愛している。心から、君のすべてを

副社長の紳士的な熱愛

fukushachou no shinshiteki na netsuai

副社長の紳士的な熱愛
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神3
  • 萌×210
  • 萌13
  • 中立1
  • しゅみじゃない2

158

レビュー数
7
得点
95
評価数
29
平均
3.4 / 5
神率
10.3%
著者
名倉和希 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
逆月酒乱 
媒体
小説
出版社
フロンティアワークス
レーベル
ダリア文庫
発売日
電子発売日
価格
¥681(税抜)  
ISBN
9784866573663

あらすじ

勤め先の製薬会社が買収された千紘は、本社の副社長・エドワードに目を掛けられアメリカで秘書として働くことに。
慣れない外国での日々に戸惑うが、優しく気遣ってくれる紳士な彼に、密かに憧れを抱いていた。
そんなある日、従兄の哲也に「頼み事」をされる千紘。それは、エドワードから機密情報を盗むことだった。
負い目があり頷くしかない千紘だが、惹かれる恋心は強くなるばかりで――。

表題作副社長の紳士的な熱愛

エドワード・ラザフォード,35歳,ラザフォード・コーポレーション副社長
原田千紘,26歳,エドワードの秘書となった製薬会社勤務のサラリーマン

その他の収録作品

  • 君の香り
  • あとがき

レビュー投稿数7

お兄ちゃん!

『アーサー・ラザフォード氏の揺るぎない愛情』に登場したエドワードお兄ちゃん!「プライベートが上手く行っていないのかしらん?」と思われる意味深な発言をされておりました。
アーサーとはちょっと異なる『何たって35歳の大人の雰囲気』を醸しておられるのに何をそんなにアンニュイであらせられるのか?彼が気になって仕方がない姐さま方が私以外にも沢山いらした模様です。スピンオフ出版、嬉しい。

エドワードのお相手も日本人でございます。
何と言ったら良いのか。
大柄なアングロサクソン系白人男性と華奢な東アジア人の絵面に、私はロマンを感じてしまうのです。月並みと言ってしまえば月並みなんですけど。
それもね、アーサーがケーリー・グランドだとすればエドワードってゲーリー・クーパーっぽいと言うか(古すぎるか?)ぴったりの言葉が見つからないんですけれども、しいて言えば『無粋(?)』。
真面目で長男気質、ちょっとだけ武骨なの。
ああヤダ、ビジュアル的な王道感にグッときちゃうじゃないですか。

ビジュアルだけじゃないんです。
長男気質のエドワードが恋に狂うこの様よ。
明らかに常軌を逸しているのに本人はそれに気づいていないんですよ。
もう、その様を見るだけでニヤニヤしてしまうのです。
プレイボーイが晩熟に振り回されるのがアーサーのお話だったとすれば、仕事一筋の長男が薄幸美人に骨抜きにされるのがエドワードのお話です。

細かなあらすじよりも何よりも、このシリーズは『恋の前に無力になってしまうスパダリ』を書いているのだと思います。
必死になればなるほど可愛らしくなる彼らを是非、愛でていただきたい。

8

あいつが許せなかった

「アーサー・ラザフォードシリーズ」は未読でしたが、問題無く読めました。

予想外に面白くて嬉しかったです。一気に読みました。

千紘がエドワードをアテンドしてボストン本社に行った辺りまではとても楽しく進んでたんですよね。
ところが従兄弟の哲也に連絡を取り始めた辺りから一気に不穏になってハラハラしました。

あんな最低な奴なのに昔から言いなりになってお金を渡し続けていた事にも驚きましたが、哲也が脅して来た内容は自分の母親を人質に取ったも同じ発言で更に驚愕しました。

でも千紘は優しいから伯母を悲しませたく無くて従ってしまうんですよね。
そしてエドワードを誘惑するべく未経験だからとセックスを経験しようとして行きずりの男に誘われて、やはり無理で抵抗して殴られて逃げ出します。なんて浅はかで馬鹿なのって思いました。

エドワードもその頃には千紘に本気になっているから、露悪的な態度の千紘を初めてだと思わなくて酷く抱いてしまうんですよ。両片思い状態が続いてしまいます。

妹のアレックスが千紘の身辺調査をしてくれていなかったらどうなっていた事か!
千紘が産業スパイもどきをしていたと知っても、千紘を信じて愛情を失わなかったエドワードは情の深い人物でした。

だけど一連の事件が解決した後にハッキリと気持ちを伝えなかったのはエドワードのミスですね。
でも2人の間の勘違いも面白かったですけど。

チラッとアーサーが出てきてそちらのシリーズも面白そうだと思いましたが、大量に貯まっている本を消化したら読みたいと思いました。

ただ許せなかったのは哲也がそのまま帰国した事です。同棲してた彼女に刺されて父親が迎えに来て、レンタルオフィスも住居の手続きも千紘がしていたし、今迄の千紘への所業も両親は知らないままです。
心臓が悪い伯母を心配して千紘は言いなりになっていたわけですが、哲也が何も反省して無さそうなのが納得出来ませんでした。

また何かしらしでかしそうです。その時はエドワードに思いっきり成敗して欲しいと思ってしまいました。

1

溺愛部分は最高です

アーサーシリーズのスピンオフで、「アーサー・ラザフォード氏の揺るぎない愛情」にも登場のエドワード(攻めの兄)が主役になります。
今作だけで問題無く読めます。
ちなみに、既読の方は、例の記憶喪失事件の裏側なんかが読めて、とても楽しいと思います。

ところで、このエドワードですが、個人的にお気に入りでして。
彼がまた読めると、今作の発売をめちゃくちゃ楽しみにしてたんですよね。
いやあ、期待に反せぬ溺愛ぶりに過保護ぶり、そして残念っぷりを発揮してくれて、大変笑わせていただきました。

そんなワケで、もうひたすら甘々!って言いたい所ですが、今回、二人のスレ違いが結構痛々しいんですよね。
また、受けの好き嫌いが分かれそうな気もする。
一応、彼は真面目すぎるがゆえに、融通が効かないのよ。
思い詰めちゃうのよ!と、名倉先生の書く攻め並みに受けに甘い私は、思ったりするんですけど。
とりあえず、このへんで引っ掛かりそうな方は、ご注意下さい。

内容です。
中堅の製薬会社で秘書として働く千紘。
アメリカの大企業ラザフォード・コーポレーションに会社が買収されますが、本社の副社長・エドワードに目を掛けられ、彼の下で秘書として働く事に。
慣れない海外での日々に戸惑いつつも、優しく気遣ってくれるエドワードに淡い想いを抱くんですね。
そんな中、従兄である哲也から、ある頼み事をされて・・・と言うものです。

今回の主役になる千紘ですけど。
控え目でよく気が付き、仕事に対しても真面目な美人受け。
ただ、早くに両親を亡くし、伯父夫妻の元で育てられたんですね。
で、そこの一人息子で従兄である哲也が初恋。
この哲也が相当悪い男なんですけど、寂しい時に救ってくれた彼をなかなか切り捨てられず・・・って感じでしょうか。

これ、先に書いた受けの好き嫌いが分かれるかもですけど。
なんと、この哲也に脅される形で、エドワードから機密情報を盗もうとするんですよね。


エドワードですが、日本でアテンド役を引き受けてくれた千紘に離れがたい想いを抱く。
そして、彼の寂しい過去を知れば、衝動的に抱き締めてしまう・・・。
で、これが恋だと気づく。
そう、しつこいですが、名倉先生お得意の溺愛スパダリ攻めなのです。
千紘の愛らしさにメロメロなのです。
好意を隠す事も出来ず、世話を焼きまくりなのです。

この溺愛部分だったり、二人の初々しい恋模様がめちゃくちゃ萌えるんですよ。
えーと、まるで中学生のような、可愛らしいデートを繰り返してたりして。

ただこちら、繰り返しになりますが、スレ違い部分が結構痛々しい。

なんかね、そんな彼の好意を利用する形で、千紘が情報を盗もうとするのが、読んでて苦しくて。
また、千紘ですけど、哲也から色仕掛けでエドワードを籠絡するよう、命令されるんですよね。
すると未経験の彼は、身体で落とすべく、行きずりの相手でセックスの練習をしようとする。
なんで、なんで、そう行っちゃうかなぁ!

この件でですね、千紘が性欲解消の為に行きずりの男と遊んでいるんだと誤解したエドワードが、嫉妬から暴走しちゃうんですよね。
千紘を激情のまま犯してしまうんですよね。
で、冷静になると、自分をひどく責めるんですよね。

いや、読んでて痛々しい。
エドワードがやたらかわいそうだし、千紘は哲也の言いなりになるんじゃなく、もう少しだけ強くなれなかったのかと悲しくもなる。
こういうパターン、作品として読み応えはあるんだろうけど、個人的にはしんどいのです。
ここで、決して千紘を責めず、信じ続けるエドワードには胸が熱くなるんですけど。

まぁそんな感じで、名倉作品にしては痛い部分があるお話だと思うのです。
思うのですが、この部分さえ乗り越えちゃえば、あとはひたすら甘くてキュンキュンでして。

いや、この従兄の件にケリがつくと、今度は千紘が真面目すぎるが故の、そしてエドワードが過保護すぎるが故の、王道スレ違いが待ってるのです。
えーと、自分達が別れたんだと思ってる千紘に、恋人同士だと思ってるエドワードみたいな。
ただの社員として一線を引いた関係を意識しつつも、寂しさを感じる千紘。
そして、傷ついた恋人を思いやりつつも、早く愛し合いたい(エッチしたい)!と悶えるエドワードみたいな。

もうひたすら焦れった~い!
そして、キュンキュン。
えーと、いい年して二人とも、何やってんだ!しか出て来ないんですけど。
誤解が解けて気持ちが通じ合う瞬間には、萌え転がっちゃうんですけど!
これぞ、名倉作品の受けと攻めですよ。

ちなみに、私は受けが好きすぎて、残念な感じになっちゃってる攻めと言うのが大好きでして。
エドワードですが、千紘と想いが通じ合うと、どんどんこの残念化が進行。
千紘のアナルを凝視しながら、「ああ、チヒロ・・・美しい・・・」とかやってるのに爆笑しました。
千紘はどこを賛辞してるんだと恥ずかしさに悶えてましたが、私はどこに話し掛けてるんだと笑いが止まらなかったですよ。

最後になっちゃったんですけど、従兄である哲也。
彼に大した制裁が与えられなかったのが残念。
彼にはもっと、罰を与えて欲しいですね。

8

タイトルに偽りなし!

「アーサーシリーズ」のスピンオフです。(未読でもOK)
先の展開は読めてしまうお話なのですが、とにかくキャラがいいですね!
アーサーの兄・エドワードが最高にかっこいいのに、ちょっと情けなく、タイトル通り紳士でした。
エドは35歳の副社長なのですが、表紙を見るともっと上に見えちゃいますよねー。

秘書として働く日本人の千紘が、本社の副社長・エドワードに気に入られてアメリカにまで呼ばれ……というストーリー。
ポーカーフェイスで真面目な千紘がエドに愛されまくります。
千紘が初恋相手のために産業スパイをしようと、それさえ許してしまうほどに……

エドは、大切な人とのすれ違いから生じた出来事に関してなら、愛を育てる材料として昇華できちゃう人なんですよね。
エドの言動は全部、千紘への愛ベースなの。
ラブストーリーとしては、ここが一番萌えるところなんじゃないかな^^

嫉妬から千紘をレイプ紛いに抱いてしまったエドが、最後までずっとその事を悔いていて、一生背負っていくべき罪と認識しているところが印象深かったです。
一応、同意ではあったんですけどね。
ラブラブになっても尚、自分の行いを恥じることができるエドのこういう所が一番素敵だなと感じました。

それにしても、千紘の従兄弟で初恋相手の哲也が我がままな王様で最悪でした。
千紘から金を巻き上げ、千紘の好意を知りながら利用するだけ利用する男。
挙句、「どんなに頼まれても男は抱けない」って……
ふざけんなよ!こっちから願い下げだわ!!
千紘はもっと怒っていいし、哲也にはもっと酷い罰を受けさせてやりたかった〜。結末が中途半端なのよ。
ここをもっとスッキリさせてくれたら、さらに面白いと感じられたかもしれません……

6

素敵なジェントルは恋に溺れる

アーサーシリーズスピンオフ作。
最終巻でとっても紳士的だったお兄ちゃん・エドワードのお話との事で、彼の愛の形は一体どんなものなのだろう?と楽しみにしていました。
結果、さすがお兄ちゃんと言いますか、全体的にアーサーよりも少し大人な感じです。
ただ、愛する人の前ではでろでろにとろけきってしまっている、ちょっぴり残念さを感じるほどの溺愛っぷりと、初恋に落ちたティーンのような余裕のなさはやはりラザフォード家!といった感じでしょうか。
名倉先生の書かれる受けが愛らしすぎて余裕がなくなる盲目溺愛攻めが大好き。
攻め視点だと、受けの可愛さにどんどん頭がやられていく様がよりわかりやすくて笑ってしまいます。

時系列的には、アーサー最終巻の少し手前あたりのお話。
恋に落ちてしまってからというもの、序盤の大人の余裕がある姿から徐々に転げ落ちていくエドワードの様がなんとも可愛らしくって!
この兄弟、恋をしてしまうと妙なところで初心になるあたりまで似ているのですね。
そして周囲の近しい人々に微笑ましいやら呆れられるやら…と、ここまでがワンセットな気がします。
いわゆるスーパーダーリンなだけではない愛嬌のある攻め、好きですねえ。
香水で悩むエドワードが可愛すぎます。

と、エドワードの好感度は高かったんです。
でもちょっと、このお話はもう少し素直に萌えたかったなあというのが正直なところで。
お相手の千紘が控えめで非常に真面目な人物と来れば、これはもうBLの鉄板「誤解・思い込み・すれ違い」路線待ったなしですし、焦ったさに悶えるのを楽しむしかないじゃないか!といった感じになるかと思うのですけれど…
うーん、従兄弟の哲也とのエピソードの胸糞の悪さのせいで、千紘の魅力がかなり薄れてしまったんじゃないかなあなんて。
これじゃあ、初恋の亡霊のような哲也に流されてお金をせびられて言いなりになっているだけの、まるで芯も何もない受けじゃないですか。
エドワードが惚れる要素がどこなのかが分からなくなっちゃう。
と言うのも、千紘が哲也に対してここまで執着や依存に近いような感情を持っている事に対しての説得力がなかったから。
従兄弟である哲也に、ほんの少しでも魅力を感じることの出来る部分があったのならまだ分かるのですが…残念ながらなかったです。
しかも何も成敗されず、中途半端ですっきりしない。ここがだめだった。
途中途中で、千紘に対して「目を覚まして!そんな男より目の前の紳士の元に行きなさい!」なんて引っ叩きたくなっちゃいました。
エドワードが千紘の事を信じてずっと手を広げて待っていただけに、千紘にはもう少し奮闘して欲しかったかも。

受けの千紘が名倉先生作品にしては珍しく、いまいち私には刺さらなかったのですが、想いがしっかりと通じ合ってからの、素直に中をいっぱいにしてなんて言ってしまって、タガが外れた溺愛絶倫攻めに抱き潰される受けの図はものすごく良かったので、もっとシンプルに溺愛される控えめ受けのラブストーリーだったのならもっと萌えられたかもしれません。
2人のその後はきっと穏やかに愛を育むのでしょうし、先生があとがきで書かれていたトキと千紘の苦労話も、アーサーとエドワードの恋人自慢も読んでみたいななんて。

3

しっかり長男

アーサーのお兄ちゃんエドワードのお話。アーサーシリーズを読んでいなくても読めますが、読んでいた方がより楽しめると思います。アーサーほど変人入っておらず、「おお常識人ぽい。さすが長男」と静かに感動しました。穏やかなしっとり恋心という印象で萌です。本編250Pほど+後日談11P+あとがき。

日本進出のために中堅製薬会社を買収したエドワード。経営方針など打ち合わせのために来日した際、日本側のアテンド役を担当してくれた原田のことが気に入ります。そこで他の社員と合わせて10名ほどをボストンに呼び寄せ、自分の秘書にできるか秘書課で業務させてみて・・・と続きます。

攻め受け以外の登場人物は
哲也(受けの従兄弟、初恋相手)、アレックス(攻めの妹)、クラーク(攻めの秘書)、アーサーはちょっとだけ。

**以下 好きだったところ好きじゃないところ

好きじゃないところ。受けの従兄弟の哲也がですね、情報を横流ししろ、と恐喝まがいに頼むんでくるんです。そこがもうキライ。くそったれ過ぎます。知り合いに違法行為を強要するなんて、なんてクソ野郎なんだ!いくら世話になった叔父夫婦を盾に脅かされたとは言え、ダメなものはダメだよ、受け、断れよ・・とちょっと悲しかったんです。まあこのくだりがないとお話が成立しないんですけどね。

好きだったところ。攻めが真面目で勤勉でしっかりした方なんですけどね。受けと思いがどうも通わない気がする・・と真剣に悩んでいるところがおかしくて、可愛くて。思いが通い合った後、壊れたかのようにヤり続けた辺りは、「ああラザフォード家の血筋なのね、さすがアーサーの兄」と、ちょっと納得です。

常識人っぽいエドワードに日本人気質な控えめ受けと、やや地味目に感じたカプですが、しっとりじわじわっとした恋話でした。間違いなく安定、長続きするタイプに思います♡

2

大好きな溺愛モノだったけど…。

名倉さんと言えば溺愛モノ!という認識があるので、大好きで、毎回発売を楽しみにしている作家さんです。
なので、今回もウキウキで予約して、読むのを楽しみにしていたのですが…。

攻めのエドワードはいつも通りの溺愛で、受けの千紘にメロメロで、恋するあまりにオロオロになるのはキュンとなって最高でした。
ただ、(名倉さんの書かれるキャラでは、とても珍しいことなんですが)千紘に全く魅力を感じず…。というか、途中からイライラしてましたもの。好きだと思ってるのに、散々お世話になってるのに(それもあんな最低な男の言いなりになって)、スパイをやるってどういう事(怒)!?と。できれば、途中で改心してほしかったです…(泣)。
そして、千紘の従兄の哲也が最悪です!もっと痛い目に遭え~!さっさと金返せ~(怒)!!

…って思ってたら、溺愛を全く堪能できずに終わっちゃいました。ほんと、繰り返しますが、この作家さんでは珍しいです。なので、泣く泣く中立評価になりました。次の作品では、安心して甘々を堪能したいです。

5

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う