「ドロドロにとけて混ざるまで愛しあいたい」ポルノ作家の溺愛と執着

とろけて開いて 続

torokete hiraite zoku

とろけて開いて 続
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神49
  • 萌×226
  • 萌6
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

86

レビュー数
12
得点
368
評価数
83
平均
4.5 / 5
神率
59%
著者
しゅがーぺろぺろ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
オーバーラップ
レーベル
リキューレコミックス
発売日
電子発売日
価格
¥710(税抜)  
ISBN
9784865547160

あらすじ

十年越しの想いを成就させ、晴れてポルノ作家獄本と恋人同士になった編集の夏目。
連日甘く激しくとろけるまで可愛がられ、あまりの溺愛に気後れしながらも幸せを感じていた。
そんなある日、二人が手がけた純文学作品に映画化の話が舞い込む。
喜ぶ夏目とは反対に、官能小説の執筆に忙しいとどこか不機嫌な獄本。
願っても無いチャンスに話だけでもと約束を取り付けるが、映画のプロデューサーとして現れたのは、夏目のかつての同級生・芥川だった――…
大人気シリーズ待望の続刊、ポルノ作家の“溺愛と執着"

表題作とろけて開いて 続

獄本龍之介,武田治,小説家
夏目貴文,編集者

その他の収録作品

  • 結んだら、ほどかないで(描き下ろし)
  • カバー下 あとがき

レビュー投稿数12

エロい♡可愛い♡これぞ官能BL♡♡

いやぁ、もぉ隅から隅までエロくて可愛くてとろけましたねぇぇぇ~~~( ///⊃ω⊂)ウキャ

そしてストーリーは初っぱなから、エロいは 不穏な空気は流れるは で・・・ドキドキしっぱなしでした!
見事にしゅがーぺろぺろ先生の手のひらの上で、コロコロ コロコロ転がされまくりましたやんかっ!
もうクラクラ~~~♡
今回は特に表情のアップがたまりませんっ! 『目』、『鼻からくちびる』へ。
もうハートをキュンキュン掴まれてしまいました。
『とろけて開いて』そして『ひとつに溶け合って』
武田(獄本)先生(攻め)、前巻ではあんなにクールで表情が読めなかったのに、やっと本来の姿を出してくれたんですね!
それも「二回も失敗したくないから」
いよっ漢らしいっ。

表紙で二人が絡んでるその『受け』のお尻を、スーツの腕が・・・。
いやぁ、この表紙からして素晴らしい。
ドキドキドキドキと、ページを捲る度に新たな展開が。もぉ息をもつかせぬこの二人の愛の形が一体どうなって行くのか!!
映画化のプロデューサーであり、『受け』の同窓生の芥川くん、実に良い味・配役でしたねぇ。いやが上にもにも盛り上がってしまいました。
彼は最後にあんな事を言ってますが、私は絶対にヤってると思います(なんちって)。
彼にも中学からの拗らせた恋を、例え一時でも叶えさせて上げたいぃ(⸝⸝⸝•́ω•̀⸝⸝⸝)

これだけエロくて、でも全然厭らしくなくて・・・。
これはしゅがーぺろぺろ先生の持って居られる『品』が物を言うのでしょうね。
(いや、めっちゃエロいんですけどね)
何回も書いちゃいますが、本当にアップの表情が凄いんです!
これだけでもヨダレが・・・。
『受け』の夏目くんのまぁ可愛いこと♡
特に涙をいっぱいためた『瞳』これだけでやられてしまいます!
そして『攻め』の先生の着物姿のまぁカッコイイことと言ったら! 惚れてまうやろぉ~~~♡
人目もはばからず、キスに抱擁に!
えぇわぁァァァ!♡♡

ラスト(描き下ろし)『結んだら、ほどかないで』本当に本当にそう♡
愛を誓い合った二人
永遠に幸せになって欲しい♡♡

0

ぶつかって深まる愛

〖DMM電子書籍〗
修正 : 濃霧
カバー折り返し : 著者コメント
カバー下 : イラスト、あとがき
帯 : あり
裏表紙 : なし
カバーデザイン : 円と球さん
電子限定特典 : 描き下ろし漫画2P(旅館にて)
備考 :
ひと言 : 「正岡さんと芥川くんって…」と苦笑していた前作の芥川くんがまさかここで出てくるとは…

〖紙媒体〗
未読

1

1度目の失敗、2度目は…

前作同様えろす全開でしたが、夏目の悩みと登場人物が増えたことでストーリーの方の比重が若干上がっていました。
夏目の高校の同級生・芥川参戦です。

先生と夏目は相変わらずのあまあまっぷりですが、それと同時に夏目は自分がものすごく淫乱になってしまったこと(これは前回も悩んでましたね)と、恋人同士になったはずなのに先生が今も自分を被写体としてだけ見ているような気持ちになってしまいます。
淫乱に関しては先生的に「最高」だと思うのですが、夏目は素直に受け入れられなくてもやもや。たしかに高校時代、奥手な眼鏡くんだった夏目なので、大学も6年間のリーマン時代もそんな感じだったのかな?だとすると受け入れる前に立ちはだかる恥の壁が相当手強そうです。
被写体の方は完全に先生が悪い。先生的には恋人とのプレイの一環、ちょっとした遊びのスパイスのつもりでも、夏目のようなビギナーにはそんな含みの部分は通じないわけで、「参考にしたい」なんて言われたら「ひ、被写体!」ってそのままの意味にしか取れないですよね。
どの作品を読んでも思うことですが、恋人同士になったから通じるものではなくて、常に「報連相」大事。言葉で気持ちを伝えないと、いくら思っていても伝わりませんもんね。

参戦してきた芥川ですが、この子がもうちょっと活躍してくれるかと思ってました。
結局高校時代の気持ちも封印したまま。あそこまで先生に恨まれ、警戒されるなら、せめてあのときの気持ちくらい伝えていたら昇華できたかもしれないのに、殴られ損です。
先生は1度目の失敗を生かして2度目は頑張ったけど、チャンスを2度とも失敗してしまった芥川…。先生に再会する前だったらとか想像しましたが、それでも無理か…。タイミングだなあ。
最後に出てくる芥川の回想シーン。ここ、必見です。
美しい。青春とはこんなにも美しいものだったのね…、と切なくなること間違いなしです。

長くなりましたが、前作を通して思ったこと。
夏目って両性具有?と思うようなからだの構造をしていませんか?
たまに白ボカシの上に女性的な何かが描かれていることがあって…。
前作ではそこをひたすらこねくり回す先生が描かれていたし、でもそんなパーツは男性にはないし…。うーむ。

1

前作よりも好みかも

とろけて開いての続編。
獄本先生がすっかり恋の病にかかっている。
夏目を溺愛して、執着して、浮かれて、ヘタレて、ヘタレて、必死で、余裕がなくて。
前作よりもだいぶ余裕がない獄本先生のヘタレさがパワーアップしていて、読んでいてちょっと可愛いななんて。
あまりにデリカシーがなさすぎる、過去に関係を持った女性と比べての無神経な発言には引っ叩きたくなってしまいましたけれど、獄本先生による獄本百面相が楽しめます。
先生ったら、こんなにコミカルな表情も出来るんですね。
夏目からしてみれば、獄本という人は憧れの存在であって、大好きな作品を書く作家でもあって、尊敬する恋人でもあって…と、おそらくかなり美化しているというか、大人の男だと思っているのではないかなと思うのです。
ただ、そんなに先生は大人じゃないんだなあ。
多分、夏目の方が大人だと思いますし、すごく不器用で可愛い人なんです。
そこに気付けるまでがちょっと長かったですね。

めでたくくっついて甘い時間を過ごす恋人達に訪れる試練といえば、誤解と思い込みとすれ違い。
そして当て馬キャラクターの登場…と、定番が盛り沢山。
個人的になのですが、今回当て馬として登場した、夏目の同級生だった芥川がどうにもツボにハマりまして。
どう見ても、過去のあの射抜くような視線は夏目に向けてのものじゃないですか。
第1話後半の、カーテンが風に舞う中での目線が美しくてすごく好き。
好きな相手の好きな人を奪っては、好きな相手の反応をじっくりと見つめていたい。
それって、かなり歪んだ感情ですし、叶うことはなさそうな想いなのですけれど、なんだか妙に心惹かれるというか…なんだろうこの気持ち。
うーん、芥川が主役の作品が読みたくなってしまったな。
芥川にも幸せになってほしい。

と、そんな一波乱を乗り越えて更に想い合う2人。
官能小説は獄本先生からの壮大なラブレターだったんですね。
そして夏目からのはじめての官能小説への感想の手紙と、夏目が贈った武田治名義の本への手紙に対しての先生からの返事の手紙のやり取り。
前作でも描かれていた手紙のやり取りが今作でも登場するのが良いですねえ。

しかし、ベッドシーンがパワーアップしていて驚き。
プレイの数がすごいことになっているのですけれど、私は描き下ろしの2人の幸せが伝わるシンプルな抱きしめ合ってのプレイが1番好きでした。
「愛してる」「僕もっ!」が可愛すぎますね。
後味の良いハッピーエンドな続編でした。

1

攻めが一途

相変わらずのエロエロで、読んでいる時は思わず背後を気にしてしまいました。ww

今回はちょっとした事からのすれ違いがありましたが、獄本の表情を見る限りは夏目の事が大好きだというのが分かって全く心配はいりませんでしたね。

夏目が酔ってもしかしてという展開もありましたが、想像の範囲内で安心しました。

今回は夏目の同級生の芥川が取り引き先の当て馬として、軽く引っ掻き回してくれてました。
彼は策士だったけど、きっと昔から夏目が好きだったんだろうと思うとちょっと切なかったです。

エッチの最中に過去の情事と比べる発言はいただけなかったけど、天然な夏目に振り回される獄本はとても一途で新鮮でした。

お互いの誤解も解けた後のエッチも凄かったけど、最後には周りに隠すこと無くイチャイチャする2人が幸せそうでとても良かったです。

1

前作に続きとろとろです

とにかくエロを期待しちゃうこの作品 笑
今回も前作に負けず劣らずとろけてました〜

今作で変わったのが先生の印象かな。前作ではちょっと強面でどっしりと構えた男らしい印象だったのですが、今回は夏目に好意を持つライバル的存在が登場したりで少し余裕の無いところだったり、嫉妬心だったりで以前より表情に変化があり、なんか可愛いらしいっておもってしまいました。
夏目と芥川が話してる横で目を見開いてる先生はなんだか小さく見えて可愛い…

そして当て馬役?な芥川ですが、めちゃカッコイイし最初は謎めいていて良い奴なのか悪いやつなのか…と探り探りでしたが、実はめっちゃ純愛だったしで好きになってしまいました…先生ごめん笑
先生が、夏目との最中に言ってしまった女の人と比較するような言葉にはさすがに言っちゃいけない一言!と思ってしまいました。

そして相変わらずイチャイチャの2人、特に最後の書店でのイチャイチャには、さすがに人前だぞ〜と注意したくなる程でした笑
エロもたっぷりで見応え十分でしたし、期待を裏切らない続刊で満足です!

1

十年越しの想い成就の、その後。

ラブラブなふたりの前に新キャラが登場!
先生の純文学作品の映画化を進めるプロデューサー・芥川です。
実は中学時代、夏目の同級生だった芥川は、夏目との再会を喜びとても親しげに接してきます。

それを見ていた先生は、嫉妬まかせに夏目を抱きつぶすのです。
何度もイかされ、「たすけてッ」と懇願する夏目がどエロい…///
激しくて、ねちっこくて、ちょっと意地悪だけど、恋人の独占欲を感じられるこんなエッチも悪くないと思います。
けれど夏目は、どんどん快楽に溺れていく自分に後ろめたさを感じているからか、身体はとろとろなのにどこか複雑な様子でした。

散々中イキさせられまくった後、遠慮がちにどうして前を触ってくれないのかと尋ねれば、
「今までに抱いた女性は…」
と、まるで夏目と女性を重ねているような、女性扱いしているような言い方をされてしまいます。
この言葉の所為で、いまだに官能小説の被写体にされているのではないかという疑念がさらに深くなっちゃったんだと思います。
たしかに男女の情事を書くのに、前を愛撫する必要はないもんね。

こうしてふたりの関係がぎくしゃくしているタイミングで、夏目が芥川にお持ち帰りされ…
ますます心がすれ違ってしまうのでした。


どうなっちゃうの〜!?ってハラハラしたけど、まさか先生があんな態度に出るとは思わなかった。
床に膝をつき、そっと夏目の手に縋り…それはそれは真摯な態度で許しを乞うのです。
夏目を繋ぎ止めるためなら官能小説の執筆さえやめると。
もうね、これでもかというほど必死な先生の姿にノックアウト!
普段が強引で俺様なだけに、狡いくらい健気に感じました。

その後の仲直りエッチでは、これまでになく積極的な夏目が見れました♡
そして最後には、このふたりにとって大切なアイテムである「手紙」のやりとりがあり、ほっこりするエンドでした。


さて、先生に一発殴られてあっさりフェードアウトした当て馬の芥川。
この物語では完全に脇役ですが、彼もまたなかなかストーリーのある人間なんですよね。
好きな人の好きな人を奪っちゃう、BL界では十分主役になりうるやつ。
中学時代の回想で、女の子とキスしながら夏目を見つめるシーンは、青さと痛さに溢れてて心に残っています。
こっちとくっついても良かったのに〜と思うほどの当て馬ではないのだけれど、彼のこともほっとけないというかなんというか。
どこかで幸せになってほしいと思いました。


ストーリー的には萌だけど、エッチシーンがとろっとろで凄まじかったので萌2で。

3

色々グレードアップ

前作よりもそりゃもうっ!とろけ具合も開き具合もグレードアップしてました♡ストーリーも主人公2人のお互いを思う重めの愛情が前作よりも伝わって来ましたし。がっ!個人的に引っかかる点が⋯作者様の作風なのか、他の攻めキャラの雄っぽさを際立たせる為なのかは分かりかねますが、受けキャラが必要以上に女っぽ過ぎる気がしてならないのです、修正がtnkの形状でなければショートヘアの貧乳♀キャラに見えなくもないかなぁ〜?なんて思ったりしました。あくまでも個人的にですが。

2

謎の好みの問題にに引っかかったけどよかった

夏目くんってば武田先生の重版のたびにファンレターを渡してるの可愛すぎませんか?獄本先生が嫉妬してしまうのもわかる。
前を触らずイかせることが快感を味わわせている証拠だと思っている先生ですが、前を触らないことが今まで抱いた女たちと同じ男としての夏目くんを認めていないことにもなるのかとなるほどと思いました。
先生は小説のために夏目くんを抱くようなことを言っているときがありますが、先生の書く官能小説自体が夏目くんへのラブレターなのだとしたら、ラブレターを書くためにもっと愛し合いたいということですかね?
当て馬で芥川くんが出てきますが、あまりに夏目くんが先生のことしか見えていないのでカップルのイチャイチャ痴話げんかに巻き込まれただけで不憫ですね。
芥川くんにも幸せをあげてほしい。素敵な相手が現れますように。

あと、本当にこの作者さんの描くえっちシーン良いですね。熱くなった顔以外に、夏目くんの肩や手にも熱が集まっている感じや汁や吐息もとてもいい。
ただ、私個人のよくわからない好みの問題で、お風呂での泡まみれセックスの際に泡まみれであろう手を口に突っ込む描写が苦手なので(アナルに指入れるのは別にいい)その時だけちょっと困惑しましたが、大半の方はそんなところには引っ掛からないと思うので安心してすけべも楽しめるのではないかと思います。
本当に読んでよかったです。続編出してくれてありがとうの気持ちでいっぱいです。

3

迫力増しつつ基軸そのまま

今日発売と知り即購入しました。試し読みだけでも前作から更に盛り上がっていることが伺えます!そして紙電子同時発売は有難い…!

前作もレビュー出来ないくらい好きでした。
続編になって迫力を増しつつ淫靡さも残し基軸そのままなのがとても良かったです。
夏目は見た目女の子だし手足長いのですが、大好きな先生に対してもハッキリ不満言うし先生の上に乗るし、かと思えば「○◯してしました…」とプルプルしちゃうのが堪らなく可愛い。行為シーンもかなりバリエーションが増えて腰つきがエロい…
先生は今回不機嫌強面より夏目好きモード全開なのも可愛かったです。嫉妬する真っ黒な顔も良い!完全に振り回されてます。

夏目が先生の作品を大大大好きなのは間違いなく、何度も悩むのは先生という生身の人間相手だからこそ。自分の性質が暴かれる羞恥と戸惑い、相手にちゃんと自分の気持ちを伝えることは、本に書いてあって知ってはいても実際行動に移すのは難しいです。
二人打ち解けつつ初心に帰った、ニコニコ可愛くて良いラストでした。
そして表紙のパープルとピンク美しすぎます。

4

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う