真夜中に降る光

真夜中に降る光
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神17
  • 萌×216
  • 萌12
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
15
得点
187
評価数
47
平均
4 / 5
神率
36.2%
著者
砂原糖子 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
金ひかる 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
レーベル
幻冬舎ルチル文庫
発売日
価格
¥552(税抜)  
ISBN
9784344807624

あらすじ

喧嘩したホストの金崎新二を介抱してくれた津久井康文は、穏やかな男だった。
ゲイだと聞き、なぜか強引に新二は津久井とセックスをした。
「金のためだ」と金を貰いながらも、すっきりはしない。
体の関係を重ねながら、時々痛いものを見るような眼差しで、津久井は新二を見つめる。
津久井への、胸の苦しくなるこの感情は一体何なのか…?苛立つ新二は。

表題作真夜中に降る光

空間デザイナー:津久井康
チンピラホスト:金崎新二

レビュー投稿数15

クズ受けの成長が胸熱

『夜明け前には好きと言って』のスピンオフです。
前作で最悪な印象だった金崎が主人公でしたが、やっぱり本作でもクズでした。

俺様でオラオラな金崎。
どんなに辛い過去があったとしても、歪まない人間はいますよね。生い立ちとか過去とか、そんなもので金崎に同情はできなかった。
たた、金崎が求めているものは分かりやすくて悲しいなと。そして、シンプルだと思いました。

金崎がどんなに嫌な事をしても言っても、それを笑って許せる津久井の包容力が素晴らしかった。
金崎が津久井を好きになる過程が本当に丁寧に描かれていて、そこが何より良かったです。
津久井の人柄と相まって、すごく共感できた。

あのクソ生意気でムカつく金崎が、まさかあんなに素直になるとは驚きました。
それほど津久井を失いたくなかったということだし、津久井の愛が金崎を変えたということだと思います。

承認欲求の表れだったピアスを外し、コンプレックスを克服しようと勇気を持って一歩を踏み出した金崎が愛しく思えた。まさか金崎にこんな感情を抱こうとは……
きっと津久井は金崎を離さないと思うし、金崎も津久井を離さないはず。2人の幸せを願ってやみません。

ホスト三部作(違う?)のラストに見合う、素晴らしい作品でした。
クズ受け最高ですね!受けザマァに目覚めそう。

0

野良猫も愛を浴びて

「夜明けには好きと言って」のスピンオフ作。
本作の主人公は、あの意地悪ホスト・金崎新二。
時間軸は、「夜明け〜」の後半くらい。

新二はいつも何かに苛立っていて、すぐキレる暴力的な男。
冒頭、酔っ払いと喧嘩して雪のちらつく路上で伸びていたところを一人の男に助けられる場面。
この男性は物静かで、礼儀正しくて、まるで聖人のように新二に接してくる。
新二ははじめ戸惑い、いつものようにイラつき、だけどその内…
…というある種王道的なBLとも言えます。
「夜明け〜」の白坂同様、親の愛に恵まれず、辛い子供時代を過ごしてひねくれた新二が、何を言っても何をしても、脅しても遠ざけようとしても決して自分を見放さない津久井の愛情で変わっていく。
この新二は本当にはじめどうしようもない半グレ的なオラオラ系ホストで、読んでいても魅力を感じられないんだけど、段々自分で自分の幸せを遠ざける哀しくて寂しい怖がりやということが見えてきて可哀想になってきます。
そこを根気強く寄り添う津久井に「どうかあなただけは!」という気分に。
終盤、気持ちが通じてきた後にまた事件が起きて、エ〜ッという気分ですが、これが白坂同様、新二の生まれ変わりのきっかけになっていくのかな…
津久井は非常に教養のある紳士なんだけど、Hの時はナカナカ。
新二の顔や耳、乳首、へそ、ペニスにたくさん刺さっているボディピアスをひとつづつ外してその穴に舌を這わせ…
優しくも有無を言わせず感じ悶えさせる。かなり官能的です。
私は「夜明け〜」よりこちらの方が好みだったかも。萌x2寄りの「萌」で。

2

女性キャラ、嘉帆が一番好みだった(萎えさせてごめんなさい)

電子書籍で読了。挿絵なし。

電子書籍のリストを見ながら「あれ?砂原さんの昔の本で読んでいないやつがある」と何気なく購入したものなんですけれど、白坂と黒石がチラッと出て来るところで「あれ?この人達、なんか知ってるぞ」。
このお話『夜明けには好きと言って』のスピンオフだったんですね。好きな作品だったのに、読んだのがかなり昔だったのですっかり失念しておりました。いやー、呆けたものです。
もう10年以上前の作品なので、時代を写し取っているとは言えない感じはあります。こんな事を言ったら失礼ですが私の中では、ホストという職業も以前の『キラキラしさ』がなくなっておりますし。
ただ、前作でも、今作の初まりでも、本当に嫌な奴でしかない金崎が、カラッカラに乾いている状態からどんどん潤っていく様子の描き方がお上手で、最初と最後では人が変わったようなのに違和感がない所が「すげぇ」と思った次第です。

一つだけ疑問なのは、金崎の元カノで嘉帆という女性が出てくるのですが「どうして彼女だとダメだったのかなぁ?」ということ。とってもいい女だと思うんですよね。金崎、ヘテロ寄りだし……
個人的には『夜明けには好きと言って』の方が好きだと思っちゃうのはその所為かなぁ。

0

愛を知らない猛獣が「人間」になるお話

「夜明けには好きと言って」が好きだったものの、金崎か~と思って敬遠していた続編。
読後感は「ああ、よかった…金崎が”人間”になった…」という安堵感が広がった。

砂原先生のツンデレや意地っ張り受けは嫌いじゃなくてむしろ好きなのだけど、金崎は「暴力をふるう」のがどうにもダメだった。
女の子にまでバイオレンス発揮してて、これは報いを受けても仕方ないよなというレベル。ホストの世界がそういうものなんだろうなとは思いますが。
でも、因果応報を理解して受け入れる度量の広さがあるのが良かったと思う。

最初の方は読むのが苦痛だったけど、途中からは金崎の幸福を見届けたいという気持ちで読み進めていた。
お金を理由にしないと安心できないというのは切なかったし、幸せになれよ~と思うくらいには金崎のことも理解(?)できるようになったけど、萌えたかと言われると萌えは感じなかったので中立と悩んだものの、良作だと思うので萌え評価に。
津久井さんは途中まではどういう人かよくわからず謎でしたが、後半から弟のことでなるほどと合点がいき、さらに最後のダークサイド降臨で好きになれました。
三木乃さんの言う「要領よく」「昔はそれなりに遊んでた」という過去を知りたくなりました。

金崎がなぜ白坂に絡んで来てたのか、これを読んでその理由がわかったのが良かった。
自分と同じく母親に疎まれているという境遇の白坂と話してみたかったんだな…と。白坂がちゃんと話せていたらどうなっただろうと思ったけど、考え方が180度違うからきっと相容れずに決裂して余計にひどいことになったかもしれないとも思う。
金崎も白坂と黒石へのわだかまりを昇華できて、自分もまた彼らと同じく幸せな光のもとへ進めてよかったなあとしみじみとした。両親への思いはそうそう簡単には昇華できない、一生続くものかもしれないけど津久井さんがいれば大丈夫だろうなと思える。
個人的な萌えはありませんでしたが、良作だと思います。

3

ツンデレ受けに萌える

 ツンデレな受けがかわいかったです。子猫というよりも、毛並みをたたせたトラみたいな新二でしたが、ちょっとずつ心を開いて行く様子、また反抗期に戻っちゃう様子がほほえましかったです。まっすぐとした心の美しいキャラクターよりも、ちょっと性格が歪んで不器用で、上手に生きられない感じのキャラクターの方が好きです。愛されずに育ったキャラは、応援したくなります。ただ別の小説でも悪役ポジションで登場していて、嫉妬で人を傷つけるようなこともするような人間なので、性格が悪いキャラが嫌いな人には、おすすめしません。
 受けを温かい心で包み込み、全てを許すような攻めは、イケメンだなあと素直に感じました。ちょっとドSなところにも、きゅんとしました。

1

君は臆病な人だ【ネタばれあり】

個人的には大好き!!
クソ真面目×愛に飢えてるホストって設定だけでも美味しいんだけど、不器用で不格好な恋愛って感じが素敵でした!ますます砂原糖子さんにハマっていきます。。。

受けの新二くんはどうしようもないクズなんです、でもそれは過去に受けた傷、虐待や避けられて苦しくて、でもそれを解消するすべさえ知らない子供、その子がそのまま大きくなった感じがしました。どこまで行っても孤独で、その孤独ゆえにだれにも頼ろうとしなくてって感じがめちゃくちゃ切なかったです。
基本攻めより受けが好きな人間なので、こういう切ない子は本気で幸せになってほしいなぁと思います。。。

ほろにがテイストの大人BL!
恋や愛に戸惑う受けがここにいますよ!!

1

ピアスのシーンがとても良かったです。



砂原先生の作品、自分には合わないなぁとちょっと嫌煙していた節(すみませっ…!)があったのですが、この作品は面白くてスイスイ読めました。
「懐かない猫が絆されていく」という、BLには王道?的なお話が好きな人は、凄く楽しく読める作品だと思います。
前作未読でしたが、楽しく読めたので全然平気でした。

受けの新二くんが、ピアスを開けるシーンがとても印象的です。
セックスのときにも攻めがピアスを弄んで泣かせたりして、「可愛いな」って思いました。敬語で鬼畜、どこまでも王道!だけどみんなが好きだから王道なんだ!
殴ったり、女の子を脅したり、まぁ本当にどうしようもない奴なんですが、攻めのおかげでこれからは少しずつ悔いの無い時間を過ごしていくんだろうなと思ったら、続きも読みたいなって思えました。

オススメです。

1

好きではないが

好きか嫌いかというと、好きじゃない話なんですが、おもしろかった。読ませる話でした。妙にリアリティがある大人同士のロマンス。BLの王道ではないけれど、砂原さんじゃなければ読めない感じ。

2

野良猫もよい猫になる

全身ピアスに金髪、三白眼の受けってどうなのよ~!!
津久井の気持ちにモヤモヤを抱き一度読んで放置しましたが、熟成した頃と思い読み返すと、いい具合に熟れてました☆

新二の外見描写に綺麗とか一切でてこないんです。
上記に書いたような表現で、一部「笑うとかわいい」とあり
金髪を黒く戻してピアスをはずすと、女の子がほほを染める。。
仮にも8年もホストやってるので、悪くはない外見だと思うのですが、まずそこが少し他の小説設定と違うかな?
そして攻め様津久井はキリンさんですっ!
要は背が高いのね。

外見はさておき、体中にピアスをつける行為はある意味自傷行為に該当します。
それだけ彼の過去が悲惨で心の傷が深いことがよくわかるのです。
そして、行為に至る折、ひとつづつはずしていく津久井。
彼の傷をひとつずつ包んで癒していくように見えます。
奥の深い表現方法だなと思いました。
新二も彼に救われているのに、体をつなげる理由に金を要求する、悲しいですが、そんなでしかつなぎとめる術を考えられなかったなんて。
人を傷つけることで自分を守ってきたなんて。
本当にいけすかない性格のヤツですが、どうして津久井はそれに惹かれていくのか?
昔つっぱっていた弟が事故で死んでしまったことを、かばってやれなかったという反省の念から、自分の生き方をストイックに変えてしまうほど後悔していたようですが、その理由づけと、それがどうして新二への愛になるのか最初は理解できませんでした。
二度目に読み返しても、今一つ理由づけには弱い気がするのですが、
新二の気持ちに理解が示せたことで萌評価であります。

新二は半端でない本物の野良猫。
野良猫が人に心を許して初めて、本当のいい顔をした優しい猫になるんですね。

3

僕を嫌いだと言っておかないと、君は怖いですか?

この作品、一言で言っちゃえば
傷だらけで、気の荒い野良猫ちゃんを拾っちゃって、その可愛さにメロメロになって、快楽で餌付けして、とうとう手懐けちゃうお話。
津久井って、相当「S」だよね。

ピアスだらけの新二、
津久井とのセックスで、ピアスをはずしたり、つけたりするシーンが切ないなぁ
体中のピアスや、透けるほどに色を抜いた金髪と、心のありようがストレートに外見に反映している新二。
ピアスをはずして、黒髪で現れた新二。
臆病でいて、飢えている新二。

かわいくって、かわいくって、しょうがない


これって確かCD化されてたと思ったら、新二はよっちんくん
脳内変換もそうだったから、アタリだったんだ。
津久井の方は上川隆也イメージで、声優さんだとゆうきゃんかなぁって思ってたら、十郎太様で予想外なアダルトボイス。
CD化の時期を考えると、納得。
十郎太様は好きだけど、祭り開催したことはなかったので、このCDはノーチェックだったよう。
今度、スピン元の「夜明けには好きと言って」の本と一緒に探してみようっと。


2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う