こっちむいて、愛

kocchimuite ai

转向我这边吧 爱

こっちむいて、愛
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神180
  • 萌×2129
  • 萌69
  • 中立17
  • しゅみじゃない23

--

レビュー数
46
得点
1640
評価数
418
平均
4 / 5
神率
43.1%
著者
みちのくアタミ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
ふゅーじょんぷろだくと
レーベル
ポーバックス BABY comics
発売日
ISBN
9784865891287

あらすじ

どうして
オレが
好きなの?

もう傷付きたくない、
臆病な恋。

片想いを大切にしたいだけなのに、
少しずつ自分がすり切れていく。

ゲイであることをひた隠しにしてきた大学生の鈴原(すずはら)。
彼はその秘密を知る友人の中山(なかやま)にこっそりと恋をしていた。
どうしようもない想いを抱えながらも、
友人として傍にいられれば良いと鈴原は自分に言い聞かせる。
そんなある日、金欠の中山から恋人と使うラブホテル代わりに
部屋を借してくれと頼まれる。
非常識とも思えるお願いだったが鈴原は中山に部屋を貸す。
不毛な恋にかんじがらめになっていく鈴原。
彼はその場の勢いで隣人の西野(にしの)と身体の関係を持ってしまう。
性欲が強い西野は鈴原が男である事を物ともせずに
何度もセックスを繰り返すようになる。
二人の関係は心を伴わない爛(ただ)れた物だったはずが……
少しずつ西野は鈴原のことが放っておけなくなる。
短編1本を同時収録した、
みちのくアタミBLデビューコミックス。

表題作こっちむいて、愛

西野,ヤリチンの大学生
鈴原,人付き合いの苦手な大学生

同時収録作品非マニュアル恋愛

秋生
雄介

その他の収録作品

  • 贅沢な日(描き下ろし)

レビュー投稿数46

これでBL初コミックスとは驚き

初コミックスとは思えない画力で、話の持っていき方にも無理がない。キャラの表情も豊かで、タイプで言うならおげれつたなかさんっぽいかなと。

修正も最小限で、大変おいしいです。女装攻めも入ってますので、そちらが好きな方にもオススメできます。

少しでも気になったなら買って損はないです!

14

何者……

表紙は最近多い一人のドアップだし(なんでBLって同じような表紙のデザインが続くんでしょうか)、あらすじで内容ばらし過ぎだし、初BLコミックらしいし、期待せずに読んだんですが……

何者!!! って思いましたね。

絵がうまい。(おげれつさん……?って思わなくもなかったですが)服もお洒落だし、男の子がそれぞれにカッコいい。女の子も可愛かったけど。何より裸の体が上手くて、エロい!! 修正も甘め。の割りに、受攻両方のうじうじ具合もいい!!! なかなか読み応えのある一冊でした。

短編のオネエ攻があるので、そちらがお嫌いな方はご注意を。

10

保存用にもう1冊買い足したいくらいのBL

「こっちむいて、愛」はふゅーじょんさんの試し読み広告を見て、その時点で気になって仕方がなく、発売すぐ買いに走りました。
結果。当たりでした(;▽;)
私的ベストBLのかなり上位に入りました!!

さて。内容ですが、ノンケで彼女ありの友人に、報われないと自覚しながらも片思いしている健気で不憫な受け(鈴原)を、隣人のヤリチン攻め(西野)がほうっておけなくて…2人はぶつかりながらも不器用な恋をする。ざっくり言うとこんな話です。
受けの鈴原くんも健気で可愛かったですが、個人的には西野くん好きです。
ヤリチンと見せかけて、"本命の鈴原くんに対しては"不器用になっちゃうし、誠実でとてもいい人です。
そしてタイトルのこっちむいて、は西野くん目線で「鈴原、俺のほうをむいて」という気持ちらしいので
余計愛しいです…(;▽;)

鈴原くんが片思いしている友人、中山くんも嫌味がないし、中山くんの彼女は腐女子なのかな?西野×鈴原の関係を聞いてテンション上がってます笑 ので、周りの人間関係にも不快な思いをすること無く読めると思います。

絵の綺麗さ、テンポ、話に無理がないところ…どれを取っても今回がBL初挑戦の作家さんの作品だとは思えません…凄い…!!

みちのくアタミ先生、これからもずっと応援していきたいと思います!

10

震えた!

やたらあちこちで評価が高かったので
どうしても読みたくなっての衝動買い。
表紙がエロスですな(*´∀`)クスクス

お話は2篇。どちらも好きですが
個人的には表題かなー。

自分がゲイだと知っている親友に恋をしている。
しかし、それは決して実らないことも知っている。
あるひ親友に彼女ができたから「部屋をかしてくれ」と
お願いされてしまった受は~というお話。
ま、そこでちゃんと貸して「それが普通だと思った」と言う受が
最初はどーなのよ。。と思っていたのですが
攻との掛け合いと話の進みによって、なんだかそれが
とても愛おしいものに見えてくる。
好きな相手を思ってお尻をさわっていた。
そこを別の男に開かれる。
そして震えるほどの快楽。。。。これを萌えずしてwwはぁはぁ

ストーリーもさることながら、絵柄がドンピシャ。
「好き」の一言に限る。
受と攻をカテゴリするのに、見た目だけならどちらがどちらか
というバランスのよさも良い。
声を殺していた二人の巻末、ラブホ~がすごくかわいくてよかったですな。

もう一篇
オネエの回。
美人なのにゴツイ。
やっぱり肉体関係はむり・・といわれ続けていまだ処女。
そんなオネエと~なお話。
まさかそうくるかwwな攻守交替も良かったんですが
所見受には見えない男がみだらに抱かれ手いる姿は正直そそる。
攻に目覚めたオネエもまたおいし。

エロもストーリーも満足。
おなかいっぱいな読後です。
次回作楽しみだなーv

7

とても良かった

大学生の鈴原(受け)は、ゲイである自分と偏見なく仲良くしてくれる親友に片思いをしている。その親友が、彼女とホテルに行く金がないので、鈴原のアパートの部屋を貸してくれと言う。二重の意味でショックながらも部屋を貸し、その間以前ちょっとした諍いのあった隣人・西野(攻め)の部屋に行くことになるが…。


攻めの西野くんがよかったです。イケメンのヤリチンなのに、受けが自分に気があると思っていたのが勘違いだとわかるとカーッと赤面する可愛げとか、なんとも言えずいいキャラでした。
受けもよかった。片想いの相手が自分の部屋をヤリ部屋にしたいと言ってきても断れないくらいだから、てっきり気が弱いイジイジくんだと思っていたのですが、実際は隣の攻めが女の子とやりまくってうるさかったら「壁ドンウルトラEX」ってローリング壁ドンするし、攻めに対しては言いたい放題。好きな人や、人間関係の絡む人に対しては言葉を飲み込むけど、基本的には気が強い感じでしょうか。気弱なタイプじゃなかったのが、個人的にはかなりポイント高かったです。

攻めが受けのことを気にするようになったきっかけはわかるのですが、そこから恋愛感情になったのがなぜなのかちょっとわかりづらかった。気になってたのがいつの間にか愛に、というのはわかるけど、ガチガチの女好きのノンケだしなぁ。潜在的にゲイだったのかな。
でもまぁ、受けの視点の話だし、それほど気になる難でもなく、すべてにおいて楽しく読めました。ストーリー、キャラクター、画力どれもほぼ文句なしで、大好きです。

脇キャラの受けの親友が、友達の部屋をヤリ部屋にするなんて言う生理的に受け付けないタイプだと思いましたが、だんだん持ち直しました。親友の彼女も、腐女子なのかはわからないけど、受け攻めの関係を知っても吹聴しなさそうな子で良かった。脇キャラが、受けのことを利用しようという気持ちがないのはいいですね。

同時収録作の処女のオネエの話もよかった。BL単行本は初の作家さんらしいですが、今後もBL出して欲しいなぁと思います。

6

泣ける!

親友の中原くんに片思いをしている鈴原くんと、ノンケでヤリチンで有名な隣人の西野くんのお話です。中原くんに彼女とのデートでラブホテル代わりに部屋を貸してほしいと言われ、鈴原くんは貸してあげます。そして、やるせない気持ちを抱え、勢いで西野くんとエッチをしちゃいます。

中原くんの非常識なお願いを聞いた時はなんで?好きな人のそんなお願い聞いちゃうの?と思ったのですが、段々と鈴原くんの人付き合いにおける不器用さ、好きな人と普通に接して、そのまま友達でいたいという思いが伝わって切なかったです。
特に中原くんの帰った部屋で一人泣いているシーンは、やっぱり平気じゃないんじゃん、と読みながら思ってしまい、つられて泣けました。
なんで中原くんが好きなんだろ?と思い始めたところで2人の過去のエピソードがあり、納得しました。
そんなどうしようもない気持ちを抱えている鈴原くんに関わって少しずつ本気の恋にのめり込んでいく西野くんが素敵でした。
ただもう少し西野くんが何故鈴原くんに惹かれたのか丁寧に描写してくれたらもっともっとキュンキュンしました!
エッチもがっつりです!
ストーリーが良いだけじゃない!エロいのにストーリーもしっかりしています!
また、短編として女装攻めのお話があるのですが、そちらは主にエッチ重視な印象でした。短いのでストーリーは特に何も感じませんでしたが、受けを見て欲情する様子などの描写が上手く、雰囲気や心情が伝わってきてエロいです。

4

段々好きになる二人

みちのくアタミ先生の絵が大好きです。登場人物の表情もいいですし、攻受の男らしい体の線にため息でます。

攻めの西野君は最初から冷たい表情をしていますが、まぁ最初からあまり感情を出さないクール系の人なのでしょう。上半身裸で訪ねてくるとか・・・。俺様な感じがします。しかし、受けの鈴原からの視線に気があると思い込んでいて、勘違いに気づいた時の顔や焦りをみると、ちょっと可愛いところあるんだなと思いました。人付き合い苦手な受け君の鈴原君を支えていってほしいです。

受けの鈴原君は、ゲイであることや失恋をしているということで、内気ではないけれども傷心中というのが分かります。まだ好きだからと失恋してるにも関わらず、中山君のとんでもないお願いを聞いてしまいます。

漫画だからそんなに気になりませんでしたが、非常識なことを頼んでいる中山君・・・。現実に友人からそんなお願いされたら、絶対に断ると思います・・・。中山君も好青年っぽいと思ってましたが、そのお願いのせいで、うーんちょっとこの人とは距離を置いてもいいんじゃない、鈴原君?と突っ込みましたが、鈴原君はすぐに判断、決断が出来てなく・・・

しかし、攻めの西野君が電話でキッパリと言ってくれたので、鈴原君にとっても踏ん切りがついてよかったと思います。二人ともまだ学生なので、これからの事がきになりますが、頑張ってくれ・・・!

4

王道ストーリー

久々にBL漫画をまとめ買いした中で一番の当たりでした。

受けがゲイと知っている親友を好きな黒髪受けなんですが、その親友に部屋をラブホ代わりに使わせてくれと頼まれます。現実で考えたらあり得ませんから(BLはファンタジー)と思い込んで読み進めましたが、事が終わって受けが部屋に戻ると使用済み・口も縛られていない精液入りのコンドームがゴミ箱横に……。正直、友達の家のゴミ箱に使用済みコンドームを捨てるのも抵抗ありそうなのにゴミ箱にちゃんと捨てられていない…。このせいで、なんで受けはこんなコンドームもちゃんと捨てられない男が好きなんだ?と疑問に思ったしまいました。

ですが、メインカップルのヤリチンと黒髪受けに引っかかるところはなかったので普通に萌えられました。

個人的にヤリチンがそれまでの女性関係を全て切って受けに真摯になるという流れが好きなので高評価です。

エッチシーンは擬音がそこまで多くなることもなく比較的コマがすっきりして汚い印象は受けませんでした。2回目のエッチのときにちゃんと攻めがコンドーム用意してたのが高評価でした(笑) BLってコンドームすっ飛ばしがちですが、ある方が攻めの愛を感じます。ので、それ以降つけている描写がなかったのが残念です……。

後書きで初連載・初コミックと知って本当にぴっくりしました。表紙もそうですが作品内の受けの表情がとても切なく何箇所かやられてたので…(笑)絵が上手い方ですね。何箇所か少女漫画を彷彿とさせるコマ割りがありました。

どなたからかツッコまれてしまいそうですが、おげれつたなかさんに近いと思います。

3

身体の関係から・・・

絵がめっちゃ好み!
それ以上にストーリーがすごく良かった。
身体のから入るんだけどだんだん好きになっていくって話、大好きです。
特に今回は第一印象悪かった攻めの西野の方から受けの鈴原を好きになっちゃうのと、鈴原がノンケの親友に報われない恋心を抱いているのがせつなくて良かった。
鈴原が謝ろうとして西野の元カノと出くわした時の鈴原の泣きそうな顔見たらこっちも泣きそうになりました…。
そして両想いからのラブラブHは最高!
描き下ろしのラブホHも可愛くてニヤニヤ。
エロさも切なさもキュンポイントもあって大満足!

2

概念にとらわれない、2人の愛のカタチ

絵も内容も素敵!!
"こっちむいて、愛"と"非マニュアル恋愛"の2作楽しめます(^^)
表題の"こっちむいて、愛"は、ノンケのモテ男と親友に片思い中のゲイのお話です。
親友に片思い中の鈴原(受)の一途で健気な姿が、すごく切ないです。親友も自分をゲイと分かって仲良くしてくれてるだけに、好きとは言えず、でも親友は自分に"親友だから部屋を貸して欲しい"って言ってくるし…しかも理由が彼女とヤる目的だし…。嫌われたくない気持ちが強いから、鈴原の行動はすごく理解できました。"俺はこれが普通だと思ったんだよ"この言葉がずっしりときました。人それぞれ、自分の中での基準があり、他人の物差しで自分の行動は測れません。逆もしかり。
そんな時に、それをおかしいと言ったのが西野(攻)。多分違和感を感じているにも関わらず、惚れた弱みと嫌われたくない気持ちから、親友に本音を言えないんじゃないか…そんな気持ちを察し、それでも良いと折り合いをつけている鈴原を、気がついたら好きになっていたんですよね。モテ男のヤリチンかと思いきや、意外にも笑、かなりまとも!!!鈴原よりも、親友よりも、まともかも笑!!最初は鈴原をおちょくってるのかと思っていましたが、すごく西野には好感が持てました。特にお気にいりの言葉があって、鈴原に告白した時、"ゲイじゃなきゃ男好きになっちゃいけねーっての?"と鈴原に伝えるんです。すっごく素敵だなって思いました(^^)確かに、元々が性の対象が男性という方もいます。男性しか好きになれない方もいます。女性は嫌いで拒絶する方もいらっしゃるかもしれません。そして、西野のように、たまたま好きになった相手が男性だった場合もあります。鈴原は自分を"ゲイ"だと意識しすぎている気がします。だから西野の言葉を素直に受け入れられないのかなと。"ずっと"男性が好きな鈴原と、"たまたま"好きになった相手が男性の西野…ノンケとゲイの恋は、互いの気持ちや考え方にズレや違いがあると思いますが、この作品は、そのズレが表情や言葉でたくさん伝わり、それが段々と、歩み寄っていく姿が描かれていて、素敵だなと感じました。絵もすごく綺麗で好み!本編でも、付き合う前からヤりますか笑、描き下ろしではよりラブラブでヤラしい2人を拝めます(〃ω〃)
非マニュアル恋愛、こちらも短いお話ながら面白かったです!処女の秋生(攻)は、美しいのに"男性だから"抱いてもらえません。ネコの雄介(受)は秋生に"離れていったやつなんか忘れろよ"と伝えます。共に男性から"抱かれたい"2人でしたが、初めて"抱きたい"と感じた秋生は雄介とカラダから繋がり、心も結ばれるのでした(^^)心に響く言葉や考え方がたくさんあって、みちのくアタミ先生の作品をもっと読んでみたいなって思えました!!
両作品とも大満足でした(^^)/

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う