叛獄の王子外伝 夏の離宮

hangoku no ouji gaiden natsu no rikyuu

叛獄の王子外伝 夏の離宮
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神13
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

236

レビュー数
4
得点
68
評価数
14
平均
4.9 / 5
神率
92.9%
著者
C.S.パキャット 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
倉花千夏 
媒体
小説
出版社
新書館
レーベル
モノクローム・ロマンス文庫
シリーズ
叛獄の王子
発売日
価格
¥900(税抜)  
ISBN
9784403560415

あらすじ

キングスミートでの戦いの後、即位前のローレントとデイメンは忙しい合間を縫って久しぶりの二人だけの時間を過ごす……。
人気「叛獄の王子」外伝。

表題作叛獄の王子外伝 夏の離宮

デイメン,26歳,アキエロス王の正嫡
ローレント,20歳,ヴェーレの王子

同時収録作品色子語り

ベレンジェ卿,30歳位,ヴェーレの貴族
アンケル,20歳,色子

同時収録作品春の青さはうたかたの

ジョード,ローレントの近衛隊長
アイメリック,元老の末子

同時収録作品布商人チャールズの冒険

デイメン,26歳,アキエロス王
ローレント,20歳,ヴェーレ王(戴冠式直前)

レビュー投稿数4

糖分補給

『夏の離宮』『色子語り』『春の青さはうたかたの』『布商人チャールズの冒険』の4編からなる短編集。
デイメンとローレントが主役の短編は『夏の離宮』のみ。
他3編については登場はしますが脇に回っています。
『色子語り』は1巻において衆目の前でデイメンと「営み」をしたアンケルが主役。
『春の青さはうたかたの』はローレントの近衛兵であるジョードとグイオン元老の四男アイメリックの話。
『布商人チャールズの冒険』は布商人チャールズが主役ですが、デイメンとローレントが戴冠の儀直前の1ヶ月あまりをチャールズと一緒に旅する話。

シリーズ3巻を読了後、非常に満足度の高い読書時間を過ごせて幸せだったのですが、唯一物足りなかった(読み足りなかった)のは二人の糖度の高い親密なシーン。
もっと読みたい!という願望が膨れ上がっていましたが、今回その望みが叶えられて嬉しい限りです。

『夏の離宮』『布商人~』について感想を綴っていますが、他2作品も周囲の人々の想いや行動を知ることで物語の世界がより豊かで深みのあるものとなり、視点が変わることで印象的なストーリーとなっています。
私は再び1巻から読み直したくなりました。
この場面において周囲の人々はこんな想いでいたのか、と。

『夏の離宮』は二人がデイメンの母上が造られた宮殿に行く話。
そこでの逢瀬が甘い。
甘いだけではなく、これまでの二人の関係を見つめ直して再構築するようなやり取りもあり、読んでいて胸が一杯になります。
そして、本文から映像が脳裏に浮かぶのですが、二人が裸で陽光のもと手を繋いで庭園を歩く姿の描写は穏やかさと幸せ感マックス。
こんな優しい時間を過ごすことができるなんて!と読者として感無量。
『布商人チャールズの冒険』はチャールズの人柄の良さや、チャールズから見た二人の様子がとても素敵な関係であることがわかり読み応えがありました。
途中、事件もあってハラハラする展開もあるのですが、最後の一頁でなんともチャーミングというか楽しい気持ちで読み終えることが出来ます。


魅力的な世界観はそのままに、今作も楽しい読書時間を過ごすことが出来ました。
ただ、この番外編だけを読むと多数の登場人物の関係性が分からないと思うので、本編全3巻を読んでからこちらの外伝を読むことを強くお勧めします。

6

構成から心理描写から全てが素晴らしい

……すばらしい。
もうため息しか出ませんよ、こんなの読んじゃったら。

『叛獄の王子』外伝の短編4本が収録されていますが、まず本の構成が素晴らしいです。
本編終了後のローレントとデイメンの逢瀬が書かれる『夏の離宮』→『叛獄の王子』にちょっぴり登場する(記憶のみに頼っているんで間違いだったらすみません)赤毛の色子が主人公の『色子語り』→『高貴なる賭け』で書かれたローレントの近衛隊長ジョードと元老グイオンの末子アイメリックのいきさつを書く『春の青さはうたかたの』→もう一度本編終了後に戻って『王たちの蹶起』に出てきて2人を助けた布商人チャールズが主人公の『布商人チャールズの冒険』という、本編終了後の甘々→1巻の頃→2巻の頃→3巻関係者と大団円の構成で、最初と最後には主役の2人が登場し、間にサスペンス風味と年上男の悲恋が書かれるんですよ!
本編もドラマティックでしたけれども、その周りでも様々な人たちが、恋を、闘いを、商いを、喜びや悲しみと共に繰り広げていたことがわかります。
そしてそれを堪能できます!

以下、簡単にご紹介を。
『夏の離宮』
全てが終わり傷も癒え、2つの国に安定が訪れた後の2人の逢瀬。
場所はアキエロスの離宮ですが、たしかここ、デイメンの母が愛した館だったんじゃなかったかしら。だからですかね。互いを強く想い合う2人が互いの家族のことを考えてしまうんですね。
いや、そうしたらわだかまりがあるでしょう。
でも彼らはそれを触れ合うことによって少しずつ消していこうとするんです。
これが良いんだなぁ~。
デイメンに跪くローレントが見れますよ!
もう、この短編、美しい描写とローレントの可愛らしさで満ち溢れています。
禿萌え。

『色子語り』
売春宿から色子に這い上がり、更にもっと権力者の色子になろうとする野心家のアンケルが主人公。
彼は自分を高く売る為には何でもします。
そしてなかなかの策略家。
でも、彼を色子として買ったベレンジェ卿は、真面目で誠実、色事や蓄財には興味がない人だったんですね。宮廷で夜宴や参会に出席する際に色子を同伴しなければならないのでアンケルと契約したんです。
ならば、その機会を利用して更なる権力者の色子になろうとアンケルは考えるんですけれど……というお話。
鎖で繋がれていた時代のデイメンとローレントが登場。後半にはあの『ラスボス』執政も登場します。
「ああ、執政はショタなのよ。近づいては殺されるよっ」とか、結構サスペンス風味になるんですよ。
でもこのお話のキモは、野心だけで男たちを振り回してきたアンケルの純愛!

『春の青さはうたかたの』
ジョード……人が良く人望に厚い隊長さんというイメージだったのが、アルメリックにコロッと騙されちゃうのは、本編でもかなり苦いエピソードでした。
ジョードがローレントに忠誠を尽くそうと決意したエピソードが書かれるのと同時に、アルメリックを好ましいと思ったいきさつも「ああ、なるほどねぇ」と思えるお話になっています。
これ、多分同じ所から来ているんですわ。
だからこそ、その後を知っている私としては、かなり悲しい余韻を残しました。

『布商人チャールズの冒険』
前の1篇とは異なり、こちらはコメディ風味。
行商に出かけようとするチャールズの処に「行商を護衛する」と戴冠式を目前にしたローレントがまたしてもレイメン(デイメン)を伴って現れます。
ところが、訪れる町には全てマコンという行商人が先回りしてチャールズの醜聞を巻き散らし、商売を邪魔して来ます。
さて、マコンの意図は?
そしてローレントとデイメンがチャールズに同行する理由は?……というお話。
本編でもいい人丸出しのチャールズでしたが、このお話でも相変わらずです。
もうラスト直前の『道ならぬ恋をしているらしいレイメン』に助言をしようとして、その後、当初考えていたのとは別のことを言ってしまうチャールズの善良さには泣きそうになりました。
だからこそのラスト!
もう、この物語の今後を表すような明るさを表す彼のセリフ。
「すべての人々に幸あれ!」と思いましたよ。

うわー、長くなっちゃいました。
長けりゃ感動が伝わる訳じゃないのにね。
でも、喋りたいんですよ。萌えがデカすぎて止まらない(ゴメンなさい)。
駄文が止まらない位、良い外伝です。
また本編が読みたくなってしまいました。

6

ご褒美巻

本編がお好きだった方は読まない手はないご褒美続編&番外編詰めです。

◾︎夏の離宮
表紙通りの甘々…甘い…たまらなく甘い…奉仕するローレントがえろあまい。お互いがお互いを信頼しきって、過去も今も受け入れて愛していることが克明に伝わります。もう尊いとしか言えない。

◾︎色子語り/春の青さはうたかたの
「色子語り」の英題がPETで、あーなるほどと思いました。
この作品、壮大さに比例して登場人物がかなり多くて、その一人一人に人生があると思わされるスピンオフ短編です。人生があり、愛がある。
アイメリックの最期の言葉や、オーラントの思い出をジョードは受け止めて生きていかねばならないんだなぁ。生き生きと描写されるオーラントに胸が苦しい。

◾︎布商人チャールズの冒険
コミカルさを強めに出しながら、国のことを思う王たる2人もしっかり書かれ、無自覚にイチャイチャする2人も書かれ、満足度が高い一方でこの作品の続編がまだまだ読みたいと思わされるお話でした。うーん心地よい飢餓感

0

番外編

叛獄の王子の番外編4編、全190P弱。冬斗先生や出版社の方々が頑張ってくださって出た本だと思ってます、有難うございました。アイメリックにもう一度会いたくて楽しみにしていましたが、うーん、時間が経ってしまったからか?勝手に抱いていた希望とちょっと違った感じだった+お話として最後の1編が好きだったので萌2より萌です。本編読んでないと全くなんのこっちゃなお話ですのでご注意ください。

1.夏の離宮(たしか去年雑誌に載った)39P
 本編後日談。デイメンの離宮でローレントと二人過ごす夏の日の様子。
 ローレントがめちゃくちゃカッコいい・・男前なセリフを吐いてくれて、心からほわーっと溜息がでます。何考えてんだかさっぱりわからん超難解王子だったのですが、そう振舞う必要性が減ったからか、デイメンの前だからか、まだ分かりやすくて良い・・・。そして甘い・・甘さを求めている方は是非この1編を。

2.色子語り 70P
 確か1巻でデイメンがさせられた相手の色子のお話。この色子がどうやって主人であるベレンジェ卿と出会ったかが書かれていて、これはこれで全く本編とは別のサイドストーリーとして面白かったです。この後二人がどうなっていったのか・・本編にはもう出てきていなかったと思うのだけどな。ちょっと自信ないです。ただ想像を許してもらえる終わり方だったので、良かったです。二人に幸せを。

3.春の青さはうたかたの 31P
 2巻で活躍したジョードとアイメリックのお話。この二人にもう一度会いたかったのですが、思っていたようなお話ではなかった・・ローレントが自分の近衛隊を編成し鍛え上げていく経緯と、その中で寄り添うようになったジョードとアイメリックの様子でした。アイメリック側からではなくジョード視点だったので期待していたのとちょっと違ったと思ったのかな。アイメリックの気持ちをもう少し知りたかったです。彼はあの時何を思っていたんだろう。

4.布商人チャールズの冒険 44P
 3巻で活躍した布商人さん再び。今回は行商しつつ、デイメンの国で行われるローレントの戴冠式に向かうもの。その最中にローレント本人に出くわし、同行することになるといううお話でした。3巻ははらはらしっぱなしだったので、サブキャラであるチャールズに気を留める余裕なんて、これっぽっちも無かったのですが、この人、いい人。真正直でローレントを心から大切に思っていて、本当にいい人。
そして最後の最後に、ローレントにしてやられて、ちょっと気の毒に思ったお話でした!パキャットさん、やるー⤴⤴という心地です。

4編とも色々色合いが異なっていて、本編を懐かしく思い出させるものでした。本編お好きだった方でしたら良いのではと思います。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う