親友に催眠術をかけてのってみた。

shinyuu ni saiminjutsu wo kakete nottemita

親友に催眠術をかけてのってみた。
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×26
  • 萌7
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
45
評価数
13
平均
3.5 / 5
神率
0%
著者
由元千子 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
コアマガジン
レーベル
drapコミックスDX
発売日
電子発売日
価格
¥685(税抜)  
ISBN
9784866534473

あらすじ

親友の祐一に彼女ができるたび応援してきた水景。
幸せになってほしいけれど、完全に誰かのものになってしまうと考えるだけで、
気が狂いそうになるーー。
「誰にも渡したくない」そう考えた水景は『催眠術』をかけてしまう。祐一の無
防備な下半身に興奮してしまい、手と口で慰め、さらにそれ以上も――!?

表題作親友に催眠術をかけてのってみた。

前嵜祐一,サラリーマン,水景の親友
慶野水景,サラリーマン,祐一の親友

同時収録作品帰らない理由

梯谷透・診療所の医師
江ノ上志貴・大学生

その他の収録作品

  • 描き下ろし
  • カバー下・人物紹介

レビュー投稿数4

のってます。

高校からの親友の祐一に17年という長きにわたり秘めた片想いをしている水景。
ひょんな事から疲れて夢見が悪いという祐一に水景が催眠術をかけることになり…。

端的に申し上げますと、水景、のってます。
17年分の片想いのせつなみもすこーしだけありますが、催眠術をきっかけに繰り広げられる由元先生の汁気たっぷりのエロを楽しむ…そんなお話しです。

ハイスペで非の打ち所がない水景が祐一への想いを拗らせ過ぎている変態っぷりが振り切れてて好きでした。
その分祐一の人となりの描写は少なめなのでちょっとアンバランス感もあり。

水景のすごく吸うタイプのオカズが斬新(笑)
一度触れた事でタガが外れてしまいどんどんとエスカレートしていく水景の祐一の祐一へのご奉仕。
静かな部屋に響く擬音がいやらしい〜。
そして、最終的に我慢しきれなくなり、のってみた。に至るわけです。

エロ行為が祐一にバレてしまい、水景は長年の重たい想いを告げ、祐一がおおらかなためか結構さくっと想いも通じて、無事に結ばれるふたり。
かなりさっぱりでしたが、存分に祐一に触れるようになれた水景が幸せそうなのでよかったです。

同時収録の短編は性癖歪んじゃった受けがその原因となった攻めに数年越しに再会して抱かれる、というお話し。
こちらもまた内容は濃いはずなのにややライトな印象を受けました。

1

片想いが爆発

萌えた!作者さん買い。
由元先生の描くおじさんてなんでこうも可愛いんだろう!
広がって集結していくような味のある話も好きだけど、ギュッと1点に焦点が当たってる萌特化なお話も大好き。
アヒル口もチャームポイント。

受けが催眠術掛けた攻めに手コキ→フェラ→挿入!
攻めの精液拭いたティッシュを持ち帰りジッパー保存からのクンクンは中々の性癖。

エリートかつ社長でもある受けが恋愛だけはどうにもできないというのがよき。
2人の対話と言うより受けの心情が多く語られていました。
大部分が、起きてないよなと確認しながら攻めにエッチなことする受けです。
そのドキドキ感と背徳感を抱える受けがたまらなく可愛い。
17年分の片想いを抱えて泣きながらお口に咥える姿はほんとに萌萌。
ある意味逆レ?な展開。
でもちろんラブラブエンド。
受けが耳に髪をかける仕草が色っぽくてガン見しちゃった。
攻めについてはあまり語られていなかった(ほぼ寝てた)ので、今回は受けに萌が全振りです。

描き下ろし
本編その後。
受けの方が体力あるのです。

同時収録「帰らない理由」
先生もカバー裏でおっしゃってましたが、由元先生作品では大変めずらしいおじ攻めです!
攻めがセックスしている所を目撃し、当時高校生だった受けの性癖を曲げられてしまったたため攻めに責任を取ってもらうお話。
下半身だけ丸出しエッチがエロイ。

修正(紙)
白短冊
エロい。
とにかく絵とマッチしてお口も表情も雰囲気もエロいのです。

2

作家買いです。

作品の題材としてはとても好きです。

ですが、受けの攻めに対する感情描写は豊富にありましたが、攻めの受けに対する描写が少なく、カップリングとして理解する事が難しかったです。
また、本として150ページ前後では読みごたえがなく(他のレーベルなら250前後が同価格である)短編も入っていますのであっさり終わってしまった印象です。

失礼ながら、先生の作品の中ではあまり好きな方ではないので、新規の方にこの本から入ってほしくないと思いました。
他の先生の作品は、年下攻めが好きならお勧めしたいです。

1

タイトルを裏切らない

面白かったですよ。
ただ、めっちゃありがちな話でした。
特に驚きも何もなかったです。

【親友に催眠術をかけてのってみた。】
ホント、タイトルの通り!
不眠になった親友・祐一に催眠術をかける水景。
長年片想いしてきた水景は、我慢できずに寝ている祐一にエロいことをしてしまい……と、いうお話。

水景が一途で健気なリーマン。
手コキ、フェラ、最終的には……と、水景が抑えきれない衝動を爆発させていく所は可愛かったし、なかなかの変態だなとも思いました(笑)

触れれば触れるほど欲しくなり、我慢できずに他の男とホテルに行ったり。
それでも想うのは祐一の事ばかりで……と、17年も一人の男を想い続ける水景が本当に健気。

ラストも特に捻りはなく、想像通りでした。
うーん。すごくあっさりしてる。
17年もの片想いの結末が、こんなにあっさりしていていいんだろうか?
正直、物足りなかったです。

Hの時の水景はとっても可愛くて、男前のリーマンが一生懸命腰を振る姿にキュンとしてしまいました♡
祐一のことが好きで、必死なんだなぁーって。
設定上、祐一はわんこ攻めなんですよね?
あまりそんな感じはしなかったかなあ。絆され攻めって印象。


【帰らない理由】
診療所の医師・透×大学生・志貴
短編なので、こちらもあっさり。
透の気持ちがよく分からなかったです。
志貴に変な性癖が植え付けられ、そうきたか!と、笑ってしまいました。


全体的にあっさりした一冊。
それでも、キャラの可愛さは際立っていました。
祐一視点で、表題作をもう少し読んでみたかったです。

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う