ハイドランジア ケージ

hyd rangea cage

ハイドランジア ケージ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神58
  • 萌×244
  • 萌7
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
18
得点
487
評価数
110
平均
4.4 / 5
神率
52.7%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
東京漫画社
レーベル
MARBLE COMICS
発売日
価格
¥690(税抜)  
ISBN
9784864423786

あらすじ

東京オメガバースIIからコミックス化!

オメガはアルファの子を孕む道具、それ以上でも以下でもないーー。

エロスでドラマチック、主人と従者のヒリつく激動ラブストーリー


何不自由ない暮らしの中、微かな満たされなさを
心の底に抱え生きていた有力α一家・天宮家の長子・雨情。
ある日、伯父の隠し子スキャンダルが浮上し対処することに。
スラム地区で暮らす白くて細い少年・四葩(よひら)を孤児院へ預ける筈が、
言い得ぬ色気をまとい、射抜くような目を向けるその少年に
興味をそそられた雨情は彼を屋敷に連れ帰る。
その夜、”身体検査”をすることになり…?

表題作ハイドランジア ケージ

天宮雨情 天宮家長子・α
四葩 雨情が拾った孤児・Ω

その他の収録作品

  • ハイドランジアガーデン(描きおろし)
  • カバー下:漫画「指環の話」「意外性の話」

レビュー投稿数18

Ωの四葩がエロ可愛い!

謎めいた美貌のヨヒラが主人公。前作でエロくて綺麗だったので、スピンオフで新刊になって嬉しい!

感想は、Ωバースならではの幸福感がたまりません!ヨヒラが本当に欲しいものを言った時には、涙が止まりませんでした。
花の植えた場所によって色が変わるという紫陽花(四葩)にちなんで、雨情の気紛れで、雨情邸宅で働くようになったヨヒラ。ヨヒラの未成熟ながらの危うい色気も申し分無く可愛くて、雨情様が初めてのお相手で良かったなあああと!!
年月が二人の愛を深めてくれた、素敵な物語でした。

8

記憶に残る素晴らしいオメガバース

最高でしたよ(*≧∀≦*)
『シークレットノート』のスピンオフですが、
私は本作の方が断然好きでした!
前作未読でも読めますが、
既読の方が感情移入しやすいのでオススメです!

天宮家の長男・雨情(α)と使用人・四葩(Ω)との
身分違いのオメガバースです。

オメガはアルファの子を孕む道具、
        それ以上でも以下でもないーー。


四葩が健気で献身的で、雨情に全身全霊尽くします。
両親はおらず、育ての親にも捨てられたと思っている四葩は、
家族への憧れがとても強い子です。

対する雨情は家を守るためなら何でもする。
見た目も身体も家柄もいいαとの結婚を望んでいます。
Ωの四葩は都合がいいから側に置いているだけ……

前作でもそうだしたが、雨情が薄情な遊び人に見えます。
その雨情の感情、言動すべてが変化していく様子に
非常にドキドキしてワクワクしました。
ついに、あの雨情が本気の恋を!!!と思ったら、
込み上げてくるものがありました。

雨情が結婚する事になり、四葩はある決心をします。
雨情の前から姿を消した四葩……
必死に探す雨情……
二人共の想いが分かるからこそ切ない。゚(゚´ω`゚)゚。

雨情が四葩を見つけた時、そこには……⁉︎
ラストは感動の嵐です!

土壌で色の変わる紫陽花のように四葩の色も変わったのでしょう。
そして、雨情も……

四葩の育ての親にもその後があります。
伏線は全て回収され、本当に隙なく素晴らしかったです。

描き下ろしも最高に萌えた♡
いや、ホントあの雨情がねー(о´∀`о)

傲慢な攻めが一途な愛に目覚め、
受けを溺愛してデレる……この展開最高でしょ‼︎

個人的には執事の椿も好きです!
βだからスピンオフは難しいかなぁ……
でもあったら、最高に萌えるはず!

5

良いものは良い。四葩の変換難しかった!

おお~!これはめちゃくちゃ良かったです。

芥先生の作品に惹かれて読みましたが、結果大正解でした。
オメガバースの世界観は、余り読まないのです。でも、スッと世界観に入り込んでしまいました。
主従関係から、パートナーに変わっていく雨情と四葩の年月のエピソードが堪らなかった。

最初こそ、痩せこけた少年だった四葩が雨情に無体に身体を開かれるのが痛々しいのです。
四葩に出会うまで、セックスにも特別な感情を持たなかった雨情が戸惑いながらΩの四葩にのめり込む感じ!
あ~抗えてないよ、雨情様~と心で叫びながら読み進めてしまいました。

四葩は記憶力に秀で、雨情にとっては公私共にパートナーに成長していくのもストーリーとして魅力的でした。
そして、四葩の出自と絡めた話の展開もお見事でした。

もちろん、雨情と四葩の成熟していく恋愛の話なので、いわゆる「運命の番」だと互いが認識するのに至るのです。紆余曲折有ってこそたどり着いた結果なんだなぁと納得、同意の展開でした!

発情期を利用して、どうしても雨情との子供を宿したかった四葩の健気さ、刹那の心境。
そして当たり前にいた、実は得難い存在だった四葩を、いったん失ってから気がついた雨情。
四葩の出自についても、2人が結論を出せて良かった。

そして、2人の子どもちゃん!
きっとこの子は、2人がしっかり育て上げそうです。

紆余曲折のあとは、いちゃいちゃする雨情と四葩が楽しめて、は~❤️満足しました。
やっぱり、BLの世界は凄かった。ジャンルにとらわれないで、良いものは良いと再認識した次第です。

5

本当の愛を知る話

初めて芥先生のお話を読ませていただきました!オメガバース読みたいなぁ、と思って漁っていたら絵が好みのこの作品を見つけました。
まず登場人物が魅力的ですね~( *°∀°* )あらすじの通り有力な家のα雨情とスラム街で暮らしていたΩ四葩のお話です。読んでもらったら分かるんですが2人とも昔の事やらで愛を信じていません。そんな2人がだんだん変わっていきます。
雨情も四葩もめっちゃ好きなお顔!!四葩が双葉(シークレットノート)と話すシーンかあるんですが、かわいい感があんまなくてやっぱ雨情様の前でだけかわいくなんのかい?ニタニタとか想像しながら読みました笑
ネタバレになるのであんまり言いたくないんですが、え!?そうなんか!と思うような場面が結構合って期待以上に面白かったです。注目して欲しい所を1つ!雨情と四葩が離れる場面があります。その後の再開の時の四葩が、、
オメガバース好きな方は特にオススメですよ~^^*
最後の方のおててもご確認下さい!!

3

身分違いの恋に萌える

好き好き大好き!
こういう捻ったオメガバース大好物!

絵も綺麗
ストーリーは繊細
悲恋かと思いきや、最後には幸せエンド

御曹司跡取りα×盲目的に従順な拾われΩ
ヨヒラ(Ω)がある日突然姿を消す理由とか
…泣きましたマジで

そして傲慢な御曹司雨情の変化がとてもいい『自覚するのが遅いっ!』ってなりますが(笑)
最初はヨヒラを自分勝手に使う雨情ですが、恋心をうっすら自覚する頃から変わってくる

身分違いの恋を貫く二人が尊いです
前作の『シークレットノート』を読んだときには謎だった兄とヨヒラ
こちらを読んでまた前作を読み返したら、なかなかに伏線はってあって楽しかったし、二人のコトが好きになれました

そして物語の鍵である伯父とトトキの物語も読みたいです…何卒!

3

シークレットノートのスピンオフ

ハイドランジアケージを先に読んだので、
シークレットノートがハイドランジアケージのスピンオフだと思っていたのですが
ハイドランジアケージがシークレットノートのスピンオフでした。

雨情は良くも悪くもアルファの典型で合意もなくヨヒラを抱いて~という感じで話が進み
ヨヒラが健気ですごい切なかったです。
雨情が結婚すると言った時にヨヒラが言ったおめでとうございますが心に突き刺さりました。
でもまさかヨヒラが失踪するとは思ってなかったです。
ヨヒラが失踪したことにより、雨情は結婚もせず自分の気持ちを自覚したので
ヨヒラー!(泣)となりました(語彙力)

最後はハピエンでよかったけど、雨情の怖いものが【朝起きたら大事な人がいなくなってること】というのは
雨情の中でヨヒラがいなくなったことがトラウマになったんだなって思いました。
まぁそれだけのことを今までヨヒラにしたから仕方ないんですけどね(?)

途中まで切なかったり雨情に対して腹立たしい感情もありましたが
ヨヒラが幸せになれて本当によかったなぁと思いました。

2

本作も読みます!素敵なスピンオフ。

電子版で知り、試し読みから購入しました。オメガバース作品らしさがいい意味でたっぷりあって、ストーリーの展開も楽しめました。

冒頭、12歳の雨情少年が伯父さんを好きなのかと思ったら、そうではなくて…それから数年後に事故で重体となった伯父さんのもとに最初に駆けつけたのが雨情で…終盤で事故の真相がわかりますが、その伯父さんの残した子供?四葩とのお話です。ただ伯父さんの存在は、雨情に大きな影響を与えています。

前半の四葩はあまり話さないのですが、後半、無事に!めでたく!家族になってからの四葩はかわいさ満点で、子供もいるし、全体的にほのぼのとした雰囲気。よきハピエンでした。

スピンオフ作品だと知らなかったので、本作品も読んでみようと思います!

1

紫陽花

タイトルもですが、名前が素敵ですね!
スピンオフだったのを知らずに購入したので、本編も購入したいと思いました。

帯にもドラマチックとありますが、本当に素敵なお話で四葩の欲しいものを言うシーンでは泣いちゃいました。
ハッピーエンドで良かったです。

オメガバースの作品なので、妊娠出産が出てきますが直接的な描写はありません。お腹が大きいなども出てきませんので、苦手な方も大丈夫かと。
子供は出てきます。






紙本購入
修正は白短冊です。

0

前作よりも劇的

「シークレットノート」を読んでいなくても、楽しむことができます。最初はスピンオフだということに気付かず読んでいました。
前作よりもえっちシーンが多くなった気がします。
ーーーーーーー感想とネタバレーーーーーーー

攻めの雨情はαで、自分が全てを持ち得ることを理解しつつ行動しています。
受けの四葩はΩで、意思表示をすることは少ないですが、秘書としては優秀なことが見て取れます。
基本的に攻め視点で話が進んでいくのですが、受けの表情や行動から気持ちが透けて見えて可愛かったです。

2人の関係は、主従として一緒に過ごしながらも、四葩の出自や雨情のお家事情に翻弄されていきます。
雨情が時たま放つ、冷たい言葉は四葩を傷つけていて、そこが切なくなりました。
心はあげないけれど、手放すことはないなんて残酷すぎる...

四葩が発情期を利用して雨情の子どもを人知れず妊娠出産し、子どもが出てくるシーンがあるので気になる方は注意が必要です。

前作よりも劇的で、甘くオメガバースの雰囲気を味わうことができました。
ぜひ2巻合わせて読んでみてください。

6

アジサイが綺麗です。

オメガバースα×Ω設定が大好物です(๑´`๑)♡
前作もそれにつられ出会った作品で西と東に別れたお屋敷のお話の設定が好みで面白く読ませていただきました。

そこに出てきたヨヒラという男の子いわゆる脇キャラのわりには綺麗で謎めいた子だったのでとても気になりました。
今作はそのヨヒラのお話との事で「おおっ!!♡」と慌ててポチった次第です。
ストーリー的には、よくある話です。

謎めいた男の子は出生不明で貧しく不幸、ヨヒラ。
それを最初は別の目的で拾い上げた俺様御曹司、雨情。
愛すらお金と権力の道具と履き違えている、横暴で出世欲の塊のような雨情だが、その支配と時折見せる弱さに惹かれやがて慕うようになるヨヒラ。
そばで雨情が他の人と結婚していくのを見ている事が出来ないと避妊薬を飲まず雨情の子を宿し、目の前から去る。
去られて初めて、便利だからとそばにおいていた事が、いつの間にか愛してたと気づく雨情‥。

で、ヨヒラを探しだしっ‥見つけてめでたしめでたし‥。
うん、ほんとによくある話ですねっ!!(,,> <,,)

でも、面白いんですよ〰!!

私が、俺様攻めがナンダカンダで受けくん大好きになっちゃうっていう設定が好みって事もあるんですが‥。

オメガバース設定ということ。

それからハイドランジアってセイヨウアジサイの事だそうで‥。
ケージは檻。
花、アジサイがストーリーのキーワードになっています。
謎も徐々に解かれていきます、その流れも上手い!
よくあるお話なんですが、花という背景に彩られてとても雰囲気のある綺麗なお話に仕上がっていて、購読感がとても良かったです。
健気な受けくんが幸せになるお話はホントに涙( ;ᯅ; )。

いいお話だったよ!!

5

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う