おうちとごはんと愛をください

ouchi to gohan to ai wo kudasai

おうちとごはんと愛をください
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神7
  • 萌×210
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない4

--

レビュー数
4
得点
81
評価数
23
平均
3.7 / 5
神率
30.4%
著者
夕映月子 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
佐倉ハイジ 
媒体
小説
出版社
二見書房
レーベル
シャレード文庫
発売日
価格
¥619(税抜)  
ISBN
9784576200262

あらすじ

白猫のユキは屋敷神様の力で人間の姿になり、おじいちゃん亡き後の家と仲間たちを守っている。相続人の誉とユキのピュアもふラブ。

表題作おうちとごはんと愛をください

誉、現実主義の屋敷の相続人
ユキ、屋敷神様の力で人間になった白猫

その他の収録作品

  • 犬猫屋敷のご主人様
  • あとがき

レビュー投稿数4

受けがあざと可愛すぎぃ! 振り回されてる攻め、気の毒すぎーーー!!

屋敷神様に人間にして貰った、家猫のユキ。
亡くなった優しいご主人様の相続人としてやって来た青年との、超ピュアでほのぼの可愛い、スレ違いジレジレラブになります。

いや、元猫である受けが、めちゃくちゃあざと可愛いんですよね。
本人はひたすら健気で真っ直ぐで一生懸命なんですけど。
また、攻めは受けの事を祖父の愛人だと勘違いしていて、それらにより巻き起こるズレに、ニヤニヤしたりジレジレしたりって感じで。
これ、受けが純粋な気持ちで言ったセリフが、ことごとく違う意味を連想させちゃうんですよねぇ。
金髪の美形が「ご主人様に可愛がって貰ってた」とか「一緒に寝たり撫でてもらってた」とか言いだせば、攻めじゃなくとも誤解するでしょうよ!
この、互いの認識は完全にズレてるのに、何故か上手い事会話が噛み合っていっちゃうと言うコントみたいなやりとりにも、笑わせて貰いましたよ。

捻りなんかは無いんですけど、その分、とにかくピュアで可愛いお話を堪能出来ると思います。
あまりの可愛さとピュアさに、萌え転がりましたよ。


ザックリした内容です。
ご主人様に拾われて、可愛がられて育った白猫のユキ。
倒れたご主人様を助けたいと屋敷神様に願うと、なんと人間の姿にして貰えたんですね。
やがてご主人様が亡くなり、相続人としてやって来たのが孫である誉。
彼は、ユキの事を「愛人」だと知らない言葉で責め、出ていくように迫りますがー・・・と言うものです。

で、これ、攻めの側からすると、ゲイだと告げた途端に連絡も無くなりと、自分を見放したとしか思えない祖父。
彼からの遺言で「屋敷と土地を譲る条件として、自分の愛人と犬猫の世話を押し付けられた」になるんですよね。
その為、最初は怒り心頭。
ユキ達を追い出そうとする。
しかし、屋敷を訪れてユキ(+他のペット達)と交流を持つうちに、彼の健気さやいじらしさ、愛らしさにどんどん惹かれて行き・・・って感じでしょうか。

こちら、繰り返しになりますが、とにかく二人の日常が可愛い上にキュンキュンなのです。
えーと、ユキですが、元猫なので、すごく純粋だし裏表と言うものが無いんですよね。
こう、優しいご主人様の事を思い出せばボロボロ涙をこぼし、誉に「とっと帰れ!ばーーーか!」と言ってたかと思えば、食べ物を貰って満面の笑みみたいな。
また、自分はろくに食べずに、他のペット達に食べ物を食べさせる。
いや、ユキにとって、ご主人様もペット達も、共に暮らす家族なんですよね。
ご主人様との思い出がたくさん残るここで、「みんなと暮らすんだ」なんですよね。

最初こそ、寂しい独居老人に付け込み、亡き後も居座ろうとする図々しい愛人ぐらいに思っていた誉。
それが、ユキのそんな姿に毒気を抜かれる。
そして、愛しさを覚えるようになる。

また、食事やお土産を持ってしょっちゅう現れと、不器用な優しさを見せる誉。
彼になつき、いつしか訪れを心待ちにするようになるユキ。

これ、ユキ視点でありながら、誉がどんどんユキに惹かれてゆき、また愛しさを覚えているのが良く分かる仕様になってるのも楽しくて。
いやね、ユキが小首をかしげるとか、やたら仕草なんかがあざと可愛いんですよ。
猫だから当たり前だけど!
で、「そういう仕草や表情も癖か? それとも意図してやってるのか?」と誉・・・みたいな。
や、読者大好き、天然無意識煽り系受けなんですよ。
攻めが振り回されてるのに、ひたすらニヤニヤしちゃうんですよ。
読者と言うか、私が大好きなんですけど。

と、そんな日々を過ごすうちに、誉に惹かれてゆくユキ。
しかし、戸籍も無い、正体も分からないユキは、親類から不法滞在の外国人なのではと疑われ・・・と続きます。

これ、色々誤解とか思い込みが重なって、すごくもどかしい事になってて。
この時点で誉は、ユキの事をまだ愛人だと思ってるんですよね。
だって、「愛人」の意味が分からないユキが、特に否定をしなかったから。
また、ご主人様から自分が人間になったり猫になったり出来る事を、決して他の人には言ってはいけないと言い聞かせられてもいた。
その為、不法滞在者と言う誤解を解く事も出来ない。
くっ、もどかしすぎる・・・!

とりあえず、ここからとてもあたたかい結末です。
いやもう、誤解が色々解けて、良かった良かった!
そして、ユキが愛人じゃないと分かった誉、めっちゃ嬉しそう。
ついでに、めっちゃ優しい笑み。
私もめちゃくちゃ嬉しいよーーー!!

あとこちら、本編終了後に、誉視点の短編がございます。
個人的に、本編を受け視点、その後に攻め視点で、受けへの愛しさが語られるみたいなパターンが大好きでして。
あの時の刺々しい態度の裏で、既にユキに惹かれていたのね~とか、どんだけユキにメロメロなんだよとか。
終始ニヤニヤと読ませていただきました。

誉がゲイだと分かった途端、よそよそしくなってしまった祖父(ご主人様)。
この時の彼の真意が分からないまま終わってしまったのだけが、ちょい残念ですけど。

とりあえず、可愛くて優しくてあたたかい、とても癒されるお話でした。

6

ごはんをくれる人に悪い人はいない

表紙のイケメンに撃ち抜かれて購入。間違いないと予測していましたが、その通りめっちゃ好きなお話でとても嬉しかったため神にしました。表紙の方々皆さん良いし、おじーちゃんがこれまた良いし、ユキの天真爛漫な色っぽさがとても良いのです。本編190Pほど+攻め視点のお話27P+あとがき。2回読んでもティッシュ3枚は必要です。

庭で鯉に残り少なくなってきた餌をやっていると、今はもう亡きご主人様の匂いが!人型をしているとヤバイので逃げなきゃいけないのに、懐かしさのあまり動けないでいると、やって来たのはご主人様の孫という誉(ほまれ)。ご主人様は「あいつはいい子だから、おまえたちを見捨てることはないだろう」と言っていたのに、ユキに「出ていけ」と冷たく言い放って・・と続きます。

攻め受け以外の登場人物は
ご主人様(攻めの祖父、ユキたちを飼っていた人)、スミ、光圀、お銀さん、忠相、次郎吉(ユキと一緒に飼われていた犬猫、ユキの通訳によりお話参戦します)、沢村さん(弁護士)、攻め父ぐらいかな。

++好きだったところ

ユキと犬猫たちを自分の死後もなんとかしたかったおじいちゃんが、望みを託したのが孫の誉さんというお話。王道なんだけど、こういうお話が大好きなんです。加えて何でもかんでも初めてのユキちゃんが本能の赴くまま、清らかで初心なんだけどエロいってところが凄い。色っぽいを通り越してエロい。すごい。耳しっぽ出した時、誉さんは「血管ぶちきれる」と言ってましたが、ええ、ほんと切れると思います。本能って恐ろしい。

誉さんより圧倒的にキャラとして愛おしかったユキ。猫の気持ちがまだまだ残っていて、妹のスミが誉さんに撫でられているのを見て「撫でてほしい・・・」と思ったり、びっくりしたら耳しっぽが出そうになったり、しっぽ触られたらきゃあきゃあ大騒ぎしたり、「ご飯くれる人に悪い人はいない」なんて言い切るところはあーもう可愛すぎて心配。綺麗しエロいし素直だし、2020前半期トップ3に入るのではと思うキャラでした。

お爺ちゃんの若い愛人と誤解していた誉さんは、そりゃ最初こじれていましたが、いたってまっとうな方で、ユキちゃんのピュアえろなところに早々にノックアウトされていました。スパダリな部類に入るのではと思われますが、ユキちゃんが怪我しちゃった所ではホロホロ涙を流してしまう人情味あふれる方なんだと思います。これからユキちゃんと一緒にながーく幸せに生きてほしいんです。

で、どう考えてもこれ、余裕で続きを書けると思うんです。(先生勝手なことを申し上げてすいません)とても続きを読みたい。外でも人型を保てるようになったユキちゃんがぷんすこ怒って家出して、誉さんがあわあわする等のお話をどうしても読みたい。(攻めざまあが好き)
皆さん、どうかお力を貸してください。皆さん読んで~!!!

5

クールなハイスペ×甘えんぼネコのモフモフファンタジー

完璧にタイトルと表紙に惹かれたジャケ買い!
表紙の雰囲気そのままに、たくさんの動物たちが登場する、
優しくて可愛いモフモフファンタジーです。


ある日一人暮らしのお爺さんが倒れ、うろたえる動物たち。
白猫のユキはご主人様を助けるべく、
祠の神様に人間の姿になれるようお願いに行きます。
その願いは叶えられ、敷地内でだけ人間の姿でいられるようになったユキは、ご主人様亡き後、家族として過ごしてきた動物たちの世話をして過ごしています。
エサは底をつきかけ空腹のユキの前に現れたのは、
ご主人様の面影によく似た若い男でーー…⁉︎


屋敷と動物たちを相続したのは孫の誉でした。
ユキが祖父の愛人だとか不法滞在の外国人だとか、
様々な疑いをかけられるながらも動物たちのために頑張ります。
この健気でピュアで甘えたなユキと、冷たい印象なのに本当は優しい誉のキャラがとても魅力的だと感じました。

初めはネコとして、そのうちネコと人間が混在し、
最終的に人間らしくなっていくユキの気持ちの変化が面白くて可愛いなと思うのです^^
やっぱり、ユキは次第に人間になっていくのかもしれません。
ゲイである誉はユキに惹かれていくものの、
ユキのことは祖父の愛人だと思っています。
この思い違いがなかなか正されなくて焦ったいσ(^_^;)

そして、ある出来事によってユキの秘密が誉に知られてしまうのですが、これをきっかけに惹かれあっていた二人は結ばれます。
人間でも猫でも化け猫でも関係なく〝ユキが好きなんだ〟
という誉の深い愛を感じました。
甘えて甘やかす、お互いに必要としている欲求を満たし合う関係がいいなぁー、なんて思います(*ฅ́˘ฅ̀*)♡

初めてのHは思いのほかエッロエロ♡
ユキが淫乱ネコちゃんになっちゃうし、誉はムッツリですね。
ネコだからなのか、誉にマーキングされたくて顔射やゴックンや中出しを喜んじゃうユキのギャップにドキドキ(*//艸//)
無自覚に煽りまくるユキに誉の理性が崩壊寸前で、
その姿がちょっとかわいそうだけど楽しかったです^^

ユキ視点で進む本編ですが、短編は誉視点で展開されます。
本編の内容をギュッと縮めているのですが、
分かりにくかった誉の気持ちを理解できて萌えました♡
この短編、とても良かったです(´>///<`)

動物を飼うということの難しさも考えさせられつつ、
温かくて優しい空気漂う作品で、ひじょうに心癒されました。
そして、挿絵が作品の雰囲気にバッチリ合っていて、
それもとても良かったです!

5

よき大人のための、児童文学風BL

ほっこり癒されました…。
といってもそこまでポワポワもしすぎず。
疲れた猫好きの大人に丁度良い癒し系作品ではないでしょうか。

あらすじです。
飼い猫のユキは、とあるきっかけで屋敷の中でのみ人間の姿となれる力を授かる。
美少年姿を手に入れてからもご主人様や仲間の動物たちと穏やかに暮らしていた。
しかし老齢のご主人様がとうとう病気で亡くなってしまう。
その後もどうにか仲間と暮らしていたが、屋敷のご飯の蓄えも尽きて途方に暮れていたある日、ご主人様の孫の誉が現れる。
誉はユキを祖父の「愛人」と呼び、屋敷から追い出そうと冷たい態度。
これからも屋敷で仲間と過ごしたいユキは元ご主人様の遺言通り、誉に新しいご主人様になって欲しいと懇願するが…

ポイントは猫のユキちゃんには当然人間言葉の裏なんて読めない所です。
「愛人」も「国籍」も「不法滞在」も理解できていないまま話が流れていった挙句、ややこしいことに。
ユキ:自分は猫として飼われていた
誉:ユキは愛人として囲われていた
という最大の誤解が、ユキだけでなく誉も苦しめることになります。
誉さんも「愛人め!」と必死の塩対応を取っているようですが、
実はこの人、性根は動物好きの優しいゲイなんで…ちょっとずつユキに絆されて、お魚を届ける通い婿状態になっていきます。
漏れ出る愛しさをそれでも理性で押さえつけようとモダモダしている姿に焦れキュンです。

動物同士の和気藹々さや人間と動物が心を通わせる過程が実にほっこりで、どことなく「手袋を買いに」のような児童文学作品を彷彿とさせます。

でもね、これBLだったんです。

そうして誤解が解けて愛人という色眼鏡を外してみたら…
もうユキにめろめろ。
ずっと色っぽいシーンは無いけれど、普通に可愛くていい話だなぁー、エッチなしでも十分かもと油断しているとヤバいです。
ムッツリ誉が覚醒します。
ユキちゃん初心でまっさらさらなのに、誉さんはガンガン行こうぜ状態。
なんだかイケナイことのような背徳感もチラつきつつ、初心で淫乱なリアル猫ちゃんプレイを楽しませてもらいました。

最後の攻め視点のお話もハイライト+その後のイチャイチャとして丁度良い満足感。

児童文学風ほっこり感×純真猫ちゃんプレイBL
大人のための癒し作品でした。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う