召されやがれ!

mesareyagare

召されやがれ!
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神18
  • 萌×237
  • 萌35
  • 中立9
  • しゅみじゃない4

--

レビュー数
27
得点
352
評価数
103
平均
3.5 / 5
神率
17.5%
著者
みちのくアタミ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
オークラ出版
レーベル
enigma COMICS
発売日
電子発売日
ISBN
9784775529379

あらすじ

シャワーを浴び部屋に戻ると、そこにはヤクザ面の怪しい男がいた! 不法侵入だと追い出そうとするが、その男は自称・天使で「お前を迎えに来た」と言い出して……!? 描きおろしも収録したみちのくアタミ先生の真骨頂、ついにコミックス化!!

表題作召されやがれ!

黒井 煉,死者
森野 泉,天使

その他の収録作品

  • 描き下ろし
  • あとがき

レビュー投稿数27

表紙に負けないキャラの良さ!

すごく好き〜
まず、キャッチャーなネオンカラーの表紙が最高にカッコいい!
で、めっちゃエロい。いや、これ本当に!


自殺して命をたった黒井を迎えに来たのは、新人天使の泉。
しかし、魂が穢れている黒井は、まずは魂を浄化するために泉とセックスすることにーー…!?

ありがちなストーリーなのですが、みちのく先生が描くキャラが魅力的で、私は特に泉が好きでした。
ヤクザスーツで強気なのに、黒井のために怪我をしたり、セックスの時はグズグズにエロくて♡
強引なセックスをする黒井に翻弄されつつも惹かれていく様子が、カッコいいのに可愛くて堪らなかったです。
新人天使として一生懸命な姿も、なんだかんだで応援したくなりました。

そして、心が空っぽでつまらない毎日を送っていた黒井も、泉の優しさに触れ、抱き合うことで初めて心が満たされていくのですが……

明かされた黒井の正体、突然の処分命令からの逃走劇ーーと、ストーリーは急展開を迎えます。

ラストは読めてしまいましたが、それでもほっこり。
イケおじの神様が粋で素敵でした〜♡
カバー下を見ると、さらにほっこりニヤニヤしますので、お見逃しなく!!

最後に、本作の見どころであるエロについて……
tnkの描写もですが、鈴口から発射されるリアルな描写や中出し後の溢れ方とか……とにかく、AV並み?のエロさです!
揺れチンや美しい身体、多彩なプレイも楽しめました♪

極上のエロと読みやすいストーリーで、最初から最後まで飽きさせません!
黒井の祖母とのエピソードは、グッとこみ上げてくるものがあります。
普通の胸キュンラブコメとして楽しめるので、人外苦手な方にも是非手にとって頂きたい作品です!


※レンタの修正は、トーンと細かい斜線(なかなかナイスでした)

11

シリアスとコミカルと、そしてエロのバランスが秀逸。

作家買い。

みちのくさんはコミカルな作品もドシリアスな作品も描かれますが、今作品はそのどちらでもない。どちらでもない、というか、そのどちらでもある。シリアスとコミカルのバランスが秀逸で、さらにそこにみちのくさんの美麗な絵柄で紡がれる綺麗でエロい濡れ場が加わるという素晴らしき神バランスの作品でした。

以下ネタバレ含みます。ご注意ください。





主人公は29歳の煉。
彼が家に帰るとそこには一人の男がいた。「不法侵入では?」と問う煉だが、その男・泉は自分は天使だという。そして、煉はすでに死んでいて、魂を天界に導くために訪れたのだとも。

その泉の言葉を聞いて、煉は自ら命を絶ったことを思い出す。何度か自殺未遂を起こし、やっと死ねた。思い残すことはなくそのまま泉と共に天界に向かおうとするが、なぜか行くことができない。

泉も訝しるが、神さま曰く(泉はスマホで神さまに連絡するのですよ)煉が天界に行けない理由は煉の魂が穢れているから。そして穢れをおとすためにしなくてはならないことがあって。

それは泉とのセックス。

穢れをおとすために、二人はセックスに挑むが―。

というお話。

煉が自ら命を絶ったという事実。
煉が亡くなっても、彼の周囲には悼んでくれる人が少ないこと。
彼が何度も自殺未遂を起こしていたこと。

バックボーンはかなりシリアス展開なのですが、ドシリアスに振り切らない。理由は泉という男性の存在です。

天使という割にはまるでヤクザのような風貌を持ち、口も柄も悪い。
なのに、そんな泉の背中についている羽はめっちゃ小さい。思わず「ちっさ!」と突っ込んでしまう可愛らしいサイズなのです。
そして、煉のために一生懸命なのです。彼の一生懸命さが「煉とのセックス」だけにとどまらないところに、彼の優しさが垣間見えてめっちゃ萌える。

無気力で、生きていくことに疲れ果てた煉が、泉と出会い、そして人としての感情を育て始める。すでに亡くなっている煉のそんな不器用さになんとも切なくなるのですが。

煉は泉とのセックスによって穢れをおとし、そして無事天界に行くことができるのか?

というベクトルのお話かと思ってましたが、おおう、そうきたかー。というどんでん返しが待っています。

はじめは煉の魂の穢れをおとし、そして天界に行けるように。
そう願って始まった彼らの濡れ場は、序盤はまるで闘いのようです。どっちが受けをやるか、うまく勃つのか、無事挿入までいけるのか。これがまた笑いを誘い、なんともコミカルなセックスシーンなわけですが、みちのくさんの圧倒的な画力でもって描く濡れ場がクッソエロいのですよ。

このアンバランスさはみちのくさんにしか描けないんじゃないかな。

そして二人が少しずつ心を通わせ、そして致す濡れ場のなんとエロいことか。
エロだけではありません。お互いに相手だけの幸せを願い、自らを犠牲にしてでも助けたいと思う。そんな二人の恋心にも萌え。

この二人の行きつく先は…?
と心配になりつつ読破しましたが、うん。非常に可愛らしいオチでした。神さま最高。

そしてこれは声を大にして言いたい。

修正も良かった…。
甘いっていうのかな。まー、色々もろもろ見えちゃいますが、これがエロいし、綺麗だしで素晴らしかった。

受けさんは可愛い系ではありません。綺麗系でもありません。
見た目がヤクザのようなので、ヤクザ受けのようなビジュアルです。
なのでもしかしたら好みが分かれるところかな?と思います。が、個人的にはドツボに入る受けさんでした。

最後のオチ。
そしてカバー下。
彼らの「これから」が非常に読みたいです。
またどこかで彼らに会えるといいな。

評価で悩みましたが濡れ場のエロさと泉の可愛さにちょびっとおまけして神評価で。

7

エロい!

ストーリーが、浄化させるためにセックスするとのことでエロエロなわけですが、それがまたエロいです!
体位も沢山ありますし、身体もまたほどよいムチムチで良いですね!
最後に黒井さんが穢れてる理由も分かりますし、オチもファンタジーらしくて良かったです。
続きが読みたい。


描きおろしのポルターガイストは、実際にポルターガイストに遭遇した時にこれを思い出したら、怖くなくなり萌えれていいと思います笑











紙本購入
修正は白線沢山ですが、よく見える。

6

控えめに言って最高でした

私はこういうヤクザみたいな受けが好きで探してたんです!!
ドンピシャ受けでした。強気ヤクザ受け最高~~~
いや正確にはやくざではなく天使なんですが、生前たぶんヤクザですよね…(ムショで尺八経験ありのため)
攻めもカッコいいんですよね…感情があまり表に出ないクール系お兄さんなんですが、冷めてるだけでちゃんと感情はあって、どんどん受けのこと好きになっていくのが分かって萌えました。
ベテラン天使に担当変わるって言われたときにすごく嫉妬してる受けが可愛かったです。

エロも多くて、迫力あるエロはさすがみちのく先生!筋肉×筋肉のぶつかりあいって感じでほんとすごい。初めて同士なのにどんどんエロくなって大胆な体位もできるようになって……もう大満足です。
オチも良かったです。ふたりとも幸せになってね…!

書き下ろしのアブノーマルセックスも楽しめました。人に見えないのを良いことに、スリルを求めてますね…w
カバー裏はオチの後の書き下ろしなので、お話を全部読んでから見た方が良いかも。

4

その後の2人を見守りたい

作者さん買いです。
新人天使と死者のお話でした。

表紙から気になっていましたが、ヤクザみたいな風貌の天使の泉さんの羽が外見に似合わず小さくパタパタしていて思わず笑ってしまいました。
新人だと羽が小さいらしくてその設定が個人的にツボでした(笑)

なぜか天界行きのエレベーターが出てこなく、魂の穢れを浄化して天界に行く為には、セックスをしなければいけないという流れで浄化セックスに勤しむわけですが…
体つきなどが綺麗でリアルさもあり、よりえろさを感じました。
修正が甘めなのも良かったです。

ラスト、浄化して天界に行くのかと思いきや、まさかまさかの展開でびっくりでしたが好きな結末でほっこりしました。

悔やまれるのが、ラストのその後は「ご想像におまかせします」とのことで…。
2人がこれからどう成長していくのか過ごしていくのかが読みたいです…。読みたいです。

カバー裏は、そんな2人のアルバムの1ページを垣間見れたみたいでほっこりほくほくしました。

4

天国 にイカセル

天国にいかせる天使

やくざな天使の背中にたい焼きみたいな小さい羽。
こういう解釈もあるんだなーと、ニヤニヤしながら読みました。
とんでもなく面白いギャクもありました。
悪魔と天使が恋をして、逃避行。

イケメンな神様が現れて、悔い改めよ!
二人は振り出しに戻るのでした。

爆笑。

2

開発されていくおっさん最高

森野 泉という天使に死んでいると言われた黒井 煉。
天使に見えないヤクザのような男が、自分を浄化する為には、セックスをしなければならないと言っている。男となんてできるのか?!

今までノン気で、渋々Hしてそれが案外良くて、お互いに好きになるという展開に弱い為、めっちゃぶっ刺さりました!!
見た目ヤクザのオッサンなのに、枕に顔を埋めて赤らめてるなんて、最高です。
そして、互いに相手がコイツじゃなきゃ嫌だという確信や、生まれ変わり。ファンタジーでコメディーで、ホント最高です(2回目)
書き下ろしで街中の青姦を描かれていましたが、他にも様々なシチュエーションで見たかった。そして、生まれ変わった2人のその後(カバー裏)が読みたいです。記憶がある状態で幼なじみとか、めっちゃ惹かれます
!!

1

これもアガペー?神の愛を知る者へのとっても可笑しくて愛おしい哲学書。

すんごいエッチなんです。丸見えなんです。ヤラシイんです。
なので。こんなお話にホロリとさせられるなんて。思いもよらなくて。
とっても驚いています。
ヌッチヌッチと結合部も露わにエッチしまくる、いい身体の男2人を愉しむだけの物語だと思ってたのに。

黒い表紙に浮かび上がるネオンの様な、ピンクとブルー。
一目でヤクザ者と分かる森野さんは、死者を導く天使だという。強面なのに、その背中には小さな羽も生えている。このギャップ!
ところが一向にお迎えが降りてこない、エレベーターが来ないというので、森野さんは黒井を文字通り「昇天」させる為にセックスしまくりな羽目に遭う。
中出し必須なのに、『終わってしまう』ことが切なくて。身体を重ねて行く内に情が湧いて行く2人。何故、どうして? 黒井にお迎えが来ないのか。黒井は何故自殺したのか。
オチは最初っから読めるんですけど、黒井の正体を挟んだ事で。ちょっとウルっとさせられる『仕掛け』もあって。まんまとみちのく先生の策に転がされちゃった感もあります。

恋愛が生きて行く術だとは思えないし、人生はもちろんそれだけじゃ無い。
けれど、何某か愛を知る事は生きる上での原動力になる。神は。そんな慈愛を込めたメッセージを優しく送ってくれている。そんな風に思えたら。
ちょっと優しい気持ちにもなれるよね。なんて。
この愛すべきヘンテコな物語はそんな事を語ってくれている様にも思えて来ちゃって。
ふふっと笑いながら。深読みしちゃうんだよね。
愛もセックスも。罪深い者こそ人間であれ。

ところで。黒井はともかく。森野さんの過去がとっても気になる。天使となる以前、確実にチンピラだったであろう森野さんはムショに入っていた、という記憶もある。
ストレートな物言いで一本気な彼の、死因も気になるし。

描き下ろしは「セックス濃度上げやがれ!」なんですが。そもそも本編中濃度が濃い!
トーン薄めで、諸々丸見えバッキバキ。ひたすらエッロいです。

8

浄化セッ…、エロさも切なさもありで良き!(∩´///`∩)

最初から情緒のない話してすみません。
編集部さんが紙と電子では修正がちがうと明言されてたので
ま?絶対紙で買う~~~~!ヾ(*´∀`*)ノとなりました←

電子と比べてないので程度の違いは不明ですが
全体に白斜線が施されているけれど、キターー!!
心の目を使う必要がない……GJ +゚。*(;///;)b*。゚+

あらすじ+アタミさんの宣伝ツイートを見た解釈だと、ザックリまとめれば死んだ人間が天使と浄化セックスに勤しむ話…?と思いながら読み始めました。ラブコメの中に切なさがあったり、そうくるか!?となる場面があったりで面白かったです!個人的にはネタバレなしで読むのをオススメ。ちなみに紙本の場合、カバー下は読後に見るのがベストです(^^)


さて。少し重複しますが、話の大筋は…
自殺した煉(攻め)の前に新人天使だと名乗る泉(受け)が現われます。本来なら死んだら天界行きのエレベーターが出てくるのになぜか出てこないッ!魂が穢れているからセックスで浄化しないといけないッ!とセックス。しかしシてもシてもエレベーターは出てこない。という感じでひたすら浄化の為にセックス…!!

何度もエッチしている内に最初は嫌々シしてた関係から少しずつ愛が芽生えてーーーーと展開します。


受け:泉はヤクザ風のコワモテなのに小さい天使の羽がピョコピョコしているのが可愛くてですね。【コワモテ+可愛い】のギャップ狡くない???(萌!)ってなるんですよ。ちなみに未開通の穴なので最初は痛い痛いと喚くところから、すっかり開発されてトロ顔披露してくれてGJ♡チョロいところも好き~~~~~!!!あと人情みのある人間性がとってもカッコイイです(﹡´◡`﹡ )

攻め:煉からはミステリアスさを感じました。ボックボーンが見えてこない。わかるのは男は対象外なとこと、DTではないこと。あとは人間関係を作るのが下手だったこと。両親とうまくやれなかったこと。特に自殺の理由が明らかにならないのが一番謎でドキドキしました。ラブコメなのに煉だけラブコメ感が薄いんですよ…(;ω;)

表情が薄い煉が泉と何度も何度もエッチしている内に顔が綻んでくるのはすっごく良かったです…!欲情してる顔がなんともエロい///最初は男ムリって言ってたくせに!( ´艸`) フフフ

どうしてもエッチしなきゃいけない状況に陥る
→結果、愛が芽生える♡
個人的にめっっっっちゃ好きです…!!!

でもこれだけだと王道展開ですよね。天使と死者の間に愛が芽生えた先はどうなるの~?煉が成仏しちゃったら終わりになっちゃうけどどう回収するんだろ…?と気になりつつ読み進めたら……え。話 そっち行くの??Σ(ФωФ)と。

種族違いの切なさにグッときたんですが、オチはホッコリしたし満足出来た反面、個人的には切なさMAXの場面で涙引っ込んだのは少々消化不良な気がしないでもない。斬新?で可愛い終わりだったのは面白かったです。その後がもう少しあったらスッキリしたかな…。
(「ご想像におまかせします」にぐぬぬぅとなった・涙)
(カバー下だけじゃなくもっと見たかったよぅぅ(;ω;))

見所(?)として挙げられていた浄化セックスはすごく良かったです♡エロかったしエロかった!修正薄いし!(←そこw)エッチすればするほど浄化が進んで終わりに近づくってのが萌えるのですよ╭( ・ㅂ・)و ̑̑ そんで更に盛り上がるの。これが最後の1回かもって思いながらスルの。ぬあああああキュンキュン(∩´///`∩)

6

圧倒的な画力で見る悪魔と天使のガチエロス

作家買いです。途中から連載を知り今回コミック発売となったため購入。

まず表紙!ネオンカラーに浮かぶ、2人の男がもはやエロい。作品に出てくるのは天使なのに、妖しきネオンカラーでエロいことしようとしてる男2人なんて、神センスの塊か、と思いました。ネオンライトに照らされてるだけなので、闇から覗く2人の表情もとにかく色っぽくて、妖艶で最高のデザインです。この作者様を知らなかったとしても表紙買いしてたと思います。

自殺をした黒井のもとに来たのは、チンピラ風の新人天使の泉さん。天界に連れて行こうとしたが、穢れているから行けない。浄化をすれば行けるが、浄化をする方法はセックス!

と、まあ、すごい設定なんですが(笑)もう細かいことは気にしてはいけない(笑)

セックスにいそしむ2人ですが、黒井は実は悪魔だったんですよね。しかしその事実がわかる頃には2人は惹かれ合っていて、その後愛の逃避行(笑)死者と天使なのに逃避行とはなんぞや、という感じですが天界の警察に追われたりして大変なんです(笑)ちなみに天界の警察官はちゃんと制服を着ている(笑)ラストは個人的にはまさかの展開でした(笑)

設定がファンタジーだし、2人ともこの世の人ではないからご飯も食べなきゃトイレも行かないんですけど、なぜか、汗だくで精液も唾液もいっぱいでセックスするんですよね(笑)

正直、話の内容という意味ではドタバタエロコメみたいな感じなので軽いタッチではあるのですが、とにかくそこを補うには十分なほどの圧倒的な画力に支えられています。体位から身体のラインなどものすごく緻密でリアル。とくに身体のラインなんかは細くもなく太くもなく、筋肉質で程よい肉感があり、もうそれが究極にエロいんです。

体位もすごくリアル。身体のしなやかさの表現や、セックスを俯瞰して見るとこんな風に見えるんだなって思うくらい、なんというか緻密で正確なんですよね。

この圧倒的な画力で見せられるエロはもう本当にすごいです。もちろん顔の表情なんかも最高だし、みちのく先生の描かれる男子はみんなイケメンなので、エロさがより倍増しに感じられます。

今回は攻の黒井が最初にセックスするときに「男で勃つかな」みたいな心配をするのですが、こういう描写がとても斬新ですごく良かった。しかも天使の泉さんも男が初めてなんだけど、黒井を浄化させるために、超真面目に取り組むんですよね(笑)しかも超男前受(笑)

初めてだからめちゃめちゃ痛くて、初めてのセックスは途中断念するんですけど、天使でも初めてって痛いのね…とか、思いました(笑)

天使の泉さんは、根が大真面目で正義感溢れる天使です(笑)なんだろう、天界の社畜…?(笑)泉さんはかなりナイスキャラでした(笑)

美麗で肉感がリアル、圧倒的な画で見るエロを楽しみたい方にはぜひオススメしたい作品です。

6

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う