めぐみとつぐみ 2

megumi to tsugumi

めぐみとつぐみ 2
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神131
  • 萌×270
  • 萌20
  • 中立3
  • しゅみじゃない9

--

レビュー数
23
得点
998
評価数
233
平均
4.3 / 5
神率
56.2%
著者
S井ミツル 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックス Qpaコレクション
発売日
ISBN
9784801968127

あらすじ

“ヒートは気合で何とかする”という規定外Ωなつぐみ。
つぐみと衝撃的な出会いをし、次第に惹かれていく不良だけど堅物なαの恵。
デートもするしヒート時の相手もして、順調におつきあいスタート!!
と思いきや、つぐみの空気がちっとも甘くならないと感じる日々。
一方、情緒のかけらもないつぐみには恵の求愛行動が全く理解できず、
「好き」という感情にピンとこなくて戸惑うつぐみは、
恵ごと「消すしかない」と鉄パイプを手に殴り込みーー!?
前途多難、どうなるふたりの恋!!?

待望の親世代エピソード、馴れ初めラブ話が描かれたスピンオフ作品
「くろじとはるつぐ」も同時収録!!!

不良なぼっちゃんα×ド直球狂犬Ωの青春ラブコメ
本能には抗えない、でもそれだけじゃない。
ふたりの距離がじわじわ近づく、待望の第2弾!

表題作めぐみとつぐみ 2

九重 恵,α,進学校の高校生
山田 つぐみ,Ω,ヤンキー校の高校生

同時収録作品くろじとはるつぐ

山田 春告(α)大学生
山田 くろじ(Ω)高校生

その他の収録作品

  • めぐつぐ的ピロートーク(描き下ろし)
  • あとがき
  • カバー下漫画

レビュー投稿数23

恵にホロリ…つぐみにホロリ❤️

【めぐみとつぐみ2】

うわ~ん❤️
もう最高か?
めぐみとつぐみの続編が読めて、中身も面白かった!

相変わらず、ヒートは気合いのつぐみ。
でも、やっぱり恵とヒートセックスをしてからは違うんだなぁ…
妙に感慨深くて、つぐみの変化が出てきたことがソワソワする嬉しさです。
前作が、ヒートセックスと恵の恋の始まりだったのです。今回は、やっとつぐみの心理変化が出てきています~

恵は、恵で真剣につぐみへの将来を含めた想いを告白しますし大きな山場が盛り盛りですね。

αのスバルの本音も爆発回。スバルも、思い余って、かなり衝撃的な行動に出てしまいましたね…
恵を挟んで、スバルとの直接対決も有ったりしまして❗️
いや~つぐみが恵に対してちゃんと好きと伝える日が来るなんて。泣いちゃうよ…

両想いよ!ある意味衝撃❤️
両想いセックスは、つぐみがヒートじゃない
場面です(恵はスバルインパクト有ったけど!どうぞご確認くださいね!)

つぐみが恵を好きと自覚してからは、なんと事後のピロートーク迄展開しちゃうんです!恵が、感激していてホロリとしましたわ…

【くろじとはるつぐ】

つぐみとすずめちゃんの両親の馴れ初めです!
春告さんは、くろじさん大好きな変態性だけじゃ有りませんでした!とは言え、ストーカーちっくなしつこさは昔から。
2人の出会いから、くろじさんの初めてヒートセックスまで…
これ、見ちゃって良かったですか?つぐみの両親の営みはちょっとドキドキ。
でも、春告さんの素敵さが初めて理解出来ました!

まだまだ、【めぐみとつぐみ】は続くようですし、次は恵の親がクローズアップされそうな。2人が、更に強く結び付くのか楽しみです。

あと、すずめちゃんは、かなり良い事を話しますね!さすが、春告さんとくろじさんの娘よの…と感心しましたよ~
とにかく、読んでみて山場を確認していただきたいとおもいました!

2

落ち着いた

ようやくつぐみが自分の気持ちを整理できて安心です。つぐみのぱぱ達の馴れ初めがとても良かったです。

2

「めんどくせぇ」にハマる

1巻同様、実直なつぐみに振り回されるめぐみ。
終始笑っちゃいました♪

「ヒートになったら相手する」という約束からヒートのたびにめぐみを頼るようになったつぐみだけど、早速ド定番の勘違いお付き合いが進行。
付き合ってると勘違いしてるめぐみがラブラブイチャイチャしたいと思うも、ただのヒート対処としか思っていないつぐみとでズレが生じ始める。
でも、おバカで真面目なつぐみはデートと言うフレーズを聞いても「ご飯を奢ってもらってる」位にしか捉えてないのが・・・めぐみ不憫(笑)

改めてちゃんと告白しなおし自分との事を考えるようにお願いするけどまぁつぐみからすれば「なんかめんどくせぇこと言い出した」と捉えるよね。うん。可愛い。

妹のナイスアドバイスで自分の気持ちをちゃんと伝えることが出来たつぐみは最高に可愛かったです♪

2

やっと

やっと読めました^^*
1巻出た時から気になってはいたものの続きそう?と思い2巻出るまで待ってました!
待っててよかった!!!!

本当に面白かったです^^*
あんなに貢いでて、好き好きーなめぐみに対して、ヒモにセフレって...つぐみちゃんのもんもんと考えてる所がおもしろかった(笑)
考えすぎてキャパオーバーして、消すしかない!って(笑)

そんなつぐみがすずめちゃんの言葉で、スバルに襲われてるめぐみを見て自分の気持ちを認識できてよかった。
事後のグリグリしてるつぐみも可愛い(*´ω`*)

そしてはるつぐとくろじ!お二人共昔からとってもいい人なんだねー!
だからつぐみちゃんもすずめちゃんも曲がらずいい子なんだねー!特にくろじのお母さんがツボだった(笑)
ぜひおばあちゃんでも出てきてほしい!!

続きがまだ読めそうなのでこれからも楽しみです!

1

自分らしく生きることの愛らしさ

いろんな意味で衝撃を受けた作品の第2巻。

昨今、オメガバースもいろんなシチュエーションが増えてきて、いろんな作品が出ていますが、やっぱり王道はか弱いΩ受とスパダリ攻αで、番をめぐる展開が多いのかな、と思います。もちろん王道は王道でとても良いし、この作品もΩが社会的には弱者でαの庇護があればΩの人生も安泰、みたいな社会環境があることが前提にはなっていると思いますが、1巻に引き続き、つぐみの個性が相変わらず光っています(笑)

2巻では、ヒートの時には相手をすると約束を取り付け、ヒートのときにセックスする仲にはなったけど、めぐみはそれを『付き合ってる』と、つぐみはそれを『気合いが効かなかったときだけ』と、お互いの関係認識に大きな乖離があるところから始まります。

めぐみは付き合ってるからセックスしてるという、ごくごく当たり前な感情なんだけど、そこは一筋縄ではいかないつぐみちゃん(笑)つぐみちゃんが、どうやってめぐみの存在を特別な人として認識するかの過程が描かれます。

とにかく、なにが規格外って、Ωのつぐみちゃん!もう、この自分を卑下せずに堂々と生きているかっこよさ!ヤンキーで色恋には鈍感だけど、人として自分を偽らず、自分らしく生きているところが本当に素敵です。
つぐみがこんなにも素直でいられるのは、両親からたくさんの愛情を受けて育ってきたからだと思います。春告さんの溺愛はまぁすごい(笑)でも、春告さんの溺愛する場面、大好きです(笑)

そして、やっぱりかっこいいのは、αのめぐみ。
つぐみに自分との関係を真剣に考えてほしいから、自分の想いをストレートに伝え、きちんと答えが出るまで辛抱強く待ちます。でも、なかなか真意が理解できないつぐみ。

めぐみは、つぐみだから理解できないのも仕方ない、みたいな、下に見るようなことは絶対しないし、つぐみを否定しない。めぐみはΩだから、αだからというある種の既成概念を嫌悪し、つぐみに対しても常に対等に接している。それは、めぐみが自分らしく生きるつぐみのことを尊敬し、そういうところに惹かれて、自分も自分らしく生きていたいと考えているから。つぐみに1人の男として自分の想いを誠実に伝えるめぐみの男気が半端なくて、めちゃくちゃかっこいいです。

だからこそ、ヒートでつぐみに迫られ、路地裏で抱いてしまったときに、抑制できなかった自分が許せないんですよね。どこまでも誠実なめぐみがまたまたかっこいい…。

スバルが当て馬のような感じになり、嫉妬心を認識したつぐみが、好きとは何かについて自分なりの答えを出し、ようやく両思いのセックスに。ヒートのときじゃなく、通常時なのに、つぐみからめぐみにキスして、一生懸命答えを伝えるつぐみに、きゅんきゅんしました!しかも、うなじを噛んでいいか?と言われて、『噛んでいい』と真っ赤になって応える場面。思わず感涙しためぐみの気持ち、よーーーっく分かります(笑)

オメガバースではあるけれど、めぐみがつぐみを好きになったのはもっと深いことで、Ωとかαとか関係なく、自分らしく生きていることの素晴らしさや眩しさを愛しく感じて好きになっていく過程は、見ていてとても気持ちいいし、なにより人間こうありたいなぁなんて深い思いにも至ります。

まだ続きがあるようなので、次は彼らなりの思いっきりラブラブした(?)ところを見たいです!

1

めぐみちゃんがとにかく可愛い

つぐみちゃんが恋の気持ちを自覚していく姿がとっても可愛かったです…♡
1巻以上に、つぐみちゃんの赤面したお顔が見れました。涙目もすんごく可愛かったです!
眉なしっていうのもやっぱり最高でした

0

祝!カップル成立!!

前回では発情期をやり過ごすためのセフレ的な関係を結んだ二人。
つぐみちゃんに惚れてるめぐみくんは、振り回されながらもなんとかつぐみちゃんに恋心を自覚させようと頑張ります。

ただ、それがつぐみちゃんには突き放されたように感じてしまって、行きつくところは「アイツぶっ殺す!!」ww

今回は親友だと思ってたロンゲくんにめぐみくんが押し倒されたり、それをつぐみちゃんが阻止したり、鼻持ちならないめぐみパパが好き放題語るのを、つぐみちゃんが黙らせたりと、つぐみちゃん大活躍でした。

しかし、あの父親に育てられて、よくこれだけまともな思考に育ったねめぐみくん。
自分の母親がΩだったってことを差し引いても、αな環境で育てられてるのに、α的に常識な始末をつけた父親に対して「こいつはドクズだ」と言い切る所なんて、ちゃんと自分の頭で考えられてる賢くて性格が良い子なんですね。

で、どこまでもバカで単純なつぐみちゃんは、自分の心のありようが分からなくて「ムカツク!ぶっ殺す!!」で思考がループするわけですが、自分なりに恋愛というものを理解しようとして妹のすずめちゃんに相談する。
お兄ちゃんよりよっぽどオトナでおしゃまなすずめちゃんは「自分の心のありように、どんな名前をつけるかはお兄ちゃんの自由なんだよ」と教えてあげます。

その言葉と、いろいろなゴタゴタを目の当たりにして、やっと自覚した「これってお前が好きってことじゃないのかよ!」って告白がスゲーもうキュンときました。

両想いになっても、うなじ噛んでもいいぞってなっても、責任とれる大人になるまで番はおあずけな。っていうめぐみくんマジ男前。

まだ続くみたいなので、次巻がすごく楽しみです!!

0

表紙からもにじみ出てる関係性の変化にキュンキュン!

「めぐみとつぐみ」続編の今作ですが、注目すべきは関係性の変化と友情、だと思います!まず関係性の変化ですが、二人が付き合っているところからのスタート、というのがいいところです!ただ「ヒートの処理」ではなく「付き合う」って何なのか、戸惑いだらけの二人のお付き合いに読者としてはモダモダが止まりません…!高校生らしい純粋な悩みがたくさんでとてもかわいいです。
つぎに友情、ですが、友情について話すうえでのキーパーソンとなるのが攻めの友達・スバルくんです。どのように変化するのか、気になった方はぜひ読んでみてくださいね…!友情と恋愛と、考えなければいけないことたくさん!な攻めちゃんは思わず応援してあげたくなっちゃいます。

また、この本でポイントとなるのが同時掲載作品(スピンオフ)の「くろじとはるつぐ」です!受けちゃんの親二人の馴れ初めなど、ラブラブな二人になるまでの経緯が描かれていて個人的には大好きです。また、受けちゃんとちょっと顔とか性格とかが似てるのもいい(そりゃそうか)あとね、春告さんが若干変態ながらも意外と(失礼)かっこよくて、それと黒鵐さんの不器用さの対比が最高です。

0

すれ違いwww

つぐみの発情期にめぐみが付き合うようになっていました。

そしてめぐみはつぐみに惚れていますが、つぐみの方はちょっと違ってて。
この辺りのすれ違いというかが読んでて面白いです。めぐみが気の毒すぎました。www

更につぐみの両親のやり取りがまたまた最高でした。口うるさい春告さんと男らしく寛容な黒鵐さんの馴れ初め編とかも収録されてます。

めぐみが自らのアルファ性を嫌うきっかけとなった理由も明らかになりました。
そしてオメガ差別甚だしいめぐみの父親と、つぐみのファーストコンタクトがまた最高でした。つぐみ好きだなぁ。

つぐみとのデートを頑張るめぐみも可愛いいし、つぐみに告白されてようやく意識し出すつぐみも可愛いです。
でもお互いに迷走するのも微笑ましいCPでした。

めぐみの親友のスバルがつぐみを目の敵にしていた理由も判明しました。そして最高だったのは襲われているめぐみを見た時のつぐみの反応です。予想外過ぎた!

S井ミツル先生天才ですね。

ようやく両思いですが、次から次へとつぐみが波乱を呼び込んで来て目が離せない展開になって来ました。

それから黒鵐さんが子どもの頃に懲らしめた、カツアゲしてた九重が誰なのかとても気になります。

0

まだ続くなんて焦ったい‼︎

『めぐみとつぐみ』の2巻です。
なんと、今回も完結せず次巻に続く展開です^^;

内容はあらすじの通りです。
付き合っているつもりの恵でしたか、
つぐみは全然そんなつもりはなくて……

「俺はお前の何だ?」という恵の問いに対するつぐみの答えは、
〝セフレでヒモ〟……恵が不憫すぎます(笑)

それでも、恵のことを考えるとヒートじゃないのに身体が疼き、
オナニーまでしてしまって大混乱のつぐみ。
キャパオーバーのつぐみの結論は……

『あいつ消すしかない』

なんで(笑)
つぐみは〝好き〟という感情が分かりません。
普段は本能的なのに、
〝好き〟に関しては考え過ぎている気がしました。

頭が固くて頑固だけど素直なつぐみ。
Ωだろうとαだろうと自分のことは自分で決める!
という、一本筋が通った男の子です。

家庭環境やバース性に悩む恵は、
つぐみの素直さや、
性に囚われない強いところに惹かれたのでしょうね。
恵がつぐみに好きだと告げる場面は、
自然でとても良かったです。

今回は、恵の親友・スバルが恵に気持ちを打ち明け、
当て馬のような役割を果たします。
つぐみに恵を取られると焦ったスバルが起こした行動は良くなかったけど、ずっと恵が好きだった気持ちは本当なんだと思いました。

結果的に、スバルに嫉妬したつぐみが自分の気持ちを認めます。
〝好き〟の答えは一つじゃない。
自分の気持ちにどんな名前をつけようと自由なんだ!

そして、つぐみが付けたつぐみの気持ちの名前は、
〝恵が好き〟でした^^
初めての両想いH♡
恵よかったねー!

それにしても、高校生でここまで大っぴらにHするのも、
オメガバースならではですよね^^;
普段は狂犬なつぐみがヒートでグズグスになるところ、
とても可愛くてエロかったです。

ただ、最後につぐみが恵と番になったと勘違いしてしまい、
そこで今巻は終わってしまいました(^◇^;)

実際、2人が番になるのには大きな障害がありそうなんですよね……
恵父のΩ蔑視……ヤベーです。
あの父をどう説得するのか……

今回、恵父の発言に腹を立てたつぐみが滅茶苦茶したので、
関係性は最悪てすしね……
とりあえず、次巻を待つしかないです。

本作には、つぐみの父母の馴れ初め話が収録されています。
クロジがつぐみと被りすきてて可愛かったです!
恵とつぐみにも、春告とクロジのような夫婦になって欲しいな^^

4

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う