妖精のおしり

yousei no oshiri

妖精のおしり
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神11
  • 萌×28
  • 萌9
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
7
得点
115
評価数
30
平均
3.9 / 5
神率
36.7%
著者
日野雄飛 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
双葉社
レーベル
マージナルコミックス
発売日
電子発売日
ISBN
9784575380798

あらすじ

【悶々しがちメガネ小説家×褐色むっちり人外】

――このままでは確実に"ほだされて"しまう!!

ブレイク前の小説家・生越壮は、
海外旅行先で"理想のおしり"をもった
褐色肌の好青年・キランと出会う。
帰国後、家に押しかけてきたキランは
「自分は妖精リャナンシーだ」と語り、
昼の家事から夜の情事まで世話を焼くように。

ベッドで吸い付くような桃尻を愛でる度に、
スルスルと良いネタが浮かんでくることを
不思議に思う壮。
ネットで調べると、リャナンシーは
「生命と引き換えに才能を与える妖精」のようで…!?

体を重ねるほど幸せと不安が募る…でも止められない!
愛と才能と性欲の狭間でゆれる、官能あふれる同棲ラブ!!
描き下ろしも収録。

表題作妖精のおしり

生越 壮(おごせ そう),小説家
キラン,アイルランドの妖精・リャナンシー

その他の収録作品

  • 描き下ろし「作家・生越壮物語」

レビュー投稿数7

最高でした!

リャナンシーの新解釈!なるほど!相手の理想の姿で現れるならこれも全然イケる!
壮さんの理想の彼氏は私にもストライクで大変楽しめた。秒で絆されました。
Hの時こんな詩的な実況してくれるカップル初めて見た。
キランさんが過去の作家達と比べたりせず「あ~そうそう作家ってこういう生き物」と、少し距離のある見方をしてるところに、ちょっと人外感を感じて良かった。
読み終えてから、そういえば修正が気にならなかったな。と思って読み返したら、全部絶妙なアングルで隠れてて、無修正だった!!あんなにドエロいのに!!

0

苦悩の小説家、愛と出会いまた苦悩

作者さんのお名前は存じていたのですが、作品は初読み。
登場人物たちみんな良い人たちでノンストレスで読めました。
兎に角お尻を愛でまくるのかなと思ったら、ストーリー展開がしっかりしてい中だるみもなくとても楽しかったです。
そして一つひとつのエッチが濃厚でたまらない。

キランがとにかく優しくて健気で柔らかそうでえっちで可愛い。
自分の身体に創作のアイデアを書きこませて行為を続行する姿に興奮しました。
詩と愛を授ける妖精だからか、あなたの『蛇』、だったり私の『密壺』といった隠語の表現もあって小説を読んでる気分になったり。
キラン(リャナンシー)の特性を知った壮とすれ違いがあったりしつつも、基本ほんわりあまあまで心に優しいお話しでした。

幕間に挟まれるゲーテの詩(作者さん訳)も素敵でした。
作品内に登場する架空の小説も全部面白そうで現実にあったら読む。
これを機に作者さんの他の作品も読んでみようと思って調べると、傾向に痛い系とあったので吟味して読んでいこうと思います。


*リャナンシー
・自分を受け入れてくれた相手に詩の才能と美しい歌声を与えてくれる
・精気がご飯(寿命が縮まる)
・相手の好みの姿を反映し、とことん尽くす

修正(紙)
白抜き

1

とっても良い

マグネット兄弟(日野先生の著作)に出会って以来ファンです。

作品ごとにテーマが違うというか、ファンタジーからシリアスまで振れ幅が大きくて 何でも描けるすごい作家さんだ...と毎度びっくりします。絵も大好き。

あらすじから二転三転するストーリーに夢中になります。たとえ寿命を奪われようと、才能を与えてくれるリャナンシーのような存在に出会いたいと思ったことのある人は多いのではないでしょうか...
与えられた才能でつくるものは自分の作品といえるのか、それで満足できるのか...読みながら展開にハラハラします。

書き下ろしも好きです。細かく作り込まれていて何度も読み返してしまいます。

0

それは、魔性のお・し・り

しっとり、ねっとり、濃厚な、怒涛のエロでした。
「ある日、小説家の元に押しかけ女房にやってきた妖精さん」
というイチャ甘官能ライフを思い浮かべそうなあらすじですが、
エロに留まらず作家の葛藤や人外との恋も描くシリアスさもありました。

スランプ中の小説家・生越壮は旅先のアイルランドで
褐色肌の青年・キランに出会います。

大きながっしりとした体つきにむっちりしたおしりで、
物腰柔らかなキランはまさに壮の好みど真ん中。
その上、詩や物語を愛し、壮の著書のことも褒めてくれ、
すっかり意気投合し、惹かれ合った二人は一夜を共にすることに…

脱ぐと露わになる扇情的なレースの下着に、ぷるんとしたおしり。
淫らな姿に煽られ、何度も何度も夢中でキランを抱く壮。
あまりの激しさにキランの穴から溢れ出した精液が
絡まって泡立つなど、淫靡な描写にドキドキしました。

それでも下品にならないのは行為中のキランの詩的表現のおかげ。
詩を愛するというだけあり、言葉選びの一つ一つがやたらロマンチックでした。
たとえば、
◆「結ばれたい」→訳:ヤりたい
◆「蛇が首をもたげている」→訳:勃ってる
◆「洞窟」→訳:尻穴

ここからはさらに上級編。
◆「私の欲深い壺の中に貴方の蜜を注いでください」→訳:中にだして
◆「私の情欲の一番奥の扉を貴方の硬い樫の棒でノックしてほしい」→訳:奥トントンして
もはや官能小説ばりの隠語表現!
こんなに卑猥語を連発しているのに、逆に抒情的な雰囲気すら漂っているような…
最初はちょっと面白かったんですが、途中からは風情を感じていました(笑)

熱い一夜を過ごした翌朝、突如猛烈な創作意欲に
掻き立てられた壮は別れの言葉もなく日本へ戻ってしまいます。

けれど、帰国後、壮の元にキランがやってきます。
戸惑う壮に彼は自分が「妖精リャナンシー」であると明かし、
そのまま半ば強引に同居(同棲)生活が始まることに。

そう、タイトルの「妖精」は隠喩かと思っていたらそのまんまの意味でした。
褐色肌でガチムチで、おしりがチャーポイントのお髭の妖精さん!

百科事典曰く、妖精「リャナンシー」とは人に愛を求め、
才能を与える代わりにその者の精気を吸うらしい。

フリルのエプロン姿で、昼も夜も甲斐甲斐しく壮の世話を焼くキランに対し、
言い伝えを鵜呑みにし、そっけなく振舞う壮。

こんなに献身的で健気さんなのに、壮さん、ひどい…!
冷たくされる度にしょぼんとするキランさんに胸が痛みます。

この壮さん、結構自分勝手なんですよね。
妖精のキランと身体を重ねることでアイディアが湧いてしまうと、
キランを放って創作活動に熱中するわ、作家として売れたら売れたで
それは自分の実力で売れたのか、キランの力のおかげか?と悩んだり、
自分がキランに選ばれたのは才能がないからなのか?などと葛藤したりで、
その度に避けられたり、放置されてしまうキランが可哀想でした。

キランもアイディアが思い浮かんだなら私の体に文章を書けばいいじゃない!
なんて突拍子もない「耳なし芳一プレイ」を提案したり、寝食そっちのけで
創作に没頭する壮を誘惑したり、叱ったりするのですが、これまた頑なで…

終始浮いたり沈んだりを繰り返す壮に、
正直、面倒くさい男、と思ってしまった(笑)
あと、草食っぽい見た目に反して絶倫。これも妖精効果かな?

大体最後はいつもキランの健気さに絆されたり、キランの溢れんばかりの
色香に耐え切れず、そういう意味では言い伝え通り、とっくに妖精の魔性に
魅入られてしまっているのかもしれません。

この二人はこの先もこうして生きていくんだろうと思いつつ、
最後に壮がキランのために執筆したという本の帯に
「灰になるまでしか一緒にいられない」と書かれていて、
人間と人外の恋の儚さを感じ、しんみりしてしまいました。
それでも、せめて灰になるまでは一緒にいられますように。

描き下ろしは4コマ。
贅沢をいえば、それ以外で二人の後日談エピソードも読みたかったです。

本編には関係ありませんが、キランの家の世界中の本を集めたという書庫が
とても羨ましかった…私もあんな素敵な部屋でじっくり本に溺れたい…

0

タイトルの印象よりも深いよ。

日野雄飛先生の作品を全て拝読しているわけではないのですが、色々なテイストの作品があって引き出しの多さに驚きます。
本作は comic marginal レーベル。つまり人外。
どんな人外か?タイトルにある通り「妖精」さんです。
しかし、小さくて羽根があってお花の中に潜んでいるの…みたいな妖精ではありません。表紙でレースのパンティからぷりんとおしりをハミ出させている褐色さん、彼が「妖精」なのです…

冒頭はアイルランド。
崖の上で、飛び降り⁉︎と間違えて声をかけた現地の男性・キランの家に招かれ、文学の話題で意気投合した日本人作家の壮。
そして一夜のめくるめくメイクラブ…
その後帰国した壮。キランからは連絡もなく。ワンナイトだったのか?恋しい…

…と念じた瞬間、目の前にいるのがキラン。
というわけで、キランは「妖精」なんです。
魂で求めてくれたから来ました、と。
キランは相手に詩と音楽の才能を与え、寿命を吸い取る妖精・リャナンシーでした。

壮は、キランといるとアイデアが溢れてどんどん書き進められます。
その上キランは、壮の身の回りの世話から夜の相手までのパーフェクト妻、みたいな事をしていくのですが。

とにかく壮が…よく言えば意地っ張り。なんというか…
自分の作品の出来はキランのおかげ、になるのが嫌で、何が何でもキラン無しで書き上げるのだ!と気負いすぎてるんですよね…
「自力で頑張りたい」という気持ちはわからなくもないけど、頑なすぎる面がある。
遠ざけられるキランもかわいそうで…
この辺の行き違いが思ったよりも長く続くのがこの作品のマイナス点、かなぁ。
結局はキランを丸ごと受け入れるハッピーエンディングなので、読後感は良いです。

描き下ろしは、壮の子供時代からの4コママンガが10本。
これもとても面白かったです。

あと、最後にごめんね。キランのパンティが女物みたいなのが違和感ありだなぁ。
壮の好みが具現化してるわけだから、ガタイのいい褐色男性が服の下にはレースのパンティ、おしりはぷりぷり、というのが壮の願望なんでしょうね…

5

プリケツ

断崖絶壁。
スランプ真っただ中の小説家(攻)は崖から飛び降りようとしている
(かのように見える)男を引き留めた。
結局勘違いだったわけなのだが、
そんな縁もあってしばらく寝食を共にすることに。
するとどうでしょう、
なぜかプリっとしたお尻にドキドキ。
誘われるままに身体をつなげると尽きない精力。
ずっとスランプだった小説のネタもどんどんあふれ出す。
エロスとアイデアのオンパレード。
魅惑のこの人は何者なのか・・?!

攻の葛藤を描いた1作でございます。
見た目は髭でオッサン風なのに、プリケツにエロスな
魅惑の受。というのが売りなのだと思うのですが
個人的には自ら股濡らして誘ってくるビッチは
女の子みたいでイマイチ萌えなかった(´・ω・`)ショボン
逆に、ちょっと地味でイマイチな雰囲気の攻は
少々アホで可愛かったですw

ともあれ、お幸せに。だな

1

褐色のもっちりおしり

表紙からもう、褐色大好き人間の私は食いつくしかないキランのもっちりとしたおしり。

書き悩んでいる小説家の壮と才能を与える妖精リャナンシーであるキランのふたりの出会いから、めくるめく戯れの様子を楽しむのかな、と読み進めましたが、情事だけではなく中身の詰まった読み応えのあるお話しでした。

詩情豊かな表現もそこかしこに。
濃密な情交のシーンにも言葉が絡み合い、エロみが増し増しで特濃。
キランの発するセリフひとつひとつが、壮と交わす睦言がとても情的で、そういう言い回しにあまり慣れていないためなんだか気恥ずかしくなってしまい、ぐっとお話しに入り込めない所もありました(照)

甲斐甲斐しく壮の世話を焼き、抱いて欲しいと強請るキランに対してキランに頼らず自分の力で作品を書き上げたい壮との攻防戦にはヤキモキとさせられました。
そんな壮がキランへ自らを捧げるという選択をして書き上げた物語は…

ハピエンなんですけれど、壮がキランのために書いた本の帯のあおり文を見て、冒頭の恋人の遺灰を海に撒いていたキランの姿を思い出して、いずれ訪れてしまう壮との別れが頭をよぎってしまい少しせつなくなりました。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う