恋する救命救急医 キングの憂鬱

king no yuutsu

恋する救命救急医 キングの憂鬱
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
11
評価数
3
平均
3.7 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
BL小説
出版社
講談社
レーベル
X文庫ホワイトハート
発売日
価格
¥689(税抜)  ¥745(税込)
ISBN
9784065126486

あらすじ

救命救急センターの専属ナース・筧はドクターヘリに搭乗する医師・神城の姿に憧れ、フライトナースを志望した。そして彼が立ち上げた救命救急部に理解のない第二病院から、北米型ERを誇る中央病院へ共に転属することに。追い出されたも同然の異動に、自分にしか理解できないだろう、神城の無念を心配する筧。だが常に張り詰めた状態だった神城が、別人のように明るくなったことに、複雑な想いがつのり……。

表題作恋する救命救急医 キングの憂鬱

神城尊、救命救急センター副センター長
筧深春、救命救急センターフライトナース

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

憧れは時を経て形を変える

本作は救急救命医シリーズのスピンオフで
救命救急センター副センター長と
彼とともにヘリに乗るフライトナースのお話です。

攻様に憧れてフライトナースとなった
受様が攻様の恋人となるまで。

攻様が聖生会第二病院に赴任したのは
8年前になります。

ドクターヘリ配備と同時時期だった為
当初は整形外科医として赴任のはずが
フライトドクターの研修を受けて
すぐに救命救急医に転科、

その3年後、攻様は直訴により
ドクターヘリの有資格者のシフト制から
救命救急部の専任医となります。

受様はナースをする母に育てられ
看護大に進みます。

攻様は受様達が実習に行く大学の
付属病院の整形外科医で
受様達の講義の講師でした。

受様は実習見学に行った付属病院で
はじめてドクターヘリを見てます。

そこで偶然
医師としてヘリに乗り込み
厳しい現場に向かう医師の姿に
自分もああいう仕事をしたいと
明確な目標を見つけたのです。

その後、攻様は大学を辞めて
聖生会に就職するのですが
受様も卒業後の進路して
迷わず聖生会を目指します。

そしてドクターヘリのある
第二病院への配属を希望、
救急看護師として経験を積み
フライトナースとなり
救命救急部専従のナースとなります。

ところが第二病院の救急部は
受け入れの可否を専門医が判断する為
次々と患者を受け入れたい攻様は
煙たがられていたようで

第二病院の改装計画が立ち上がり
ドクターヘリが中央病院に移り
ヘリスタッフも異動する事となります。

そしてやって来た中央病院で
攻様はセンター長を務める後輩医師に
副センター長につかされます。

中央病院は攻様が理想としていた
専属の救急救命医が患者を診て
各課に振り分ける北欧型ERで

攻様は第二病院の頃よりも
生き生きと走り回っています。

受様はそんな攻様の様子を喜びつつも
攻様の一番の理解者ではなくなった自分に
攻様の傍で働く資格があるのかと
悩むようになり…

春原先生の救急救命医シリーズの
スピンオフで新たなカプが登場です♡

シリーズの前巻のスピンオフである
実業家×センター長カプのお話で
本作のカプも登場済みでして

なんか良いコンビネーションで
2人の恋愛模様が読みたいな
と思ってはいたのですが

まさか本編カプより先に
新作として読めるとは思わず
タイトルとあらすじを見て
ちょっとびっくりでした。

前巻で既に2人の関係は
決まっていたのかなと
ワクワクで読み始めました (^_^)v

私の予想では
攻様が受様を気に入っていて
いろいろチョッカイかけて
受様がほだされる組み合わせかなと
思っていたのですが

そもそも両片思いなカプな上に
受様視点だったからか
攻様の好意に悩むというより
攻様への恋で悩む感じでしたね(笑)

受様は学生の時に攻様に憧れて以来
攻様とともにいる為に資格を取って
フライトナースとなりドクヘリに乗り

ドクヘリの移動とともに転院し
攻様の支えになるべく
ともにいたいと頑張っています。

実態は攻様の裏の画策があって
一緒に転院するのですが

それを受様に判らないように
根回しというか画策するのが
攻様自身なので本人が言うまで
受様にはバレません(笑)

カッコつけたがりと言えば
その通りなのですが
好きな子(しかも年下なら特に)には
いつでもカッコイイ男と
思われたいのはわかりますけどね。

今までのカプに比べても
院内での時間やシーンが多く
恋愛要素よりも
お仕事要素が高いお話ですが

仕事にも恋にも悩む受様と
飄々としながらも
実は悶々としている攻様の憂鬱を
楽しませて頂きました。

本作を持って本シリーズは
春原先生初の最長不倒の巻となり
シリーズ続刊予定もあるそうなので

既存キャラはもちろん、
新キャラにも頑張って貰って
楽しい世界を広げて欲しいです (^^)/

今回は春原先生の既刊シリーズから
『きみは過激なエピキュリアン』を
おススメしてみます。
こちらは高原記念病院シリーズで
受様がMYツボすぎるほど大好きです♡

1
PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ