恋する救命救急医 ~今宵、あなたと隠れ家で~

koisuru kkyuukyuukyuumeii

恋する救命救急医 ~今宵、あなたと隠れ家で~
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×22
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
27
評価数
7
平均
3.9 / 5
神率
28.6%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
講談社
シリーズ
X文庫ホワイトハート(小説・講談社)
発売日
価格
ISBN
9784062869232

あらすじ

「ここは……あなたの繭です」
救命救急センターに配属されて2年目の医師・宮津晶は、過酷な勤務の日々に過労で倒れてしまう。彼を見かねたクールな上司・篠川に昔馴染みというカフェ&バー『le cocon』を紹介され、迷いながら訪れた晶は、年齢不詳の美形マスター・藤枝と出会う。藤枝の美味しい食事と優しい笑顔の虜になり、柔らかく心地よい『繭』に包み込まれ、身も心も蕩かされて――。

表題作恋する救命救急医 ~今宵、あなたと隠れ家で~

藤枝脩一、病院近くのカフェ&バーのマスター
宮津昌、救急救命センター配属二年目の医師

評価・レビューする

レビュー投稿数2

さらりとしたタッチだけど、ちゃんとお仕事してます。

楽しく読める医療ものお仕事BLでした。
春原先生の医療ものはいくつか読んでいますが、それらは主に病院内だけで起こることだけが描かれている話でした。それに対し、今回は病院近くにあるカフェバーも重要な舞台になっているので、話に変化と厚みが出ているように感じました。

人の命に関わる仕事で疲れたり追い詰められたりしたお医者さまが、癒されにいく「繭」、素敵ですね。

最初読み始めた時は、主人公の恋のお相手は上司か同僚なのか?と思いましたが、読みすすめると、素敵なお店の素敵なマスターと甘い雰囲気に……。

表紙イラストの主人公くんは、ちょっとかわいい女の子に見えすぎる気もしましたが、悩みながらもきちんとお仕事に励む主人公と個性的な周囲の人々が良い感じのストーリーでした。描写が深刻になりすぎないところも良かったです。

0

きっと満足度・満腹感いっぱいになる1冊。

本の内容も、主人公2人の関係も、とても満足のいく心から面白いと思える1冊だったように思います。
初読み作家さんだったのですが、言葉の表現の仕方が綺麗で、またそれが隠れ家的お店や脩一の醸し出すオーラとマッチしていて…。
この1冊だけで他の作品も読みたくなってしまう、好きな作家さんになりました。

この本のオススメするポイントとしては、(あくまでも私的主観ですが)久しぶりに主人公2人ともに好感を持てました。
攻めさんの脩一さんの包容力の大きさに、読み手としても何回惚れそうになったか…。
今まで読んだ攻めさんNo.1の包容力と言っても過言ではないと思います。
本当に本当に終始かっこいいに尽きる、素敵過ぎる攻めさんでした。
そんな攻めさんを陥落させたのが受けさんの救命救急医でもある昌。
帯に子犬と表現されていたので可愛い系かと思いきや、そんな感じでもなく。
仕事に対する責任感も凄く持っていて、適当に力を抜くこともせず上を目指しながら日々頑張っているので、自分自身を疎かにして倒れてしまうくらいの仕事人間。
上司に言われて行ったお店で脩一と出会うことによって、心に余裕が生まれ続き、また一段と医者としてかっこよくなっていく姿は、脩一も言っていましたが本当にかっこいいの一言に尽きます。
見た目が子犬っぽい感じなので可愛い見た目とのギャップに、密かに院内で人気あるんじゃないかと思ってます笑。
そんな頑張り屋で弱味を見せない昌が唯一甘えられる存在に出会え、可愛く翻弄してるシーンは普段が真面目なだけに、いくら脩一でも理性崩されるよなあ…とニマニマしちゃいそうでした。

この2人は割と早い段階でくっつくのでこの先の展開は?と、思いながら読み進めましたが、昌が医者として大きく成長するきっかけが2件舞い込んでくる中盤のシーンは、本当に医療系の小説を読んでいるようでハラハラとドキドキとやり切れない昌の思いとがふんだんに伝わってきて、のめり込んで読んでいました。
そんな昌をさりげなく支えてくれている脩一が本当に素敵で!
この2人は出会うべくして出会ったんだな、と読み終えた今はそう思います。

脇役として出てくるトムや森住なんかも、この本では欠かせない人物で。
あとは、脩一が出す家庭的フレンチ料理が美味しそうで…その辺も見どころです。
あらすじに関しては、実際に読んでもらって楽しんで欲しいと思うのでほぼ省略しましたが、買って損はないと思うので、本格医療系の本を、でも恋愛要素も盛り込んであるものを読みたい方には是非オススメしたいです( *´︶`*)

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ