マグネット兄弟

magnet kyoudai

マグネット兄弟
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神18
  • 萌×29
  • 萌1
  • 中立2
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
5
得点
131
評価数
32
平均
4.2 / 5
神率
56.3%
著者
日野雄飛 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
茜新社
レーベル
EDGE COMIX
発売日
価格
¥679(税抜)  
ISBN
9784863497870

あらすじ

SEX依存症の兄・龍太と、兄の居場所が感覚でわかる弟・寅次。
欲求を満たすべくネットで男を漁る龍太だが、ろくな相手に当たらず怪我をすることも…。
そんな兄を助けるため、寅次は自ら相手になると提案するのだが――。

表題作マグネット兄弟

宇久井 寅次・高校生・ブラコンの弟
宇久井 龍太・SEX依存症の兄

その他の収録作品

  • エクストラ(描き下ろし)

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数5

予想してたのと違う面白さ

あらすじを読んだ時は、淫乱お色気系の誘い受が攻を振り回す話かな、攻の一方的な片想いは好みじゃないんだよな、と思い敬遠してました。
しかし好評なレビューが多く買ってみたところ、面白かった。
予想と違う雰囲気、キャラ、方向性のお話でした。
自分には「萌え」とは少し違う満足感のある本でしたが買って良かったです。
ネタバレになるので細かい点は控えますがとりあえず読んでみて欲しい。

それと個人的に漫画がとにかく読みやすかった。
過剰演出がないので白けずにスラスラ読めたのが助かりました。

0

買って良かったと心から思いました

表紙とタイトルに惹かれて買いました。

受けがSEX依存症の兄…ってあるじゃないですか。
私、ビッチやら誘い受けやら淫乱って好み属性ではないので少し渋ったんですよね。

でも読み始めるじゃないですか。
初っ端から嬉しげにヤってますよ。
卑猥なことも言ってますしね。
なのに。
好きな属性ではないはずなのに、あ…なんか好きって思ったんですよ。
それは突然そっちの好みに開花したわけではなく…キャラが醸し出す雰囲気なのかな?
言うことなすことSEX依存症なだけはあるのですが、下品に見えないんですよね。
別に高貴なキャラというわけではないですよ。
滲み出ている気がするお兄ちゃんの香りのようなものが安心させてくれたのかな?

兎にも角にも嫌悪感フリーであっという間に読みきりました。
良かった。凄い良かった。
中の絵柄もとても好みだった。
体付き…というか男の子らしい体の厚みもとても良い。

実父のシーンは特に目を瞠りました。
BLとか関係なく心にズシッとくるような描写に痺れました。
凄い、大好き、ファンになるわってとんとん拍子(笑)


正直この血の繋がりもある兄弟は異常な関係になっているのですが、しっくりくる…というか落ち着いてしまうんですよね。
二人がそれでいいなら私もそれがいいと思う!!と妙な後押しもしたくなる。

お互い束縛しているわけではないし
俺が兄貴を守るんだ!みたいな確固たる約束事があるわけでもないし
男同士でそれも実の兄弟だけど好きになった、愛してしまったんだ!!みたいな葛藤や訴えがあるわけでもないし

だけど心は最初から繋がっていて今回体もぴったりくっつきあった…ある場所にはまったと思えるお話。
実の兄弟で禁断なはずなのに気にすることすら忘れるくらい。
皆に味わってほしいこの気持ち…。


余談ですがお兄ちゃんの財布がマジックテープだった…。可愛い…。バリッ可愛い。

短くも恋人だった芳男くんがどちゃくそいい人でキュートででも攻めで…お兄ちゃんとニコニコ笑い合っている姿がとても印象的で……続かぬ関係と分かっていてもお似合いだった。
花束のコマが幸せに満ち溢れていた。あんなBL見たい。見つけられない。
どこかの世界線では末長く付き合っていてほしいと思ってしまいました。

5

兄弟共依存のお話。そうきたか、と。

どこかポップな表紙。
背表紙のあらすじから、単純に、
兄思いの健気な弟×淫乱ビッチの兄のハートフルおセックスを
コミカルに描いた物語かな?と思いますやん……。

ところがどっこい……。めちゃくちゃ深い。
これ実は兄弟共依存のお話で、なぜ兄が淫乱ビッチになったのか、なぜ弟が兄をこんなにも心配しているのかは読まないと絶対にわかりません。
読むと、1話からなんとなく
あ、もしかしたらそういう感じなのかな?
と匂わせるような表現はあります。

他の方もおっしゃっているよう、泣けます。

ストーリー ★★★★★
登場人物 ★★★★☆
エロ度 ★★★★☆

1

支え合い助け合い引き寄せ合い♡魂の繋がり

ネタバレが全くない状態で読むことを心よりお勧めする作品です。
が、ネタバレありきでレビューは書きます(笑)


セックス依存症の兄・龍太は、出会い系で見つけた男とセックス。
しかし、どこに居ようと門限の22時になると迎えに来る弟・寅次。
セックスを楽しみに朝から男と待ち合わせて相手の家に行くも
加虐性癖男でボコボコに殴られる龍太。
しかしどんなに初めて会った男の自宅だろうと22時になれば颯爽と迎えに現れ
龍太を殴った男をボコボコに殴って龍太を連れ帰る寅次。

散々普通の男と付き合えと言う寅次に、寅次が相手してくれればいいと返す龍太。
外で変な男とやって殺されちゃうよりはとセックスするようになる二人。

寅次に彼女ができてセックスは出来なくなるも
彼女が家に遊びに来ている際に22時になり龍太を迎えに行く寅次・・・。
帰宅後一人放置され拗ねてる彼女に、どんなに好きになっても
結婚しようと自分の中の優先順位1番は常に兄であることを伝え・・・破局。

そんな中で、遂に暴力も振るわない寅次も認めるほどの彼氏が龍太にできる。
が、、、、



寅次が一生かけて龍太を守る理由・自分の中で常に1番である理由。
読んでいてたまりませんでした。
子供の頃の兄に自分が救われてたことを理解した瞬間から
兄が絶対的な「守る」特別な存在になったのが悲しくて切なくて。。。

いつも、どこに居ようと必ず居場所を感じ取って迎えに来ていた寅次を
龍太が迎えに行ったときは、もぉぉぉ。。。
来るとは分かっていましたが龍太のバイクのライトが光った瞬間胸が締め付けられました。

絶対的な絆が切なくてたまらない一冊でした。

1

まさかの泣き…後半から涙が止まらなかった。

エロ三昧なお話から、まさか泣く事になるとは…感動の涙ではありません。
読み手を選ぶガチ兄弟もの、やるせなくて、せつなくて胸が詰まり、
お互いを支え合う二人が愛おしくて、胸がいっぱいで涙が止まらなかったです。

好きな作家さんですが、作品によって個人的に当たり外れがあり、
近親ものは好みではないですが、この作品は日野先生作品の中で断トツ1位。

表紙カバー折り返しに、
「双子で起こりそうな不思議なことが、普通の兄弟でも起きたらいいな」とありますが、
第六感で繋がる背景は激しい痛みでも、
二人はただの兄弟とは違う次元で繋がっているので、すんなりと心に入ってくるのだと思います。

ブラコン高校生の弟 寅次が、SEX依存症の兄 龍太の相手をするという、
コミカルエロのぶっ飛んだ設定ですが、散りばめられた伏線が回収されていく中、
その背景にある二人の絆と依存が深く掘り下げられていきます。

祖父と3人で暮らす兄弟ですが、頼りない兄の面倒を見るしっかりした弟という感じ。
始まりからエロエロ描写で、出会い系で男を漁っては危険な目に合う龍太を、
第六感でどこにいても見つけ出して助ける寅次。
兄の安全の為と言い、童貞の寅次が抱く事になりセックス講座のどエロ。
それから毎日二人でやりまくりますが、寅次は龍太が必要なければやらないと言い、
龍太を満たす為に相手をしている状態。

寅次に彼女ができた一件で、
龍太に執着する寅次の内面描写に焦点が当たり、一気にシリアスに加速します。
幼少期から実父の性虐を受ける龍太が、寅次に手を出そうとする父を刺し殺した過去。
自分を守ってくれた兄の為なら何でもすると決意した幼い寅次。

構成はもちろん、ページの使い方や見せ方が本当に上手い。
父の性虐や前科という言葉で臭わせていましたが、
寅次が彼女に言った場面、おれの兄貴人殺してるんだ…
凄くインパクトのある描写で固まってしまった。
前半は龍太視線で描かれていましたが、ここから寅次視線で描かれ、
龍太に人のいい彼氏ができたことで、寅次の心情が掘り下げられ、深層心理に踏み込んでいく。

初めは、頼りなくて危な気な兄を支える、しっかりした弟という関係に見えますが、
本当は不安な弟を包み込んで安心させる、大らかで深刻になり過ぎない龍太が、
ずっと頼れる兄であり続けた姿がステキでした。

SEX依存症も最中の派手な喘ぎ声も、性虐の後遺症ですが、
生まれつき性欲が強かっただけかも…と、自分を守ってくれた責任を感じている寅次に軽く話す。
過去も寅次も全てを包み込む龍太の包容力に、何だか満たされました。

そして、ペド(小児性愛)の実父による被害者である兄弟。
悲しくなる度にこっそり寅次にキスしていた龍太は、
自分もペドかもしれないという恐怖を抱き、大きくなった寅次も好きでいられる自分に安心する…。
父に性虐を受ける兄に守られた寅次もまた、父と同じ血の自分に不安を覚えている。
被害者なのに…。

共依存ですが、支え合って繋がっている二人が、本当に愛おしくて涙が止まらなかったです。
この作品はガチ兄弟だからこそ心に響く気がします。

11

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ