傭兵の男が女神と呼ばれる世界

youhei no otoko ga megami to yobareru sekai

傭兵の男が女神と呼ばれる世界
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神56
  • 萌×212
  • 萌5
  • 中立3
  • しゅみじゃない15

215

レビュー数
19
得点
346
評価数
91
平均
4 / 5
神率
61.5%
著者
野原耳子 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
ビリー・バリバリー 
媒体
小説
出版社
アルファポリス
レーベル
発売日
電子発売日
ISBN
9784434278754

あらすじ

フリーの傭兵として働く37歳の雄一郎はゲリラ戦中、手榴弾の爆撃に吹き飛ばされ意識を失い、気が付くと、見知らぬ世界にいた。その世界では現在、王位を争って王子達が内乱を起こしているという。どうやら雄一郎は、【正しき王】である少年を助け国を救うために【女神】として呼び出されたようだ。おっさんである自分が女神!?その上、元の世界に帰るためには、王の子供を産まなくてはならないって!? うんざりする雄一郎だったが、金銭を対価に異世界の戦争に加わることになり――

表題作傭兵の男が女神と呼ばれる世界

ノア,18歳,少年王 / テメレア,47歳
尾上雄一郎,37歳,傭兵

同時収録作品傭兵の男が女神と呼ばれる世界

ノア 18歳,正しき王
尾上雄一郎,37歳,傭兵

その他の収録作品

  • 番外編 女神に乾杯

レビュー投稿数19

超ノンケ受け

タイトルがあらすじなんですが、自衛隊にいた男が全てを失くして傭兵となり、戦場での死ぬ間際に異世界に飛ばされてしまう。目が覚めると女神と呼ばれ、国を救い、子をなすことが仕事だと告げられる。

とんでもない話だな?と思いましたが、何故かすんなり読めちゃうんですよね。そして37歳の男性が女神として成り立つ世界なのかと思いきや、「こんな中年の男が女神?」という扱いなので違和感なく読める。しかもこの傭兵の男、雄一郎は完全にノンケ。そして女神と呼ばれることにももちろん抵抗アリアリで、簡単には絆されてくれない。

そして一方の攻めですが、なんとまさか2人もいました!これは予想外でした。ハイ、3Pです。私は3Pだろうと気にならないのですが、地雷の方はご注意を。飛ばされた異世界は髪も肌も白い人たちが住む世界。攻めの2人は異父兄弟のイケメンで、ビジュアルで受け攻めを判断すると解釈違い。ガタイのいい傭兵が受けなんです。

色んな意味で、そしていい意味で期待を裏切られるこのお話、まだまだ続きます。1巻では飛ばされた世界がめちゃくちゃ内乱状態で、誰が敵で味方がも分からないということが明らかになったくらいで終わってますので。

攻め2人以外にも辺境地から出てきた小隊長たちなど、魅力的なキャラもたくさん出てくるので整理しながら読まないと混乱してしまうかもしれませんが話が骨太で面白いので引き込まれました。ただ一つ残念なのは麗しいビリー・バリバリー先生の表紙に引き寄せられたことも買った決め手の一つだったので、挿絵がなかったことです。こればかりは大人の事情もあるのでしょうが…ファンとしてはビリー・バリバリー先生の描かれる絡みが見たかった(笑)!絶対昇天モノだったのに!!仕方がないので登場人物の絵で妄想します。

0

続きが気になる!

タイトルや帯のアオリはよくあるラブコメのようですが、真逆です。残酷でほの暗い設定があり、それが物語の世界観に奥行きを出してたまらない作品でした。愛され溺愛というより執着、依存なイメージ(私個人的にです)。

表紙のビリー・バリバリー先生の絵がまたキレイで、よりキャラクターが魅力的になっています。

挿絵が無いのが残念であり、無いからこそ想像が膨らみました。

気になる終わりかたなので本屋さんに続刊があるか確認して、出来れば纏めて買うのをオススメします。
浅い感想ですみません(汗)

0

キャラクターの絡み合いが最高

主人公含む周りのキャラクターの背景が全体的に重めで、折り重なるように描かれる人間関係がとても面白いです。
主役3人の絡み合いはエロくて最高なのはもちろんですし、時間をかけて変化していく複雑な関係性と心理描写が本当にたまりません。

周りのキャラクターたちもとても良い味を出していて、別ボリュームでスピンオフが読みたいなと思える作品です。
3巻の発行が決まったようで、本当に嬉しい!
とても楽しみにしている作品です。

1

すごくいいです!!!

久しぶりに、腹の底からグワっっとくる、読みたくてたまらない作品に出会ってしまいました。。。
良かった!出会えて!!!野原先生、ありがとうございます!!!気持ちがうまく言い表せないのですが、おもしろくて、せつなくて、ワクワクして、ドキドキして、ムフムフして、素晴らしいんです。
ちるちるレビュアーの皆さま、ちるちるさま、いつも感謝です。隠れ腐女子なので、心の友です(^^)
このお話しに巡りあわせてくれて、ありがとうございます♪

1

続きが気になる

野原先生、何作か読んでるけど戦闘もの初めてで、先生の切れ味のよい文章とキャラが戦闘ものによく合っていた。戦闘シーンの描写がアクション映画を見ているようで映像的で素晴らしい!傭兵が言葉遣いも行動も本質的に傭兵で粗雑で捨て身で、女神と呼ばれるギャップが面白かった。運命に導かれた説得力のある三角関係も大好きなやつで今後の展開が気になる!

2

イラストは美麗だけど甘くない


壊れた大人が無垢な子供を壊していく。



フリーの傭兵・尾上雄一郎(受け)は手榴弾の爆発に巻き込まれ異世界へ転移してしまいます。が、転移先も王位継承争いの真っ最中。
尾上は男でありながら女神と呼ばれ、神が認める正当な王・ノア(攻め1)を勝利に導き、ノアの子供を産むことを強制されるのです。産んだら元の世界に帰れるという条件で。

異世界転移のファンタジーの話です。
が、全体的に殺伐としていて甘さは皆無です。
休息する暇もなく、ひたすら走るか戦うかセックスかというハードな毎日。
そして、登場人物は皆どこかしら壊れています。
愛する人を殺されたり裏切られたり・・・
唯一虐待を受けながらもまっすぐで健気なノアまでも堕としていく尾上。
彼らに幸せはくるのでしょうか。
常に命の危険にさらされるハードな話ですが、先が気になってページをめくる手が止まりません。

3Pありです。というか3回ある絡みの内2回は3P。
女神に仕え捧げるもの(女神の玩具)テメレア(攻め2)も交えた絡みに一切の甘さはなく、特に最初のやつは何とも痛そうなものでした。

この世界の神は本当に神なのか。実は悪魔なんじゃないかと思うくらい人々を翻弄します。どういう意図があってこれほどの試練を与えるのか。

話はこの1冊で終わっていません。なのでどう帰結するかわかりません。
ハッピーエンドはありうるのか、この暗さはよくてメリバかな。
心が壊れ、自分の命を全く大事にしない人達ばかりなので、この先が心配でしかたありません。
彼らが少しでも幸せになれる結果になればよいのですが・・・

評価としては甘さが全くないので、中立にしましたが、お話としてはとても面白かったです。

8

37歳傭兵、総受け(笑)

あらすじ・レビュー、とっても惹かれる内容だったので手に取りました。ラノベっぽいタイトルですが中身はかなりシリアス。でもおっさんが女神で総受けですよ?そういうのが好きな人にとってはワクワク感しかないよね。

冷酷な性格の傭兵、雄一郎は戦闘の最中異世界に飛ばされ「あなたは選ばれた女神です。王の子を生んでください。男でも生めるからオッケー。」みたいなことを言われる。普通パニックだと思うけど「それが元の世界に戻れる唯一の方法ならしゃーない。好きにしやがれ。」みたいな展開で確かに男前だけどノンケのくせに順応力ありすぎ!とちょっと笑ってしまいます。シリアスなのに。

雄一郎は魅力的ですが、攻めが美人長髪攻めとショタっぽい攻めであまり私の好みではなかった。しかし3Pえっちシーンは濃厚でおじさんが若造達にいいようにやられちゃうのは正直結構萌えます(笑)

レビュアーの皆様の副隊長ゴート推し。すごく同意します。彼は雄っぽいし、雄一郎と同じような辛い経験もしてるし戦友同士って雰囲気でお似合いなんだよね。だから2巻以降では絶対攻めとしていい仕事してくれると信じています。

要望が多ければ次巻以降が出版できますってあまりにも酷な話。プロット決まってる所まではしっかり出してくださいよ出版社さん。これじゃ全然ストーリー的には尻切れトンボな感じなので。

おじさん総受け、次巻も期待してます。

7

もっと売れるべき

表紙のビリーバリバリーさんに惹かれて買っただけのやつですが、
読んでびっくりするクオリティで語彙力死にました。

最初は殺伐とした性格をして自分が死ぬのもなんでもない事のように語ってた受けがだんだん絆されて落ち着いていくところが一番の素敵ポイントでした。

出てくる登場人物のほぼ全員闇が深くて、だからこそ考え方とかに人間味があって面白いです。ここで完璧な人がいると急にファンタジー感でそうなんですが、誰も完璧じゃないんですよね。

個人的には一番幸せが似合うゴートがいち早く幸せになれと思って読んでました。

早く2巻出してください、出版社さん。

6

女(神)の役割とは

異世界転生系ってあんまりそそられないんだよなぁ(ホジホジ)とか思いながら、お給料が入ったのでやっと購入して拝読することができました。

7割読み進めてようやくBLみを感じ始め、キタぁー!ってなって、あれ?ってなって終わってしまった…。本作の売り上げ次第で続編出しますだなんて、作者にも読者にも酷すぎます。そういう企画なのでしょうか?物語の続きが作家様の脳内にしか存在しなくなるなんて絶対やめてぇ〜‼︎と叫びたくなります…。

男前受けというふれこみどおり、主人公の雄一郎は現実世界で傭兵だった男です。彼は戦闘中に異世界へ飛び「女神」になりますが、そこでもずっと37才のおじさんである自分を貫いています。仕方なく女神の役目を受け入れても、お尻を掘られまくっても、です。とにかく異世界の王の子供を産んで、さっさと現実世界に戻りたいんですね。

リアリストに過ぎる雄一郎に、当初わたしは色気もへったくれも感じませんでした。BLとはいえ受け攻めの概念すら吹っ飛ぶ、妻と子供がいるおじさん。テメレアとノアに突っ込まれてもおじさん。そもそも男の「女神」とは一体なんなのか?雄一郎と読者はその謎を背負わされながら物語を突き進まなければならないのです。正直、7割読み進めるまでは苦痛でした。

ノアが支配するジュエルドの世界ではかろうじてBLが成立しているのだけれど、雄一郎だけがリアルおじさんを貫き続けます(ノアとテメレアの関係性に激萌え。)この落差がなぁ…。「まるっきり頭の弱い痴女のような台詞」「女教師もののAVみてぇ」「童貞に手ほどきしてやる熟女」など、エロシーンで雄一郎が担う女の役割を自嘲的に強調されるたびに、男性向けのエロみたいでモヤモヤと嫌〜な気分になりました。

ここで真面目な話になりますが、BLを読む時って、読み手が女らしさとか男らしさの囚われから解放させてもらえる自由な時間だと思うのです。雄一郎は男なのに女の役目を負わされますが、それを受け入れてくれるキャラなんですよね。彼が男前なのはそこだと思います。でもセックスの時、女ってこんな感じなのかと雄一郎に言わせつつ、女性視点を交えてのエロは個人的に萎えてしまうというか、今まで読んできたBLで萌えるエロとはなんか違うというか…。

男同士で子供を作れることに加えて終盤には女性だけの部族の存在も描かれ、生殖において男女が平等に役割を振り分けられている世界観がにおわされています。その意図と「女神」が表すものについて、果たして読者に解が与えられるのか…、めちゃくちゃ気になります。

現時点ではなんともいえません。もしかしたらBLとして斬新なのかもしれないし、結末に至っていないのに何も決めつけることなんてできないですよね…。内容とは別に前から気になっていたところでは、やっぱり口元の描写を使ってキャラの心情を表現するのが作者の特徴だな〜というのは相変わらずの印象でした。

あ、あと挿絵は欲しかったですよね…。

私的に便利な萌評価と迷いましたが、結末まで読ませて欲しい!の希望を込めて、迷いに迷って萌え×2にさせていただきました。

9

男前受けの理想

続きが読みたい&男前受け好きな方達に、是非読んで欲しくてレビューしました。
内容は簡単に説明すると、戦闘能力が半端なく高い30代のおじさん(お兄さん)が異世界へ行って王様のお嫁さんになり国民からは女神と呼ばれるお話です。
主要なキャラが3人いますが、それ以外のキャラもみんな個性があり本当に深いお話になっています。
なによりも、、、
この本挿し絵が無いのに、ものすごくイメージさせるのが上手いんです。
個人的に小説はまず挿し絵により購入するかしないかの判断をしていたので、挿し絵なしでここまでイメージがわき、しかも面白いBL本ってあまり無いのかなと思いました。
話の内容はもちろん、エロも素晴らしいです!
主役の戦闘能力が高い為からか、多少エグい部分はありますが、命かけて戦ってるからしょうがない!苦手な方はその部分はさらっと読んで
行きましょう。
まだ現時点では受けは心に闇が多すぎるし、攻め①はお子ちゃま、攻め②も心に闇があり、その他のキャラ(断然ゴート推し)も闇にどっぷり浸かってきます。
今後どのように進んでいくのか、気になって気になってしょうがないです。
BL・ファンタジー・少年マンガ要素が絡み合っているので、少しでも気になっている場合は是非読んでみてください!
男前受けが好きな方は絶対にハマります笑

8

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う