めぐみとつぐみ 2

megumi to tsugumi

めぐみとつぐみ 2
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神98
  • 萌×259
  • 萌14
  • 中立2
  • しゅみじゃない8

179

レビュー数
19
得点
770
評価数
181
平均
4.3 / 5
神率
54.1%
著者
S井ミツル 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックス Qpaコレクション
発売日
価格
¥700(税抜)  
ISBN
9784801968127

あらすじ

“ヒートは気合で何とかする”という規定外Ωなつぐみ。
つぐみと衝撃的な出会いをし、次第に惹かれていく不良だけど堅物なαの恵。
デートもするしヒート時の相手もして、順調におつきあいスタート!!
と思いきや、つぐみの空気がちっとも甘くならないと感じる日々。
一方、情緒のかけらもないつぐみには恵の求愛行動が全く理解できず、
「好き」という感情にピンとこなくて戸惑うつぐみは、
恵ごと「消すしかない」と鉄パイプを手に殴り込みーー!?
前途多難、どうなるふたりの恋!!?

待望の親世代エピソード、馴れ初めラブ話が描かれたスピンオフ作品
「くろじとはるつぐ」も同時収録!!!

不良なぼっちゃんα×ド直球狂犬Ωの青春ラブコメ
本能には抗えない、でもそれだけじゃない。
ふたりの距離がじわじわ近づく、待望の第2弾!

表題作めぐみとつぐみ 2

九重 恵(α)進学校の高校生
山田 つぐみ(Ω)ヤンキー校の高校生

同時収録作品くろじとはるつぐ

山田 春告(α)大学生
山田 くろじ(Ω)高校生

その他の収録作品

  • めぐつぐ的ピロートーク(描き下ろし)
  • あとがき
  • カバー下漫画

レビュー投稿数19

2巻待ってました✨

めぐみとつぐみ。一巻が大好きで2巻の発売をずっと、心待ちにしていました!

1巻から健在のめぐみくんとつぐみくんの2人のコミカルなやりとりに笑ってしまいました。
恵くんのつぐみくんに対しての愛が大きくなっている姿にキュンキュンしました。でも…つぐみくんは、多分恋っていうものをまだよく理解していないのか?上手く伝わっていない様子(笑)そんなつぐみくんも可愛いです。

ただ、読み進めいくと私が苦手な展開があり、中立とさせて頂きました。合意の上ではありませんが、恵くん×恵くんの友人のスバルくんがありました。
私と同じで苦手な方がいたら、注意かなとは思います。

でも、この出来事をきっかけに、つぐみくんが少しずつ恋心を自覚していきます。
これから先の展開も楽しみです。

0

やっと両想い…?

出だしであわやそれってセフレ…な関係が漂ってましたが何とか最終的には関係が修正できて安心しました。
1巻より、より可愛くなったつぐみの表情や振り回され続けてるめぐみの苦悩も必見です。これからもつぐみに振り回されそうですが頑張れめぐみ!

妹のすずめちゃんは恋のキューピットかな、ってぐらい恋愛面では大人です。

スピンオフでパパ達の出会いも収録されてますが親バカな春告パパは昔ストーカー気質だったっていう所に見た目に反してキャラ濃い目なんだなっと思いました。

0

かんでいい…って、可愛すぎだろ!

『めぐみとつぐみ(1)』の続編です。

父親が理事長のα進学校に通う九重 恵くん(α)とヨシキリ高のヤンキーの山田 つぐみちゃん(Ω)のお話

つぐみちゃんのヒート中は恵くんが相手をすることになったけど、ここで大きな勘違いが発覚します。
イチャイチャしたい恵くんに反して、ヒートが治まったらツレないつぐみちゃん。
ある日、恵くんはつぐみちゃんをデートに誘います。
猫カフェに行ったり、クレープを食べてり、ショッピングをする2人。
恋人同士だと思っていた恵くんは、つぐみちゃんが自分のことを「セフレの食べ物色々おごってくれる奴」と思っていたことを知りショック!
だって、恵くんは、ちゃんと「好き」って言ってないよね?
ハッキリ言わないと、つぐみちゃんには伝わらないよ(汗)

つぐみちゃんは恵くんに言われたことを思い出し、モンモンとします。
そして、恵くんを思いながら1人Hをしますが、何故か「もうあいつ消すしかない」と鉄パイプを持って恵くんの家に押し掛けました。
2人で話をしていると、恵くんのお父様が帰宅して…。

つぐみちゃんはキャパオーバーすると、すぐに恵くんのところに行ってしまいますね。
でも、それって理由を付けて、恵くんに会いたいんですよね?

つぐみちゃんを送っていく途中で、恵くんはちゃんと自分の気持ちを伝えます。
さらに「…俺 お前と番になりてーと思っている」と打ち明け、キスをします。
おおぉぉ!恵くんカッコいいなぁ。

2巻では当て馬が登場します。いや、すでに1巻から登場していた恵くんの親友スバルくんです。
初等部から恵くんのことが好きだったのに、いきなり現れたつぐみちゃんに奪われてしまった形です。
まさに「鳶に油揚げをさらわれる」とは、このことでしょう。
ある日、スバルくんは話があると言って恵くんの家を訪問し、恵くんを襲おうとします。
その頃、つぐみちゃんも恵くんの家に向かっていました。

結局は、スバルくんの存在で、つぐみちゃんが自分の気持ちに気が付くのですが、スバルくんがちょっと可哀想でした。
でも、諦めないって宣言していましたね!
応援したいけど、スピンオフか描き下ろしで幸せになってくれ!

想いが通じ合った恵くんとつぐみちゃんのHは、いつもよりも甘い感じでした(笑)
でも、番のしるしをつけるのは「俺がもうちょっと大人になったら」だって!
恵くん、まじでいい男だね!
つぐみちゃんは首のうしろを噛まれたと思っているけれど…。

描き下ろし『くろじとはるつぐ』は、大学生の春告が高校生の黒鵐に一目ぼれし、お付き合いするまでのお話です。
ずっとラブラブな夫婦でいられるのも納得の可愛いさです。
描き下ろし『めぐつぐ的ピロートーク』
両想いになった2人の初Hの後はイチャイチャと思ったら…やっぱりね!

1巻の表紙では睨み合っていた2人ですが、2巻は仲良く自撮りしたような表紙ですね。
3巻はどうなるのかな?
スバルくんの宣戦布告や恵くんのお父様の問題も残っていて、まだ恵くんとつぐみちゃんは番になれなそうです。
そろそろデレたつぐみちゃんが見たいな(笑)

1

吐いたつぐみが正直すぎて噴き出した

 1巻の面白さとスピード感を損なうことなく、2巻も存分にめぐつぐの魅力を楽しめる巻となっていました。つぐみが恵への気持ちを恋愛的感情だと自覚するのにかなり時間がかかりますが、その間のエピソード1つひとつに読み応えがあり笑えたり萌えたりできるので、そこまで焦れったいと感じることはありませんでした。鈍感過ぎるといえばそうなのですが、そこはあくまでギャグ作品ということでご愛嬌かなと思います。

 めぐつぐだけでなく、つぐみの両親である春告と黒鵐の馴れ初めが描かれていたのがとっても嬉しかったです。なんならこの2人の方が気になっていたくらい。春告の一目惚れから始まり、思い切りストーカーに発展していたのには笑ってしまいましたが、黒鵐の嫌がることは絶対にしないというスタンスを徹底していたのでそこはさすがだなと。恵に対して厳しい春告だけど、自分がここまでΩへの接し方を節制できていたのなら、それと同レベルの行動を求めても当然なのかもしれません。この2人のエピソードも挟みつつ、めぐつぐの進展も描いて欲しいですね。

0

自分らしく生きることの愛らしさ

いろんな意味で衝撃を受けた作品の第2巻。

昨今、オメガバースもいろんなシチュエーションが増えてきて、いろんな作品が出ていますが、やっぱり王道はか弱いΩ受とスパダリ攻αで、番をめぐる展開が多いのかな、と思います。もちろん王道は王道でとても良いし、この作品もΩが社会的には弱者でαの庇護があればΩの人生も安泰、みたいな社会環境があることが前提にはなっていると思いますが、1巻に引き続き、つぐみの個性が相変わらず光っています(笑)

2巻では、ヒートの時には相手をすると約束を取り付け、ヒートのときにセックスする仲にはなったけど、めぐみはそれを『付き合ってる』と、つぐみはそれを『気合いが効かなかったときだけ』と、お互いの関係認識に大きな乖離があるところから始まります。

めぐみは付き合ってるからセックスしてるという、ごくごく当たり前な感情なんだけど、そこは一筋縄ではいかないつぐみちゃん(笑)つぐみちゃんが、どうやってめぐみの存在を特別な人として認識するかの過程が描かれます。

とにかく、なにが規格外って、Ωのつぐみちゃん!もう、この自分を卑下せずに堂々と生きているかっこよさ!ヤンキーで色恋には鈍感だけど、人として自分を偽らず、自分らしく生きているところが本当に素敵です。
つぐみがこんなにも素直でいられるのは、両親からたくさんの愛情を受けて育ってきたからだと思います。春告さんの溺愛はまぁすごい(笑)でも、春告さんの溺愛する場面、大好きです(笑)

そして、やっぱりかっこいいのは、αのめぐみ。
つぐみに自分との関係を真剣に考えてほしいから、自分の想いをストレートに伝え、きちんと答えが出るまで辛抱強く待ちます。でも、なかなか真意が理解できないつぐみ。

めぐみは、つぐみだから理解できないのも仕方ない、みたいな、下に見るようなことは絶対しないし、つぐみを否定しない。めぐみはΩだから、αだからというある種の既成概念を嫌悪し、つぐみに対しても常に対等に接している。それは、めぐみが自分らしく生きるつぐみのことを尊敬し、そういうところに惹かれて、自分も自分らしく生きていたいと考えているから。つぐみに1人の男として自分の想いを誠実に伝えるめぐみの男気が半端なくて、めちゃくちゃかっこいいです。

だからこそ、ヒートでつぐみに迫られ、路地裏で抱いてしまったときに、抑制できなかった自分が許せないんですよね。どこまでも誠実なめぐみがまたまたかっこいい…。

スバルが当て馬のような感じになり、嫉妬心を認識したつぐみが、好きとは何かについて自分なりの答えを出し、ようやく両思いのセックスに。ヒートのときじゃなく、通常時なのに、つぐみからめぐみにキスして、一生懸命答えを伝えるつぐみに、きゅんきゅんしました!しかも、うなじを噛んでいいか?と言われて、『噛んでいい』と真っ赤になって応える場面。思わず感涙しためぐみの気持ち、よーーーっく分かります(笑)

オメガバースではあるけれど、めぐみがつぐみを好きになったのはもっと深いことで、Ωとかαとか関係なく、自分らしく生きていることの素晴らしさや眩しさを愛しく感じて好きになっていく過程は、見ていてとても気持ちいいし、なにより人間こうありたいなぁなんて深い思いにも至ります。

まだ続きがあるようなので、次は彼らなりの思いっきりラブラブした(?)ところを見たいです!

1

めぐみちゃんがとにかく可愛い

つぐみちゃんが恋の気持ちを自覚していく姿がとっても可愛かったです…♡
1巻以上に、つぐみちゃんの赤面したお顔が見れました。涙目もすんごく可愛かったです!
眉なしっていうのもやっぱり最高でした

0

「めんどくせぇ」にハマる

1巻同様、実直なつぐみに振り回されるめぐみ。
終始笑っちゃいました♪

「ヒートになったら相手する」という約束からヒートのたびにめぐみを頼るようになったつぐみだけど、早速ド定番の勘違いお付き合いが進行。
付き合ってると勘違いしてるめぐみがラブラブイチャイチャしたいと思うも、ただのヒート対処としか思っていないつぐみとでズレが生じ始める。
でも、おバカで真面目なつぐみはデートと言うフレーズを聞いても「ご飯を奢ってもらってる」位にしか捉えてないのが・・・めぐみ不憫(笑)

改めてちゃんと告白しなおし自分との事を考えるようにお願いするけどまぁつぐみからすれば「なんかめんどくせぇこと言い出した」と捉えるよね。うん。可愛い。

妹のナイスアドバイスで自分の気持ちをちゃんと伝えることが出来たつぐみは最高に可愛かったです♪

2

好きの形はひとつじゃない

つぐみ、相変わらずだなぁ。
でも慣れてくるとなんか可愛く思えてきて、つぐみちゃん、って言いたくなってくる。
めぐみもそんな気持ちだったのかな?もうつぐみにラブ全開じゃないの!
ただ、つぐみに対する感情は「恋心」というより「抱きたい」的な?
はじめの方はちょっと心よりHが勝ってるのかな?
一方つぐみは全然鈍感というか。めぐみとの温度差はかなりある。
それよりも。
妹のすずめちゃんがいいこと言った!
『心の形にどんな名前をつけるかはつぐみちゃんの自由なんだよ』
好きの形はひとつじゃない。
そうよね!
確かにめぐみとつぐみの心の形は全然一致してないけど、だから気になるんだし、だから求めるんだよね。
さて、それよりナイスだったのは、つぐみのご両親・春告x黒鵐の馴れ初めキタ〜‼︎
このお2人が気になってたから、読めてとても嬉しいです。
黒鵐さん、顔も思考回路もつぐみにそっくりだったじゃん。
心優しくてそして実は思慮深い、そんな今の黒鵐さんはやっぱり春告さんの愛の賜物なのでしょうね〜。やっぱいいなこの2人!
ご両親エピソードに星1つ追加で「萌x2」です。

1

やっと

やっと読めました^^*
1巻出た時から気になってはいたものの続きそう?と思い2巻出るまで待ってました!
待っててよかった!!!!

本当に面白かったです^^*
あんなに貢いでて、好き好きーなめぐみに対して、ヒモにセフレって...つぐみちゃんのもんもんと考えてる所がおもしろかった(笑)
考えすぎてキャパオーバーして、消すしかない!って(笑)

そんなつぐみがすずめちゃんの言葉で、スバルに襲われてるめぐみを見て自分の気持ちを認識できてよかった。
事後のグリグリしてるつぐみも可愛い(*´ω`*)

そしてはるつぐとくろじ!お二人共昔からとってもいい人なんだねー!
だからつぐみちゃんもすずめちゃんも曲がらずいい子なんだねー!特にくろじのお母さんがツボだった(笑)
ぜひおばあちゃんでも出てきてほしい!!

続きがまだ読めそうなのでこれからも楽しみです!

1

落ち着いた

ようやくつぐみが自分の気持ちを整理できて安心です。つぐみのぱぱ達の馴れ初めがとても良かったです。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う