騎士と王太子の寵愛オメガ ~青い薔薇と運命の子~

kishi to outaishi no chouai omega

騎士と王太子の寵愛オメガ ~青い薔薇と運命の子~
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神40
  • 萌×215
  • 萌5
  • 中立7
  • しゅみじゃない6

--

レビュー数
8
得点
282
評価数
73
平均
4 / 5
神率
54.8%
著者
滝沢晴 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
兼守美行 
媒体
小説
出版社
三交社
レーベル
ラルーナ文庫
発売日
電子発売日
ISBN
9784815532604

あらすじ

祖父と五歳の息子ミールとともに貧しい農村で暮らすオメガの青年キラには過去の記憶がない。気づいたときには身重の状態で臥せっていて、出産後は、労働力として酷使されてきた。ところがある日、隣国アーフターブから一人の凛々しい騎士がやってきて、キラこそが後宮から失踪した現王太子の寵妃であり、ミールはその御子であると言う。訝りながらも騎士ジャムシードに付き添われ隣国へと旅することになったキラ親子だが……。

表題作騎士と王太子の寵愛オメガ ~青い薔薇と運命の子~

ジャムシード,キラを探していたという隣国の騎士
キラ,妊娠期に記憶を無くしたオメガ

その他の収録作品

  • あとがき

レビュー投稿数8

オメガバースものでありながら、それにとどまらないストーリー展開。

滝沢さん作品は2冊目。
今巻はタイトルからも推測できるようにオメガバースものですが、オメガバースものというバックボーンをフルに生かしながらもそれにとどまらず謎解きの側面を兼ね備えていて、読んでいてハラハラドキドキしつつ萌えも滾りながら読破しました。

ネタバレ含んでいます。ご注意ください。






祖父の家で5歳の息子・ミールを育てているキラ。
小さな辺鄙な村で貧しい生活を送っている彼らだが、キラには過去の記憶がない。大きなおなかを抱え倒れていたところを助けられたと聞くが、子の父親であり自身の番だった人物の存在も、自分の名前も何も覚えていなかった。

亡き夫が残したという多額の借金返済のために、キラは息子を生んですぐからまるで小間使いのように働いてきた。オメガで、過去の記憶をなくしたキラに村の人たちは冷たかったが、それでもミールの存在だけがキラの心の拠り所だった。

そんなある日、村に一人の美丈夫の騎士がやってくる。
キラとミールを見つけたその騎士・ジャムシードは、キラは現王太子の寵妃で、ミールは王太子の息子だという。記憶を失い過去のことを思い出せないキラではあったが、ジャムシードに諭されるまま、王宮に戻ることにするが―。

男のオメガは珍しく、そのため誘拐などの危険性があるということで、有能な騎士で編成されたメンバーでキラとミールを保護しつつ王宮へと帰る旅。

その旅の中で、少しずつキラ自身が失った過去が見えてくることで「キラ」という人物の謎解きに加え、王太子の寵妃でありながらジャムシードに惹かれていく想い、ミールへの深い愛情。そういったものが少しずつ絡み、ストーリーに奥行きを与えています。

そしてもう一点。
タイトルにもついている「青い薔薇」。
このキーワードが、非常に良かった。

高価な青い薔薇が市場に出回っていること。
キラに、ジャムシードが与える青い衣装の類。
そして、ジャムシードがキラに渡した「青い石のついたリング」。

「青」というキーワードを軸に、キラの過去に少しずつ迫っていく。

BLという軸で読むと、キラは王太子妃という身分でありながら騎士のジャムシードに惹かれていく部分がキモです。いわゆる身分違いの恋なわけですが、そこにオメガバースという因子が加わることでシリアスさも増す。なぜなら、キラは王太子にうなじを噛まれ番になっているわけで。これ、オメガバものである必要ってあるかな?というものもあったりしますが、今作品はきちんとオメガバースというバックボーンが生きているのも素晴らしい。

正直結末は途中から分かってしまう部分はあるのですが、それを差し置いても、「謎解き」部分も非常に面白いのです。いわゆる犯人探しといったミステリではなくあくまでキラの失った記憶が戻るのかという謎ではあるのですが、キラの断片的に残る「記憶」と、青い「もの」、それらが少しずつ繋がっていく様は圧巻で読みごたえがありました。

で。
キラとミール親子を守る面々がカッコよすぎて悶絶。女性のヤスミーンと、ジャムシードの騎士仲間のウマル。
カッコいいだけではなくて、人情味あふれ、そして四角四面ではなく非常にコミカル。そんな彼らに囲まれ、キラもミールも少しずつ素を取り戻していく。ミールがキラを守るために奮闘しますが、良い男に成長しような予感しかしない。小さな騎士のカッコよさと可愛らしさに悶絶しました。年齢差がありすぎな感じもしますが、ウマルとミールにくっついてほしい…!

キラ親子が村にいたときは凄く薄幸で、それがジャムシードと出会い、少しずつ幸せと過去を取り戻していく。キラは、その見た目やオメガであるという性から様々な場面で襲われるシーンがありますが、そのたびにジャムシードはじめウマルたちに助けられるシーンもカッコよくて萌え禿げる。

シリアスさと甘々。
切なさと深い愛情。
そういったもののバランスが秀逸でめちゃめちゃドツボに突き刺さる神作品でした。

22

ストーリー展開が秀逸

滝沢先生の作品を読むのは「キバも劣情もこわくない ~過保護な獣のいる暮らし~」に続いて二作目です。

前作も想像以上に面白かったんですが、今回も巧みなストーリー展開に夢中になって読みました。

キラが隣国で見つかったのはどうしてなのか?この謎が終盤まで明かされないので想像しながら読むのも楽しかったです。

タイトルから騎士のジャムシードの正体は何となく察せられます。
でもキラがどうやって王太子妃になったかは、想像とは違っててとても素敵なエピソードでした。

またアーフターブまで行く道中の出来事も面白くて、護衛のウマルや侍女のヤスミーンの存在が秀逸でした。
特にヤスミーンの言動や行動に何度スカッとしたことか!www
こういう女性ならBLに登場しても賛成です。

王太子殿に漸く到着したキラとジャムシードを待っていた人物にドキリとしたり、再びキラを襲う人物の正体とかキラ失踪の真実など、後半に入ってからの展開が目まぐるしいのです。

でもキラと王太子の出会いのお話も入ってて、彼等が出会って結ばれるまでがとてもドラマティックなんです。

そしてキラを失った王太子の後悔とか、一途に思い続ける気持ちとかがとても切なかったです。

ある事がきっかけでキラの記憶が一気に戻るシーンが見事で鳥肌が立ちました。

最近読んだオメガバでは1番好きです。

7

試練を乗り越えた先の幸せ(*´ω`*)

初読みの作家様のお話でした。
皆様のレビューを拝見して、好きそうだわ、と購入です。
うん、オメガバースですが、運命とか関係ないただの恋する2人のお話で、とても楽しく読ませて頂きました(⌒‐⌒)


受け様のキラは、記憶を失い、辺境の貧しい村で祖父と一人息子のミールと共に苦労しながら暮らしていた。

ある日、凛々しい騎士が隣国アーフターブの後宮から失踪した男性オメガを探している、と現れる。
この騎士が攻め様のジャムシード。

キラこそが探していた王太子の寵妃だ言われ、親子で一緒に帰国の旅をすることに。

アーフターブに着くまでに、いろいろなトラブルに見舞われますが、ジャムシードが颯爽と力強く解決。
何よりもキラを大切にしてくれるジャムシードに惹かれていくキラ。

ジャムシードに告白したキラの勢いに、おぉって思ったのですが、ラストの方のジャムシードとキラの出会いを読むと、それだけじゃない!!
うわ〜〜(T0T)
ジャムシードの胸のうちを思うと震えました(つд;*)


騎士だと名乗ったジャムシードの正体とか、この後の流れだとか、いろいろと予想はできるものの、魅力的なキャラのおかげで楽しく愉快に読み進めました。
カップル2人はもちろん、警護する付き添いの2人もいい人で。
特に次女のヤスミーンがいろいろ代弁してくれてるようで気持ちよかった。
また、一人息子のミールが母親思いのいい子の上、子供らしいかわいらしさで悶えましたよ。

最後まで記憶は戻らないままなのかな、と思っていたら、最後の最後で(*´ω`*)
よかったねぇ。


イラストは兼守美行先生。
流麗なイラストの数々、ありがとうございます。

7

無くした記憶に潜む想い

今回は王太子の寵妃を探す隣国の騎士と
記憶を失ったまま一人息子を育てる青年のお話です。 

受様が彼を探す攻様と出会い、記憶を取り戻すまで。

この世界には男女の性とは別に
アルファ、ベータ、オメガという第二の性が存在します。

アルファとオメガは100人に1人程の希少な性で
アルファは優位性遺伝子の結晶と呼ばれ、
国の首相や王侯貴族に多い性です。

オメガは男女ともに子を成す事ができますが
アルファとオメガは互いの媚香で惹かれあい
オメガは発情期の性交中にアルファと番となると
以降は番以外を受け付けなくなります。

受様は希少な男性オメガで番持ちですが
番は借金を残したまま流行病で亡くなり、
受様も高熱で記憶を失ったまま出産、

受様親子は祖父の家に身を寄せて
村中の水汲みや羊の世話などの重労働を引受て
暮らしていました。

そんなある日、受様の祖父の家に
曲刀を携えた上流階級の美丈夫が訪れます。
彼はあるオメガを探し村を訪れた隣国の騎士でした。

騎士は青年の小さな絵を差し出し
受様を後宮から失踪した現王太子の寵妃であり
受様の息子は王太子の皇子になると言うのです。

実は受様は身重で奴隷用の足枷を付けたまま
川辺に倒れていたところを発見され、
記憶がないのをいいことに村での労働力として
借金を枷に村に留め置かれていたのです!!

騎士は王太子と受様の関係は良好であり
受様の失踪に関わる策略も調べがついたと言って
共に帰国する事を望むのです。

しかも村のある国と隣国は小競り合いが続く間柄で
受様が拒めば国をも巻き込む争いになると言い
受様の抗いを許してくれません。

受様は仕方なく隣国への旅路に着くのですが
王太子が探す寵妃を捕虜として狙われる可能性が高く
受様親子は騎士の妻と子供を装う事となります。

果たして受様は無事に王太子の元に辿り着けるのか!?
そして受様を探し続けた王太子の真意とは!?

過去の記憶がなく息子とともに慎ましく暮らす受様と
王太子の寵妃を探す攻様のオメガバースとなります♪

オメガの寵妃とアルファ王太子という
身分差シンデレラストーリーですが

始まりの段階で受様には記憶がなく、
亡くなった番の借金返済のために
村中の苦役をさせられている状況ですが
息子と生きるためとどんな負担も担っています。

記憶の無い受様ですが
子供の父親らしい人の夢や
毒気を含んだ人々の嘲笑を浴びる夢を
度々見ていて過去を知る事を恐れています。

そんなところに現れたのが
受様を隣国の王太子の寵妃として迎えに来たという
美貌の騎士様なのです。

読者的には彼が攻様だろう事は自明の理ですが
彼は名のある騎士である事も確かでして
彼は王太子ではないのか!? という疑問が生じます。

そんな攻様側の事情に
王太子の元への旅路で浮上する国同士の駆け引き、
珍しい青い薔薇の存在と人身売買の暗躍など

2人の恋愛要素以外にもワクワク要素が盛り沢山♪

王道設定を下敷きにしながら
記憶がない受様を視点者とすることで
番である攻様との関係にも不安要素がプラスされ
なかなか真実が見えてきませんが

攻様の受様への気遣いが端々に見えていて
早く正体を見せてくれ!! と思わされ
頁をめくる手が止まらず

受様の亡くした記憶に潜む失踪の謎が絡み合い
受様が愛息と共に愛した人の腕に戻るまで
ハラハラ&ドキドキ、
たいへん楽しく読ませて頂きました (^O^)v

最初に手にした時の印象と展開とは
全く違っていていい意味で
期待を裏切られた良作でした。

5

夜空の蒼と青いバラ 

RENTAで購入。(イラストの拡大機能がなかった、残念)
読みやすいなーと思ったら、「鳩村衣杏先生のBL小説基礎講座」の企画担当をしてました
・・努力が作品に反映されている。前作よりずっと読みやすくて、引き込まれる展開。凄く面白かった。

記憶喪失のΩ妻と息子を探す一途な夫。夫が良く泣く物語。
キーワードは、青いもの、バラの香。ラピスの指輪。

ファンタジックでオリエンタルな内容と、挿絵がマッチしていて魅力的。
 表紙の絵で内容がほぼ分かってしまうダイジェスト。
 挿絵は、特に子供らしさを取り戻すミールの描写はさすがです。

冒頭の出だしは、キラが夢で見る失った記憶の断片
  妊娠を聴いて喜ぶ夫との会話
  腹の子の命を必死で命乞いする会話。
キラは、気付いたら身重の体で、水辺で臥せっていた。
貧しい村で、記憶を失ったΩのキラと5才の息子ミールの母子は、身を粉にして働いている。
年齢も、夫も、全ての記憶を失った訳は、村の医師は、流行した熱病のせいだという。
老人の家に身を寄せ、村人が言う「キラの死んだ夫の借金」を働いて返済する。
キラは、記憶があれば、ミールに貧しい思いをさせずに済むのにと、虐めに耐える。

ある日、隣国の王室からキラの迎えが来た。嘘を詫びる老人。
・・キラは記憶がないので、村人全員に騙されて奴隷のように使役されていた。
騎士のジャムシード達と、親子を偽装して帰国の途につくキラとミール。
 帰国後のミールの立場が心配になって逃走を考えたり、揺れるキラの心。

ハピエンでした。印象深いシーンは、一番最後のキラが記憶を取り戻した場面。

---memo
★タグ付きツイートしたら、SSをもらえます。 https://bit.ly/3D9DD2X

著者tw: キャラについて、今回は裏話やその後
裏話①(ネタバレ)  https://bit.ly/3862vdF
裏話②(ネタバレ) https://bit.ly/2Wb5S09

--
ラピスラズリ:
石を意味するラテン語のLapisと、青や空を意味するペルシア語のLazward混成の混成語。

5

碧雲

ラピスラズリ:
石を意味するラテン語のLapisと、青や空を意味するペルシア語のLazward混成の混成語。
日本では、サンスクリット語のヴァイドゥーリャ(vaiḍūrya 宝石)/パーリ語のヴェルーリヤ(群青の空の色の意。アジュールの語源)の音訳が「吠瑠璃(バイルリ)」「瑠璃」となった

2回読んでほしい

頼むから、2回読んでほしい。

例え、記憶を失っても、何度でも貴方に恋をするーーなんてのは、ありふれた愛の言葉だけど、それを体現したのがこの本です!!!
すごい、愛に溢れてました…すごい…。
まず、主人公たちの愛、それからキラの子ども、ミールとの親子愛、主人公たちを取り囲む人々の愛と、カタチが違うけれどそれぞれの愛が描きこまれ、疲れた心に沁み渡りました。
私は新年から良い本に出会ったなとしみじみ思うわけです。

おそらく、読み進めていくうちに今後の展開が読めるんじゃないかと思うんですが、それすら上回って面白いし、愛しさが100万倍。
読み終えた頃には、もう一回読みたいと思うはずです。満足度的な意味もですが、伏線回収的な意味で。
「あー、あの時のあの台詞はここに繋がるのか…胸キュンすぎる…」
ってなります。
一途な純愛が好きなら迷わず読んで欲しいです。ハピエンすぎる。
まるで、ハピエンが約束された童話みたいな幸福感が私の胸を満たしています。
この幸せな気持ちを抱いて生きていきたい。

追伸、印象深いシーンは全部といっても過言ではないです。

2

盛りだくさん!構成にうなる!

お話が凝っていて明かされる順番も効果的で、どんどん盛り上がってフィナーレを迎える感じでした。

最後まで読むと、あの時のあの台詞!あの衝動!とさらに感動しますね。
こういうお話は大好きです。

はじめましての作家さんです。読みやすかったです。
ただ、なんというかキラの言動に色々ひっかかり…。
唐突にいきなり思いついてハタ迷惑な行動を繰り返しとったり、ジャムシードが刺された時に犯人を殴る時の言葉が…。君がそれを言う?で。自分も少し前までは貧乏人だったのに。それにまずは介抱を優先すべきでは?って。

それ以外は本当にとても良かったです。他の警護の二人も良いキャラでした。
キラは後宮での危機感を持ってちゃんと王太子に伝えたり、王太子も把握してれば良かったのに…。

家族のふりもミールにお父さんができて良かったね!ちびっこ騎士としてがんばったね!

最初の村でのキラの境遇がとても辛かったですが、ジャムシードに見つけてもらえて本当に良かったです。

0

素敵なお話

過去の記憶がないオメガのキラ。
そんなキラと息子のミールは貧しい農村で暮らしています。
そこで酷使されながら生活していたキラとミールですが
ある日、隣国のアーフターブから騎士(ジャムシード)がやってきてー…。


最初はすごく嫌なお話だなぁと思って読んでいました。
散々キラとミールをこき使ってた祖父が
突然心を入れ替えたような感じもすごく嫌でした。
村人のことももちろん嫌でした。
結局人は権力の前では無力なんだなぁと思いました。


ジャムシードが最初騎士だと名乗っていて
お話が進むにつれてきっと違うんだろうなぁと思っていたら
やっぱり実際は騎士じゃなかったというオチなのですが
わかっていながらもすごく惹かれて一気に読んでしまいました。

ジャムシードと出会うまでのキラとミールの生活を思うと
やっぱりモヤモヤとしてしまうのですが
そんな中でもキラは健気で頑張って生きてきて、ミールもすごく良い子で
だからこそ幸せを願わずにはいられない作品でした。


二人が結ばれて、ミールとジャムシードもちゃんと親子になれて
やや子も出来てすべてがハッピーエンドでほんとによかったです…。
愛に溢れるお話でした。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う