• 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作旦那様は恋人を拾う

桐一郎,27歳,呉服問屋「伊勢屋」の店主
六花,桐一郎に拾われ育ててもらった少年

その他の収録作品

  • 恋人は旦那様を叱る
  • 旦那様は恋人を愛でる
  • あとがき

あらすじ

十年前の雪の日、凍死寸前だった幼い六花は大店の若き店主・桐一郎に拾われる。 明らかに異国の血が混じっている珍しい六花の外見に奇異な目を向けることなく、桐一郎は六花を可愛がり、常に気にかけて慈しんでくれる。 そんな桐一郎にずっと仕えていたいと六花は願っているが、ある雪の夜、抱きしめられて寝ているときに体に異変が生じてしまい――。 書き下ろしも収録した新装版。

作品情報

作品名
旦那様は恋人を拾う
著者
間之あまの 
イラスト
花小蒔朔衣 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
レーベル
幻冬舎ルチル文庫
シリーズ
旦那様は恋人を拾う
発売日
電子発売日
ISBN
9784344848528
4.1

(60)

(28)

萌々

(21)

(7)

中立

(1)

趣味じゃない

(3)

レビュー数
10
得点
246
評価数
60
平均
4.1 / 5
神率
46.7%

レビュー投稿数10

糖度120%、かと思いきや

糖度の高い作品を書かれるイメージの強い間之さん。
その糖度の高さに時々お腹いっぱいになってしまうこともあるのですが(ごめんなさい、個人的な好みです)、今作品は甘々なだけではなくってちょっぴりスパイスのきいた作品でした。

今作品は2012年に刊行された間之先生のデビュー作でもある同名の作品の新装版。旧版は未読なので違いはわかりません(絶版で手に入らなかった…)。終盤に2篇の短編「恋人は旦那様を叱る」と「旦那様は恋人を愛でる」が収録されていますが、これって新装版にあたり収録された書き下ろしかな?

間之作品の「公爵は愛妻を攫う」は今作品のスピンオフで、「公爵は〜」は既読でしたがそちらを先に読んでいても問題のない造りでした。

えーっと。
今作品はあまりネタバレしちゃうと面白さ半減なので、なるべくネタバレしないようにレビューを書こうと思います。



主人公は六花。
緑色の瞳、明るい茶色の髪、白磁のような白い肌。
彼のビジュアルは日本では異質で、その外見を「気味が悪い」と思い込んでいる立花は常に顔を前髪で隠しひっそりと生きている。

そして何より、彼には幼少期の時の記憶がない。
10年前、寒空の下、独りぼっちで死にかけていた六花を助け、そして引き取り育ててくれたのは呉服問屋の若き店主・桐一郎。常に立花を慮り、優しく助けてくれる桐一郎のことを、六花は大好きなのだけれど。

親子、のような、そんな二人の関係は、桐一郎に許婚ができたことで変化していき―。

というお話。

まずね、六花が可愛い。
彼は自身の境遇(孤児だったところを助けられたとか、彼のビジュアルとか)を非常に引け目に感じていて、自分に自信がない。けれど彼のすべては桐一郎のためにある。桐一郎を一身に慕いひたすら尽くす彼の健気さに、萌えがぎゅーっと掴まれました。桐一郎に許婚ができたことで身を引こうを決意する六花の思考はまさにBLの王道と言って良いでしょう。けれどその王道感すら素晴らしい。萌えの宝庫です。

薄幸少年の六花が、桐一郎に愛され幸せになりましたー。

そんなストーリーを思い描きながら読み進めたのですよ。
いやいやいや。
そこから二転三転していくストーリー展開に圧倒されました。

六花が子どもの時に置き去りにされ独りぼっちで死にかけていた理由。
彼の、幼少期時代の記憶がない理由。

そういったものをバックボーンにしながら、さながら点が線に繋がっていく感じ。六花の、桐一郎への想いは成就するのか?という恋愛面だけではなく、いろいろな角度から六花の姿が描かれていきます。

怒涛の展開、ではないんですよ。
ひっそり、こっそり、でも、そこに描かれている深い愛情。いや、深い愛情、というか、とんでもない執着心?も盛り込まれていて、糖度120%のお話だなー、と思いきやそれにとどまらない。

誰が誰に?
という部分は壮大なネタバレになってしまうので書きませんが、彼の執着心があっぱれでしたね。掌の上で転がしつつ、絶対に逃がさないというその想い。一歩間違えると嫌悪感を感じてしまいそうな執着心。けれど、間之さんが書くとこうもバランスのいい作品になるんだなあ…、としみじみ感じました。

六花の桐一郎への一途な想い、が全面に押し出された作品ですが、それでいてエロさもそこそこあります。性的なことは何も知らないまっさらさんな六花が、桐一郎の手によって少しずつ快楽を与えられていくシーンがめちゃエロいの。

桐一郎、アンタなかなかやるのう…。

序盤、六花の可愛さにKOされつつ読み始めましたが、もう途中から桐一郎のカッコよさと、まあいろいろな「アレ」に、萌えがグンと高まりました。

花小蒔さんの描かれた挿絵も良かった。
間之さん×花小蒔さんてゴールデンコンビだと常々思っていますが、花小蒔さんの描かれる可愛らしい絵柄がストーリーにぴったりでした。

間之さんの書かれたあとがきに今作品の刊行に至る経緯が書かれていて、すごく興味深く拝見しました。そしてデビュー作ということもあるのかな?今作品が間之先生の根っこなんだなという感じ。

甘々なお話、かと思いきや、それだけではない。
個人的にドストライクな、そんな1冊でした。

9

安心して読める溺愛攻めがツボ!

甘くて優しい、あまの先生らしい安心する1冊。
旦那様の溺愛ぶりが堪らないのです…!
ただ甘いだけではないのが作品の魅力かなと思っています。
六花が旦那様に支えられ自分でも努力し世界を広げていく、そんな成長を見せてくれるのが良い。
可愛くて健気な六花……溺愛してしまう旦那様の気持ちが良くわかります。

精通のシーンがある貴重な年上攻め。
溺愛で優しいし穏やかな物腰が印象的な旦那様なんですが、ちょっと酒の席とかで腹割って話してみたいタイプですね。
精通から指入れ、そして……じっくり焦らず六花を仕込んでいくその手腕こそが旦那様の本性な気がして…ドキドキ…優しい攻めがガツガツしてるの、とてもいいですね!

個人的にすごく好きな攻めで、穏和で柔らかい感じなのにどっしり構えてくれていて、やることはやる!というヘタレていない主導権握ったままの旦那様…大変おいしゅうございました。
腹黒というか意地悪なところもあって、優しい言葉責めで良かったです!!!
ツボでした

5

可愛い✧*。

六花の生い立ちやお客様の六花への態度が辛かったけど、桐一郎が守っていたので安心…と思ったらまさかの婚約。これは切ないと思いつつも桐一郎の企みが読めたので、途中からは六花の成長を見守っていました。桐一郎の助けがあっての事だけど、自分で考え道を拓いて桐一郎の所に戻った六花に拍手。桐一郎の掌で転がされてる感はあるけど、いつも一生懸命で初心な六花が可愛かった。桐一郎が構いたくなる気持ちが解る。全て綺麗に収まって気持ちよく読めました。面白かった!イラストも綺麗で可愛くて良かった!

4

旦那様には敵わない!

大好きで何度も読み返す作品です。書き下ろし目当てで新装版も読んでみました。

あとがきによるとデビュー作だったのですね。なんという完成度!確かに間之さんの王道なお話ですよね。
何度読んでも泣けます。

箱庭ろまんすを読んだ時にこのお話に似てるなと思ったら同じ世界観なのですね。

旦那様には敵わない!ですね。

読むたびに泣いてときめいて。
計算高い策士攻めと不憫健気受け。
間之さんの中でも一番を争うくらいの策士攻めではないでしょうか。

六花に自覚と自信を持たせる桐一郎。
頭脳明晰才色兼備の若き呉服店の旦那様。
あのままの六花では一生一緒にいられなかったかもしれませんね。
一度離れて立派に自分の世界と自信を持ち意見を言えるようになって。

もう読んでてほとんど泣いてました。
六花の桐一郎を想う切なさ、桐一郎の大きな愛情。
確かに先に企てを六花に教える訳にはいきませんでしたよね。

書き下ろしは桜二郎のお話かな?
まさか生まれたての弟に嫉妬するなんて!
だけど実は六花も桜二郎を抱っこする理由は…。
意外と六花に対しては心の狭い桐一郎なのですね。

また数年後に読み返して泣くでしょう。

1

タイトル通り、拾いました

呉服屋の店主の桐一郎と、桐一郎に拾われた六花のお話です。

六花がすごく健気で私はすごく好きだなぁと思いながら読んでいました。
桐一郎への気持ちを自覚して、でもだからといって自分と桐一郎がどうなれるかなんて一切考えず
家を出ようとするのですがー…。

一旦はこのままハッピーエンドに向かうと思いきや
まさかの展開で辛い…って思ったんですけど、さすがは旦那様でした。
そして六花の努力もすごく偉いなって思いました。


六花の生い立ちや、桐一郎に出会うまでのお話も書かれており
辛い部分も多かったけど、基本的には桐一郎が溺愛してるのがこちらに伝わってくるので
私は辛くとも最後まで読むことができました(*´ω`*)

読めば読むほど読んでよかったと思える作品だったし、
これからも読み返して何回も読むだろうなぁと思った作品でした(*´ω`*)

0

マンスリーレビューランキング(小説)一覧を見る>>

PAGE TOP