食感のお菓子食べたときみたいな、美味しいのか不味いのかよく分からないけどなんかすごい未知の食感…!みたいな、そんな感じ。伝わるでしょうか(^-^; 伝わらないよね。
いろんな未知との遭遇でした、、、

表紙右側の中年紳士が攻めの宇宙人なんですが、これは受けが好きな外国人俳優の姿になっているだけなんですよ。
「精神的生物」の攻めには決まった形がないんです。顔もないの。
立方体だったり、球体だったり、にゅる〜っとしたスライムのようだったり、メインは表紙の俳優に擬態した姿なんですが、犬の時もあるし、ペンとかスマホとかの無機物になってる時もある。
これがねー、なかなか、、、
覆面とかで「顔が見えない」のと、そもそも「顔がない」ってのは別物だなと思いました。
このなんともいえない受け入れ難さ、説明もしづらいな、、、
エッチも、前半の俳優の姿でしてるケースは好きな俳優としてる錯覚も絶対混じってるよね?とか考えてしまうし、顔も形もないスライムみたいなのとしてるケースは相手の表情も見ずにするひとりよがりって感じで、どっちも私は萌えるのが難しかったです。。

マージナルコミックスが出す宇宙人モノはなんでにゅるにゅるぬめぬめ系ばっかりなんだろう。
もっと可愛い宇宙人BLプリーズ!!!

【電子】まんが王国版:修正-(描かれていない)、カバー下○(マンガ等のコンテンツはナシ)、裏表紙○、電子限定特典(1p)付き

0

ファンタジーな子作り

感情を糧とし、人間との異種間繁殖を目的とした
宇宙人(シキ)と映画好きで純情な大学生の佐知也が
出会い心を通わせ合っていくお話。

シキは佐知也の愛犬・アポロや佐知也が大好きな俳優の
プリンス・ベンソンの姿に擬態して自身の目的である
性交渉を持ちかけてきて。
シキの母星の事やら精神上の相互の同意やら云々〜…と
小難しいお話もありつつ、要は『両想い』になったらOK!
という宇宙人とのファンタジーな子作りに戸惑いながらも
強引に押し切られ協力することになった佐知也。

ハジメテがまさかの宇宙人。
しかも何度もイタすことになり、その度にしっかり
感じてしまい、モノのサイズを自在に変えられる
シキにとろとろにされてぎゅうってしがみつく
佐知也がなんともかわいいです。

異文化すぎるコミュニケーションの中、
シキは佐知也を守ろうとしたり、独占しようとしたり…
国や性別、さらには種自体を超えた宇宙人との
心と身体の通わせ合いを見守る感覚で読み進めました。

終盤ではシキが本来のキューブ体から対エロに変化させた
にゅるにゅるなスライム状の姿で佐知也と睦み合うのですが、
ぐにぐにしてふにゃとろで、触手的なエロさはあまり無く
なんだかとっても不思議な絡み。

BLを読んだなあ〜!というより
宇宙人との交流記にちょっとエロがプラスされた
SFファンタジー漫画、みたいなかんじでしたが、
お話は設定がしっかりしていて面白かったです。

1

宇宙人にほっこり

繁殖目的で地球に来た宇宙人が、佐知也が持っていた映画パンフレットに載ってるハリウッド俳優に擬態して佐知也に声をかけたのをきっかけに、二人(?)の子作りライフが始まるお話。

宇宙人のシキが基本ハリウッド俳優”プリンス”の容姿なのもカッコよかったけど、一年前に亡くなった愛犬の姿になるのもかわいかったです!!
特に犬の姿で一緒にDVD鑑賞してるのとかめちゃくちゃ癒されました(笑)

後半にシキが母艦に帰り寂しくなった佐知也が、宇宙人侵略の恐怖に混乱する全世界に向けて発信した壮大なラブレターは胸きゅんでした。
それにサラリと協力してくれるプリンスカッコよかった!マジ紳士♪

0

オカルト&サブカル詰め

BL漫画っぽくない作品でした。日野先生っぽさはある。サブカル感の強い作品。日野先生映画好きなんですね〜もともとオカルト系もお好きなのかしら?あるあるネタ的要素もあって面白かったです!未確認少年○ドー懐かしすぎて泣ける
設定も一般誌っぽいというか、妊娠出産するのが未確認生物側なので、少年誌のエッチな漫画枠からの輸入っぽい。佐知也くんはハーレム系主人公だったわけか。

シキ(メインCPの攻め)がボールペンやらスマホになってるページが多い謎の漫画である。そもそも本体は謎の粘液?スライム?ですし。犬型でテーブルに手を置いてるの可愛い。
先生のツイッターに、犬型のときに舌から涎は出ないと書かれていました。人型エッチの時も粘液0ってちょっと痛そう。
そういえば映画のカットで、枕営業コンプレックスの2人が1コマ登場してましたね!スマホ覗き見てるやつ。

宇宙人は日本のどこかにいるから日本一周旅行をし始めたのに、「出会ってからこんなに何日も離れたことない」ってどういう事なんだ…?リアルベンソン(シキが擬態した外国人俳優)に会った辺りちょっとグダった気がする。
しかし終盤、粘体との愛ある性行為を見せられ、不思議と愛しい感覚になりました。異種姦大好きなので私は萌えましたが、商業で流通すると思うと…とにかく不思議な作品です。

ストーリー全体では萌なのですが、この内容を商業 BL漫画でやったということに萌2を…!

※電子書籍ひかり 局部の描写が少ないため修正ほぼ無し
カバー下裏有り
電子おまけは表紙の別案ラフ

2

未知との遭遇

攻めが人外、というか地球外生命体です。ビジュアル的には外国人のイケオジ(宇宙人)×ショタっぽい見た目の童貞大学生(ゲイ)。日野さんは絵が可愛らしい割に結構エロい所が良いと思います。エロ可愛い。

地球人と交配して子供を作りたい、といきなりセックスを持ちかける宇宙人に、ブラックバイトで生活に疲れていた受けは攻めの容姿が好きな外人俳優だったために簡単に誘いに乗って自分の初めてを捧げてしまいます。

受けの友人のキャラクターも良くて結構笑えるシーンもありました。軽い気持ちで読めるSFエロコメディー風ですが、よく考えてみたら攻めはどんな性別にも無機物にさえも擬態できるのでBLのBとは言い切れないんじゃないか?と思いました。触手エッチのシーンとか受けが気持ち良さそうでエロいんですが、それが真実の姿と思うと何かグロいような。
 
普通のBLに満足出来なくなってきたような方にオススメのシュール作品かもしれません。

1

斬新で壮大な地球外生命体の人外BL…面白かった~!

作家買いです。
宇宙人と人間のイチャラブ子作り計画、予想で苦手要素が多そうだったので躊躇しましたが、
そんな心配はいらない規格外な作品でした。

触手、妊娠、出産はBL作品で好んでは読まないんですが、
斬新で壮大な設定と展開に、アホエロなイチャラブエロを加えた面白さ。
概念から変えてくる練り込んだこだわり設定と、メッセージ性の強い内容はさすが日野先生です。

宇宙人のシキが人間との繁殖を目的に、
大学生の佐知也が崇拝するイケオジ外国人俳優「プリンス」の姿になり近づく。
シキから丁寧に説明されても現実が追いつかず拒否する佐知也が、
バイト先の横暴なゲス店長から助けて貰ったことから、子作り計画に協力する展開です。

とにかく文字数が多いんですが、概念を覆す宇宙人という設定を説明するだけでなく、
文字数の多さで無機質な宇宙人感が引き出される効果も感じます。

シキの種族の意思疎通は空気の振動を利用しない信号だとか、
シキという名前は、シキの種族に地球的な名前をつけると、
「精神的生物、シキコスオルガニスモス」といった感じになるので縮めてシキという説明で、
練り込んだ設定の説明要素の多さに圧倒されますが、それはそれで面白いんですよね。

子作り設定もゲイの佐知也が受け希望で抱かれて、妊娠出産するのはシキ。
もちろん、妊娠出産の場面は人間の概念ではないので、苦手要素のある方でも大丈夫な感じです。
ここに至るまでの経緯も、とにかくこだわり設定で二転三転する展開でした。

シキが色んな姿に変身するんですが、プリンス、犬、スマフォ、ボールペン…etc。
宇宙人なのでやりたい放題の変身ぶりで、もちろんエロも自由自在です。
シキは形だけ勃起させて射精できないので、やめ時が解らない…要するに絶倫?!
無表情クールなイケオジが絶倫ということですよね…。
無形物で覆われている佐知也という画も、後半になるとエロく見えてくる程の刷り込み具合でした。

そして、苦手要素の触手も全然大丈夫で、もうビックリ…また地雷が減ったのか?
植物の蔓やタコみたいな感じじゃないのが良かったのか、
佐知也のトロトロ具合が好みだったのか解りませんが、これからは触手もいける私…なんか嬉しい。
神評価なのに触手で読まなかった作品に挑戦してみよう、楽しみが増えたわ。

読後は概念を覆す壮大な設定と、メッセージ性のある内容に満腹状態ですが、
一呼吸置いてから再読して、読み込みたくなる面白さでした。

※Renta:棒は見えない描写で、菊は短冊修正です。

5

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う