王子は黒竜に愛を捧げる

ouji wa kokuryu ni ai wo sasageru

王子は黒竜に愛を捧げる
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神6
  • 萌×213
  • 萌5
  • 中立2
  • しゅみじゃない2

35

レビュー数
6
得点
99
評価数
28
平均
3.7 / 5
神率
21.4%
著者
名倉和希 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
黒田屑 
媒体
小説
出版社
新書館
レーベル
ディアプラス文庫
発売日
価格
¥680(税抜)  
ISBN
9784403525032

あらすじ

父王の命で竜を探していたコーツ王国の第九王子エリアスの前に、大きな黒竜が現れたことから……? 
「竜は将軍に愛でられる」スピンオフ!!

表題作王子は黒竜に愛を捧げる

アラン,100歳~,竜人族の王弟で黒竜
エリアス,18歳,コーツ王国第九王子

その他の収録作品

  • あとがき

レビュー投稿数6

めちゃくちゃ切ない・・・(TдT)

「竜は将軍に愛でられる」のスピンオフになります。
そちらが大好きな為、発売を楽しみにしていました。
今作だけでも問題無く読めるんですけど、「竜は~」の二人も結構登場するので、既読だとより面白いと思います。

で、名倉先生と言うと、暴走溺愛攻めがお約束ですが、今回もかなりのものでしたよ~。
竜である攻めが、王子である受けの愛らしさに、終始悶えてるんですよね。
もう、溺愛描写が楽しすぎる!

ただこれ、結構切なくもあって。
しかも、愛し合う二人が引き裂かれる系。
互いを想い合うが故に、より切ない・・・。
泣けましたよ。
今回、受けの境遇だったり、彼が背負っているものが、わりと重いんですよね。
そんな受けを全力で守ろうとする攻めにも、切ない心地にさせられて。
二人が幸せになってくれて、本当に良かったよ。
読みながら、気が気じゃ無かったよ!

で、ザックリした内容です。
父王の命令で、竜狩りの為に辺境へ赴いた、コーツ王国第九王子のエリアス。
怪我を負った彼が最期にと笛を奏でていると、大きな黒竜が目の前に現れるんですね。
傷の手当てをし、優しく面倒を見てくれる黒竜・アランと共に、つかの間の幸せで穏やかな時間を過ごすエリアス。
彼と共に過ごす事に喜びを覚えますが、一人後宮で過ごす母親の為に、帰国せねばならなくてー・・・言うものです。

繰り返しになりますが、今回は結構切ないんですよね。
受けであるエリアスですが、音楽の才能はあるものの、王子として求められる騎士の才能はなかったんですね。
その為、王から顧みられずと、寂しい生活を送っていた。
ところが今回、竜を操ると言う野望に取り憑かれた王により、竜狩りへと派遣されてしまう。
しかも、手柄を欲する上官により、無茶な命令を下され、一人辺境で行き倒れかける。
いや、すごく健気でいい子なんですよ。
こんな無茶な要求をされても、後宮に居る母親を思うと、命令に従うしかないんですよね。
もうこの時点で、かなり切ない・・・。

で、そんなエリアスを溺愛するのが、黒竜であるアラン。
前作の受けの叔父になるのですが、竜人族でありながら丸太小屋で人の姿で暮らし、更に人間に混じって働いたりと、変わり者になるんですね。
今回、笛の音に引き寄せられた彼は、そこで見つけた華奢な青年の愛らしさに、心を撃ち抜かれる。
また、怪我を負ってる彼を放っておけずに連れ帰って面倒を見るのですが、二人での生活に心が弾む。
いや、主役二人の両視点で進むのですが、エリアスはアランの格好よさにトキメキ、アランはアランでエリアスの愛らしさに悶えてるんですよね。
毎度の事ながら、溺愛描写がとにかく楽しいよ!と。

で、ここからがシリアス展開。
怪我も治り国に戻るエリアス。
彼の身を案じたアランに持たされた鱗により、再び竜狩りを命じられるんですよね。
で、竜を連れ帰らなければ処罰されるエリアスの為に、共に王都に行く事を決意するアラン。
しかし王都で、捕らえられてしまう・・・。
そこで、自分の身を顧みずにアランを逃がすエリアスですが、流れ矢に当たって重症を負い・・・と続きます。

これ、なんかもう、互いが互いの為を思って、自分を犠牲にしようとするんですよね。
めちゃくちゃ切ない!
めちゃくちゃ切ない・・・!
二人がこんなギリギリの状況で、互いの想いを確かめあい、共に生きようと語るのに、胸がいっぱいになっちゃうんですよ。
無情にも、直後にエリアスが重症を負うに至っては、ショックで呆然としちゃうんですよ。
重症を負いながらも、一番にアランを心配するエリアスにも、全てが憎いと暴走するアランにも、泣けちゃうんですよ!

とりあえず、ここから感動の展開。
前作が既読の方は、この後にアランが取る行動に、予想がつくんじゃないでしょうか。
ちなみに、ここから前作の主役二人、アゼルとオーウェンが大活躍だったりします。
そして、傷を癒すエリアスに、そばで見守るアランと、甘く優しい展開。
実は顛末なんかがちょっと都合がいい気がしますし、寿命問題も、力業の気がする。
いや、なかなかここから80年も生きるのは厳しいでしょう、エリアス。
てな感じで。

まぁただ、とても甘くてハッピーなラストの為、個人的には気にならないです。

最後になっちゃいましたが、エッチ時のアランの暴走っぷりにも、笑わせて貰えました。
「可愛い」をアホみたいに連呼してますよ。
いや、幸せになって何よりだけど。

10

庶民派黒竜が愛したのは

まず初めに、こちらの作品はスピンオフ作品です。
単体でも楽しめる構成となっていますが、舞台は前作から30年ほど経った世界。
前作の登場人物達も後半から登場しますので、「竜は将軍に愛でられる」をお読みになってからの方がより楽しめるかと思います。

先日読んだ前作がとても良く、スピンオフの今作も非常に楽しみにしていました。
結果、期待以上の多幸感があふれる良作でした!
切なさあり、シリアスあり、そして名倉先生らしく甘々ありと、盛り沢山の内容となっております。

以下、簡単なあらすじと読後の感想です。
前作は竜人であるアゼルが受けでしたが、今回は攻めのアランが竜人という設定。
こちらのアラン、竜人族の王弟ながら昔から変わり者として有名で、好き好んで人型のまま山奥に丸太小屋を自ら作って暮らし、気まぐれに人間の国で日雇いとして働くなど、好奇心旺盛で庶民的な竜人です。
一方の受けのエリアスは、前作では竜を執拗に狙う隣国として描かれていたコーツ王国の第9王子で、音楽と慎ましく暮らす母を愛する心優しく穏やかな少年。
ある日、騎馬兵として籍を置くエリアスの直属の上官に陥られ、未だに竜に執着をしている国王であり父王から、秘境に赴き竜を捕らえて来いと命じられます。
上官によって秘境に1人向かわされ、途中で怪我を負ってしまったエリアス。
どうせここで人生を終わるのなら最期は愛する音楽を奏でたいと、笛を鳴らしていると目の前に見た事もない大きさの美しい黒竜が現れ…と続きます。


変わり者というよりも、常に自然体で気取らないアランが魅力的でした。
元々人間に対して興味津々なアラン。
エリアスと出会ってからというもの、エリアスという人間がもう可愛くて可愛くて仕方がない。
相手が思わず赤面してしまうくらいストレートな物言いをするのですが、これがまた天然の人たらしなのか?というくらいの真っ直ぐさでですね…
包み隠さないストレートな溺愛ぶりがたまらないですし、竜体時の心の声が可愛い(笑)
終始エリアスに対して紳士的に、時には甲斐甲斐しく優しく愛情深く接する姿がとても良かったです。
黒田先生の描かれるアランがまた素晴らしくて。
竜体のアランも、人型のアランのどちらもすごくかっこ良いんですよ。

エリアスは、第9王子という立場ではあるものの、父王から期待も冷遇もされず無関心のまま放置状態。
けれど腐る事なく、やるべき事はやるという姿が印象的でした。
境遇的には寂しく不憫なものがあるのですが、決して悲劇のヒロイン的ではないというか。
自分の立場を冷静に受け止め、しっかりと考えて行動し、人を思いやることも自然に出来る。
本当にこの父王の子供なのか…?思うほど優しい心を持った王子です。
そんな少し寂しい境遇の彼がアランと出会い、自分の知らない自由な世界を知ってのびのびと過ごす内に、やがて心惹かれていく。
本物の宝石よりも、泉の中でアランが見つけた石の方が今まで見たどんな宝石よりも美しいと大切にしていたり、自由なアランが好きだと、自分のために人間の世界に縛り付けたくはないと自分よりもアランを優先する姿が健気でした。
無意識にアランを翻弄する天然さも良かった。

丸太小屋で交流を深める2人のシーンがすごく楽しげで、読んでいるこちらも「ええ…この後離れなくてはいけないの…」となってしまうくらいでした。
別れのシーンで竜体のアランの鼻先にキスをするエリアスも切ない。
そして、病み上がりのエリアスに無体をしいてはいけないと、毎晩同じ寝台で我慢に我慢を重ねた結果、彼の鎖骨付近にキスマークを残しては、何も知らず虫刺されなのだろうかと疑問に思うエリアスに「…大丈夫だ」と言うアランにクスっとなります。
ここのシーンもなんだか可愛らしくて好きでした。

結ばれるべくして結ばれたような2人。
血の絆を契ったとはいえ、前作の2人とはまた違う条件となるようなので、作中にあったような最期になる事を願っています。
エリアスは健康に長生きをしなくてはいけませんね。

笛の音をきっかけにした出会いから、共に過ごし心を通わせる場面、一時の別れ、そして再会し想いを伝え合ってからの切なくもハラハラとする展開…
と、甘さと切なさのバランスが丁度良く、非常に読みやすかったです。
個人的には前作よりも今作の方が好みでした!
唯一気になるところと言えば、あれほど嫌なやつだった上官のバークスのその後でしょうか。

両視点もの・ファンタジー・お互いを好ましく尊重し合う2人・紳士的な溺愛攻め・健気でしっかり物を考えられる受け等のキーワードがお好きな方におすすめの1冊です。

2

可愛くて可愛くて

「竜は将軍に愛でられる」が大好きだったので、とても楽しみにしていました。

今回は攻めが黒竜のアランで、受けは前回の敵国の王子のエリアスです。
もう出会った時からアランがエリアスの事を、可愛くてしょうがないって感じなので、読んでてニヤニヤしてしまいました。

エリアスは聡明で健気な王子です。父王に冷遇されていても腐る事も無く、母親を大事にして慎ましく暮らして来ました。
竜に偏執する王の命で竜狩りに行く事になりますが、上官に嵌められて森で遭難するのです。
そこに現れたのがアランなのですが、怪我をしたエリアスを連れて帰って甲斐甲斐しく世話をするんです。
エリアスもアランに直ぐに好感を抱いてました。こんなにお互いに好感を持つなんて順調過ぎると思ってしまいました。

アランの好意で鱗を持ち帰るのですが、王はそれだけで満足出来ずに再び竜狩りを命じるのです。 

再び会えて喜んだアランはもう2度と離れたく無いと思い、エリアスに同行して王の元に行きます。そこでアランは薬草を使って捕らえられてしまいました。

アランは好奇心旺盛で楽観的なので、ちょっと爪が甘い竜なんです。

責任を感じたエリアスはアランを逃そうとした時に流れ矢に当たって重傷を負ってしまいます。愛するエリアスに矢が突き刺さる様子を見て、アランは怒り暴れて城を半壊させてエリアスを連れて飛び立つのです。

瀕死のエリアスを救う為にアランは血の契約を結び、エリアスは徐々に快方に向かいます。
冬が来る前に暖かい場所に移動しようと相談して、2人はアランの甥のアゼルのいる国に向います。 
アゼルと伴侶のオーウェル将軍の屋敷で世話になりながらエリアスは回復します。
そこで父王に代わって兄が国を治めている事、母が無事な事を知るのです。

2人がが初めて結ばれた時のアランの「可愛い」連発に笑いました。もうエリアスが好きで好きでたまらない気持ちが溢れてました。
エリアスの体調が戻るまで我慢してキスマークをしらっと付けていたのにも笑いました。
 

0

王子も黒竜も愛を捧げあってました。

 前作の「竜は将軍に愛でられる」が大好きだったので、スピンオフと聞いて、とっても楽しみに待っていました。

 今度は黒竜がであるアランが攻め様。
前作の受け様であるアゼルの叔父さんになるそうです。
竜人族の村を出て、秘境近くで丸太小屋を作って1人のんびり好きな事をしてくらしているアラン。
 
 受け様は竜を欲しがっていたコーツ王国の第9王子のエリアス。
音楽の才能は素晴らしいけど、騎士としては活躍できなくて冷遇されていて、上官の竜狩りの実績作りの為に1人、秘境へと入ることになって、怪我をしたところでアランと出会い、彼の住む丸太小屋で静養させてもらうことに。

 エリアスは父である王様には冷遇されてるけど、お母さんはエリアスを愛してくれているから、母の為に城へと帰るんだけど、またしても父王から竜狩りを命じられちゃって。

 アランは、不器用ながらも、エリアスの為になにかしてあげたい、喜んで欲しい、と、とっても優しく愛情深く接していて、まさに溺愛。
 エリアスも、やらなければならない責務や自分の立場というものを投げ出すことのない、健気であり気持ちの優しいかわいい王子。

 この2人、出会ってはお互い後ろ髪を引かれながらも別れ、再会して、想いを通じ合ったら悲劇が起きて、と切なくて、え?どうなっちゃうの?という展開で。
どんどんページを捲る手が早くなりましたよ。

 静養が必要なエリアスのため、甥であるアゼルがいるサルゼード王国へ行くのですが、こちら、前作から30年後の設定になっていて、まぁビックリ。
アゼルがしっかりしてるー。
人としての常識はイマイチでぽやぽやしてたアゼルが女主人みたくちゃんと家のことを取り仕切っていて、書き物までしていて、成長していました。
 
 アゼルに初めて会ったエリアスが、アゼルがきれいだってアランに言うと、アランがエリアスの方がきれいじゃないか、と当然のようにかえしていて。
「アランの目はおかしい。」
「ああ、そうだな。きっとおかしい。」
とさっさと折れて、エリアスの髪をなでるアラン、という愛しいしかないやり取りがめっちゃマイツボでした。


 ただなー、竜人族の村で占い婆以外から優しくしてもらったことのないアゼルとそれを知っているランドール。
同然アランだって、アゼルには何の手も差し伸べなくて。
同じ竜人だからってそんななんのわだかまりもなく受け入れられるの。
今が幸せだから、もう過去のことはいいのかもしれなけど、アゼルがよくても、私は納得できんぞー。
 今から騎士として鍛錬を始めるアラン。
頑張ったらエリアスにご褒美もらえるかな、なんて思ってるオイコラなアランだし、ランドール、ビシバシしごいてやって。

5

期待を裏切らない溺愛ぶりです!

大好きな作家さんなので、いつも通りにあらすじも読まずに購入しました。
そうしたら、大好きな作品のスピンオフじゃないですか!…もう、興奮しまくりで読みました(笑)。

前作では可愛い竜が受けちゃんでしたが、今回はカッコいい竜が攻めでした。
それだけでもテンションが上がりますが、この黒竜(アラン)の執着や溺愛が、期待を裏切らずにキュンキュンしまくりでした。
途中、離ればなれになる場面もありますが、すぐに再開できるので、何の心配もせずに楽しめたのも良かったですね。

そして、前作の2人も登場して、イチャイチャぶりが健在だったのが、何よりも嬉しかったです。何だか、夫婦のようになってたのが、とても微笑ましかったですね。

残念だったのは、先が分かって、どっぷりと悲しめなかったことぐらいです。珍しく、一回も泣きませんでしたもん。
だから、神評価にはしませんでしたが、限りなく神評価に近く、大好きな作品になりました。

2

竜ちゃんスピンオフ

「竜は将軍に愛でられる」のスピンオフ。前作がすっごく好きだったので楽しみにしていましたが、前作より笑うところが少なく感じたので、萌にしました。本編230Pほど+あとがき。前作から30年後の隣国のお話で、前作カプは後半出てきますので、読んでいた方が良いと思います。

音楽をこよなく愛しているコーツ王国のエリアス。騎士にはなれなかった第九王子で、後宮で慎ましやかに暮らしている母を大切にして過ごしていましたが、上司の策略により、ある日竜を捕らえることに固執している父王グラディスから「西の秘境に行って竜を捕らえてこい」と命じられ・・と続きます。

攻め受け以外の登場人物は
父王、母、ルーファス(第四王子)、パークス(受けの上司)、ラガルト(引退した大臣)、後半に前作カプ(ランディ、アゼル)です。

**内容に触れる感想

アランはアゼルの叔父さんにあたる黒い竜さんで、竜人族から一人離れて森の中で暮らす自由人。たまに人型になって人間社会に出ていき働いたりお酒を飲んだり。誰にも囚われない風のような方に感じました。

エリアスは母親から愛情たっぷり与えられ健やかに育った、いたって健やかな良い王子様だけど、力強いタイプではなく、父王からは全く相手にされなかった方。音楽を愛し、森で一人ぼっちになってしまって死がうっすら見えてるんじゃないかと思うのに、笛吹いて、そしたら竜ちゃんが聞きつけて・・という出会いなんです。前作のアゼルと違って、綺麗とか可愛いとか最初っから全開で記載している訳ではないのですが、アランにとっては「可愛い」一択みたいです。

二人が無事くっつくまで紆余曲折あって、途中ひゃああな展開もありましたが、後半はランディとアゼルの住む国でゆっくりでき、無事めでたしめでたしというお話でした。

アランは溺愛はすれど変人よりではなかったし、エリアスも健気さんだなあというぐらいだったので、めっちゃ好き!とまではいかず、何より今回ツッコミ役がいない!前作のあのランディに好き放題いっていたルース!あの役どころが大好きなのに、今回はいなかった・・無理なのは分かるけど。

ということで爆笑話となりませんでした。ちょっと残念でしたが、ランディとアゼルのその後の様子を窺えてとても嬉しかったお話でした!

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う