俺のストーカーが才色兼備

ore no stalker ga saishokukenbi

俺のストーカーが才色兼備
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神7
  • 萌×217
  • 萌10
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

294

レビュー数
8
得点
135
評価数
36
平均
3.8 / 5
神率
19.4%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
三交社
レーベル
Charles Comics
発売日
価格
¥670(税抜)  
ISBN
9784815501235

あらすじ

アラフォー大学教授×超エリート新入生
この恋──計画通り!?
一途すぎる執着愛
いつから、どこまで、仕組まれている──!?
春ーー関西の名門・京極大学(京大)。
法学部教授・嵯峨凜之助の研究室に、東都大学(東大)法学部首席卒業という超エリート新入生がやってきた。
名前は宇多野慧。絵に描いたような才色兼備で、今どきの若者。
しかしふとした時に色気と変わり者の片鱗を見せる宇多野に、嵯峨は少しずつペースを乱されていく。

一見ピュア、なのに妙に違和感のある恋が始まる──!?

表題作俺のストーカーが才色兼備

嵯峨凜之助,京極大学法学部教授
宇多野慧,東都大学首席卒業した新院生

その他の収録作品

  • 俺のストーカーと相思相愛(描き下ろし)
  • 晩御飯の話(カバー下)
  • 呼び方の話(カバー下)

レビュー投稿数8

才色兼備な彼らから目が離せない♥

芥先生の描かれる人物はいつも本当に才色兼備♥

シリアスなお話もとっても素敵でいいんですが
私はこの作品のようにクスッと笑えるラブコメも好きです。

東大出身・京大教授の嵯峨先生のもとに
東大法学部主席卒業の超エリート学生がやってきました。
彼の名前は宇多野くん。

すべてにおいて完璧な宇多野くんがたまに見せる
照れる表情や関西弁が
ものすううううううごおおおく!!!!
可愛らしくて萌えまくりですよ!(先生も私もww)

互いに好きなのにすれ違ったり誤解したりですが
最後はやっぱりハピエンでもう…可愛いがすぎる!宇多野くん♥

覚悟を決めるためにヒゲを剃った嵯峨先生も…なんだよもうそのイケメンはっ!てなりました♥面白かった!

0

懇切丁寧にお願いします!

芥先生好きです。
こちら、タイトルにストーカーってありますが、物騒な案件はございません。

ひたすら、にやりとしながら読み進めちゃいました。

とにかく、芥先生の描く攻めのビジュアルが私のどストライクです。
ちょっと、筋張った感じなんだけど骨格良し。くせ毛気味。
今回の嵯峨先生は、顎にちょい髭も有りまして。はあ、個人的な眼福状態ですよ。

受けちゃんが、これまた美人タイプですよ。
でも、かなり本人の努力に依るものなんです。ここら辺の事情が話が進むにつれてわかるんです。

緻密に、5年掛けて練られた計画。宇多野くんが頭が良すぎて、でもうぶな天然さもある絶妙なキャラ。焦ると京都弁が出ちゃうんです!
「おもてたんとちゃう~」
なんて、めちゃめちゃずきゅんと来ます。

嵯峨先生は、法哲学教授なんですが対する宇多野くんも東大首席。嵯峨先生を射止めるためだけに、彼は大学卒業後に、院生にまでなって転学までしてる。

頭良すぎるんで、ストーカー行為(とにかく盗撮、経歴追い、もちろん住所は完璧です)は、ステルス進行だったり。

下心有りまくりの、宇多野くんに思わず絆され、あまつさえエロさも感じた嵯峨先生の負け…
頭が良い同士が、どんどん互いを知る度に計算も出来ないくらいにのめり込むのがセクシーで、好きです。

闇がまったくない才色兼備のストーカー話。
「懇切丁寧にお願いします」
が大変効果的なラブコメです。

あ、嵯峨先生のビジュアル変化も良きでした。芥先生の次回作も楽しみにしています。

3

推して追って押し倒されて


大学教授(指導教官):嵯峨 × 宇多野(院生)。
学力最高峰、恋愛力皆無なふたりがおっかなびっくり心の距離を縮めていく様子が描かれています。

頭の良さゆえに理詰めでぶつけてくる宇多野の想いと風変わりな行動力に興味を惹かれる嵯峨。
宇多野の「才色兼備」な佇まいとアンバランスな可愛らしさを目の当たりにした嵯峨は早々に気になる存在として意識するようになりますが、ある日、宇多野の部屋で彼が隠していた秘密を知ることに…。

タイトルからなんとなく話の方向がわかってしまうのですが(笑)
でも、このタイトルはセリフとして出たとき、「あ、そっち?」ってなって巧いなぁ~と頷いてしまいました。

嵯峨が距離を詰めようとして拒絶される場面が何ヶ所かあるんですが、なんとなく好意をもたれていると思っていた宇多野に拒絶されるなんて思いもしない嵯峨の焦りっぷりにニヤリ。
頭が良くてカッコよくて同じカテゴリの学問を究めて“ ステイタス”的には似ているふたりの“タイミングのズレ”に笑ってしまいました。
不器用すぎる可愛さたまらん。

嵯峨が宇多野の「計画」を知って混乱している最中に想いを抑えきれなくなった宇多野が告白します。
嵯峨は、そんな真っ直ぐな想いを立場的にも気持ち的にもそのまま受けとめることもできず…。

嵯峨は大学教授にしては気安いタイプなので宇多野からしたらドキドキさせられっぱなしだったと思います。
でも、そんな嵯峨が宇多野のことを想いながらも、指導教官として宇多野がチャンスを活かせるように気持ちを押さえ込んでいる姿はやっぱり大人でした。(だってアラフォーだもの)
前半の「サラッと手を出しかける」→「体面を気にしぃ」な部分があるからこそ、後半の「手放す」→「追う」がキラリと光る!

ストーカーって単語に危険なインパクトを感じるし行動自体は「 こわッ」ってなる宇多野くんですが、計画書が可愛いくて。
清潔感のある髪型とか花火大会とか恋をしたら考えそうな甘酸っぱいものがいっぱい書いてあって、その計画を実現するための体当たり作戦…って思ったら、くすぐったかったです。
ふいに出る素の京言葉も良かった~!

最終話から描き下ろしにかけてあまあま~(嬉しい)
カバー下がまた可愛い!
年上ヘタレ攻めが手取り足取り腰取りで懇切丁寧に指導する姿をもうちょい見たかった気がします。

2

もっとぶっ飛んでても良かった!※ネタバレ含みます

ストーカーという題材だったため、病んデレかなっと思ってたのですが、そこまでではなく、むしろ可愛いストーカー様でした。
大学教授と生徒さんだからか、少し堅く物語の進みもスローペースでした。
そんな中、ちょいちょい垣間みえる受け様の色っぽ表情+素の時にこぼれる方言。
とても可愛かったです。
ただ、計画表作るなら、性格腹黒でも良かったなと(笑)純粋なところが可愛い部分ではありましたが!もっとグイグイいってほしかった。受け身な印象が強いです。

受け様に恋に落ちて、その一挙手一投足に振り回されてくスパダリ気味の攻め様の様子も良きでした。
全体的に、もっと糖度甘くても、病んデレ振りきっても良かったなーって思います。
必死に汗だくになるような感じてはないので、そこに物足りなさを感じました。
やっぱり大学教授だからですかね。とても大人でした!

追われてた攻め様が、ラストで追いかける側になる展開は大好物でした。
受け様はとても可愛いかったな。



2

欲しいのは貴方だけ

今回は関西の名門大学の法学部教授と関東名門出の院生のお話です。

攻様が担当する院生の受様が私生活でも大切な存在になるまでと
恋人になってからの後日談を収録。

法哲学とは法現象や社会現象を哲学的に考察する学問で、お金にはならな
い分野の学問です。

攻様は関西の名門京極大学の法学部の教授を務めていますが、元々は関西
東都大学で院まで進み、卒業を控えた年に教授の推薦も有って京大へと招
かれたという運の良い男です。

今回も東大法学部を首席で卒業し、並み居る一流企業のスカウトや官僚や
法曹の道も全て蹴って、京大の研究室に入りたいと言うとんだもない逸材
の指導教官に抜擢されます。この院生こそ今回の受様になります♪

資料用の論文は非の打ち所がなく、どうして京大の院なのか、果たして
自分の手に負えるヤツなのかと攻様は頭を捻っていましたが、面接試験の
日にインフルエンザで休んでいた攻様は4月になって初めて顔を合わせる
事になるのです。

そして挨拶に現れた受様は想像していたような黒髪黒メガネのがり勉タイ
プではなく、淡い髪色をした才色兼備な青年で、まさに今時の若者だった
のです。春先は教授と言えども雑事が多く、攻様は受様のことが気になり
つつもなかなか話をする暇もありませんでした。

そんなある日、疲れた身体を引きずって帰路で、買い物帰りらしい受様と
ばったり会いました。攻様は受様の履歴書から受様の実家が地元である事
を知っていた為、なぜにこんな所に? と思いますが、受様によると通学時
間がもったいないからと近くのアパートを借りていると言われます。

奨学金はあるものの、不足分を賄うためにバイトを探していると聞いた攻
様は受様に研究室の雑務をするバイトを持ちかけます。専門知識があると
望ましいと思っていたので、受様は正にぴったりだったのです。

するとなぜか受様は押していた自転車を倒してしまいうほどに動転し、夕
食らしいカップ麺をばらけてしまいます。攻様が笑って「バイト代に晩飯
もつける」というと受様は「晩飯は攻様も一緒なのでしょうか」などと
可愛い事を言うのですよ♪

攻様はそれも快諾して受様は助手としてバイトをする事となります。受様
はとても優秀で頑張ってくれますが、最初の晩飯は牛丼で、明日の授業用
のレジュメは終わらず、夜中近くまで引き留めてしまいました。

さすがにマズイと受様を帰すのですが、ちょっとの仮眠と寝た攻様が目覚
めた時には既に翌朝、しかも何やら長い布でぐるぐる巻きにされていたの
です!! しかも状況が判らず見回すと、受様が机に突っ伏して寝ているでは
ないですか!?

さらに混乱する攻様でしたが、受様はサラッと攻様が風邪をひかない様に
と毛布代わりにカーテンで縛った事、レジュメのために徹夜した事を明か
します。

受様の意外過ぎる行動にびっくりな攻様でしたが、その夜に催された受様
を交えた歓迎会では緊張から七日、気を使ってなのか飲めない酒を一気飲
みしてみせ、攻様は受様のイメージが当初の"才色兼備"から可愛くて面白
い困った奴に変わります。

そんな受様を介抱していた攻様ですが、ふと受様がえらくエロいと思って
しまい、フラフラとキスしてしまうのです!! 攻様は即座に自分のヤバさに
気づいて真っ青になりますが、受様は顔を真っ赤にして震えながら「おも
ってたんとちゃう!!」と叫んで去っていくのです。

パワハラ? セクハラ? アルハラ?! 攻様の未来はいかなることに!?

電子雑誌掲載作をまとめての紙書籍化で、攻様を慕うあまりにストーカー
化してしまう受様の健気で一途な恋を描いたラブコメディになります♪

タイトルと帯の「一途すぎる執着愛♡この恋、計画通り!?」なキャッチ、
カバーの背広の攻様が半脱ぎの受様に押し倒されているイラストから
粘着系ストーカーに絆されちゃうお話かな♪ と手にした1冊でした。

受様の台詞ではないですが、思ってたストーカーものと全然違いました!!
でもラブコメ系大好きだし、微妙にすれ違っていってワタワタするのも
MYツボなのでとっても楽しく読ませて頂きました。

1話では攻様はまだ受様のヤバさに気付かないのですが、仮眠中の攻様を
カーテンでグルグル巻きっていろんな意味でかなりヤバいですよね(笑)

攻様ってば椅子にぐるぐる巻きに固定されているのですが、カーテンって
窓にかかってるヤツを外したんですが!? 意外に力持ちですか!? とかツッ
コミどころ満載です (^m^)

攻様は受様に好かれているのは何となくわかっていて、誘われている!?と
思いつつ手を出すのですが、受様は攻様を慕っていても実地経験がないの
で、受様もついていくのにいっぱいいっぱいすぎて反応が鈍く、ピュアボ
ーイ故に攻様を拒否したりするのですが、そんな受様にアタフタする攻様
様がすごく可笑しくて萌え萌えでした。

徐々に受様のストーカーぶりが明らかになっていくのですが、受様は根が
とっても真面目なので自分がストーカーだと言う自覚がなく、その天然ぷ
りもまた可笑しい♪

そして意外(でもないかもですが)にもいざとなったら初心者の受様のほうが
攻様よりもずっと男前なのもニヤニヤポイントで良かったです。

カバー下の四コマも受様の可愛さ満開なお話なので、忘れずにぺらッとめく
ってくださいね (^-^)v

1

表紙の印象とは違うかも?

芥先生のストーカーものということで、勝手にダークでシリアスな執着愛だと思っていたら、とんでもなく一途で純粋で不器用なラブストーリーでした。
違う方向に期待しすぎちゃったので勝手に物足りなく感じてしまいましたが、これはこれでコメディ要素もあって面白かったです。読みやすいストーカーものだと思う。


東大主席の超優秀で眉目秀麗な宇多野が院生としてやってきたのは、嵯峨が教授を務める京大。
優秀で美しく、時折見せるエロい表情に欲情した嵯峨は、思わず宇多野にキスしてしまいます。
すると、「おもてたんとちゃう‼︎」と、真っ赤な顔した宇多野に逃げられてしまいーー…!

裏表紙に、〝いつから、どこまで、仕組まれているー⁉︎〟なんて書いてあるから、宇多野って本当は裏があるんじゃないの?実は嵯峨を嵌めてる?もしや、宇多野が攻め?……なんて、色々勘ぐってしまった^^;
でも、そういうのは取っ払って楽しんで欲しい作品!
一読して、なんだぁ。。。って脱力した。
変に気を張って読んで損した!
純粋に可愛いストーカーの計画を楽しんでほしい!!

抜けてるのかそれも計画なのか分からないところもある宇多野だけど、【目標と計画の実現可能性について】という計画書をみて、あぁなんだ、この子頭はいいけど恋愛偏差値低いんだなって思いました。
純粋で一途で、雑だけど一生懸命に考えたであろう計画にクスっと笑いました。
宇多野がどうしてそこまで嵯峨にのめり込んだのか理解しがたい面もありましたが、ストーカーってそんなもんかもね、とも思います。
嵯峨も教授としても男としてもなかなかいいやつなので、お互いを縛って離さずお幸せにって感じです^^

タイトルの意味は、そっち?って感じ(笑)
ちなみに、男性に〝才色兼備〟という言葉は使わないそうです。
なにか意図があってタイトルにされたのでしょうか……?

4

そっちかー!というツッコミと共に

個人的に受→攻という構図が好きなので、手に取ってみました。初読みさんではあったんですが、よく見れば二次創作の方で出会っていた作家さんでした。
アラフォー大学教授のもとにやって来た超エリート新入生。絵に描いたような才色兼備だけど、ちょっとズレてる感じが何だか面白くて、そして何だかエロい。ふとした事をきっかけに教授は彼にキスしてしまうんですが、「おもてたんとちゃう!」と言われてしまう…が、以降も彼は、自分を唆してくるような言動。ある日彼の部屋で、自分についての写真などが見つかり――というお話。

うーん、ストーカーというくらいなので、もっと振り切っててもよかったのかなあと。そのストーカー疑惑が出てくるのも4話ですからね、もっと序盤に出てきて、教授を振り回すのかと。気の有る素振りを見せたかと思えば「おもてたんとちゃう」だったり押し倒されてでも「嫌や…」やったりで、後に彼には計画が有ることが判明するんですが、おいおい勝手じゃね?という印象になっちゃって…。あー先生の事が好きなんだなーというのは判るし、素直っちゃあ素直で可愛いんですけど、でも何かいまいちこう、何でもないふりを装ってみたりとか押してみたりとか計画通りにいかないとなると拒んでみたりとか、何か色々揺れてて中途半端に見えるというか…。

先生はというと、昔自分の判断1つで若者の未来を変えてしまったかも、という自責の念から、押してくる彼の事が気になりつつも手を出しつつも、いまいち踏み込めない感じ。でもそんな様がセクシーでもあります。
大人のじれーったくも、ピュアなラブストーリーかなあと。タイトルについては、そっちか!というツッコミと共に…まあでもこのタイトルありきで物語は進んでいた感じです。才色兼備って言葉、男性に使うんでしたっけ…でもこの言葉が使いたかったんだろうなあ。

1

結局は、才色兼備ならもぅ。何をされても良いんちゃうか⁈

タイトルが既に出落ち感パ無い。
嵯峨教授は、研究室に入った学生にストーカーされている。頭がズバ抜けて良い、宇多野くんは、嵯峨教授に近付く為にだけ。猛勉強して東大に入学し、さらに遥々京大の研究室を希望して来たという、変わり者。もちろん物語の冒頭ではそんな事は嵯峨教授におくびにも出さないが、読み手側には早々にバラしている。ははあ。嵯峨教授は憶えて無い様だが、宇多野くんにとって、これは再会なのだな、と。

余談だが。京都には嵯峨美と言って、美大もある。風光明美な観光地として、嵯峨野という地もある。嵯峨教授は京都出身では無いが、それだけでもう、京都感がある。
残念ながらせっかく京都という設定なのに、それ以外の京都感は無い!無いんだよ。
宇多野くんが地元というので、時々関西弁になるものの。「都落ちして京大に来た」と言いたいだけな気がする。東大 VS 京大 は永遠なるかな。
とにかく、嵯峨先生が東大にいるものと思って東大を受け直して入学したのに、嵯峨先生は京大へと転勤しており、はたまたその研究室にスラっと入るが為にだけ猛勉強して来たなんて。可愛いじゃないか。それに宇多野くんは美しい、まさに才色兼備なのだ。
だったら問題なんか無い。
ただ、挙動不審にも見える宇多野くんの謎行動。ウッカリその場の雰囲気にのまれて口づけてしまった気恥ずかしさ、指導教員である責任などなどから、逡巡してはちょびっと手を出し、逡巡しては、避けてみたり。大人の筈の嵯峨教授がヘタレ過ぎる。
芥先生の作品は「ハイドランジアケージ」を既読なんですけど。ラブコメっていい筈の本作も独特の緊張感があって。なんでか知らず知らずハラハラしてしまったよ。
体調の悪い宇多野くんを介抱した嵯峨教授が見てしまった、宇多野くんによるストーカーの記録。ガガーンとなる筈の気味の悪いこれらの事実も、その頃にはただ、へぇ、そうか、ってなもんですよ。ふふっ。
そして、宇多野くんから知らされる事実。嵯峨教授こそが「才色兼備」なのだ。そうよね、うんうん。カッコいいもんね。っていう。そりゃ仕方ないよね。っていう。
末永く爆発しろっ!ってなもんです。
結局は、気持ちが等しいならば、何をされても良いんです。ふはっ。
好きな人に好きになって欲しい一心で、自分を変えた宇多野くんの健気さに萌え。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う