クリニックという城に、王と姫が住んでいる。

無敵の城主は恋に落ちる

muteki no joushu wa koi ni ochiru

無敵の城主は恋に落ちる
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×22
  • 萌3
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
23
評価数
7
平均
3.4 / 5
神率
14.3%
著者
春原いずみ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
鴨川ツナ 
媒体
小説
出版社
講談社
レーベル
X文庫ホワイトハート
発売日
電子発売日
ISBN
9784065225134

あらすじ

クリニックを経営する城之内聡史には、公私ともに最上のパートナーである姫宮蓮がいる。愛し合うふたりのなれそめは、実はこんな感じで……。「城主と姫」の物語、開幕!

表題作無敵の城主は恋に落ちる

城之内聡史,家業のクリニックを継いだ整形外科医
姫宮蓮,クリニックのアソシエイトで消化器内科医

その他の収録作品

  • あとがき

レビュー投稿数4

めちゃくちゃ楽しい✧*。

クリニックを経営する医師の城之内聡史×そこに勤める医師の姫宮蓮。 面白かった〜‼二人の掛け合いに笑う。強気美人な姫宮がツボでギャップも最高(≧∇≦) 城之内も結果的には一目惚れだったように思うけど、無自覚、なのに好意むき出しで独占欲もあって、いつ自覚するのかドキドキだった。永遠と姫宮の掌で転がされるんだろなぁ(笑) そんな姫宮の自分への厳しさや仕事へのストイックさが素敵でした。想いが通じてからは城之内と同じ様に姫宮の妖艶さにドキドキしてしまった。開業医さんの裏側も垣間見えてお仕事BLとしても興味深い。

1

恋する救命救急医シリーズファンにはおすすめ

ワンコ攻めと美人ツンデレ受けのケンカップルという定番なようで最近では一周回って珍しいようなカップリング。受けの姫宮先生が一重のクール美人というのがツボで、イラストも素敵でした。攻めがどんどんワンコっぽくなっていくのがかわいかったです。

作品はシリーズなしの単体ものですが、恋する救命救急医シリーズと世界観が同じで、出てくるキャラクターも重なるところが多く、英成学園など固有の設定も共通しているので、恋する~を読んでる身からするとかなり楽しく読ませてもらいました。

逆にこの作品から入る人は少し置いてけぼりをくらうかもしれないな~とも感じましたね。(身内ノリっぽくなってる感じ)キング神城とかクイーン篠川とか突然出てきてもイラストにもないし、わからないと思うので、気になる方には恋する救命救急医シリーズをおすすめしたいです。

春原先生の長けた医療知識で、医療現場の表現についてはリアルでお仕事ものとしての面白さもいつも通り楽しめました。

1

今までの春原作品とはちょっと違う

今回は実家のクリニックを継いだ整形外科医と
クリニックに勤務する消化器内科医のお話です。

実家のクリニックを継いだ攻様が受様をパートナーにするまで。

攻様は東興学院大学医学部形成外科のユニット助教です。

外科系の医師のなり手が少ないために
あちこちの病院に助っ人として駆り出され
聖生会中央病院に週2回、至誠会外科病院に週1回通い
かなり多忙な日々を送っていました。

攻様は上昇志向が強く、大学内での出世を狙っていましたが
病院を経営していた整形外科の父と内科の母が引退し、
実家の病院を丸ごと押し付けられてしまうのです。

攻様の実家の病院は開業医としては規模が大きく
攻様の返答如何で事務員やナースや技師等
10人強のスタッフ全員を路頭に迷うと言われては
退路を断たれたも同然でした。

それでも1人ではオーバースペックなのは明らかです。
そんな攻様に攻様の兄が紹介してきた内科医こそが
今回の受様になります♪

受様は聖生会中央病院の消化器内科の医師で
攻様もその美貌と理路整然とした塩対応が
とても印象的な人物だったのです。

受様は攻様の病院での開業に大乗り気で
かなり引き止められた大学病院を退職して
攻様の病院にやってきます。

果たして新病院の未来は如何なることに!?

春原先生の医者モノ新シリーズは
大学病院勤務医から実家をっいで開業医になった攻様と
攻様の兄の紹介でクリニックの医師となった受様の
恋物語になります♪

今回のお話は開業医のお話になるので
事故や病気等の手術を巡って主人公達が
患者や他の医師とスッタモンダするのではなく

勤務医として働いてきた2人が
開業医として新たな医療現場に挑むお話になります。

受様と攻様の兄は同じ中高一貫校に通った先輩後輩で
その繋がりで攻様の病院にやってくるのですが
攻様が大学病院で受けた受様の印象と
新病院で診療する受様から受けた印象が全く違うのです。

どちらが本当の受様なのかという攻様の疑問が
受様への興味が徐々に変化していき
それが2人の関係を徐々に変えていく様子に
萌え萌えしながら楽しく読ませて頂きました♪

ただ、タイトルの印象で
攻様が無敵=俺様系強気キャラかと思ったのですが
母にも兄にも明らかに負けていて
クールビューテイな受様の言動と比較しても
他のシリーズの攻様と比較しても
あまり"無敵"感は感じられなかったかな。

攻様が診療していた病院は
春原先生の既刊『恋する救命救急医』シリーズや
『メスを握る大天使』に出てくる病院で、

攻様の兄と受様は
既刊キャラの卒業した中高一貫校の後輩と
既刊読破の読者にはかなり嬉しい設定で
所々でニマっとしてしまいました (^-^)v

春原ワールド、半端ないですね♪

とはいえ、本作で攻様に絡んで客演しているのは
整形外科医とバーのマスターのみなのでシリーズ未読、
単巻読みでも支障はないかと思います。

0

うーん。

「アルファは薔薇を抱く~白衣のオメガと秘密の子~」が良かったのと、今回も医師の話だったので購入しました。

春原先生が兼業作家様で、勤務先が病院である事から医療関係に詳しいのは分かっていました。

医療関係の仕事はしてないですが、お世話になる事が多いので大体何が書いてあるのかは理解出来ました。
でも純粋に恋愛のお話を楽しみたくて手に取った方は、専門用語ばかりで糖度が少ないこの作品には戸惑うのではないでしょうか?

城之内と姫宮がくっ付くのは本当に最後の最後だったので、読んでいるうちにこの作品大丈夫かしらと心配になってしまいました。

「恋する救命救急医」シリーズを知らないので特にそう思いました。

続編ものだというのも先に教えて欲しかったです。知ってたら購入しなかったかもしれません。
とりあえず次は購入すると思いますが、攻めの城之内に全く魅力を感じられなかったので、今作の様だったらもう読まないと思います。

それと文章の城之内と姫宮にイラストが合っていなくて、ティーンエイジャーのように見えてしまって読んでいて違和感を感じました。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う