吸って……張ると苦しいんだ…… 乳が出るせいで辱めを受けてきたユハ。再会した初恋相手のマティアスも乳の香りで発情させてしまうが…。

キバも劣情もこわくない ~過保護な獣のいる暮らし~

kiba mo retsujo mo kowakunai

キバも劣情もこわくない ~過保護な獣のいる暮らし~
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神4
  • 萌×27
  • 萌4
  • 中立0
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
5
得点
60
評価数
17
平均
3.6 / 5
神率
23.5%
著者
滝沢晴 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
サマミヤアカザ 
媒体
小説
出版社
二見書房
レーベル
シャレード文庫
発売日
電子発売日
ISBN
9784576201801

あらすじ

雄なのに乳が出るウサギ獣人のユハは、神子として乳を神へ捧げる儀式を強いられてきた。後継が出たことで解放されると思った矢先、役目を終えた神子は領主への捧げ物にされると知り、ユハはついに集落を飛び出す。行き着いたコテージは、幼いころオコジョ獣人のマティアスと過ごした思い出の地。ところが再会した彼は超大型のホッキョクグマ獣人の姿で、さらにユハの乳の香りに雄の本能を剥き出しにして…!?

表題作キバも劣情もこわくない ~過保護な獣のいる暮らし~

マティアス,12歳→22歳,ホッキョクグマの獣人
ユハ,15歳→25歳,ウサギの獣人

レビュー投稿数5

王道の良さが生きている

初読みの作家さまでしたが、あらすじとサマミヤさんの表紙につられ手に取りました。

ネタバレ含んでいます。ご注意ください。





獣の遺伝子を持った人型の生き物=獣人が住まう世界が舞台。
雪の深い(あとがきで滝沢さんが「フィンランドを中心とした北欧が舞台」と書かれています)、そして信仰心の深い獣人たちが住まうその国の中にある小さな集落の、ウサギの獣人であるユハが主人公です。

ユハは幼いころに両親を亡くし、以来母親の姉夫婦に引き取られた。
しかし、そこで彼は冷遇され、学校にも行かせてもらえず友だちもいない。そんな彼が15歳の時に初めてできた友達がオコジョの獣人であるマティアス。身体が弱く田舎に養生に来ていたマティアスにユハが助けられたことがきっかけだった。

友情から淡い恋心を育てていく彼らだが、ある出来事が、彼らの仲を割くことに。

それは、ユハの、「雄でありながら乳が出る」という体質。
村の繁栄を願うという儀式で、成獣の雄たちが見物する中、ユハは司祭に乳を搾られるというもの。

そんな自分に悲観するユハだったが、逃げ出した先でマティアスと再会し―。

というお話。

ユハが、とにかく薄幸さんです。
食事も教育も、生活環境も、彼は子どものころから搾取されてきた。
そんな彼が、マティアスと出会い始めて幸せを感じたのもつかの間、さらなる試練がユハを襲う。

もうね、ユハを取り巻く男たちのゲスさに胸が痛くなりました。ユハはウサギの獣人ということで捕食の対象にもなる。さらに可愛い見た目ゆえ、そして乳が出るという体質故、彼は常に狙われる対象なんですね。

それに真っ向から立ち向かい、逃げようとするガッツがユハにはあって、だからこそ彼を襲う悲劇に思わず涙腺が緩んでしまうのです。

そんなユハを助けてくれるのがマティアス。

んー。
ありがち、って言っちゃって良いんじゃないのかな。
彼の本当の姿は。

でも、マティアスは子どものころからユハ一筋。
そして言葉と行動が伴う、ナイスガイなのです。彼のすべてはユハのために。そして、ユハの嫌がることはしたくない。そんな健気攻めでもある。
特に濡れ場が素晴らしかった。ユハのトラウマを知り、その思いを受け止めたうえでの彼らの閨シーンがとにかく綺麗で優しかった。マティアスは年下ですが、そんな彼の想いに萌えが滾ります。敬語攻めなのも良い…!

設定。
登場人物たち。
ストーリー。

よくあるお話、ではありますが、王道の良さが素晴らしく生きている。
そんなお話でした。

あと、脇を固めるサブキャラもすごく良かった。マティアスの家族とか、ユハの「仲間」とか。
スピンオフ、たくさん作れるんじゃないのかなー、なんて思ったりしました。

薄幸受けさんがスパダリな攻めさんに愛され幸せになる。
個人的にドツボなお話でした。

それと特筆すべきはサマミヤさんの描かれた挿絵。

とっても素敵でした。
儚く、美しく、そして気高く。
この作品の持つ世界観を見事に描き切っていて、萌え度は確実に上がりました。

6

一途な想いが心に染みる

『初めまして、君の運命の番です』が大好きなので、本作も楽しみにしていました!
相変わらず文章は読みやすいし、キャラは可愛く、Hはエロくて大満足でした。

雄なのに乳が出るうさぎの獣人・ユハと、ホッキョクグマの獣人・マティアスとの異種間獣人ラブです。


神子として神に乳を捧げること強いられてきたユハ。
辛い日々の中、ユハ心の中にあるのは幼い頃の初恋。
その初恋相手・マティアスに再会したユハは、発情したマティアスに無理矢理抱かれてしまいます。

オコジョの獣人だと思っていたマティアスは、実はホッキョクグマの獣人でした!
ホッキョクグマなのに褐色で、髪の毛は真っ白というビジュアルが最高に良かった♡
ユハとの体格差にも萌えます。

常に敬語で物腰柔らかなマティアスが、ユハを連れ戻しにきた集落の連中にブチ切れる場面はザマァ展開でスッキリ!
儀式のせいで離れ離れになったユハを、「おじいちゃんになるまで待つつもりだった」というマティアスが健気すぎて泣けます。

そして、一途なマティアスがユハに惜しみなく愛情を注いでいきます。
本能に抗えずに無理矢理抱いてしまった事を悔やみ、二度とユハに無理させたくない、守りたい、ずッと傍に居たいと思うマティアスの気持ちは、紛れもなく愛だと思う。

そんなマティアスの愛情を受け、ユハも覚悟を決めます。
種族・性別・身分といういくつもの壁を超えた二人が過ごす時間は、甘く、優しさにあふれています。

集落の忌むべき風習さえも撤廃する力をもつマティアス。
後半明かされるマティアスの正体にも注目です!

独特の世界観をもつ物語で、たくさんの愛情や、優しい触れ合いが惜しみなく詰まっています。
欲を言えば、もうちょっと早くユハを救って欲しかったけど、まあ仕方ないか……

2

異種族恋愛の壁に萌える(;///;)

『乳が出る受け』がどうかなぁ…と賭けな気分で読みましたが、
思ってた以上に王道で切なく甘くが楽しめました♪

個人的には『異種族』部分に着目して推したい!

異種族で捕食者と被食者の関係が萌えに萌えました。
好きなのに本能的に怖い、好きだから大切にしたいのに本能が…、とか異種族間における心と本能の狭間。
気持ちと身体がチグハグになっちゃう切なさが大好物なので、本作はギュンギュンしました…!!!

あと不憫な境遇の子が攻めに愛されまくるのや、
攻めの話し方が紳士的で物腰が柔らかいところも良き…!
受けの生活環境がキツイのが緩和されてホッとしました。

また受けはナヨッとした印象がないところも◎。
乳が出ることや、性的に見られることに屈辱を感じていて、
素の部分は案外ヤンチャで気が強そうかな?と。
(あくまで個人的な解釈ですが…)

獣人設定でケモ耳尻尾があるだけ…という描写でなく、
種族ごとに得手不得手がある特徴もさりげなく盛り込まれていたのも良かったですヾ(*´∀`*)ノ


さて、以下ネタバレあり感想を。
個人的に推し萌えポイントを挙げたいと思います。

1.初恋と再会
不憫な境遇の受けが初恋の思い出をキラキラした宝箱のように大切にしているのが切なキュン(;//;)
今でこそ体格差のある攻めと受けだけど、
当時は体格差がほぼなくて幼い攻めに"弟感"が出ているのも個人的にツボでした(∩´///`∩)
大人になってからは年下感が消えるので、子供時代の年相応なところが可愛いんですよ~!

子供が純粋に遊びまわっていかたと思えば、雄同士なのにモニャモニャした気持ちが出てきちゃって
隠れてキスしている背徳感もニヤニヤしました////

子供が「大人になったらーーー」と約束を交わすのもキュンキュンするんですが、
攻めがその約束を守って信じて待っていたというのもめっっっちゃ良いです…!!!!

2.異種族
上にも書いたので重複しますが、コレ!コレですよ!

肉食×草食。
今は獣人が獣人を食べることはないとわかっていても、
本能が怯える。本能が暴走する。
受けが怯えているのに止められない攻めも、
本能的に逃げられずに固まっちゃう受けも、
ぐぅぅぅ切ない(;///;)切ないが萌える…(;///;)

1度は暴走してしまった攻めが反省して、
その後受けを大切に、怖がらせないように、と気を使うのに愛を感じます。

その愛を受け取って、受けの意識が変わるのですね。
攻めを「肉食獣人」ではなく「マティアス」として見る。
少しずつ2人の関係が開いていく過程もグッときました。

3.キャラクター
攻めは物腰が柔らかく基本肉食っぽくないんですが、
性欲が抑えられなくなるとグイグイ押すところがギャップ萌え。
普段は性欲なさそうな穏やかな笑みを讃えながら、ベッドではフンスフンスしちゃうんですよ。
で、暴走しそうになったら雪に埋まって沈めるw
大人なんだか子供なんだか、とっても可愛いです♡♡

受けは意外と気が強い?感じも好きです。
「乳が出る」のも屈辱なのに快感でもあって。
流されまいと抵抗しながらも快楽を得てしまう…というね。可哀想なんだけど萌えるよね…。

あとは攻めの家族もバラエティに富んでて良かった。
王道がみえる安心感がありました(﹡´◡`﹡ )

1

乳に先入観持たないで読んで欲しい!

滝沢先生は今回が初読みの作家さまでした。
ユハが雄なのに乳が出るとあらすじにあったのもあり、合わなかったらどうしようと恐々読み始めました。

ところが嬉しい誤算でユハが儀式で酷い目に遭ってるんですが、あくまで視姦だけなので妙に面白くて興奮してしまいました。

攻めのマティアスがまたサマミヤアカザ先生のイラストも相まって、とても美形で良い男なのです。しかも健気でした。受けのユハが健気なように思えますが、健気大賞はマティアスにあげたいです。

ユハの村の男達は叔父を初め胸糞悪い奴らばかりです。さらにそこにはぐれ肉食獣人とか危険な存在まで現れたりします。

ユハが村で聞いていた話とマティアスと暮らすようになって知った他の村での話の違いが面白いです。

種族違いとか同性だとかユハは育ちもあってとても気にしていましたが、それはマティアスの一途な思いによってユハも強くなっていってました。

神子の領主への捧げ物の真実とか、マティアスの本来の身分とか終盤に一気に明らかになります。

そしてマティアスの得意料理の秘密にはホッコリしました。

とにかく面白いので先入観持たないで読んで欲しいです。

1

世界を開くものとは

今回は受様の唯一の友で城下に住む肉食獣人と
集落の神子とされた草食獣人のお話です。

弱い立場から搾取され続けてきた受様が
攻様との出会いを支えに生き方を変えていくまで。

地図上で最北部に位置するヒルヴィカンガス王国は
ヘラジカ一族を頂きとする封建制の国家で
豪雪地帯であるヴィティ侯爵領は
人の行き来も少なく独自の文化を育っています。

ホーランドロップ種のウサギ獣人である受様の住む
ヴィティ侯爵領のアンテサラ集落は
様々な草食獣人達が畜産や農業で生計を立てています。

受様は両親を亡くし伯母夫婦に引き取られますが
伯母が病で他界するとユキウサギ種の伯父やその子達は
受様に冷たく彼らに使われる日々を送るようになります。

そんな受様を唯一対等な人として接してくれるのは
雪山で遭難しかけていた受様を助けてくれた
小型で可愛らしい容姿のオコジョ種の攻様だけでした。

攻様は集落の近くのコテージに
家庭教師でもある世話役と静養でやって来ていて
数日を過ごしては領主城下にある街に帰っていきます。

オコジョ族は肉食獣人の中でもアイドルのような存在で
二つ下の攻様も受様には誰よりも可愛い存在でしたが
攻様は大きくなったら「受様とここで一緒に住みたい」
と言ってくれ、受様も大好きな友人との生活を
夢見るようになります。

ヒルヴィカンガスに遅い春がきて
最初は攻様と恋人ごっこをしていたつもりの受様も
徐々に攻様への気持ちが募っていきますが、

そんな気持ちの変化が身体をも変化させ、
雄でありながら乳のでる体になってしまいます。

ホーランドロップ種の雄は夫婦で子育てができるように
まれに雄でも乳が出る種がでるらしく
受様はまさしくその貴重な雄となってしまうのです。

受様が乳が出ると知った伯父によって司祭曰くの
「珍しもの好きな神」のために乳を捧げる「神子」と
されてしまうのです。

受様は神子開通の儀の為と胸を刺激され続け
儀式の後は90日毎に集落の雄の前で搾乳する事を
強いられることになります。

受様は穢れてしまった自分では純真な攻様には
もう相応しくないと別れを決意します。

それから10年、次の神子が誕生した事で
やっと神子から解放されると思っていた受様でしたが
司祭は領主の爵に仕えるようにと言うのです。

なんと、この集落では希少種のホーランドロップ種を
愛玩獣人として領主に献上していたのです!!

受様には集落の悪習からに逃げる道はないのか!?

ホーランドロップ種の雄の特色故に犠牲となって来た受様と
受様と出会った事で生き方を変えた攻様の
もふもふ異種間ファンタジーになります♪

受様は神子となった事で司祭に売られており
集落での儀式に参加していた雄達にも襲われそうにもなり
集落から逃げるしか道が無くなります。

そしてそんな受様が逃げられる場所は
攻様のいたコテージしかなかったのですが
なんとそこには逞しく成長した攻様が住みついていて
受様はかつての初恋の君と再会する事となるのです。

攻様は受様と出会った時にはオコジョ種を名乗りますが
本当はホッキョクグマ種で、他にもいろいろと
受様には内緒というか、隠している事があります。

肉食獣人らしく逞しく育った攻様は
受様の受けた仕打ちに憤ってくれるのですが
神子の儀式でエロくなってしまった受様に
当てられて発情して組み敷かれてしまうのですよ!!

受様に好意を寄せているために盛ってしまった攻様、
自分が被食者であると自覚してしまった受様、
肉食獣人と草食獣人な2人がどうやって恋を実らせるのか。

集落の安泰のために受様を領主に差し出そうとする伯父達、
力弱い草食獣人を食い物にする狂暴なはぐれ肉食獣人、
攻様を訪ねて来る美しい令嬢等々

それぞれが受様に、攻様に関わりながら物語は進み
2人がお互いを大切な相手とするまで
ハラハラしつつも楽しく読ませて頂きました (^O^)/

薄幸な受様のキャラ設定はかなり捻られていましたが
受様の神子の長さ(10年)の必要性が見えず
攻様の隠し設定は鉄板路線を超えなかったので
「萌」評価としました。

受様の為ならガンガンな攻様の健気さと
受様に煽られちゃうとわりと脆い攻様の理性も
受様的にはアウトでしょうけど
第三者視点な読者としては萌えツボでした♡

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う