王国のある一日

oukoku no aru ichinichi

王国のある一日
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
9
評価数
2
平均
4.5 / 5
神率
50%
著者
名倉和希 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
小説
サークル
WAKI・WAKI<サークル>
ジャンル
オリジナル
発売日
価格
ISBN

あらすじ

「竜は将軍に愛でられる」の番外編4編。
「アゼルの朝」「エイムズの午後」「ランドールの夜」「ルースの朝」

表題作王国のある一日

ランドール・オーウェル、サルゼード王国の将軍、35
アゼル、竜人族の王の末子、20

レビュー投稿数1

小さくしてよと言われましても・・

本編お好きだった方には強くおススメしたいです。本年の同人誌ベスト5に入れたい。名倉先生のコメディ路線お好きな方でしたら間違いございません。1月から自家通販もされるようですので、是非是非!

1.「アゼルの朝」
  ランドールと暮らすようになって3か月後のお話。
  日の出と共に目を覚ますアゼルの朝の様子+ランドールとの朝のイチャコラ
  +待たされたルースの文句(大爆笑、アゼルにも文句言うようになってるwww)です。
  もうアゼルが可愛くってっ!雪を初めて見て大騒ぎして怒られるなんて犬か!!!
  
2.「エイムズの午後」
  宰相エイムズ視点のお話。幼い国王を守り、ランドールに失恋して滅入っている王太后に気を配り、
  根回しをし、ああ苦労人。ごめんねえ・・とちょっと気の毒。

3.「ランドールの夜」
  王太后との件でエイムズと話していて帰宅が遅くなったランドール。
  既に寝入っていたアゼルの横に潜り込みますが、清純ながら寝ぼけた色気がもりもりの
  アゼルとのいちゃいちゃ。アゼルったら「小さくしてよ・・」なんて文句言うようになったんです!
  笑いすぎで腹痛い。
 
4.「ルースの朝」
  ここまで来たら皆さんお分かりですよね?
  一晩中いちゃこらやらかした二人の朝に割って入って、なんとか支度を整えさせて
  二人の世界を何とかぶち壊してランドールを出かけさせるルースの気苦労ったら!!!!!
  ごめんだけど面白過ぎる。ルース頑張れ、もうこうなったら楽しむしかない!

ああ楽しかった。先生、本当に有難うございました!!!!!!

6

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ