愛されたがりのサーフェイス

aisaretagari no surface

愛されたがりのサーフェイス
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神13
  • 萌×216
  • 萌7
  • 中立4
  • しゅみじゃない0

236

レビュー数
6
得点
154
評価数
40
平均
4 / 5
神率
32.5%
著者
百瀬あん 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
東京漫画社
レーベル
MARBLE COMICS
発売日
価格
¥670(税抜)  
ISBN
9784864423939

あらすじ

若手俳優の比留間 樹は、年下の人気俳優・春日井 圭と兄弟役として共演することに。
役作りのために撮影期間は同居することになった二人だが、爽やかで品行方正だと思っていた圭の素顔は、誰彼構わず寝てしまう遊び人だった…!!
そんな圭を「兄らしく」諫めようとするも、圭に「樹さんが俺を更生させてよ」と襲われてしまい?!

表題作愛されたがりのサーフェイス

春日井圭,21歳,子役出身の実力派俳優
比留間樹,25歳,若手俳優

その他の収録作品

  • After story(描き下ろし)
  • あとがき
  • カバー下(描き下ろし)

レビュー投稿数6

ラブラブハッピーエンド

舞台出身の若手俳優樹は、子役上がりの年下人気俳優、圭の大ファンで、兄弟役をやることになったけど芸歴的には圭の方が先輩だし、ファン丸出しなのでお互い慣れて距離を縮めるために同居することになります。
同居してる家に男連れ込む圭も圭ですが……まあ、せっかく樹と同居してるのにファン丸出しで子役時代のこと話されるのそりゃあ嫌でしょうね。意識されてないの丸わかりですもんね。
とっかえひっかえ好きでもない相手と寝る圭を更生させるべく恋人(仮)として協力するんですが……もう君たち絶対好きじゃん。お互いのことめっちゃ好きじゃん!!!好きな気持ちがあふれててそりゃあもうDVDBOXめちゃくちゃ売れますよ。わかります。私だって二人が兄弟やってるその作品のDVD観たい。
兄弟役やってる二人がプライベートでは愛し合っててラブラブセックスしてるとかおいしすぎてよだれしか出てこない。
あと、要さんと斧田さんのことも気になって仕方ないです!!曖昧な関係も美味しいですがそうじゃなくなるところも見てみたい気もします。
最高に満足しました。

3

同居生活

同居って萌えますよね。
推しに迫られて、断りきれない樹さんが可愛いです。
冒頭の圭くんの照れた感じも可愛くて、いいです。

それにしても、こんなDVD特典の内容なら私も思わず買っちゃいます(笑)

ただ…圭くんが樹の首をかじっているのと、樹が圭くんの(たぶん)唇噛んだところがお互いに役者なのに、そんな見えるとこに傷を作って…!と気になっちゃいました。


話全体としては、樹に妹がいるのを知っていたり「それが見たかった」と言ったりして、前から圭くんのことを知っていた理由なども後半分かり、受以外にバレバレな執着心抱えてる攻がよかったです。








紙本購入
修正は白短冊です。
多くはないですが、なかなか立派です。

3

執着攻めって良いですね…

百瀬あん先生の作家買いです。
単話を始めに読んでいましたが、途中でやめてました。
理由は、纏めて読むためのセルフ我慢プレイですね。
我慢すると、より楽しい。
俳優さん同士の役作りの為の同居。

樹は年上だけど、キャリアでは圭より若くておまけに圭のガチファン。だからこそ、敬意を持って接していたんですが。

はあ、同居してからの圭が意地悪!
そして、えっちだった…
樹は、甘いんですよ。最推しだからこそ、圭を拒めないし、自分と寝ることが圭のためになると思っている。

圭が所々で、執着振りを見せるのも何だか必死な感じがしました。樹がフィルターかかっているせいで、圭を真っ直ぐに見れない。
いや、でも圭の様子からではすれ違った気持ちを寄せるのはすぐには無理ですよね。

業界ものなので、取り巻く人たちの過去なんかも面白そう。樹のマネージャーの要と脚本家の斧田さん。これは、サイドストーリーとして気になる…

年下の執着攻めって、兄属性だと拒否は出来ませんね。
甘々デレは、恋人になってからなんだろうなぁ。
百瀬あん先生の絵もキレイでほんと良かったです。

1

俳優同士の同居ラブ

楽しみにしてたんですけど、今回はちょっと合わなかったかな。
個人的に、引っかかるところが多すぎました。


人気俳優・圭と共演することになった樹は、兄弟の役作りのために期間限定で同居することになります。
二人の暮らしは上手くいっているかに思われましたが、ある日予定より早く帰宅した樹は、圭が見知らぬ男とベッドにいるところに遭遇しーー…!

樹の憧れの俳優である圭は、実は節操なしの遊び人で……という展開。
俳優同士の同居も、攻めの素顔が品行方正でないところも面白いと思います。
ただ、このまま樹が圭に無理矢理抱かれてしまい、挙句「更生させてよ」って……
何が?っていう感じです。
もしかして圭はセックス依存症か?と思いましたが、そういうわけでもなし。
しかも、遊び人になった原因が樹で、その理由が自分勝手。
振り回される年上受け・樹が不憫でした^^;

圭は最初から樹が好きだったのに、樹がいない時間を狙って男を連れ込むって……理解できませんでした。
圭がどこまでも自分勝手に思えてしまって、好きになれなかったです。
先に告白していれば良かったんじゃないの?っていうね。
ラストの一芝居も好きじゃなかった。

一番萌えたのは、裏設定の要と斧田。
この二人の話は読んでみたいかも。

Hはしっかりあり、何といっても紙本の修正が良かった!
エロさと絵の綺麗さは文句なしです!!

8

もうちょっとほしい

俳優同士が共演作をより良いものにするために、一時的に同居をする。
俳優・芸能界BLものでは定番の設定ですよね。
演じる役柄の関係性を深めていくためのはずが、いつの間にか素の自分たちの仲も深まってしまう辺りも定番ですがわくわくするところです。

絵も綺麗で、キャラクターの表情も豊か。
設定だって好きな設定のはずなのに、なぜかそんなに萌えきれなかったんです。
う〜ん、いまいち圭のキャラクターがよく分からなかったのと、樹がちょろすぎるくらいにころっと抱かれてしまうのも、その後で謎の性生活更生プログラムに協力することになったりと、すっかり丸め込まれてしまうのもなんだか腑に落ちなかったのかもしれない。
恋愛感情を持つにいたるまでの説得力のあるエピソードはなかったように思います。

実は再会もので、攻めの圭の片思いものでもあったというのも少し無理があるような気がして。
樹が舞台メインで活躍していた俳優で、そしてその芝居を観た圭が衝撃を受けるほどのものなのであれば、舞台のシーンももっと見たかった。
芸能界ものなのに、お仕事描写があまり多くは無かったのもピンと来なかったのかな。
やっぱり、2人とも綺麗な顔をしていますし、もっと演じる場面だとか、ファンの歓声を浴びている姿だとか、そういう芸能人らしい場面も見たいじゃないですか。
ほとんどが舞台裏や同居シーンで終わってしまったのがもったいなく感じました。
ラブもお仕事ももうちょっとほしかったです。

他レビュアー様も書かれていますが、本編でもワケあり気なやり取りがあった、マネージャーの要さんと脚本家の斧田さんの方が魅力的にうつってしまった。
特に要さん。表情が読めないキャラクターが好きでした。
この2人は身体の関係があって、今でも曖昧な関係が続いている…とのことで、どちらかというとこちらの2人のお話を読んでみたくなったな。
個人的には背の高い要さん受けが読みたい…
要さんと樹の気心の知れたやり取りも好きでした。

2

いい感じに拗らせてる

率直な感想、気持ちいいところにはまってこない。

業界もので、年下だけど憧れの俳優とドラマのために同居するって話。

品行方正だと思っていた攻・圭が実は……。
とか、
受・樹と同居を始めた圭はどうやら樹に何かしらの感情を抱いている感じがする。実は……。
とか、
実は……ってのがめっちゃ多い。
すれ違いとかもあるけど、なんだかんだ強引に展開が進んだり。
伏線を張りすぎてる感。
気持ちいいとこにはまってこないってのは、そういうところ。

百瀬あん先生の作品はどっちか(大抵髪黒いほう)がめんどくさい男で、大抵髪白い方がそのめんどくさい闇を光で晴らすタイプのBL多いと思うんだけど、今回も攻がめんどくさいタイプ。
いい感じに拗らせてる。
もうなんなの、男ならはっきりせんかい。
なにが更生じゃい。
好きって言えよ。

描き下ろしの想いが伝わりあってからの圭の方がなかなか魅力的。キャラクター定着した感があって好き。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う