訳あって、新婚です

wakeatte shinkon desu

訳あって、新婚です
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神19
  • 萌×216
  • 萌9
  • 中立4
  • しゅみじゃない1

233

レビュー数
10
得点
190
評価数
49
平均
4 / 5
神率
38.8%
著者
上田にく 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
幻冬舎コミックス
レーベル
バーズコミックス・リンクスコレクション
発売日
電子発売日
ISBN
9784344848849

あらすじ

ダメな男に惚れやすい恋愛体質なイケメンパティシエ・佐枝は、今までのダメ恋愛遍歴を払拭しようと、アプリ婚活を始めることに。初マッチングした優しそうなウェディングプランナー・桜輔と出会い、意気投合した結果、即日結婚を決めてしまう! 恋愛感情は持たず、パートナーとして平穏な結婚生活を続けよう…としていた二人だったが、彼の仕事への姿勢に共感し、真摯な優しさに癒され、ついついほだされてしまう日々。しかしある日、優しくて誠実な桜輔が、実はバリバリの元ヤンだったと判明し……!? 1000%ハッピー保証のラブコメマイスター・上田にくが贈る、溺愛新婚BL!!

表題作訳あって、新婚です

岩城桜輔,32歳,会社員
花房佐枝,30歳,パティシエ

その他の収録作品

  • 描き下ろし(描き下ろし)

レビュー投稿数10

なんかよく分からないけど幸せっぽい

マッチングアプリで好みじゃない相手と出会って結婚しちゃうパティシエのお話。ダメ男好きで酷い目に遭い続けてるから真面目な人と、ってことだったのに、その相手が実は元ヤンで…?って展開なんですが。
全体的に細かいことは気にするな~っていう流れです。あちこちに軸がブレるので、一本のストーリーとして成立してる感じが無くって…。それは別に良いとしても、恋愛面でキャラの心情についていけないのはちょっと微妙でした。
利害の一致で契約的な意味合いの結婚をした気満々だった佐枝が、桜輔の過去を知って即惚れてしまいます。手のひら返しが早すぎて正直ドン引き…。結局ダメ男なら誰でも良かったんじゃ?と思ってしまいました。桜輔が元ヤンじゃなきゃ本気で好きになってなさそうなんです。
といっても特定の相手がいれば他のダメ男が現れても浮気はしそうにないので、今後幸せにやっていけそうなところは良かったです。そのうち佐枝が真面目桜輔に物足りなくならないことを願います…。
絵は綺麗だけど読み返すことはないかな~という作品でした。

2

訳あり婚

ダメンズばかりを好きになってしまうパティシエの佐枝。
バイトの西に勧められてアプリで婚活をすることになり、さらに西が推してきた真面目そうな桜輔とマッチングして会うことに。
好みではないものの桜輔の人柄に惹かれた佐枝は出会ったその日に結婚を決めて…。

驚きの訳ありハイスピード婚からのふたりの結婚への温度差と西の疑いの眼差しとがいい感じに絡んでコミカルなテンポですすむところはにく先生らしくて、恋愛下手な佐枝に対する西のつっこみが的確すぎて楽しかったです。
佐枝の髪型がパティシエにしてはちょっと無造作すぎるのが少し気になりましたけど。

そんな中、元ヤンを隠していた桜輔の過去を知って一気に恋愛モードに振り切れてしまって態度が急変した佐枝にやっぱりそこなんかいって西じゃないけどつっこんでしまった(苦笑)
まあ、それだけではなくて桜輔に惹かれていっていたのもわかるんですけど…。
西の世話焼きとテツのおとぼけな身元ばらしがなかったらどうなっていたのやらなかんじはしなくもない。

何はともあれ、佐枝は桜輔からの好き圧をしっかり感じて、両想いを噛みしめて素敵な新婚生活を送っていってほしいです。

2

コント漫画

あらすじには 攻めは全く好みじゃないけれど知れば知るほどうんぬん みたいな表記もありますが、仕事BLとか大人BLとかメンズとかを期待して読む漫画ではないです。けれども駄目ということではなくて、コントBLなんだと思います。受けがボケです。そういう意味では的確にツッコミが入るテンポの良い作品。攻めの子分ネタや攻めの元ヤンネタはコント展開として面白かった。少し前のBLにはこうしたコントっぽいのが結構あった様な記憶がありますが、最近はストーリー性が高くなってきているので、そういう意味では今風ではないのかもしれないですけれど、漫画の面白さってコレねって感じました。

1

二人が出会えて良かったです

ちるちるさんのニュースで拝見して興味を持って購入しました。読み始めたらなんだかストーリーが記憶にあって、実は二話まで雑誌で読んでいた事を思い出しました。

佐枝のダメンズ彼氏コレクションにクスッとしてしまいました。そしてバイトの西の勧めでアプリ内で桜輔を見た時の反応が冷めてて吹いてしまいました。

西のおかげでマッチングして実際に会ってからの流れが秀逸で、二人が打ち解けて行く過程が本当に面白かったです。とくにバーに移動してからに爆笑しました。


桜輔の提案に乗ったつもりで結婚した佐枝でしたが、二人の間に認識の違いがあってというお話でした。

とにかく佐枝のすっとぼけた感じとか、そんな佐枝に対する桜輔の真摯な気持ちが素敵で面白い作品でした。

桜輔を慕うテツが全てバラし過ぎてて、それはどうなの?とちょっと思ってしまいましたが、アルバイトの西は良い活躍をしていたと思います。

佐枝はダメンズばかりを彼氏に持っていたので、桜輔によって愛されるという感覚を初めて知った事にちょっと切なくなりました。

佐枝の屈託のなさのお陰で、桜輔が母親との問題を解決出来たのにジンと来ました。アプリでの出会いとはいえ、二人が出会えて良かったです。

0

テンポよくサラッと読める

話の展開がいい感じに進んでえっちもありましたが少なめなのであっさりとした作品でした!

佐枝(受)はダメ男を好きになりがちの尽くすタイプで今まで恋人から好かれたことがなく利用されて捨てられるのがパターンなキャラで、しっかりしてそうにみえて抜けてるような人でした。
桜輔(攻)は爽やかな優男だけど、実は元ヤンだったという過去のあるキャラで昔の写真はありましたが今は全くオラオラしていなくて元ヤンだとは思えない人でした!

西は佐枝の店でバイトしている子で、佐枝の恋愛を心配していて桜輔を怪しんでいる姿とか佐枝とのやりとりが面白かったです。

桜輔のヤンキー時代の弟分?のテツは、コントかと思うくらいベラベラ人の秘密をしゃべってしまうポンコツでした笑
西とテツがいることでコミカルな印象が強くなった気がしました!

描き下ろしの桜輔が改めて指輪交換をしようと思い立って風呂上がりの佐枝とするのが面白いなとおもったけどラフで凄くいい家族になりそうだなと思いました。

1

お幸せに!

新婚モノが大好きなので、迷わず購入しました。今流行りの(?)、アプリ婚活という設定にも興味を惹かれました。

お互い、利害の一致から始まった結婚生活。攻めの方は最初から好きが全開ですが、受けの方は全くなく(むしろタイプではない)、ニセの結婚生活を送る内に徐々に気持ちが通じ合っていく過程にキュンとなりました。

その気持ちが通じ合う過程で残念だったのは、やっぱり『元ヤン』設定ですね。過去を知ってから気持ちが盛り上がっちゃうのが、今までのエピソードを台無しにした感じがして…。元ヤンだとしても、今は更生してとってもイイ人なのに…。

というトコロはありましたが、想いが通じ合ってからのイチャイチャや、攻めの溺愛ぶりには萌えました。当て馬が登場せずに、平和だったのも好みでした。

3

前半はすごく面白い

他の方もおっしゃってる通り、元ヤンバレのタイミングがとても残念でした。
それまで攻めのいいところをたくさん描写してくださったので、ダメ男好きの受けもさすがにいつ好きになってもおかしくないなと思わせられて、ワクワクしながら読んでました。

結局元ヤンというところに惹かれてしまうなら、せめて攻めにもう少し元ヤンとしてのインパクトが欲しかったです。後輩が語る伝説のみでは正直肩透かしというか…

攻めは元ヤンですが、すでに更生しており、誠実で優しい素敵な男性に変わっております。
元ヤン描写は後輩が語る伝説と昔の写真のみです。
どこかでバリバリのヤンキー口調が出てしまったりするのでは…!?と期待でドキドキしていましたが、最後までありませんでした。

ダメ男にばかり惹かれてしまうと嘆く受けが本当に面白くて、前半はどんな展開になるのか楽しみながら読めましたので、後半は「しゅみじゃない」寄りではありますが「中立」です。

3

「いつか必ず好きになってもらいます。」プロポーズは何度でも。

桜輔さんの彼氏力 × 佐枝さんの美人力。
同性婚が認められつつある現在。いわゆるダメンズコレクターの佐枝さんは、そろそろ身を固めたいなどと考えていた。一人前のパティシエになった今、これから。独りで生きて行くのは寂しい。そんな時、店のスタッフに薦められて、アプリで出逢った彼こそが桜輔さん。
佐枝さんがこれまで付き合って来た、借金まみれのクズ達とは違う誠実な佇まい。
素直な言葉。ウェディングプランナーという仕事に真摯に取り組む姿。それになんといっても優しい‼︎
こんな人と暮らせたら、と佐枝さんは半ば酔った勢いで桜輔さんのプロポーズを受けてしまう。桜輔さんの方は、佐枝さんの美しさにまず一目惚れしていたというので、有頂天だ。これがいい!凄くいい!
結婚というのは、もちろん生活なんだけども。桜輔さんの方は、多分もう幸せ。
こんなに優しくて心穏やかに暮らせることは、佐枝さんにとっても幸せ。幸せなんだけどー。
佐枝さんはこれまでロクでも無い恋愛しかして来なかったから。これは恋愛では無い!と決め付けている。
幸せなのにすれ違っている。けれど。もう恋をしている桜輔さんは諦めない。
「いつか、必ず好きになってもらいます。」言った!ホッ。頑張れ!桜輔さん!
と、読み手側が応援するまでも無く。転機は向こうからやって来る。そう、地味で真面目なだけだと思っていた桜輔さんは、実は元ヤン。それも結構キツめの。桜輔さんにとっては恥ずかしい、封印していた黒歴史なのだが。この事がダメンズ好きの佐枝さんのハートに火をつける‼︎ うはーっ。人間、何処に惚れるか分かりませんねぇ。
けど、佐枝さんは本当に「悪い男」が好きなのでは無くて。ルックスが悪そうな、チャラめの男が好きなだけ。いわゆる「タイプ」「好み」の範疇だ。なので、脳内で「悪い男」だったであろう桜輔さんを妄想しては萌え、それがトリガーとなって、恋になる。
めでたく両想い!なのに、佐枝さんは、これまでしょーもない恋愛しかして来なかった為、初めての両想いに戸惑ってグルグルしてしまう。
まぁ、それも長引いてしまう程の事も無く、気持ちは桜輔さんにきちんと届いて。やっぱりめでたし!なんです。
途中、桜輔さんのお仕事に関わる同性婚のウェディングや、同性同士である事への家族の理解が得られない苦しみ、等もチラリと描かれたり。佐枝さんも桜輔さんも、その事で両親に勘当されていた境遇なども。ほんの少し描かれてはいるものの。シリアストーンは低めです。
それよりも、佐枝さんを応援しつつ、心配してくれる、スタッフ・西くんのキリキリ舞いや、ウッカリ大事な事を喋ってしまう、桜輔さんを慕う弟分・テツが楽しい。この2人、友達になったみたいだけど、世話焼きの西くんがおバカなテツの面倒を見つつ恋する展開でも楽しいかも。でもテツ、おバカ過ぎて西くんの苦労は計り知れない。かもしれない。

結婚したのに、気持ちが伴うまでと。まるでエッチをしてなかった桜輔さんの、潔癖さと辛抱強さゆえ、エチ度は低め。
私としては、佐枝さんの「好み」に応えて、たまにはオラオラ系のエチをプレイとして楽しんでいるとこなんかを入れて欲しかったなぁ。佐枝さん嬉し過ぎて昇天しちゃうかもよ。

3

好きになるタイミングがちょっと…



ダメ男ホイホイな受けの佐枝と、
元ヤンで現在はウェディングプランナーで優しく仕事もできる攻めの桜輔。

利害の一致で結婚することになるんですが、そう思っていたのは受けだけで攻めは一目惚れでした。
好みじゃない攻めを受けがどう好きになっていくのかがキモになる作品のはずなのに、ダメ男好きな受けは攻めが元ヤンだと分かるとコロッと掌返しで好きになってしまって…。

正直がっかりしましたーーー!

攻めのことがもう好きになってて、「ダメ男じゃなくてもあなたが好き!」って自覚してからの元ヤンバレは全然良いんですよ!!
でも好きになる前に知ってそこから掌クルーしたら、結局攻めがじゃなくてダメ男が好きなんじゃん!
って、私は思ってしまいました。
しかも気になり始めるとかじゃなくて、そのまま好きまで行っちゃうのがなぁ…
その後どんなに麗しい絵でイチャイチャシーンがあっても「でもこの受けは攻めが元ヤンじゃなかったら好きになってないんだよなー…」というか謎の冷め方をしてしまい、楽しめませんでした。

元ヤンバレをするタイミング次第では、もっと萌えられたし評価も全然違いました。
残念です…。

ただ、導入は面白かったし、絵もとても綺麗なので、今後に期待はしています!
タイミングだけ…タイミングだけなんだよ…。



7

幸せオーラ全開のマリッジBL♡

作家買いしている上田にく先生の作品です。

ウェディングプランナー 岩城 桜輔とパティシエ 花房 佐枝のお話。

数年前から同性婚が認められるようになったとは言え、まだまだマイノリティの現代社会。
きっと結婚しないだろうと自分の城を持つことを目標にしてきた佐枝。
念願かなって洋菓子店をオープンさせたけれど、最近になって急に寂しさが込み上げてきました。
そこで、仲良しのバイト 西くんに相談してみると婚活アプリをすすめられ…。

コミックスを読む前から幸せな気持ちになれる安心安定の上田にく先生の作品。
その上田にく先生のマリッジBLだなんて、幸福度1000%で間違いない♡

女性受けは良くても男性にはモテない佐枝は「イケメンすぎるパティシエ」として取材をされるほどのルックスの良さ。
ウェブの記事を見た女性客からのアプローチにうんざりする毎日でしたが、今回思い切って婚活アプリを利用することに。
しかし、ダメンズばかり付き合ってきた経験により、西くんに真面目そうな男性をマッチングさせられました。

一方、誠実でイケメンのウェディングプランナー 桜輔。
しかし、独身という立場のため何かと業務に支障が出ていました。
好きな人と一緒になりたいと思う気持ちもあるけれど、まずは仕事のために婚活をしています。
そんな桜輔には秘密にしておきたい過去がありました。

それぞれ事情を抱える2人が婚活アプリで出会う―ー
最初は緊張したけれど、話してみると楽しくて優しい桜輔に佐枝も打ち解け始めます。
…が、なんと初日にして桜輔からプロポーズをされた佐枝。
好みからは外れているからのめり込まない
お互いに仕事を大切にしていて理解がある
恋愛感情はないけれど利害が一致していることで、佐枝は結婚することを決意します。
ところが、佐枝と桜輔には「結婚」に対する認識のズレがあって…。

前半は、お互いの仕事を絡めたエピソードや隠していた桜輔の秘密が明らかになり、2人の距離はグッと縮まります。
恋人期間なしで結婚してしまったけれど、一緒にいるのは楽しくてあたたかい気持ちになれる。
後半は、このままハッピーエンド?!と思いきや、両片想いならぬ両想いのモダモダに突入します(笑)
そして、最後には…これが「結婚」だなと感じるエピソードがありました。

このお話には、当て馬は登場しません。
脇キャラとしては、バイトの西くん、桜輔の後輩 テツくん、佐枝の元カレ達(回想シーン)が登場します。
とくに、いい仕事をした西くんには日本BL商業部 最優秀脇キャラ賞を授与したい(笑)

Hシーンは、本編に1回だけです。
結婚してもセックスはしていなかった2人。
やっと想いが通じ合ったことで、抑えていた桜輔の気持ちが爆発します。
余裕がない桜輔の顔は必見ですよ~。
2人が身体も心も繋がってこちらまで嬉しくなりました。
しかし、佐枝が付き合ってきた男性達がいかに自分本位のクズだったかわかりましたよ(泣)
今までの分も含めて、これからは桜輔にひたすら溺愛されて欲しい♡

描き下ろしは、本編のその後のお話です。

上田にく先生の可愛くて丁寧な絵柄と魅力あるキャラクターで、最後まで楽しく読み進められました。
また、「結婚」をテーマとしたストーリー構成もきちんと考えられており、ラブコメディの中にも奥深さを感じられました。
佐枝の家族のことなど、まだまだ気になることもあるので、ぜひ続編をお願いします‼

個人的には、結婚式を挙げてもらいたい。
2人がコーディネートする結婚式は幸せで溢れていて素敵なんだろうな~。

婚活アプリからの契約結婚…だけど、それは永遠の愛の始まりだった♡
マリッジBLがお好きな方はもちろん、ラブコメディがお好きな方にもおすすめの作品です。

6

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う