俺に××されていきませんか?

閉じこめちゃってもいいんだよ?

tojikometyattemo iindayo

閉じこめちゃってもいいんだよ?
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神10
  • 萌×27
  • 萌5
  • 中立4
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
97
評価数
26
平均
3.9 / 5
神率
38.5%
著者
にこ山P蔵 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックス moment
発売日
電子発売日
ISBN
9784801972780

あらすじ

一人暮らしの部屋で引きこもり生活を送るケンジの唯一の楽しみは、デリバリースーパーの配達員・ジュリオに会うこと。
可愛い顔でいつも明るく優しく接してくれる姿に密かに想いを寄せながら悶々と過ごす日々。

しかし、ある日配達ミスをきっかけにジュリオが終業後に家に来た際、勢いでつい「とんでもない提案」をしてしまう。
恋も人生も何もかも終わった…と絶望するケンジだが、ジュリオは「面白そう」とまさかのOK。
それどころか、「ご主人サマ」と甘く呼んでエッチなことまでしてくれて……!?

引きこもり陰キャ×えっちな陽キャお兄さん
夢と禁断のドキドキ同居(?)生活、スタート!

表題作閉じこめちゃってもいいんだよ?

荻原ケンジ,21歳,引きこもり
山田寿里王,25歳,出前野郎店員

その他の収録作品

  • BOUNS TRACK

レビュー投稿数4

笑いあり感動ありエロありで最高

表紙買いでアホっぽい話だと思ってましたが、ストーリーも面白く泣くまではいかないけど感動する場面もあって、エロいことはしてるけど監禁も遊び感覚でやっているので不思議と濃厚に感じませんでした。いろんな要素がバランスよく詰まっていて読んでいて楽しかったし買ってよかったなと思いました!

攻めのケンジは、昔から心療内科に通うほど人と話す事が苦手で医者に何かがきっかけで良くなることもあると言われていたけど、誰とも関らずいたのでよくなることもなかったのに、受けのジュリオに出会いきっかけは変わっているけど一緒に住み始めて、ジュリオのおかげで考え方が前向きになったし、人に会うのが怖くて外出もできなかったのにジュリオが熱を出した時、勇気を出して薬を買いに行けたしその後はコンビニや遊園地にも行けて急成長していて感動しました。
ジュリオの弟・ロミオ(ブラコン)にジュリオが監禁されて助けに行ったケンジがスパイみたいで笑いました。

ジュリオは17の時に家出し、ウリをしてお金や住む所を確保して弟にお小遣いをあげたり大変そうなのに本人はポジティブであっけらかんとしていて苦労している感じがしないので、弟が心配して執着しているという変わった兄弟愛もありました。
見た目や行動は軽いけど、内面はしっかりしていて思いやりもあるので、初めて本気で好きになったケンジと末長く幸せになって欲しいと思いました!

bonus trackでケンジとジュリオのイチャイチャラブラブがみれたし、ロミオも監視といって2人の様子を見に来ていてうまくやっているみたいで微笑ましかったです!

6

コミカルだけではない

デリバリー配達のチャラいお兄さん・ジュリオが気になっている引きこもりのケンジ。
ある日ジュリオが仕事を辞めると聞き、テンパってお茶でもどうですか?なテンションで監禁されていきませんか?と謎の誘いをしてしまうも、ジュリオは引くどころか面白がって積極的に縛られようと迫ってきて…

表紙ではわかりにくかったのですが、ジュリオが褐色(しかもパイパン)だったので褐色大好き人間としてはラッキースケベ並の嬉しさを味わえました(笑)

タイトルや表紙のポップさとジュリオのハイテンションさにそのままコミカルなかんじでケンジが振り回されていくのかと思いきや、ケンジの引きこもりの理由やジュリオの背景がわかっていくうちにコメディだけではない展開に。
監禁されている(だいぶとソフトですが)のに自由で破天荒なジュリオと過ごすうちにケンジが少しずつ変わっていく。
ケンジはジュリオの言動行動に救われて、ジュリオもケンジに存在を受け入れられて惹かれ合う。
ケンジがジュリオに伝えた言葉が真っ直ぐでピュアでジーンとしました。
一人の男の成長物語、とカバーのそでに書かれていたのでなるほど、と納得のお話しでした。

ジュリオにちょっと歪んだ愛情を向けていたブラコンのロミオもなんだかんだ言っていずれはふたりのことを認めてくれそうで、いい関係を築けそうだなあと思いました。

2

監禁される側がノリノリで面白い

「こんなグズに調理された食材さんたちのことを考えると俺は…」
「感受性が豊か過ぎる」

ポジティブパリピなジュリオ配達員に出くわした鮮烈さに、2日間熱を出すケンジにまず笑いました。
ジュリオにとっては軽く投げキッスしたり「ハピバ〜誕プレ〜」と緩いノリだけど、それが出来ない者にとってどれだけ眩しいか!一つ一つに過大に反応するケンジの気持ちは分かります…

つい口走ってしまい監禁という共同生活を送ることになった二人。
監禁にノリノリなジュリオと、すぐ自首しようとする弱気なケンジが面白い。そしてジュリオのためにケンジがご飯を作ったり引き篭もりをどんどん克服したりと着実な変化が描かれているのがとてもポジティブで好きでした!
好きな人を守るために逞しくなるのが、変わった設定とコメディと魅力的なキャラクターでワクワクしながら読めました。

さりげない伏線の張り方と回収がとても気持ちよかったです。そして前向きになれる作品でした。
エロは体型なのか擬音の描き方なのか、ちょっと古いエロ本という感じ。フェ顔は好き嫌いありそう。
表紙のジュリオかわいい。

0

ただのエロ本じゃない…!

表紙と試し読み部分の突拍子のなさ、そしてにこ山P蔵先生の作品、ということで、「エッチなラブコメなんでしょ?ふふん」と思って読み始めたんですが(失礼)、、いい意味で予想を裏切られました!こんなにストーリーがガッツリだとは…!

オビに「一人の男の成長物語」と書いてありましたが、まさにそんな感じ!いろいろあって引きこもりになってしまったケンジくんと、計画性がなさすぎて全財産が●マザキ春のパン祭りシート×3なジュリオさん。それぞれ長所と短所があって。それぞれ乗り越えるべき壁があって、、こんなにコミカルなのに時々グッとき
ます

良い話なんですか、攻受ともにキャラクターが好みでなく、、萌要素は少なめでした

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う