氷の貴公子×効率厨の社畜! 断れば断るほど世話を焼かれる!?

異世界の沙汰は社畜次第 2

isekai no sata wa shachiku shidai

異世界の沙汰は社畜次第 2
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神28
  • 萌×212
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

217

レビュー数
5
得点
194
評価数
42
平均
4.6 / 5
神率
66.7%
著者
采和輝 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

原作
八月八 
デザイン
大橋キッカ 
媒体
漫画(コミック)
出版社
KADOKAWA(エンターブレイン)
レーベル
B's-LOG COMICS
発売日
電子発売日
ISBN
9784047367104

あらすじ

聖女召喚計画に巻き込まれたサラリーマン・近藤誠一郎は、転移してからも異世界で仕事に追われていた。その疲れを癒すために飲んだ栄養剤の副作用で命に関わる"魔力酔い"を起こすも、騎士団長アレシュに救われ――。"魔力を馴染ませる"ためにアレシュに抱かれる形となったが、それは二人の関係に変化をもたらすきっかけとなりうるのだろうか……。巻末には描き下ろし番外編「社畜の運命は部下次第?」を収録!!

表題作異世界の沙汰は社畜次第 2

アレシュ・インドラーク,22歳,ロマーニ王国第三騎士団長
近藤誠一郎,29歳,異世界トリップした社蓄

その他の収録作品

  • 番外編「社畜の運命は部下次第?」(描き下ろし)

レビュー投稿数5

原作を裏切らないクオリティの高さ

『異世界の沙汰は社畜次第 1』の続編です。

異世界の第三騎士団長 アレシュ=インドラークと現代世界の社畜 近藤 誠一郎のお話。

前作では、仕事帰りに聖女召喚に巻き込まれて異世界転移した誠一郎。
突然の異世界転移に戸惑いながらも、誠一郎は7年間の社畜習性が抜けず、王宮経理課の職に就きました。
しかし、いざ仕事をすると転移したロマーニ王国の財政がかなり困窮していることに気が付きます。
そんな中、栄養剤を飲んだ誠一郎は街中で中毒症状を起こし、通りがかったアレシュに助けられて…。
今作は、その続きになります。

アレシュから魔法処置された誠一郎ですが、今度は「魔法酔い」を起こします。
このままでは、生命の危機が危うい‼
そこで、救急処置として魔法を施した人間の対象者に馴染ませる行為をすることに。
対象者に馴染せる行為…すなわち、セックスをした2人。
翌朝、急いで仕事に向かう誠一郎に対して、アレシュは「意味がわからない」とイライラします。
危うく死ぬところだったのに、目覚めてすぐ仕事だ?
この日を境に、アレシュは誠一郎の食事を含む健康管理をするように…。

2巻では、誠一郎を通じて異世界特有の文化や魔法がより詳しく描かれています。
そして、まだ恋とは言えませんが、誠一郎とアレシュの距離が急速に縮まりますよ。
アレコレと誠一郎の世話を焼くアレシュに胸キュンしちゃいました♡
おそらく、アレシュ本人も気が付いていない恋の始まりです。
片や、誠一郎はアレシュの行動を冷静に分析する冷静さ(笑)
第三騎士団の団長、名家の出身、イケメン、稀代の天才…そんなアレシュが異世界から転移した自分に好意があるなんて思い付きもしませんよね。
おすすめは、とうとう無表情及びしかめ面のアレシュが笑う貴重なシーン。
滅多に笑わないイケメンの笑顔は尊い(笑)
ぜひ本編でご覧ください。

今回も当て馬は登場しません。
脇キャラでは、前作同様に聖女の白石優愛ちゃん、カミル宰相、王宮経理課のヘルムート長官とノルベルトが登場します。
他には、新キャラで医務局長のシーロと第三騎士団副団長でアレシュの従兄 オルジフが登場しますよ。

Hシーンは…ありません(泣)
魔法処置でキスはするんですけどね。
うーん、やっぱり「愛」があるエロが見たいな〜。
続編に期待します。

描き下ろし『社畜の運命は部下次第?』
本編のその後のお話です。
誠一郎の健康管理にノルベルトも巻き込まれました。

最後は、人気のない通路で仕事のスケジュールを考えていた誠一郎の背後に…。
とんでもないところで終わっているのですが、原作の小説は最終回を迎えました‼
八月八先生、最後までお疲れ様でした♡

数ある異世界ファンタジー中でも、こちらの作品はストーリー性を重視しており、読み応えのある仕上がりになっています。
原作の完成度が高いことはもちろんですが、忠実にコミカライズされていることも素晴らしいと感じました。
そして、采和輝先生の美麗な絵柄がとてもイイ!
はぁぁ、小説とコミックスを何度も読み返しながら、3巻の発売を待ちたいと思います。

気になっている方は、1巻から併せて読まれることをおすすめします。

6

冗談じゃない! 何をぬかす

栄養剤の飲み過ぎによる中毒症状回避に施されたあれやらそれ
そんな気になるところで終った1巻

聖女に若干イラつきはするもののお話のテンポもよかったし 続きはよぅってところで寸止め喰らったんで 発売予定を見た日からほんとに待ち遠しかった

なのに なんの褒美か発売日1日前に何故か買えちゃって フライングしたみたいであれなんですが 盆休みも祝日も関係なく仕事だからお許しを って感じで



いくら強い魔力を受けての処置だったとしても異世界の人間 しかも 聖女のオマケでついてきた男 飼い殺しにしてあわよくばを狙ってもおかしくないはずのになぜ?


今回コミカルシュールって言葉がぴったり 
なにせ 新たなポンコツキャラの追加に アレシュまでキャラが変わってきて
一向にすすまない魔の森の瘴気に 自由すぎる聖女 経理課での苦労より 性格もなにもかも合わない彼らの掛け合いや会話を思う存分楽しんでください 的な盛り込み



異世界の人間 されど聖女召喚でまきぞいをくった被害者 ただそれだけのはずなのに 
世話をやきながら自分の中に湧く 庇護欲にも似たよくわからない感覚に戸惑うアレシュ


んんんんッ!噛み合わないッ! 焦れったいッ!

階級制度が邪魔をして卑屈になる近藤と
貴族であるが故に 自分の存在意義を求め立場を確立したい近藤がわからないアレシュ

理解できない社蓄魂に困惑しながらも 彼が投げた言葉の意味を理解しようとした矢先のッッッッ!


ヤルことやっちまってるのに 恋にも 好意にも満たない感情や異文化に翻弄されながら少しづつ近づくふたりの関係


面白いのよ なろう系は性に合わないとか思い込んでたところがあったんだけど  
冗談じゃない!何をぬかすか ってくらい ほんとに面白の 面白いんだけど 

またそんなところでぇぇぇぇ!!!
しかも それって不穏の幕開け ってやつなんじゃないですかぁぁぁッッッ 

ってとこで終わるのよ コレが
あーーーーーーもぅ また おあずけ だよ

3

コミカライズの方

最近はもっぱら電子書籍で購入しているので、まあ、こんな事もあるよね。
つまり、
小説版の続巻と間違えて買っちゃたわけだけど、
コミカライズは作業が大変になる分、小説よりは随分進みがゆっくり。
2巻目でも、まだまだ序盤です。
このままのペースだとお互いの恋心を自覚するのは、いつになることやら。
そうそう、コミカライズのいいところは、お料理が美味しそう。
これは本当に、文章より、絵で見た方が、一目瞭然って感じますね。

2

「人は何故、働くのか。」全ての社会人へ向けたシンプルなメッセージ。

前作のラストで。社畜根性が抜けないコンドゥは、栄養剤の過剰摂取で昏倒し、救けてくれた騎士・アレシュに抱かれる事になるが、翌朝、社畜過ぎる彼は、まどろむ事も無く、慌てふためいて出勤を急ぐ。
その様子を見て、一人残され呆れたアレシュは、イラつくが。コンドゥの身体を気遣い、医務室で診察させ、食事管理を自ら進んで行い、コンドゥが帰宅途中にまた身体に影響を及ぼすキツい栄養剤を買わない様にと「見張り」と称して送り、夕食は誰にも秘密にしている気に入った店に連れて行く。
これは、立派なデートだ。だが、自分の仕事を邪魔されるとしか思っていないコンドゥは戸惑うばかりで。アレシュも自分の中に愛情らしきものが芽生えているなどとは露程も疑ってはいない。それなのに。
コンドゥが、聖女として召喚された女子高生・白石優愛に懸想していると疑われるのを避ける為に発した言葉「年下に恋愛感情を抱かない。」に酷く傷付いているのだ。可愛い。アレシュはもう。何をしていてもコンドゥの事しか考えていない。これが恋なのだと気付くには、彼等には時間とキッカケが必要で。
その時はまだ来ない。どうやら次巻へと持ち越されてしまう。

会社、という組織で働いている以上。身体を壊してまで働かなければならない、と言うことは無い、
と私自身は思っている。
人は、コンドゥは、何故働くのか、働く事をセーブ出来ないのか、とアレシュに尋ねられて、コンドゥは答える。
「自分の存在意義の確立のため」なのだと。それはある面では全く正しい。
価値観の相違だと断ぜられたアレシュは、貴族である自分が率いる第三騎師団の財務事情に目を通そうと思い至るまでになるのだから。
宰相も、コンドゥが周りを良く見ていて、この国の財務事情を誰よりも憂えていて。
具体的な策を提案してくれる「役に立つ」社畜だという事に気付いている。
宰相自身が、物語の中で、善か悪か、まだ判然とはしないながらも。コンドゥの仕事を認めてくれている事は確かだ。
これはファンタジーで。真面目に仕事をしていれば誰かが見てくれている、なんて事は現実世界では無い事なんだけど。この事は働く者にとっては救いであり、ホッとさせてくれるのだ。

また本巻では、聖女として召喚された白石優愛には「加護」と魔力の使い手としての所謂チートが搭載されているのだが、コンドゥにはそれが全く無く、ピュアな状態というのも今後の展開に期待される設定。
国の財状に詳しく、「これは経費で落ちません」を取り締まり始めたコンドゥを良く思わない者もいるだろう。油断したコンドゥを背後から襲う者、という張り詰めたカットでこの巻は終わる。
ああ、次巻が待ちきれない!
采和輝先生の美麗な絵も眼福〜。
描き下ろしには、アレシュの普段着。フーディの先が三つ編みっぽいのが可愛くて気になる〜。
そんな可愛い服着て深刻そうな表情とのギャップ、萌えます。

5

オモシロさ増した

小説のコミカライズ版。絵での表現が個人的にツボってきて、コミック1巻より面白く感じました。絵のパワー凄い。

1巻最後で、魔力を馴染ませるためセーイチローとイタしたインドラーク団長。翌朝「仕事あるんで!」と、宮廷に出社?したセーイチローが気になって昼時に様子を見にいってみると・・・と続きます。

新しい登場人物は
クエルパス(医務局長、眼鏡ウェービーロン毛イケメン♡)、攻め側近ぐらい?
小説でのクエルパスをあまり覚えてなかったのですが、イケメンで嬉しい~

++面白かったところ

コミックならではの表現なのですが、面白いところやツッコミどころで、キャラがデフォルメバージョンに変わったり、顔の書きっぷりが変わったりするんです。そこがこのお話のコミカルなところを際立たせて面白かった~!チャラ男っぽいノルもセイさんもコミカルバージョンの表情がめっちゃ面白い。

その中でインドラーク団長だけ、表情筋ないんか!というイケメンなままなので、余計際立ってナイス!個人的感触ですが98%ぐらい怒ってる/怒鳴ってる/機嫌悪い状態なので、ずっと眉間にしわよってるような感じなのも、やっぱりナイス。

渋イケおじと脳内連想していたカミル宰相がちょっとイケメンじゃなく感じるのが、変わらず残念なのですが、楽しくなってきたので、続きも楽しみにしていよう~と思ってます!小説3巻も出ますしね!

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う