愛なら売るほど

愛なら売るほど
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神13
  • 萌×226
  • 萌7
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
14
得点
192
評価数
49
平均
4 / 5
神率
26.5%
著者
榎田尤利 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
高橋悠 
媒体
小説
出版社
リブレ
レーベル
ビーボーイノベルズ
発売日
価格
¥850(税抜)  
ISBN
9784862630421

あらすじ

高らかに愛を謳い、真実の愛を求める彷徨人、その名は麗奈──流行語大賞獲得、社会現象ともなった大ヒットマンガ『愛売る』の作者・泉は、十年ぶりに出席した同窓会で、高校時代から想い続けていた飴屋と再会する。変わらず素敵な彼が自分を覚えていてくれたことに浮かれる泉だったが、「真実の愛なんて興味ないね」という言葉にはちょっぴり傷ついて…。マンガ家シリーズにキャンディ先生登場!

表題作愛なら売るほど

受様の元同級生で広告代理店勤務・飴屋弘紀
作品がTVドラマ化されている人気漫画家・藤野泉

その他の収録作品

  • 愛ならいらない
  • 愛ならひとつだけ
  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数14

さすがというべきか

七転八倒。いろいろありますが、やっぱり可愛いな。
ラストの泉くんは本当に可愛いです。
両想いになったからというよりかは、飴屋が素直になったぶん、そのまんまの泉がみられたからというんでしょうかね。
甘える仕草が凄く可愛い!!!!!
子犬!そう、まさに子犬。

結合がないのに超がつくほど甘くて大満足です。
最後に、たっぷりねかせたら、ベッドに連れ込んで、もう寝かさないとか。
挙句には、漫画の全巻に直筆のサインを書かせるとか。
最後までクスリとさせてくれるそんな飴屋クンでした。

飴屋くんwwきみって・・・

(屮゚Д゚)屮変態ですね!!
(↑お前がな)


結局のところ、そんなに深い話というわけではなかったんですが、この妙なノリとテンポは面白かったです。
女々しすぎると思っていた泉も最終的には、可愛いい犬で納まり、飴屋のとぼけっぷりには爆笑し。
すさんだ心にはピッタリのお話でした。
とにかくアザーーーーーーーーーーーーッス( ゚Д゚)y─┛~~

4

漫画家シリーズ第三段

シリーズ第三段です。中編が二つと超短編が一つ入ってます。
私はシリーズのなかでこの作品が一番好き。
ちなみにこのシリーズ、シリーズとはいっても、一作ごとに登場人物が変わるので、どこから読んでも大丈夫ですー。

幼馴染み・再会モノです。
大人しくて泣き虫な超人気漫画家(受)と、イケメンのモテ男だけど人を愛したことがないリーマン(攻)の恋。
二人は高校の同級生で、同窓会をきっかけにゆるゆると交流が始まります。
漫画家はリーマンに高校時代から片思いしてます。
視点が順番に入れ替わり、ノンケのリーマンが男への愛に目覚めていく過程が超面白かった。
脇役として登場する見た目ヤクザな編集者がイイ役目果たしてます。ユーモアも最高でした。

表題作の他に『愛ならいらない』という中編が一つ。
これはイマイチだった。
あと『愛ならひとつだけ』という超短編。本編ではセックスしてない二人の挿入編です。意外と大胆な藤野くんに萌えました。

2

ものを創るひとたち

「私は真実の愛を求める彷徨人(デラシネ)、姫女苑麗奈!」
作中作のやたらスケールのでかいマンガ、愛売るが読んでみたくてしかたないです。
この作品と不器用な二人の対比がなんか好きでした。

勘違いから始まる恋。
元々は主人公が飴屋を好きだったんだけど、途中から色々と勘違いした飴屋が自分の気持ちに気づくまでが楽しい。
担当編集者の橘さん、わかってやってんのか結構きわどいことを言ってくれます。

収録作品の「愛なら売るほど」「愛ならひとつだけ」はこの泉と飴屋の話ですが、間に挟まった「愛ならいらない」は恋人を亡くして筆を折った小説家史織(現・コンビニ店員)と橘の話。
こっちをもっと長い尺で見たかった気がします。
これはこれでコンパクトにまとまっていて素敵ですが、ちょっともったいない気がしてしまった。
途中に出てくる橘と史織の創作についての話にちょっときゅんとした。
書かなければ描かなければいきていけない人たち。
なんかそういうのいいなあと思うのです。


2

レディースコミック作家の恋

『愛なら売るほど』
レディコミ作家の恋のお話と
『愛ならいらない』
レディコミ作家の編集者の恋のお話と
2話入ってます。

真実の愛を探し求める彷徨人 姫女苑麗奈という
レディースコミックの主人公が2話を絶妙に繋いでいるのですが
『愛ならいらない』は、余分だったような気がしないでもない。

姫女苑麗奈は、奔放に恋をして失恋し傷つきながらも
たくましくまた恋をするという
レディースコミックの人気キャラクター。
そんな麗奈を創り上げたのは、十年もひとりの男を想い続ける
おとなしくやさしい男の泉。
同窓会で、再会した十年越しの片思いの相手飴屋も麗奈ファンw
想像の産物の麗奈の恋する姿に勇気づけられてる
泉と飴屋がすごくおもしろかった。

飴屋は、泉がレディコミ作家とは知らない設定w
泉の担当編集者の橘を恋人と思い込んでて
締め切り明けの朦朧とした泉を見て
「あいつになにさせてんだ?監禁プレイでもしてんのか?」と
詰め寄るところとかコミカルでよかった~w

トントンとテンポよくってニヤニヤが止まらないお話v

そして後半から
泉の担当編集者の橘とコンビニ店員の恋のお話になります。
『愛ならいらない』は、
シリアス路線になってしまうんですよねぇ。
姫女苑麗奈つながりだから1冊に2話まとめてもらったほうが
わかりやすいんだとは思うんだけど、コミカルとシリアスとごっちゃになる。
悪くないけど『愛なら売るほど』の後に読むのはどうも気分的になぁ・・・

書き下ろしで泉と飴屋のはじめてのえっちも入っており
なかなかに甘くてエロくて良かったです。
もっと泉と飴屋のお話を読みたかった。
橘とコンビニ店員は、別仕切りで1冊にしてほしかったなぁ。

1

愛売るが読みたいーー!!

おもろいーーー!!
本編も勿論なんだけど、作中に出てくる泉[受]の描いてる漫画の「愛売る」が凄くおもろいんですよー。
レディース漫画なのに男性も虜にするその面白いさ。
実際、この作品に出てくる人物って殆どが「愛売る」のファンなんですけどそれも納得しちゃう位に面白そうなんだ、これが!
漫画家シリーズの小道具としての「作中漫画」を超えてますよー!!
もう「愛売る」の内容シーンが出てくるとその部分が楽しくて楽しくて、うおーー、この漫画読みたいーー!!
「愛売る」読みたいって思った人は相当いるよー、っていうかこの作品読んだ人の殆どがこの漫画読んでみたいーーって感じると思う。
本編の面白さと、作中漫画の面白さで2倍、いや3倍面白い。
実在する漫画じゃないというのに「愛売る」の大ファンになりました。
ホントもっそい読みたいー!!

1

王道。安泰感にほっとしました

面白かったです。
「愛なら売るほど」は、飴屋が自覚するまでがじれったいんだけど、ほどよく気持ちの動きがわかって納得できました。不器用なところは飴屋もかわいくて、大人のはずなのに高校生を引きずっている感が甘酸っぱくてよかったと思います。なかなかHできないのも、この二人にはお似合いでした。
「愛ならいらない」は、大好物の美人クール受けでトラウマもちなんですが、どろっとしたところはなくて、きれいにまとまっていました。橘の強引さが頼もしくて男らしかった。史織はこのまま橘に可愛がられているといいよ。うんうん。
「愛はひとつだけ」は、飴屋×藤野のやっとH編。男経験があるせいか、藤野がエロい(笑)飴屋はこれから先メロメロになって尻に敷かれちゃうんでしょうね。天然モテ男ほどこういうところに落ち着く気がするのはなんでだろう?藤野もおとなしいけど実は強いから、しっかり手綱を握っていい奥さんになりそう(笑)

読後感がいいのは、どちらのカプも安泰感がしっかり伝わってくるからでしょうか。やっぱり幸せな話が好きなので、こういうお話はほっとします。

4

丸々1冊で読んでみたかった短編が二つ

『愛なら売るほど』
受けが可愛いのはもちろんなんですけど何だか攻めも可愛く、同級生
萌えしてました。最初は若干攻めの印象が悪かったんですが、話が
進むにつれていい奴に思えたので良かったです。そして途中飴屋が
藤野と橘の仲を誤解してしまうんですけど、その時の飴屋と藤野の
会話が、某お笑いコンビのようにかみ合ってないのにかみ合ってて
思わず笑ってしまったwww嫉妬する飴屋可愛いwww

ストーリーは王道ですが、王道好きな自分としては楽しめたし萌えた
ので満足でした。描き下ろしの『愛ならひとつだけ』も二人とも
可愛い&エロくて萌えた。

『愛ならいらない』
橘さんの本編で登場した時とはまた少し違う強引さにちょっと吃驚
しましたが、最初の方で史織にあしらわれているのにもかかわらず
グイグイ行ってるのを見て、何かこういう攻め好きだなぁと思い
ました。受けがクールな美人さんタイプだから尚更イイ。受けの
誕生日に合わせて、部屋でスープ作って待ってるとかも萌える…!
その後の乱暴だけどどこか優しい濡れ場も◎

そして橘さんかっけぇ…という心情のまま読み進めてたんですけど、
史織の過去が予想していったよりも物凄く切なくて泣けました。
正直心を全部持っていかれた。元カレいい男すぎるよ…。こういう
優しさって残酷というかズルイよなぁ…と思います。史織がもっと
そのことを早く知って謝れたら、もうちょっと心が救われていたんじゃ
ないかな。橘には元カレさんの分も史織を幸せにしてあげて欲しいです。

2

愛なら売るほどあるけれど真実の愛は?

再会モノの10年愛モノですね。
大人しくて恋愛には引っ込み思案な藤野が自作の漫画では大胆に真実の愛を追究できる!
自分ができないことを、自分のキャラクターに高らかに代弁してもらっているんですね。
でも、現実では胸に深く深く想いを閉じ込めていることしかできなくて・・・というのが切ない。
飴屋への告白がああいう形でされたのには、私はちょっとう~んという感じだったんだけど、飴屋はヒーローみたいで男前でした。

同時収録の「愛ならいらない」にはちょっとウルウルきました。
タイトルからしてなんか切ない。
史織のやるせなさと後悔が理解できて、なんとも言えない気持ちになりました。

1

本編面白かったけど、橘と史織の方が気になった!

漫画家シリーズ、なんか抜けてる……と思ったら、
これだけレビュー書き忘れてた!
どうもこのお話しは、
作中の『愛なら売るほど』の漫画のインパクトが強すぎて、
藤野のイメージが薄い。
そして飴屋も最初、ばりばりのノンケなので、
気持ちが藤野ラブになっていくまでにじりじりしてしまう。

でも、藤野はやっぱり可愛いし、
勘違いで突っ走る飴屋も可愛いし、
結局は王道路線ですっきり納まってくれて、
気持ち良くは読めます。
しかし、なんにしろ『愛売る』の印象が……(笑)

なので、表題作よりも、
『愛ならいらない』の橘と史織の話の方が
ずっと私の中では印象に残ってる。
最初に本編の方で史織が登場した時から、
この人なんか引っかかると気になっていたので、
最初から興味津々で読み始められました。

なんというか、橘も史織も、
人に歴史あり……って感じで、
刹那的な繋がりのようでも、
互いに触れ合うウチに、
深く知り合っていくウチに、
どんどん惹かれあっていく。

ページ数が少ないので、
ちょっと最後の方は駆け足感は否めません。
勿体ない!
こっちを本編にしてじっくり書いてみて欲しかったかな……
でもそうなると、このシリーズからは外れちゃうのかな……
この二人だと、コメディにはならないものね。


こっちが本編だったら神評価だったかもしれませんが、
全体的には「萌×2」で!

1

泉くん、かわいいよ、泉くん。

漫画家シリーズです。

最初に言います。受けの泉くんがとっても可愛い。
十年も片思いして、好きな相手の名前をもじってペンネームにしてしまう一途さ。しかもキャンディ先生って、可愛いすぎる・・・

同窓会での再会から、さらに偶然を経てだんだんと親しくなって二人。
大人しくてほっとけないオーラ満載の泉くんに無意識にハマっていく飴屋がツボでした。
泉くんの担当編集者のことを、危ないヤクザの恋人と勘違いして悩む飴屋にニヤけっぱなし。
クールっだったはずの飴屋が、漫画と泉くんの影響で熱い男になっていくのとか、たまりません。
最終的には泉くんの十年物の片思いが成就するわけですが、ほんわか幸せな気持ちになりました。
なんだか、応援してあげたくなるキャラです。

短編では、奥手っぽかった泉くんがえっちの時は意外に積極的で、激しく萌えてしまいました。
ほのぼの子犬系なのにスケベとは・・・反則!

4

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ