異世界で保護竜カフェはじめました

isekai de hogoryu cafe hajimemashita

異世界で保護竜カフェはじめました
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×27
  • 萌13
  • 中立3
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
6
得点
70
評価数
25
平均
3 / 5
神率
0%
著者
かわい恋 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
夏河シオリ 
媒体
小説
出版社
徳間書店
レーベル
キャラ文庫
発売日
電子発売日
ISBN
9784199010149

あらすじ

迷い込んだ絵本の世界で、
竜を保護するカフェをオープン!?

空には竜が飛び交い、城にいる小鳥や猫の話す
言葉がわかる!? その上、この先の未来の
出来事までわかってしまう――
トラックに撥ねられた勇利が目覚めたのは、
幼い頃読んだ絵本の世界!! なぜか「神子」と
崇められ、王子の番にされてしまう。
大好きな絵本の王子様・ジュリアンは、
無口で堅物――けれど大の竜好き!!
「竜と会話できるなんて、素晴らしい能力だ」と
熱い眼差しを向けてきて!?

表題作異世界で保護竜カフェはじめました

ジュリアン,シュリルシュラク国第3王子,竜の護り手
ユウリ(勇利),絵本の世界にトリップした高校2年生,神子

その他の収録作品

  • あとがき

レビュー投稿数6

起承転結がはっきりしていい物語でした。

異世界で保護竜カフェを始めるのは、物語の中盤になってからなんですが、はじめの部分がつらすぎて読むのやめようと思いました。
受のユーリが、ワケもわからず異世界に来て、混乱したのち命の危機を迎えたり、攻であるジュリアンの好意を無碍にしたり、ドキドキハラハラしっぱなしです。

でも、半分くらい読んだところで、ユーリがこの世界を受け入れ、保護竜カフェを開こうと腰を落ち着けたあたりくらいから話は一気に進んでいきます。

気付いたら、一気に読んじゃってました。それまでは、ページをめくる手が止まりがちだったんですけどね!

人生楽もありゃ苦もあるをうまくまとめきった大作です。
ストーリーとして、とても面白かったです!

1

さらっと読める、異世界トリップファンタジー

どんな本にも、語られない裏の物語がある──。

お気に入りの絵本の中に召喚されてしまったユウリ。
あらゆる言語を理解する能力を手に入れたユウリは、戸惑いながらも王子・ジュリアンや竜たちと交流を深めていき……と、いうお話。

飛ばされた先は、竜の国・シュリルシュラク。
目覚めたユウリは〝神子〟として扱われ、竜を発情させるために王子・ジュリアンに抱かれてしまいます。

この王子・ジュリアンがめちゃめちゃスパダリ!
一途で純情な美丈夫で、ユウリを心から愛するようになります。
不器用ながらもユウリに尽くす姿にときめきました♡

一方、元は普通の高校生だったユウリ。
全ての生き物の言葉を理解するというチート能力を身につけ、竜と人間の架け橋になっていくのです。

〝竜の護り手〟であるジュリアンと神子であるユウリがHすることで、竜の発情を促すことが出来るとされています。
拒めばジュリアンは無能だと言われ、受け入れれば発情した竜たちがメスを取り合って殺し合う。
自分のせいで……と、悩むユウリの気持ちの揺れ動きが切ない。

そして、絵本通りに進んでいたストーリーにズレが生じていき…

それは、ユウリが自分で考え、自分の意思で選んだ物語を歩き始めたからだと思う。
闇取引や虐待を受ける竜たちのため、「保護竜カフェ」を始めたことがその第一歩です。

人生で受け入れたくない出来事があっても最後まで諦めず、自分の未来を自分で選択していくユウリの成長が胸アツ。
周りが畏怖を抱く竜たちを愛し、敬意を払うジュリアンとユウリ……そんな、種族を超えた信頼関係を感じさせるところも本作の魅力だと思います。

結婚して子が産まれた王子と王女の間には夜の営みが、領土を広げた国の裏には侵略された国が、滅ぼされた悪役にも家族や愛する人が……と、どんな本にも裏の物語があります。
綺麗なだけじゃない絵本の世界を描いた作品ですが、最後はユウリ自身の物語に変わっていくところが良かった。

喋る猫や竜、魔法使いが活躍する世界が心をワクワクさせてくれました。
ここで終わりじゃない、本の世界はこれからもずっと続いていくんですよね。
改めてそんな風に思わせてくれる優しいお話ですが、若干のあっさり感は否めませんでした。

意外にもエロはたっぷりあり、超イケメンなのに神子にDTを捧げたジュリアンに激萌え♡
夏河先生のイラストも素敵でした〜

5

個性豊かな竜たち

なんともほのぼのな印象を受けるタイトルの通りかと思いきや、その通りな部分もあり、それだけではない部分もあり…な1冊でした。
おおむねほのぼのだけれど、人によっては苦手な部分もあるかもしれません。
好きな部分ともやもやとする部分がパカっと分かれたので、間を取って今回はこちらの評価にしました。

トリップ方法は安定のトラック。
ある日、竜が存在する異世界・シュリルシュラク国へと飛ばされてしまい、突然神子として扱われることとなった勇利。
とある事情により、人だけではなく動物とも会話が出来ますし、意思疎通に関しては問題なしです。
ただの異世界ものではなく、幼い頃に読んだ絵本の世界に迷い込んでしまうなんてワクワクする設定ですよね。

竜が存在する世界で、竜達とも意思疎通がはかれる勇利が間に入って、少しずつ信頼関係を築きながら、やがては人と竜が触れ合って交流出来るまでになっていく。
タイトルにもある保護竜カフェを開いたり、小さい竜から大きな竜まで、個性豊かで愛らしい竜達が沢山登場します。
やはり今作の見どころは竜でしょうか。
中でも一押しはリベット姐さん。キャラクターはもちろん、イラストもすごく可愛くて好きでした。
ジュリアンの飛竜・エレインもジュリアンひと筋でとっても可愛い。

はじめは手探り状態から。次第に竜達に寄り添うように優しく接する勇利も、真面目で不器用すぎる、ちょっと残念な竜オタクの男前王子・ジュリアンも良かったんです。2人とも誠実な人だったように思います。
特にジュリアン。幼馴染のレオニダスに叱られたり呆れられたり、拗ねる姿を勇利に可愛いと思われたり、男前なのに可愛げのある攻めでした。
毎回一緒にエンドを迎えたがり、どうにかタイミングを合わせようとするジュリアンが童貞攻めっぽさ全開でなんだか好き。
それを勇利に把握されているのも好き。

ただですね。絵本の中にトリップ〜と、わくわくする設定のはずが、読み始めてすぐにこの展開なのかーと思ってしまった部分があって、そこで1回トーンダウンしてしまったのが正直なところ。
お話の関係上必要な人ではあると思うのですけれど、大神官が居なかったらなあ…なんて思ってしまった。
それから、竜の発情を起こすために護り手と神子は交わらなければならないという設定が個人的にはネックでした。
ジュリアンは勇利を優しく抱きますし、萌えがないかというとあるんですよ。あるんですけど、どうしても「竜達のため感」が強く感じられてしまって、そこに少しもやもや。ここの竜の描写は萌えない…
終盤でようやく萌えたー!となれたかも。長かった。
竜達に関しては、発情うんぬんよりも純粋に勇利達との交流だけの方が作品の雰囲気と合っていて面白かった気がします。

5

竜たちは可愛い

表紙のチビ竜が可愛くて購入。冒頭でアッパーカット食らいましたが、なんとか読了、攻め受けにはあんまり惹かれずネコ、チビ竜が可愛かったので中立より萌にしました。本編320P弱+あとがき。竜が好きな方でしたら嬉しいのでは。(ビジュアル的には恐竜という印象でした)

臨時収入を得た勇利(ゆうり)。何か自分にクリスマスプレゼントをと思って歩いていると見慣れない古書店。ショーウインドウにある綺麗な本に惹かれ手に取ってみると昔読んだ本の洋書版の様子。購入しようとすると店主にプレゼントすると言われ・・と続きます。

攻め受け以外の登場人物は
クロ(受けが助けた黒猫、しゃべる)、レオニダス(魔術師、見た目チャらい)、エレイン(攻めの飛竜)、リベット(一角竜)、モノクル(炎竜)、大神官(⤵)、ラビエル(先代の竜の護り手)ぐらい?

++ 攻め受けについて

攻めはくそ真面目な不器用さん&竜大好きオタク。ビジュアルはイケメンきらきら王子なのになあ。竜の護り手は、神子と色っぽいことをしないといけない役割の人なのですが、恋愛事に全く縁がなかったご様子で、ラビエルに人形使ってあれやこれや教えてもらったらしいです・・なんか残念王子では。
竜大好き過ぎて、どっかに何かおいてきちゃったのか。

受けさんは不憫さんで、いきなり異世界飛ばされるわ、飛んで行った後すぐに儀式とやらでキラキラ王子に抱かれるわ、もう踏んだり蹴ったり。可哀想パターンです。王子の前に大神官とやらにあれやこれややられちゃうところがイヤで。そこで私はアッパーカット食らいました。
健気な頑張り屋さんだし、竜ちゃんと意思疎通できるからと彼らの保護活動?啓蒙活動みたいにカフェ始めたところなんかは和やかで良かったなと思います。そして子竜はめちゃ可愛いけど、攻め受けのキャラが今一つ印象に残る感じがなく、さらっと読めちゃったので、少し物足りなく感じた一冊でした。表紙は絶好調に好きだったんだけどな。

3

竜が魅力的

かわい先生の作品は大好きなんですが、こちらの作品はあまりハマりませんでした。

お約束の車に轢かれて異世界に飛んで、最初がいきなり儀式で攻めのジュリアンと身体を繋げられてたので、どうやってラブに進展するのか不安でした。

そして不安は的中してユウリが中々心を開かない展開になって、自ら危険に足を踏み入れたりしてました。ここら辺があれだけユウリは本が好きなのに、頭が硬いと思ってしまいました。

ユウリの中途半端な覚悟に何度も苛ついて、この受け余り好きじゃないと思ってしまったんです。途中まで評価は中立でした。

ただ終盤に敵国が襲って来て炎竜のドレイクの活躍が面白かったので萌になりました。
ラブへの萌えではなく竜の活躍への萌えです。

2

保護竜カフェでお茶を。

絵本の中へトリップしちゃった異世界ファンタジー。


受け様は、両親を亡くし叔父の元で肩身の狭い生活をしていた高校生の勇利(ユウリ)。
仔猫を助けようと車道に飛び出し、貰ったばかりの絵本と仔猫を抱えたまま、気が付いたら異世界に迷いこんでいた。
神子と呼ばれ、訳が分からないまま、美形の王子と契りの儀式を交わしていて。
この王子が攻め様の竜の護り手であるジュリアン王子。

竜がいる、大好きだった絵本の世界に迷い込んだようだと気付いても理解が追い付かない勇利は、怯えて警戒しまくり。。
神子と竜の護り手は惹かれあうもの、と思い込んでいたジュリアンは戸惑いながらも勇利の気持ちを優先してくれる。

人付き合いが苦手なジュリアンが、不器用ながら勇利に歩み寄ろうとする姿は、その不器用さがかわいい。
勇利の情が欲しい、この世界に残って欲しいと口説くストレートさがまたよかったです(≧▽≦)

この世界にいるのなら出来ることをしていこう。
勇利は、竜と人間の架け橋になれば、と保護した竜と人間が触れあえる場『保護竜カフェ』を提案する。

覚悟を決めきれない勇利にやきもきもさせられましたが、ジュリアンの根回しの悪さにもしっかりしろよ、と言いたくなる。
駆け引きとか苦手そうだもんなぁ。
権力者とあそこまでこじれる前になんとかできなかったのか。

そしてその権力者の大神官と王様ですよ。
自分の思い通りにいかない相手なら排除するやり方にムカつきました。
国を護る立場なのはわかるんだけど、美しくない。
騒動の後、もうちょっと反省する姿がほしかった。

でも、エピローグには拍手。
なるほど、こうハピエンを迎えるのか(⌒‐⌒)
最後まで物語っぽくてほっこりでした。


イラストは夏河シオリ先生。
竜がかわいかったです。


1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う