一緒に気持ち良くなろ?

愛しのハニーボーイはクライアント

itoshi no honey boy wa client

愛しのハニーボーイはクライアント
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×25
  • 萌6
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
45
評価数
14
平均
3.4 / 5
神率
7.1%
著者
みなみ遥 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
KADOKAWA
レーベル
あすかコミックスCL-DX
発売日
価格
¥640(税抜)  
ISBN
9784041091463

あらすじ

取引先相手は、まさかのセクシーキャスト!? ヘタレリーマン×小悪魔美人

同窓会の帰り、友人に誘われ夜の店に行くことになった逸世。
初めての経験にドキドキしながら待っていると、
Hな格好をした男の子の「ユキ」くんが話かけてきた。

知らずに入ったその店はなんと、男性キャスト限定のセクシーキャバクラ。

戸惑いながらも、彼の可愛さにすっかり骨抜きになった翌週、
打ち合わせのため会議室に向かうと、
そこにはスーツを着て眼鏡を掛けた「ユキ」くんがいて――!?

表題作愛しのハニーボーイはクライアント

逸世礼司・ユキに一目惚れの会社員
天成雪成(ユキ)・夜の副業をする会社員

その他の収録作品

  • 特別編~愛しの君と幸せデート~
  • あとがき

レビュー投稿数3

画は可愛いけどカッコイイ健気受け。

可愛くてキレイな受けの身体は華奢ですが、意外と線がしっかりしていて、
今回はキレイな受けが男っぽい性格で健気、個人的にはそれが良かった。

一途なヘタレワンコリーマン×訳あり副業の美人リーマン

連れて行かれた男性キャストのセクシーキャバクラで、
キレイなユキに一目惚れした広告マンの逸世。
ユキに気に入られVIPコースで即ハメし一気に心酔。

後日、共同作業するクライアントとして紹介された雪成(ユキ)と再会し、
夜は店で昼は仕事で会い浮かれる逸世。
ユキは家族を支える為に夜の副業を始めたと知り、
少しでも助けになればと予約指名で必死になる逸世です。

一緒に出張することになり、更に縮まる距離ですが、
それぞれが立場を勘違いしてはいけないと、想いとは裏腹にすれ違う二人。

逸世が一途なヘタレというか、押しとは無縁で見守るというタイプ。
ユキのファンで雪成を好きなんじゃないと、逸世に優しくされるのが辛くなるユキです。

ストーリーはテンプレですが、
ユキのセクシーキャバクラ姿と、できるリーマンのスーツ眼鏡姿が魅力的。
一目惚れから始まった恋ですが、
ずっとユキを支えたいと一途に見守るワンコ逸世もステキ。

ユキの衣装がエロいんですよ。
出会いの黒下着コルセット姿もいいですが、セーラー服バージョンもいい。
逸世の指名した、フリフリレース下着コルセット姿も可愛くてエロい。
是非、見て欲しいコスチュームプレイです。

※修正なし。見えない描写ですが、小さい下着使いがエロくて菊はフリー。

1

物足りないけど安定の可愛さ!

うん、かわいい♡
安定の可愛さですが、ストーリー自体はありきたりで、
BL初心者の方にオススメしたい作品です!


無理やり連れていかれたメンズキャストオンリーのおっパブ!
そこで出会ったキャストに一目惚れしてーー…というお話です。

あらすじに、逸見がヘタレリーマンとありますが、
そんな感じはしなかったです。
とても優しくて温かい青年という感じだし、
仕事も恋愛もやる時はやる!という印象を受けました。
ユキは健気な頑張り屋ですが、ちょっとツンデレ^^

ユキが逸瀬のクライアントだったり出張先が同じだったり、
ご都合主義な展開が多いので、そこは正直萎えてしまいます。
ただ、多少のすれ違いはあるものの、両想いハッピーエンドですので安心して読むことができます。
エロは多いですが身体のラインが綺麗でいやらしくなく、
おっパブが舞台だったこたもあり、乳首攻めが多いです^^;

1

布越しの方がエロいって知ってた?

みなみ先生お得意のポップエロ。
激かわえっちだけど、ねばっこくなくならないのが良い!

お話も、それはもうライトにサクサク進むので、
因縁とか確執とか愛憎とかに疲れた方には是非おすすめ。
昨今ディープな作品に注目が集まりがちだけど、ライトにはライトの良さがあると再確認の1冊です。

攻のハヤセくんは初めて行った「おっパブ」で、担当してくれたキャストのユキくんに一目惚れ。
エッチなことを色々させてもらい、すっかり彼の大ファンに。
次回のお店予約を楽しみにしていた矢先に、何とお昼の仕事相手としてユキくんに再開。
仕事で、そして夜のお店で、徐々に気持ちを繋げていく二人。
しかし、キャストと客の関係を超えられないハヤセくんにユキくんが激拗ね。
ユキから「もう二度と店には来ないで欲しい」と言われ…?!

というプチすれ違いからの速攻大円団エンドです。
古典的突っ込み事項はあれど、深いことは考えなくてOK。

今作の注目ポイントは、「布越しの膨らみ」です。
どうやら本作では局部の直接描写がアウトのようなんですよ。
白塗りとか海苔とか湯煙りとかいうレベルじゃなく、完全にスケルトン。
付いてるか、付いてないかで言うと、付いてないです。

それに対し、おっパブの着エロシーンは「布越しならどや!文句ないやろ!」って感じの存在感。
いつにも増して油断と隙のない作画。
布越しで見えないけど…見える気がするぞ!
もっこりともっこりの重なりが本番シーン以上にエロくて衝撃でした。
そういう意味で1話目の本番NGおっパブシーンが一番好きかも。

キャラクターも、みなみ先生作画だから全部キメゴマみたいな美しい攻なのに、
風俗ボーイにズブズブな盲目貢ぎ体質っていう所がコミカルな抜け感があって好きでした。
もちろん受ちゃんの衣装も激エロなので是非ご堪能して頂きたい。

作画を眺めるだけで楽しいライトポップエロBLは疲れた夜におすすめです。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う