Q3

q3

Q3
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神13
  • 萌×214
  • 萌5
  • 中立1
  • しゅみじゃない2

184

レビュー数
7
得点
137
評価数
35
平均
4 / 5
神率
37.1%
著者
 
媒体
コミック
出版社
茜新社
シリーズ
EDGE COMIX(エッジコミックス・茜新社)
発売日
価格
¥679(税抜)  ¥734(税込)
ISBN
9784863496132

あらすじ

「先生が好きだ」

教師の澤に告白した1年生の星野。
澤に片想いしている2年生の和宮。
教え子とカラダの関係をもってしまった教師の澤。

「好きだから」でカラダの関係に溺れた三人。

恋と執着と情欲のはざまでひとつになった三人が出した
"答え"とは?完全リバーシブル&ハイブリッドBLの問題作登場!!



【収録作品】
1話「まなざし」
2話「みがわり」
3話「はげまし」
4話「おかえし」
5話「とまどい」
6話「さざなみ」

特別描きおろし「なかよし」

表題作Q3

評価・レビューする

レビュー投稿数7

キャラが可愛い

日野雄飛さんの作品が大好きで、特にテーマ関係なく買った本作品。
元々はリバも3Pも大好きなので結構期待していたんですが…軽く(?)NTR系…地雷でした。
最終的に3Pってことかぁ…!という感じです。
切なさに気がいってしまってなかなかHシーンが素直に楽しめず(+_+)
だからといってもちろんキャラはそれぞれ可愛いしとても良かったです!コウ可愛い!タイプ!!

1

ほんとリバ

買おうと思った時に書店で見つけられなかったので、電子で出たら買お〜と暢気に4ヶ月近く待ちようやく電子化!
本当、噂どおり見事に『完全リバ3P』でした。

歪みの発端はコウだけど、それを機に妙な関係になっていく3人。
大人として、そして教職者として先生は離れたが2人が離さないという…。

はじめは皆片思いだったんですが、結局皆がそれぞれを好きという状況になります。
あんな関係してたら、そりゃそうもなるわな…と思ったり。

地雷の方も沢山いるだろう『3P』と『リバ』というテーマですが、このぐるぐるした歪な関係がとても読み応えありました。

1

だって3P総当たりリバなんだもの

3P!総当たり!リバ!
この本はそれが全てではないでしょうか。
そしてこの本を手に取るものはそれを求める者(悟り)。
先生がなかなかダメな大人で、ある種この関係性の肝ですね。
いや、コウの淀みのない無邪気な欲望も罪深いです。
いやいや、それよりも和宮の存在がリバの発端なわけだし…
これ全員だ!全員ダメな感じだったわ!各々欲望に忠実で快楽に弱すぎる。
何にしろ3Pというのはいつ破綻するかわからないところが魅力高いですね!

1

快感は心を越えず。

「完全リバーシブル」に惹かれて読み出すリバ好きの私。
ですが、本作はリバに重要性はなくて、3人がどうしたら続けられるのかを子供の方の2人が試行する過程の話なのではないかな、と感じました。
「リバはまあどうでも良くて3Pを読みたい人」に合うのではないでしょうか。
リバ地雷の人には到底読むのムリそうだし、かといってリバ目当ての人にはコレちょっと違う、となりそう。
更にもう一つ危険要素。教師x生徒で、(一応)レイプ展開。
生徒の方が誘ってるんだけど、最後までしていいとは言ってないんですよね。でもヤっちゃう。
先生は全然オラオラじゃないし、優しくて愛があるんだけど、生徒の方はルックスがショタっぽいし一歩間違えたら児童ポルノ状態。
教師と生徒2人のカラダの三角関係がぐるぐる回ってて、結局「好きの気持ち」は全員片想いのままなのがなんともモヤるというか、解決させないところがイマ風な感じで新しい3Pなのかな、と思いました。
この3人、どんな形で存続するのか、或いはどんな破綻になるのか……

0

見たかった3P

これぞ3P、見たかった3P。
登場人物のいろいろな感情はあれど、こんなにうまくバランスのとれた3Pを私は見たことがありません。
この人たち、リバしないかな…とか、そういう心配が一切ありません。
こんなにバランスがとれた3Pが今まであったでしょうか。
ある意味型破りなBLなのかもしれません。
さすが日野先生。

逆を言えば、何でもありがあまり得意ではない方には、微妙かもしれません。
でも3P好きさんには一度は読んでいただきたい

1

〝好き〟が絡み合う

“完全リバーシブル3P”に惹かれて読ませていただきました。

高校教師の澤(26)→転校生・星野(高1)→星野の幼馴染・和宮(高2)で
和宮は先生が好きというトライアングルラブなわけですが。
星野が先生を拒絶した時の台詞に私が傷ついてしまいました…。
えー…そんな……先生だってダメだって自分でもわかってるから
好きだけど一線を引こうとしたのに
ぐいぐい来ておいてそれはないんじゃ…。
まだこどもだからね、
相手の気持ちより自分の気持ち優先しちゃいますよね。
だけど大人だって何言われてもいいわけじゃないし…。

それぞれが好きになった理由もわかりますけど
一番感情移入したのは和宮でした。
先生と星野(コウ)の関係を知って、
コウに抱かれても抱いても「先生とはいつもこうなのか…」と
思ってしまうのってツラいだろうなぁ。
好きなのに交換条件までつけて
自分としてくれるように先生に言うシーンは悲しくなりました。
ところが……和宮×先生が素晴らしかった……!!!
想いを伝えるような丁寧な愛撫でしたし、
痛い経験しかなかったネコ側なのに、
感じさせられて戸続き惑う先生の表情!!
後日、ねだってみたり上にも乗ってみたり…先生…いいじゃないですか…。
3Pでもあの乱れる姿が!!
ありがとうございました…。

ただ、どうしても高校教師と未成年二人の関係なので
先生からは罪悪感が消えないのがしんどそうでした。
背徳感という面ではぞくぞくするんですけども。
でも大丈夫、決して気の迷いではなく、
その時の気持ちと感じる体温は確かなものでしょうから…。

それにしても描き下ろしの『なかよし』でも健気な和宮で
どうしても私は和宮に肩入れしてしまうのでした…。

4

トライアングル

期待値を振り切った(n*´ω`*n)ひゃほぃw
エロ可愛いとはこのことでゴワス。

なんかエロそうだなと衝動買いな作品だったのですが、
これがかわいいのです。
道徳的な意味でも、リバはって意味でも
好き好きはあるのかなと思うのですが、これがうまい。

高校教師を務める澤は一人の少年に恋をする。
ずっと探していたのは自分の学校の生徒である星野。
ただ見ているだけでよかったのに、あれよあれよと
淫らな関係に。
ぐいぐいにせまってきたのは星野だったのだが、その裏には・・・

好きな人には好きな人がいて、その好きな人にも好きな人がいる。
見事なトライアングルが完成しているわけで。
かなわないのならと身体だけでもな関係がつづくうちに
あれよあれよな展開なのであります。

作者自ら「総当たり」を目指したと豪語するように
突っ込み突っ込まれ。攻守きめない混合戦なのであります。
なにより受が気持ちよさそうなのがよかった。
「もっともっと」とねだる星野が激マブ☆

まさかの先生受もあり。
数少ないリバでも定広美香センセ以来のいいリバだとおもうのです。
続き結論見事なトライアングルも綺麗な正三角形になったようで
結末もまた良い。
作画よし、ストーリーよし、エロよし。
表紙がもうすこしインパクトあればもっとよかったかな
とは思いますが、十二分にうれしい作品でした。
ショタ万歳v

8

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ