アーサー・ラザフォード氏の遅すぎる初恋

Mr.Arthur Rutherford no ososugiru hatsukoi

アーサー・ラザフォード氏の遅すぎる初恋
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神22
  • 萌×243
  • 萌17
  • 中立4
  • しゅみじゃない4

--

レビュー数
16
得点
337
評価数
90
平均
3.8 / 5
神率
24.4%
著者
名倉和希 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
逆月酒乱 
媒体
小説
出版社
フロンティアワークス
レーベル
ダリア文庫
発売日
ISBN
9784861348235

あらすじ

「この私が、今さら恋だって?」
百戦錬磨のプレイボーイが落ちた瞬間とは――!?

高校教師の時広は同僚の男性教師のストー力ー行為に悩まされ、退職することに。
しばらく自宅を離れたい時広のもとに、ホテルに滞在しての日本語教師の仕事話が舞い込む。生徒は国際企業の日本支社長に就任したアメリ力人・アーサー。
映画j俳優ばりの容姿の彼は名うてのプレイボーイでゲイ!
彼にとって小柄で童顔、純朴な時広は全然食指が動かないタイプだと思っていたのだが――!?

地位もお金もあるハンサム支社長×童顔・子供体型、まるで冴えない元教師

表題作アーサー・ラザフォード氏の遅すぎる初恋

アーサー・ラザフォード,30歳,米国保険会社日本支店の支社長・アメリカ人
坪内時広,28歳,元英語教師

その他の収録作品

  • あとがき

レビュー投稿数16

さすが!

プレイボーイが初恋でおかしくなっていく様を楽しむ本ですね。

好みじゃなくても落っこちた恋に我を忘れてしまったアーサーが可愛く思えてきます。

トキがストーカーにえらいこっちゃな目に合わせられながらも、前向きなところが魅力的です。
事件のあとすぐに教師を辞めずになんとか続けようとしていたのに辞めざるを得ない状況になった時は、悔しくなっちゃいました。
日本語教師を引き受ける勇気もえらいなぁ。と近所のおばちゃん目線か?って感じで読みました。

挿絵がイメージとマッチしてた!

0

時広よ幸せになって…!

時広の受けた仕打ちが理不尽すぎて、あまりにもかわいそうなので、はやく幸せになってくれと本気で思いました。
友達の大智に紹介された、アメリカ人支社長相手の日本語教師の仕事に就くも、最初は印象がイマイチだったようで…。
どうなるかと思ったら、美人秘書のエミーが時広をみごと大変身に成長!
アーサーの帰国が決まって、泣いちゃう時広が可愛かったなぁ。
時広が変態ストーカーに襲われた場面でアーサーが助けに来たのは本当に安心したー。
最後のエッチは甘くてすごく良かったです。
エミーが美人で、とってもいい人で大好き!
エミーのオフの生活がすごく気になります…

0

私の溺愛といえばこちらのシリーズ。

 先日のちるちるさんで実施されていたの溺愛のアンケート。
私の中の溺愛といえば、これだなぁ、と真っ先に思い浮かんだシリーズです。
ただ今再読中です。


 受け様は、ゲイであり英語教師をしていた時広。
同僚からストーカーされたあげく拉致監禁の被害を受け、その傷が癒えないまま、攻め様であるアーサーの日本語教師として出会う。

 攻め様のアーサーもゲイであり、ティーンエイジャーの頃から夜の方は切らしたことがない百戦錬磨のプレーボーイ。
イケメンでお金も、能力もあり、モテモテだったよう。


 ホテルのロビーで初めて会った時、アーサーってばトキのことをまるっきり論外だとガッカリ。
なのに、身なりをちょっと整えてみたら、案外キュート。
ものなれない初々しさは庇護欲をそそり、素直でかわいく、それでいて芯は強い。
一緒に過ごす内に、気付けばアーサーは、トキの事ばかり気にかけるようになる。

 期間限定で日本に来ている自分は、いずれアメリカに帰らなければならないから、トキを泣かせたくはない、と手を出してくてもぐっと我慢のアーサー。

 初めはその気じゃなかった攻め様が、受け様にメロメロになっていっちゃう姿、ソーキュート。
私が好きな展開が繰り広げられていて、とっても楽しくにやにやしっぱなしでした。

 トキが、再びストーカーされていた元同僚に襲われた時、アーサーが激怒してストーカーを撃退。
助けられはしたけど、トキをこんな怖い目にあわせてしまった自分を許せないアーサーの意気消沈ぶりも、そんな攻め様の姿が大好物なので、萌えがあふれました(*´∇`*)

これから続くアーサーのトキへの耽溺ぶりが、何度読み返しても大好きです(≧▽≦)



2

攻めの脳内が楽しい作品

名倉先生作品の中でも、なぜかまだ読んでいなかったこちらの有名シリーズを読んでみようと手を伸ばした結果…
いやはや、とっても面白かったです!
てっきり貴族ものかと思っていたのですが、そうではなかった。
同僚のピンチヒッターとして急遽会社の日本支社長を任されることになったアメリカ人と、ワケありの日本人元英語教師という組み合わせでした。

両視点で描かれる、焦ったくてもだもだとした大人の恋模様がすごく可愛らしくて。
特にアーサーの脳内の混乱っぷりがおかしいんですよ。
タイトル通り、不思議の国ニッポンで大和撫子のようなトキという青年にいつの間にか心奪われつつある自身の気持ちから目を逸らそうとあらがい、結局あらがえていない様子がなんだかクスッと笑えてしまう。
アーサーにとってトキは恋愛対象としては全く好みのタイプではないですし、服装も何もかもが野暮ったい…と、出逢った当初の印象は最悪とまではいかないにしても、芳しくないものだったのですよね。
しかし、そこから彼の内面を知っていく内に、気付けばどっぷりとトキという沼にハマっていってしまう。
守備範囲外は興味がない→ちょっと気になる→可愛くて頭を抱える→好きなのではないか?→初恋かもしれない→好きすぎて触れられない!と、段階を踏んで脳内で漫才のような葛藤を繰り広げる、果たして本当に初心なのはどちらなのか?となってしまうアーサーの姿が見どころです。
理想のタイプと好きになる人は違ったりする。
この辺りが恋愛の不思議さ、面白さだなと思います。
ピュアなおぼこ受けにどんどん余裕なくのめり込んでいく様子が可愛らしくも、ところどころに育ちの良さが見られたり、トキを優しく庇護しつつ、強引さはなく最後まで誠実だったのが素敵。
全てトキ限定なところが好きです。

そして、アーサーではなくともどうしようもなく庇護欲を掻き立てられてしまうトキこと時広という人。
こんな出来事が起きれば泣き寝入り、もしくはしばらく立ち直れなくなっても無理もないよねと思うのですが、それでも少しずつ前に進みたいと考える彼は、決して大人しくて弱々しいだけの存在ではないんじゃないかな。
亡き祖母を大切に想う優しい彼が、傷付いた心ごと包み込んでくれるアーサーと出逢い、少しずつ救われて愛される様は名倉先生らしい溺愛ものでありながら、受けである時広のシンデレラストーリーでもあるのではないでしょうか。
どうかこのまま甘く幸せな日々を送って欲しい。

ストーカー男やトキの学校関係の面々に関してはなんとも言えない気持ちになりましたが、エミーをはじめ、周囲の登場人物がとても魅力的でした。
トキの愛らしさに初めから気付いていたエミーの審美眼とアーサーに対する物怖じしない物言いが好きです。
アーサーとエミーのやり取りが読んでいてすごく楽しかった。
トキの友人の大智も魅力的で、ノンケなのは分かっているけれど、この世話焼き加減さを見ると大智のスピンオフも読みたいなあなんて思っていたら、あとがきで先生が言及されていて、もしあるとすればどうやら受けになりそう…?
(勝手に攻めかなと思っていました)
この2人が今後どう絡んで来るのかも楽しみです。

あとですね、西洋系外国人×小柄な日本人カップルの定番描写である、攻めのあれが大きすぎて少ししか口に含めない描写が定番だけれどたまらなく良かったです…
1作目は出逢いからくっつくまでがメインだったので、190cm近いアーサーと165cmのトキ…と、体格差のある2人のあれこれについては続編でじっくり読めるのかな。
溺愛度もきっとパワーアップしてくれるのではないかと期待をしながら、続編も楽しく読みたいと思います。

3

応援し続けたいと思ってるシリーズ


レビューする前ちょっとだけ愚痴。(ここはスルーしていただけると幸いです!)

いつか名倉和希先生の作品をレビューするのならどんな作品を最初に選ぼうかな~ やはり先生のお名前と作風を確実に認識できた『神さま、お願い』じゃないのかな~

今はこんな思いあっさり消えちゃいました(笑)「名倉和希」という認知度高めな作家さんをちるちるという巨大サイトでサーチすると、一番上に(しかも二番目まで!)自社のレーベルと出版社名が出るのがどれだけ宣伝になるのかについて新書館はまったく興味がないみたいですね。
はい、小説Dear+ Vol.72のことです。あんまりにも無神経すぎて、残酷すぎて… 結構長い間根に持ってそう。貴社の作家さん扱いはよ~く分かりました。作品リスト+作家コメントという周年特集の鉄板ができない作家さんだけどお祝いしちゃうんだ!うわっなにその覇気!ホントスゴイデスネって感じ(笑) じゃあ私も残念ながら私にとって記念すべきな作品より先生の作品で一番超大好きな『アーサー・ラザフォード氏の遅すぎる初恋』をレビューすることにしました。



このレビューには先生の作品『純情秘書の恋する気持ち』のネタがほんのちょっぴり出てるのでネタバレ嫌いな方々はご注意してください。



この作品は導入部読んで少し焦りました。
なぜなら、今か今かと読み続けても攻めさん出て来ない!(笑)
どうしよう。早く攻めさんと一体化して読みたいのに。あっ、でも坪内さんいい感じ。会ったらすぐに運命の恋を感じちゃうのかな?一目惚れ的な?とか、遠くで見守る気分で読み進めるところ、攻めさんよりも先に柴田野郎が出てくるんですね。名前書いてるだけなのにムカついてきた(笑)
この作品そして『純情秘書の恋する気持ち』も相当嫌な、目障りとかそんな可愛い単語で表現できないほど、人間であることを辞めましたっという奴らが登場します。こいつらのせいで受けさんたちは仕事をやめる羽目になってるしストーキングまでされて。
まあ、『純情秘書の恋する気持ち』の先輩野郎はこの作品の柴田よりマシなほうなんですかね。人でなし先輩野郎も一応最後には人間のようには見えてきたんで。

時々「健気受け」タグがつく小説で受けさんが感情過剰と感じられる作品ありますよね。自分の哀れな過去とか語り続けるの読んでると「ハイハイワカリマシタもういい加減聞き飽きた」という気分になっちゃうみたいな。
名倉先生の作品の健気受けさんはなんというか、ちょうどいい程度といいますか、むしろ「もっと怒って!もっと泣いてもいいのに!」と慰めてあげたい気持ちになるんです。こんな受けさんだからこそ私は素早く熱い恋の熱病におかされる。いつの間にか攻めさんになりきってこの子を幸せにしてあげたい。生涯を捧げたいって(笑)

作品の冒頭から坪内さんは退職届を差し出して、 すでに行われてしまった柴田の悪行を坪内さんの回想を通じて読むことしか出来なくて、そして「(レイプが)未遂でよかったじゃないですか」ってほざいてる警察官まで。
ここまで読んで思ったのが、この柴田のヤツこれで終わりのはずがない。絶対また出てる。私のBL脳細胞がそう言ってる。その時アーサーさん、アメリカ人の専売特許な「訴える!弁護士雇って絶対に訴えてやる!」ほどで済ませるとマジがっかりだからね? そうすると私は、『アーサーシリーズ』読み続けること出来ないからね?一発だけでもいいから必ず殴って?
すみません。アーサーさんと出会いがまだだったので。ごめんなさい。アーサーさんは真に名倉先生のご立派な攻めさんでした。めちゃくちゃカッコイイ!よく出来ました!
アーサーさんが柴田の悪行を目の前にしたとき、素晴らしく文句無しの対応してくれて私は起立拍手の状態になったんです。角野さんが止めなかったら柴田はその場で確実に…(笑)

実のこというと、アーサーさんそんなに遅い登場ではなかったんですね。ただ、ストーキング描写、こいつマジで正気じゃないな、頭どうかしてんなって思えるほど、住居侵入した柴田の態度と言動があまりにもリアルすぎてぞくぞくして、この状況早く何とかしてほしい。だからアーサーさんの登場が遅いと感じたようです。(そして柴田の住居侵入は後半でもう一回出てますが、後半のほうがすごくキツい。心臓壊れると思った)

話の最初と最後は「柴田、絶賛悪行中!」みたいな感じですが柴田が出てこない、内容のほとんどはラブコメです。とくにアーサーさんの変化ときたらw 「全然好みじゃない → 好みじゃないはずだが → いやいやいや好みじゃない!断じて違う! → 可愛い…これだけは認めよう… → トキ、愛してる!愛してるんだ!私のものになってくれ!」みたいな。初対面の人がちょっと体調悪いって自分の部屋に姫抱っこして連れてく時点からもう一目惚れでしょうが。
名倉先生の攻めさんは基本、年齢関係なく一貫してます。情熱的で猪突的でありったけの熱い想いを注ぐ、恋を自覚するとさらに色々すごくなります。そして「受けさんのこと心から愛してる」っという感情がほかの感情より最も優位を占めている気がします。受けさんなしじゃ生きていけないっと全身で叫ぶような感じで。アーサーさんはもし坪内さんがいなくなったら「生きることに何の意味がある?」とか言っちゃいそうなお方なんです。遊び人の初恋ってすごい!



名倉先生、20周年真におめでとうございます。
そして『アーサー・ラザフォード氏の甘やかな新婚生活』の増刷もすごく嬉しかったんです。増刷のお知らせを見たとき『ダリア文庫』というレーベルの好感度が一気に上がりました。
さらに!2019年5月13日に発売予定の待望の4作目まで!アーサーさん、記憶喪失ですって?(笑)大好物です!たまんないです!これからもずっとずっと『アーサーシリーズ』と連呼し続けたいです!

7

「アメージング!」に笑った

「今まで何故読んでこなかった?」と言われてもおかしくない有名シリーズですよね、このお話。
勝手に『ふわふわして可愛らしいお話』だと思っていたのですよ。
ところがお話の冒頭は、私立高校英語教師の時広が職場を辞める場面。それも『自分の意に沿わずに』。
主人公の時広は学校経営者の血縁の同僚に一方的に想いを寄せられ、ストーカーされ、挙げ句の果てには拉致監禁と強姦未遂の被害に遭っているんです。その後、同僚や生徒の態度はぎこちなくなり、時広も精神的にまいってしまって辞めざるを得なくなったという顚末。
おまけに時広は事故で両親を亡くし、育ててくれた祖母も他界した天涯孤独の身なんです。
加害者が『執行猶予付き有罪』って事なので……これは怖いでしょう。

「えー!そういうお話なの?いや、どんなのでも平気なんだけどね、そういう心づもりで読み始めていないから……」と思っていた所、途中からお話のトーンがガラッと変わるんですよ。
これがねー、とっても良かったの!
まぁ『落とす所まで落としておいて急激に押し上げると、上がる、上がる』とでも言いますか。

時広は外資系保険会社に勤める友人の大智から、日本支社長として赴任したアーサー・ラザフォードの日本語教師として務めて欲しい旨を要請されます。日常会話を教えて欲しいので、その間はアーサーと同じホテル住まいという条件で。
怖いから自宅に居たくない時広としては渡りに船の話なんですね。

ゲイである時広は、出会ってすぐにハリウッド俳優のようなアーサーに好感を持っちゃうんですけれども。
でも、アーサーは時広が全くもって好みのタイプじゃない。
身なりに気を使っていないし、ガリガリで、子どものような見た目なので。
おまけに控えめな時広は、アーサーにとっては「自己主張すら出来ない」と映るんです。

まあ、ご想像通り、アーサーの方がいつの間にか時広に心を奪われてしまう訳なんですが。
ここからが滅茶苦茶可笑しくて、もうクスクス笑いが止まらなくなるんです。
だって、当初は馬鹿にしていた子どものような見た目が「若く可愛らしい(アメージング!)」となり、自分のことよりも他者を立てる振るまいが「なんて優しく思いやり深い(アメージング!)」となる。
当初は日本を『アニメと変態の国』と思っていたアーサーですが、時広のおかげで『奇跡の国』に早変わりですよ。

ただ、流石『合衆国のエリート』アーサーは自分の気持ちが恋であることを否定し続けます。
ストーカー被害に合ったばかりの時広も、被害者の例に漏れず自分を卑下し、自分がそんな目で見られているなんて思いもしない。
このジレジレとした『両片思い』を大変楽しくいただきました。

ただね、このお話、スパダリ(それも『合衆国でエリートとして生きてきて、家は富豪っぽい』っていう、プライドが服を着て歩いているようなヤツですよ)が恋に翻弄されて『愚かしくも可愛らしい人』になっちゃう様子を楽しむお話だけじゃないんです。性被害に遭った健気な主人公が幸せになる『一種のシンデレラストーリー』でもあるというのがミソなんじゃないかと。
アーサーの様子が笑えるだけでなく、時広が過去の被害から解き放たれる所は思いっきりスカッとしますよ。

5

超肉食プレイボーイが初めての恋にオタオタする様子がおいしい。

初っ端から高校の英語教師をやってる受け様が同僚のストーカーに拉致監禁されてしまう不穏な出だし。
すぐに救出されて犯される事はなかったものの、心に深いトラウマを負ってしまい、職場にもいづらくなり辞める事になった彼に、臨時日本語教師の話が舞い込みます。

教える相手は保険会社の臨時日本支社長として来日したアーサー。
彼はオープンゲイの肉食プレイボーイ。
日本語に興味はないけれど教師が男だと聞いて、好みのタイプなら……と渋々承諾したところ、目の前に現れたのは好みとはあまりにもかけ離れた男。

こんな貧相でこどもみたいな男はごめんだ!と思うのですが、それでも肌のきめ細かさや、メガネの奥に潜む大きな瞳の艶やかさ、睫毛の長さとかに気づいてしまうあたりがさすがというか、男に対しての観察眼の鋭さはまさにハンターだなぁと思いました。

そしてトキ(受け)が早々にゲイでしかも童貞だろうという事も見抜いたアーサーは、今まで接したこともないタイプの人間を前にして、ちょっかいをかけたら面白いかもしれないと閃いて……。

アーサーの微笑みに思わず真っ赤になるトキを見ては面白いなんて思っていたはずなのに、柔らかそうな耳たぶについ触ってみたくなったり、時折暗い目をしている理由を知りたくなったり……と少〜しずつ少しずつトキに興味を惹かれていきます。

初めは好みではないから手を出さないと思っていたのに、一緒に過ごして惹かれていく過程でトキの背景や心の傷を知ったアーサーが、いい加減な気持ちで手をだして純真なトキを傷つけたくないから手を出さないと気持ちが変化していくんです。

そして超肉食で遊び慣れた攻めが、初めての恋に右往左往してプラトニックな関係で我慢しつつもオタオタしたり、ヘタレてしまったりする様子もたまりません。

大切にしたいがあまり人生最高の自制心を発揮しまくる攻めと、気後れしまくる受けという二人なので両片思いなのになかなかくっつかないのですが、そんな焦れっぷりも攻め受け両視点で綴られているおかげでイライラせずに読む事ができるし、そこも醍醐味の一つだと思います。

そして二人を支える脇役も良かったなぁ。
トキの貧相さにガッカリしたアーサーが、あんな男じゃ勉強する気にもなれない!とチェンジを希望した際に「目の保養になる男性を連れてきたら、それこそ別のヤル気が出てしまうでしょうが。」とボスにピシリと言い切れる秘書のエミリー、GJ!

思い通じあったあとの甘さといったら、さすが外国人!ストレート!
甘いの大好きなので、ごちそうさまです〜♪♪と有り難く頂戴しました。

ちなみにこの二人は続きがありまして、2巻のタイトルは「アーサー・ラザフォード氏の甘やかな新婚生活」。
どっからどう見ても甘さしかないといったタイトルなので、もちろん2巻も買いましたよ!

こちらは答姐でおすすめ頂いた作品でして、とても楽しく読めました。
どうもありがとうございます!



10

読む前は貴族だと思ってた

シリーズ物で、新刊が出るということで選びました。
名倉さんは最近では読むのご無沙汰していた作家さんでしたが、やはり文章に癖がなくサラッと読むことができます。
タイトルからアーサーって貴族なの?と思いきや、セレブビジネスマンでした(苦笑

受けは元英語教師の時広、28歳。
攻めは大手企業日本支社長代理のアーサー、30歳。

勤める学校の同僚から時広がセクハラ→拉致監禁され精神的ショックから退職し、その後友人の紹介でアーサーの個人日本語教師となるお話です。
視点が受け攻め交互の三人称で特にアーサーの一喜一憂が面白いんですけど、携帯端末という表記が気になって気になって仕方なくて。
地の文は良いと思うのですが、会話に「携帯端末を持たないはずがないし」という感じに出てくるんです。
口に出しての台詞なんだしここは「携帯」とか「スマホ」とかで良いのではなかったでしょうか。
もうそこで吹き出しちゃったんですよね、シリアスな場面なのに。
それまでは外国のビジネスマンなのでブラックベリーみたいなものを使ってて、わざわざスマートフォンと書かないのかな?なんて思っていたわけですが…違ったらしい。
そして誤字が…
電子化の時に直してくれたら良かったのになと思いましたね。

個人的には友人の大智がなかなか素敵攻めになりそうなんですが、先生の頭の中ではまさか受けでは??あとがきでは分かりづらい。
結構前に刊行された作品なので、大智のスピンオフなんてものがもう出ていたら嬉しいんですけど…どうなのかな?

1

アーサーが興味深い

まずタイトルを見て英国貴族と日本人庶民ものかな?と思いました。人名に氏と書いてあるし。
読み初めて、あれ?辛い話?どうしようと思いました。

でも安心してください、この後は甘々展開が待ってますよ。

時間をかけて色んなエピソードをはさみお互いが恋に落ちていく様子が丁寧に書かれています。
特に私はアーサーの気持ちの動きが興味深かったです。

初めは時広の見た目も態度も気に入らないから始まって、髪型と洋服を変えさせて、おっとなって。
そして時広が28歳なのにまだ誰とも経験がないと知ってつい意識しちゃったり。
そして時広のストーカー事件を知りもうほっておけなくなりますね。庇護欲がどっとわき起こります。

アーサーの無自覚な浮かれっぷりに頬が緩みます。週末に行くプールを浮き浮きと調べたり、つい時広にキスしそうになったりあらぬ想像をしてしまったり、時広のことを鳥のトキのように貴重で、野に咲く花のように健気で美しく、襲いくる嵐から守ってあげたくなるなんて!もう恋しちゃってますよ!
親友の大智のことを心配したり。ジムのインストラクターを警戒したり。
このアーサー・ラザフォードがどうしたというんだというどこかの心の声が聞こえてきそうです。

事件は起こり時広が辛い目に合いますがアーサーと大智が助けに来てくれます。

悪者といったらこのストーカーくらいでそれもアーサーがしっかり手を打ちます。あとはみんないい人ばかりで。秘書が時広をなぜそこまで気に入ったのかは不思議でした。キュートだと何回も言ってるし。時広の容姿に関する記述は幼児体型に童顔とのことですが。小動物系で謙虚で誠実さが滲み出てたのかな?

最後はアーサーがやっと覚悟を決めます。
会ってしまったら止められないというのは本当でしたね。アメリカに連れていけるし、しばらく日本にいられるしハッピーエンドです。
ただエッチはあっさりの一回です。せめてもう一回読ませて~!

5

外国人社長×日本人教師

名倉和希先生の作品はいくつか読んでいて
いまのところ外れがなく
すべて私好みなので、
本作品も期待しながら読みました。



結果、すごくおもしろかったです。


タイトルが、遅すぎる初恋、なので
アーサーは時広に一目惚れでもするのかと
思いきや、
最初は「好みじゃない」とか、
とにかく時広のことをボロクソに言っていて
驚きました(笑)
でも、好みのタイプじゃないのに
好きになってしまった、という方が
なんとなく本気度が高い気がするのは
なぜだろう(笑)
最初はボロクソでも、
最後はちゃんとメロメロの溺愛攻めになるので
ご安心ください。
外国人だからなのか、
言葉や愛情表現がストレートなところも
とてもよかったです。

ただ、時広が遭遇する
2度もの事件というか、ストーカー被害
の内容が辛すぎて...
これで、アーサーと時広の
甘々ないちゃラブシーンがあれば相殺されるんですが、
いちゃラブが思ったよりも少なかったのが
残念です。

でも続編があるので、いちゃラブは
続編で補てんされることを期待したいです。

7

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う