営業二課っ!2

eigyou nika

营业二科

営業二課っ!2
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神3
  • 萌×217
  • 萌18
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
7
得点
139
評価数
40
平均
3.5 / 5
神率
7.5%
著者
金井桂 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
コアマガジン
レーベル
drapコミックスDX
発売日
電子発売日
価格
¥686(税抜)  
ISBN
9784866534305

あらすじ

これは、ごくごく平凡な会社員・東條と、平凡だけどかなり可愛い後輩・歩の「愛」のお話ーー。
恋人同士となった東條と歩、平穏で幸せな日々を過ごしていたけど、東條に憧れを抱く部下が入社してきて!?その他、「営業二課っ!」商業未発表作品の番外編や「教授と執事の静かな生活」のコミックス未収録作品なども同時収録!! 恋の軌跡を詰め込んだ待望の第2巻!!

表題作営業二課っ!2

東條誠二,サラリーマン,同じ部署の先輩
咲坂歩,サラリーマン,後輩

同時収録作品恋人チケット

加藤,サラリーマン
辻,サラリーマン

同時収録作品教授と執事の静かな生活/ 番外編/おまけペーパー劇場/優しい休日。

司馬宗吾,建築学科の大学教授
八雲春樹,執事

その他の収録作品

  • KISS ME
  • ミルクを注いで
  • お付き合い記念❤︎
  • SHORT 1
  • SHORT 2
  • ドラマCDアフレコレポート
  • 番外編 1
  • 番外編 2

レビュー投稿数7

『営業二課っ!』好きとしては外せない

『営業二課っ!』の商業未発表作品や特典ペーパー、
全プレ、さらには番外編・スピンオフを収録した贅沢な一冊。
恋人になった二人のラブラブな日々を見ることができます!

短編が多いので、物足りないと感じる方もいるかもしれません。
それでも、短いながらもそれぞれにストーリーを感じることができ、全てのSSにおいてキュンとさせられました。

番外編では、新キャラも登場します。
東條を好きな後輩くんに詰め寄られても、決してブレない歩がカッコ良かった!
「自分を否定することは 選んでくれた彼の気持ちを粗末にすること」
このセリフには痺れた!!

歩を大きな愛で包んでくれる東條と、その愛に誠実に応えようとする歩の関係が理想的。
幸せな日常ににも感謝を忘れず、日々を大切に生きていこうとする姿。
お互いを思う誠実さが伝わってくる内容で、本編にも負けない素敵なお話でした。

コミカルにデフォルメされた表現も多く、東條の〝ポピィーッ」も健在(笑)
コミカルな部分があるからこそ際立つシリアスさが魅力の作品でもあります。

Hはほんの少しですが、普段のおふざけモードとは違って官能的でした♡もっと見たい!


同時収録作は、『営業二課っ!』のスピンオフ。
こちらも良かった!
ここぞという時の攻めのカッコよさに、キュンとさせられます♡
キザなセリフを恥ずかしげもなく言う攻めが堪らん。
もっと読みたい!!

もう一作品は、『教授と執事の静かな生活』のスピンオフ。
本編未読だと、ちょっと分かりにくいかもしれません。
この二人も好きですが、できたら『営業二課っ!』だけでまとめて欲しかった……


二課公認の二人なので、社内でのイチャイチャも楽しめました。
公私混同といえば、まさにその通りかも^^;
だけど、続編に期待する甘さも十分感じることができ、個人的には満足できる内容だったと思います!

5

甘々な番外編詰めっ!

わーーー!+゚。*(*´∀`*)*。゚+
続編があるとは思っていなかった!
え?同人誌も収録!?ばんざーーーーい!!!

とめっちゃ喜んだし満足したんですが、
お目当ての東條×歩のお話は半分強…ぐらいかな…。
あれ?もう終わり?物足りん(T^T)グスン;は少々ありました。
(単に私が表題作CPを沢山読みたかっただけ…)

あとは短編のスピン(加藤×辻)と、
「教授と執事の静かな生活」の番外編です。

同人誌や1巻発売時のペーパー類などの再録はとても嬉しかったです…!

◆営業二課っ!

色々収録されてるのでザックリと書いておきますね。
・KISS ME (同人誌)
・KISS ME 購入特典ペーパー
・ミルクを注いで (同人誌)
・メモリアルカード (全サ)
・お付き合い記念♡ペーパー (全サ)
・営業二課っ! コミコミ特典ペーパー
・営業二課っ! Renta特典
・営業二課っ! コミックペーパー (全プレ)
・ドラマCDアフレコレポ
・番外編1~2 (雑誌掲載)
・営業二課っ! アニメガ特典ペーパー

お付き合い後の続編、めちゃくちゃ甘かった…!!!
相変わらず東條さんめちゃカッコイイこと言ってるし、
歩の素直さは可愛いし東條さんの扱い慣れにニヤニヤ♡
もうね……、甘かったとしか言えねぇ……(∩´///`∩)♡♡

所謂"普通"から外れさせてしまった負い目が完全になくなることはないけれど、
2人で選択した未来を前向きに捉えて幸せに暮らしている姿にジーーーンときました。

番外編では昔から東條さんを慕う部下が登場します。
東條さんに憧れて追いかけて入社してくるぐらいの懐きっぷり。

で。憧れが強い反動か、歩との関係を否定するんですね。
結婚や家族はどうするんだ、
遺伝子を残さないなんてーーーと。

それを聞いた東條さんの反応が印象的でした。
否定する部下の言葉を途中で遮るんですが。。。
めちゃくちゃカッコイイんですよーーーーーー!!!

セリフ自体には怒りが感じられるんです。
けれど表情や雰囲気は穏やかにニッコリ笑っている。
有無を言わせない意思の強さを感じさせてくれます…!
(そもそも他人が口出すことでもないですしねぇ;)

それでも納得出来ない部下くんは今度は歩へ抗議にーー
となるんですが、歩の強さも感じられてすごく良かった…!

そんでそんでお家でのイチャイチャタイムがッッ////
酔って帰宅して「脱がせて」と甘える東條さんの色気がハンパないです////
ネクタイ崩しながらのこのセリフはヤバイ(///Д///)
(東條さんのスーツ姿大好きなので眼福であった…♡)

あと東條さんの操縦を心得ている歩が可愛い。
あまりの可愛さに東條さんズキュンされまくっていましたw

丸っと1冊読めると期待してたので少し残念だけど
(今気付いたけれどあらすじにあった…;単に確認不足;)
久々にデロデロ甘い二課っぷるを堪能出来て大満足です♪
仕事中のキリッと感と、家でのラブタイム。
オンオフのギャップがめちゃくちゃ美味しい。もぐもぐ。

◆恋人チケット

営業二課っ!スピンオフ。
加藤さんと辻さん。え?そんなフラグあった…?と驚いた。
東條×歩が客観的にみられたのはうれしかったかな。
(加藤さん的に動物園行かないCPに見えてたらしい)
(お仕事ver.カッコよすぎて真逆のイメージになってるやんw)

◆教授と執事の静かな生活

こちらも色々あるので初出をザックリ。
・番外編 (2012年…!)
・教授と執事の静かな生活 コミックペーパー(全プレ)
・教授と執事の静かな生活 福家書店特典ペーパー
・折り本応募者全員プレゼント

本編は未読です(頓珍漢なこと書いてたらすみません)
天然執事さんの無自覚な行動が萌えました…!
雷が怖くてギューッと抱きつくとこめっちゃ可愛い。
抱きつかれて狼狽える教授にニヤニヤしちゃう( ´艸`)

前半の番外編は未満っぽい関係だったけど
後半の折り本再録では恋人っぽかったので
この間になにがあったのか単行本が気になるなぁ…。

5

良かった

営業ニ課の続きが読めるなんて幸せ
今回も安定感のある東條のスパダリっぷり
咲坂のオトコマエもあがってましたし、可愛いらしさも健在

ほんとに幸せな世界でした

続編というよりは、ショートストーリーの詰め合わせのような印象
それでもやっぱり2人のその後が見れたのは嬉しい

加藤と辻のお話も良かった〜
やっぱり営業ニ課が好きです
この2人の話で、東條と咲坂も交えて読みたい

ただ、後半の教授のお話
本編知らないのでちょっとついていけず
個人的にそれは残念でした

3

当然で、必然で。当たり前の日常。

おおっ‼︎ この続きが読めるとは思っていませんでした! どうやら特典などショートストーリーのおまとめっぽいんですが、ファンには嬉しい甘あま後日談。1巻で綺麗に終了したと思ってたので、蛇足かも、、、と思ったりもしたんですが、やっぱり。1巻の楽しそうな赤。2巻のしっとりした青。その美しい表紙を並べるとニマニマしてしまいます。
これはそのまま2人の成長を見る様で楽しいですね。

1巻のラスト、東條さんの男前っぷりに泣かされた身としては、このまま平穏しか無い!と、思ってみるのですが、ショートストーリーは勿論「当然で、必然で、当たり前の日常。」がとーってもスイートに描かれているのに対して、中程には何やら不穏な中編が。
東條さんの幼馴染でもある新人が、2人の仲を知って、男同士であることに反発します。いつも、では無いんだけど。東條さんに守られていた歩が自分の言葉で、自分らしくそれに応ずる。
「自分を否定することは、僕を選んでくれた彼の気持ちを粗末にすることだから。」
側で優しく見つめる東條さんもこれは嬉しかったに違いない。

幸せ過ぎて涙する東條さんの横顔は綺麗で。
愛する人が選んだ生き方、自分が選んだ生き方。
毎日を丁寧に大事に。寄り添って生きて行こうとする2人の、当たり前の日常を優しく切り取った物語でした。

ところで、東條さんは男前だけど、歩と2人っきりの時は、めちゃめちゃ甘えん坊になるのは前作同様。実は興奮して「ピポーッ」となるのは、心の汽笛なんだそうで。ああ、そういうこと⁈ と、笑ってしまいました。これはこの2人を見てると萌えて「ピポーッ」って鳴ってしまう私たち読み手側、一人一人の「心の汽笛」かもしれません。
全サの特典だったらしい、「2人が学生時代に出会っていたら」も萌えました。
東條さんがボタンの無いタイプの学ラン。歩はブレザー。絶対似合ってて可愛い。
激しくうなづいてしまう1ページでした。
ワンコをやたら飼いたがっていた東條さん。2人が飼うことにしたのはミニチュアダックスのロビーちゃん。「モフモフ or デッド」が信条だった東條さんの好みからすると、これはちょっと意外。私はトイプーにすると思っていたよ。

同時収録は、2人の同僚である 加藤 × 辻 カップル「恋人チケット」
セフレでは無くて、恋人になりたいと願いつつ。それを言えないワンコ加藤。東條さんも羨む190cmという大きな図体ながら、辻さんの一挙手一投足にドギマギ。上がったり下がったり。

それと「教授と執事の静かな生活」番外編。
そもそもこちらは八雲が面倒くさい天然ぶりっこ(に、私には見える。)なので。非常に鬱陶しく感じるのだが。そもそも男ってのはこの手の女が好きなので、これはこれでアリなんだろうな、とも思うのですが。このカマトトめ。
時系列的には、教授はまだ自制している頃みたい。

2

番外編祭り

続きかと思ったら、同棲を始めて以降のショートストーリーだらけでした。

基本、あまあまな同棲生活や、職場でもあまあまな2人の日常の断片を覗き見させてもらうスタイルです。
番外編1で新人で、東條が学生時代に家庭教師をしていた斉藤くんの登場で、ちょっとシリアスというか、現実的な問題が出てきたりはしますが、東條は全くブレないのでご安心を。
溺愛っぷりを堪能しまくれました。

同時収録は、東條が牛乳爆飲みして身長を伸ばしたい!と思うきっかけになった加藤の登場です。
あれだけ同僚たちにもダダ漏れだった東條の歩に対する気持ちが、辻という別の相手を通して東條を見ている加藤には全然分からないんだなあ。
ちょっと空回りな独占欲に「ふへー」となってしまいました。
最後に東條は歩が大好きっていうネタバレがあったら、少しはすっきりしたんだけどなあ。

もうひとつの同時収録は「教授と執事の静かな生活」の番外編でした。
こっちは本編をこれから読むところなので「ああ、ネタバレ…」と思いましたが、未読なので関係性もショートストーリーで出てきた芦崎とか綾とかも誰?という感じで、ネタバレにすらなりませんでした。
本編を読んでから、もう一回読み返したいと思います。

1

ラブラブ♡

番外編、特典ペーパー等収録された2巻。
サービス満載の一冊で嬉しかったです。

金井先生の作品のラブラブシーン、イチャイチャが大好きで( *´艸)

この本に登場する東條さんの新人部下、斎藤くん!
尊敬してる先輩が咲坂と付き合ってると知り、納得いかないと!
結婚出来ない、子供産めない、東條さんの遺伝子が残せないと、まぁー大好きな先輩だからこそ、詰め寄るのだが、東條さん!
穏やかにでも怒りを持って、言葉を制止させるのが良かった。

この新人くん!
東條さんから殴られるのを覚悟で咲坂に詰め寄り、東條さんの幸せを考えるなら引くのが当然だと。(まぁ、言ってる事は分かるが)
で、咲坂は東條の口を遮って言った言葉が
「自分を否定することは 選んでくれた彼の気持ちを粗末にすること」

これは2人の繋がりが深くないと言えない言葉だと思うし、これを言えたのも東條の愛の深さがあっての事。東條も自分の想いがちゃんと咲坂に根付いてくれてると理解したシーンでもあったなと思います。

2巻でこれが読めたのは本当に良かったです。

「教授と執事の静かな生活」
こちらの本に収録は番外編。

本編は全2巻で発刊されてますが紙書籍が古い作品のため買えず、電子書籍を購入しました。
本編では教授と執事の関係から恋人になるまで描いており、こちらでは、その後のラブラブシーンが読めたので良かったです。

1

こんなにおぼこかったっけ…

◆営業二課っ!(表題作)
 東條と咲坂の甘々な後日談。そもそも完結していた作品に描いてくださった続きに対してあまり悪い評価はつけたくないのですが、甘過ぎて居た堪れないというか、小っ恥ずかしくなるほどの小ネタが散りばめられていて、ちょっと胸焼けしてしまいました。学生同士の恋愛やNLでもなかなかないだろうと思うくらいの、幼さを感じる甘さ。リーマンにこれを言わせるか…、と萌えより先に違和感を覚えてしまって集中できなかったのが残念です。あくまでギャグとして、特典として楽しむというスタンスで読むなら満足できるのかもしれません。ペットを我が子として愛する2人は素敵でした。

◆教授と執事の静かな生活
 本編の方は未読だったのですが、話についていけないということはなかったです。執事の八雲は堅い職業の割にはちょっとあざといかな、と思いましたが、攻めが教授ということで気になるのには十分だったので、機会があれば読みたいです。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う