夜を走り抜ける 2

yoru wo hashirinukeru

夜を走り抜ける 2
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神4
  • 萌×23
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
38
評価数
9
平均
4.2 / 5
神率
44.4%
著者
湖水きよ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

原作
菅野彰 
媒体
漫画(コミック)
出版社
オークラ出版
レーベル
enigma COMICS
発売日
価格
¥736(税抜)  
ISBN
9784775529164

あらすじ

南雲美術商のオーナー・南雲晴生は、養父に襲われて以降、他人を愛することが出来ないでいた。
否、愛することはしても、相手からするとそれは愛ではない、という状況であった。
そんな中に現れた高身長で端正な顔立ちの男・彫塑家の虎一。
最初は晴生を嫌っていたものの、固執されるうちに、徐々にその関係性は変化してきていた。
だが、その晴生をモノにしようと近づく男が現れて……!?
湖水きよ×菅野 彰の最強タッグで送る、芸術界の執念と甘さ絡み合うラブストーリー、ついに完結!

表題作夜を走り抜ける 2

与謝野虎一 彫塑家
如月晴生 美術商

その他の収録作品

  • 番外編 夜の中を歩く(描き下ろし)
  • あとがき

レビュー投稿数1

変な美人と誠実ワンコ

完結編です。

お互いに、かけがえのない人、になっていく二人です。相手の前では自分を出すことが出来る、しかしこのカップルは、誠実な作家、与謝野の、相手を幸せにしたいというその人柄あって成立していますね。

物語の後半となる2巻では、言い寄られている社長が絡んできて一悶着起きます。そこで、切りたくないカードを切っても晴生を守ろうとする与謝野と、何としても与謝野の創造活動を曲げさせたくない晴生とで解決しそうにない曲面で、晴生の兄との和解という別の軸が入って落ち着くところに落ち着きました。

これまで晴生を支えてきた高橋がクールな存在で、もっと引っかき回してくれたら面白かったかも。

湖水先生の描き方はところどころギャグで、いっそ思いっきりギャグを描かれたら面白いのでは、と思ってしまいました。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う