効率厨の社畜、異世界でガンガン働きながら恋愛フラグ立てまくり!

異世界の沙汰は社畜次第 聖女召喚改善計画

isekai no sata wa shachiku shidai seijo shoukan kaizen keikaku

異世界の沙汰は社畜次第 聖女召喚改善計画
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神14
  • 萌×28
  • 萌4
  • 中立3
  • しゅみじゃない5

--

レビュー数
5
得点
117
評価数
34
平均
3.7 / 5
神率
41.2%
著者
八月八 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
大橋キッカ 
媒体
小説
出版社
KADOKAWA(エンターブレイン)
レーベル
発売日
価格
¥1,300(税抜)  
ISBN
9784047355385

あらすじ

ある日、聖女召喚に巻き込まれて異世界転移してしまった近藤誠一郎、二十九歳。経理課課長補佐として昼夜問わず働き続けて社畜根性の染みついた誠一郎は、異世界でも「仕事」を要求。
しかし、与えられたのは「とんでも予算申請書」に判を押すだけの簡単なお仕事。『横流し課』と呼ばれる王宮経理課のヌルい仕事に誠一郎は大激怒! 経理課の立て直しに乗り出した!
そんな日々で誠一郎が手に入れたのは『疲れが吹っ飛ぶ栄養剤』。
胃が痛まない! 片頭痛がしない! 首肩腰が痺れない! もっともっと働ける!! 異世界すごいと感激した誠一郎だったが、異世界の栄養剤はとんだ副作用をもたらし命の危機に! 魔力ゼロの誠一郎が助かるためには「魔力のある人」に『挿入してもらう』必要があり……。「助かるなら」とあっさりと状況を受け入れた誠一郎は、眉目秀麗で寡黙な美丈夫・第三騎士団長アレシュ(♂)に身をゆだねるのだが――。
意思疎通皆無、捧腹絶倒社畜BL。

表題作異世界の沙汰は社畜次第 聖女召喚改善計画

アレシュ=インドラーク、第三騎士団団長22
近藤誠一郎、聖女召喚に巻き込まれた社畜リーマン29

その他の収録作品

  • ノルベルトの報告書

レビュー投稿数5

異世界転生が好き

実は異世界召喚物とか、異世界転生とか、すごく好きで、アニメはもっぱらそれ系中心に見ているのですが、その原作のラノベやコミックの異世界ファンタジー物はあんなに溢れかえっているようでも、それがBLでとなると、なかなか、ありそうで滅多になかった。
こういう、無理やり異世界に連れてこられちゃった主人公が、自分の才覚で異世界と渡り合うお話が、それがBLで読めただけでも嬉しいのに、その上さらに、この主人公の社畜っぷり。
大人の社会人の鑑!
実は年下騎士団長さんの、最初は無自覚な執着ぶりもかわいい。
恋愛至上だったり、エロ必須のBLをお求めの方には物足りないかもしれません。
ソフトカバーとはいえ、結構な分量でそれなりのお値段の本でしたが、でも、個人的には大満足でした。

4

できる社畜が格好良くみえる

異世界に巻き込まれた社畜主人公の話です。
仕事しか頭にない理性型主人公とクール系騎士団長のやり取りが面白く、時に可笑しい今作品。

主人公は自律した大人で異世界でも生き抜いていけるほど頼もしいです。
主人公の心の声を読めば読むほど、強かで抜け目のない性格なのがわかり、読み進めると疲れているけど仕事ができる社畜が格好良く見えました。
攻めもハイスペックでこれまた格好良いですが、話が進むと年下なので年相応な部分も見えるようになり、良い意味で最初のクールな印象とのギャップにキュンキュンします。
主人公はなんだかんだ年上で口が立つので、攻めの好意をある程度分かっている上でかわしたり、しれっと利用したりするのがツボでした。
攻めも優秀なので、最終的にはただかわされているだけではなく、年下らしい強引さも見えて、濡れ場が薄っすらなのにここまで萌えるのかと感心しました。
ただ恋愛中心の甘々な話を読みたい方には合わないかもしれないので注意です。
社畜の活躍が素晴らしいので、二人のやり取りに笑ったり、キュンとしながらも胸のすくようなストーリー展開が楽しめたので個人的には満足です。

そしてこの小説をコミカライズしている方の絵が美しすぎます。原作もとても綺麗なイラストですが、受攻の見た目が原作より男らしいので、個人的にコミカライズの絵柄の方がしっくりきます。なので今後はコミカライズも楽しみにしていきたいと思います。

小説は2巻まで出てますが、続き出してほしいです。ぜひ続きが読みたいです。

2

社畜ってクールジャパン(死語か?)だったのね

間違っているのかもしれませんが……ハードボイルドの匂いがしたんです。
いや、確かに正当なハードボイルドからはかなり外れていますよ。
主人公の近藤誠一郎は『社畜』設定で、頭痛・肩こり腰痛に苦しむ虚弱体質で、暴力的になり様がない。
むしろボコボコにされる側です。
でも、異世界においては彼の行動は反社会的(笑)だし、独自の美学(笑)を貫いているし、なんと言ってもクール(笑)です。

現代日本で得たPDCAサイクル(計画→実行→評価→改善を繰り返して生産性を上げようという仕事の改善手法)と『得にならなくとも何故だか必死で働いてしまう特性』という武器だけを頼りに、異世界での不条理と闘う近藤は、間違いなく『高潔な戦士』です。
本人にそんな自覚がない所為もあって、これがまた、やたらめったらカッコよく感じてしまうんですよ。
冴えない29歳(途中から30歳)のはずなのに、おかしいな?

目の前で女子高生が地中に埋まっていく現場を目撃した近藤誠一郎は、彼女を助けようとして異世界のロマーネ王国に転移してしまいます。この国では、ほぼ100年程度間隔で瘴気が蔓延し、その浄化のために魔術で聖女の召還を行って来たとのこと。巻き添えにしてしまった責任として「何か希望はないか」と大臣に聞かれた近藤は、仕事と睡眠しかない生活に疲れ切っているのにも関わらず言ってしまうのです。
「仕事をください」と。

もう、このプロローグだけで、面白哀しい。
本当に忙しい時って、でも、こんな風に考えられなくなりますよね?
あれって、脳から変な興奮物質が出ているんだろうな。

で、現代日本で経理をやっていたことから王室経理課の仕事を与えられるのですが、これがザル経理なんですよ。娼館で使ったお金なんかまで経費として出しちゃっている。
誠一郎はこれが耐えられない訳です。
頼まれもしないのに、過去の予算決算書まで持ち出して、ロマーネ王国の財政健全化に手をつけます。
ロマーネの人達には、始業前に出勤し、サービス残業を進んで行なう誠一郎が信じられない。
特に、魔術にも体術にも優れた天才(おまけにイケメン)、アレシュ・インドラークは誠一郎が鼻について仕方がない。公爵家に生まれ、才能に恵まれたアレシュは、身を削って働く誠一郎が解らないのです。
だから気になって仕方がない。
アレシュはロマーネの大気や食物を摂取することで体に負担がかかり、おまけに魔術治療を施すとその負荷の所為で生命の危機に陥ってしまう誠一郎の世話をやき、とあるBL的手法(お読みください。でも多分、皆さまの想像通りの手法です)で、誠一郎をロマーネに馴染ませようとします。
そんなアレシュの心配をよそに、誠一郎はロマーネの不条理な財政を正そうと、地味に、地味に、奔走しますが……

誠一郎はとにかく非合理的な仕事が許せないだけなんです。
一種の『癖(へき)』ですよ。
で、これがとても共感しちゃったんです、個人的に。
合理的に変える為なら、もう命の危機を侵しても、何でもやっちゃう。
それが可笑しくもあり、哀しくもあり、なんです。

恋は(これを『恋』と言うのなら)『アレシュ→誠一郎』で、甘さはほとんどありません。
そもそも誠一郎は恋愛至上主義者じゃないんですね。
仕事が第一。
でも、そんな誠一郎はアレシュへの恩をちゃんと感じています。
仕事に燃える姐さまなら「これ、理想の夫婦関係」って思うんじゃないかと(私だけ?)。

ラストで『お花畑的なふわふわした考え方』をしている聖女=女子高生に対して、誠一郎が行なったことも、実に大人の対応だったのでとても良い気分になりました。
経験の少ない人達に対する大人の理想的な振る舞いですよ、これ。
いやー、誠一郎がとにかくカッコイイよなぁ……

ウェブ小説のチートさに乗りきれないものを常に感じていたのですが、このお話は全くそれがなかったのも良かったです。
時折『自分で自分を働かせてしまう』誠一郎に、自分を見てしまう所もあったりして、ちょっとばかり自虐的にもなりましたが、笑えるので許せる。
弱い個人がその頑張りで、周りを、そして社会を変え、居場所を作っていく素敵なお話だと思います。

5

塩対応気味?

面白かったです。WEB発と聞いていたため、ちょっとドキドキしながら読み始めたのですが、めちゃツボって、こみ上げる笑いを堪えるのが大変でした。ただ万人受けするかというと?なのと、もう一山あるかと思ったのですが割合フラットに終わった印象でしたので萌2よりですが萌にしました。本編280Pほど+サブキャラ視点のSS14Pほど。(カバー下あります!=大橋キッカ先生の挿絵!)

休日出勤した日の帰り、突然女の子が悲鳴を上げ、地面にめり込んでいったのを見て思わず手を伸ばしたら、一緒にトリップしてしまった誠一郎。周りは聖女を召喚できた♪と大喜びしているのだけど、このおまけ(=誠一郎)をどうするねん・・・と困惑気味。事情を察した大人な誠一郎は、社畜の本領発揮!「仕事ください」と宣い・・・と続きます。

攻め受け以外の登場人物は
チャラ男(誠一郎の側で世話役みたいなことをする)、一緒に召喚されちゃった女子高生、宰相(渋めイケメンという印象)、王子、魔導使う人等、結構います。一番面白かったのがチャラ男。すごい喋り方をするのを、そのまま記載しているので、「うお?!」と思う方がいると思います。試し読みをなさって確認いただいた方が良い気がしました。

**好きだった箇所

誠一郎がめっちゃ面白かった。「体が重くならない!吐き気がしない!片頭痛がしない!」という夢のような栄養剤のくだりでは、「うあああ欲しい・・・」と悶え、「気持ち悪いのは吐けばすっきりする」というくだりでは「うんうん、そう、でも休もうよ」と思ったり、助けてもらったのにお礼するのを「分割払いにできないかな」と考えたり、とにかく面白い!
最後の最後まで超絶イケメンになびいた感じはないし、なんだこの塩対応は!と最後まで楽しかったです。

視点がちょこちょこっと変わる印象で、時折「へ?今誰視点?」と戸惑うところもありましたし、前述のとおりチャラ男がとんでもない喋りですし、普段商業BL小説だけ読んでいる方でしたら、戸惑い大きいかもですが、試し読みしてみて、イケそうでしたら是非。

3

ライトノベルとして読むにはとても面白いです

こちら、王道から斜め上にズレた異世界トリップものです。

主人公は聖女の召喚に巻き込まれた、ただのくたびれたリーマン。
聖女の聖なる力で異世界を救うのでは無く、社畜である主人公の経理の能力によって国を救うー。

えーと、物語として面白いと思うのです。
主人公のキャラクターなんかも、ここまで個性的で徹底してるのはなかなかお目にかかれませんし。
多分、ライトノベルとして読む分にはとても楽しい。
しかし、BLとしては物足りないと言いますか・・・。
主人公の社畜根性と効率厨ぶりなんかがですね、物語を進める上でのキモであり、また面白さでもあるんですよ。
が、それがBL方面では悪い方に出てると言うか。
BLなので、もっとトキメキや萌えが欲しいんですよ・・・。
効率的だからとアッサリ抱かれる主人公に、萌えは少ないんだなぁ。


内容ですが、眉目秀麗で融通の効かない騎士団長・アレシュ×効率廚で社畜なリーマン・誠一郎による、異世界トリップもので救国ものです。
ライトなラブコメになります。

社畜リーマンの誠一郎。
ある日、聖女の召喚に巻き込まれて異世界にトリップしてしまいます。
聖女のオマケである彼は国から生活を保証されるものの、社畜根性から仕事を要求。
特技である経理能力を生かして、グダグダな財政を改革して行きますがー・・・と言うものです。

で、その延長線上で、国を救ってしまうと言うもの。
ついでに、聖女でもなんでもない彼は、異世界に満ちている魔素に耐性が無く、身体に溜まった魔素を循環させるために、アレシュとエッチしなくちゃいけなくなると言った流れです。

えーと、しつこいですが、設定としてはとても面白いです。
モブが主人公で、しかも特別な「聖なる力」とかでは無く、経理の能力で国を救っちゃうと言う展開も痛快。
主人公のキャラ自体も、かなり変わり者ではあるものの一本筋が通っていて好感が持てます。

誠一郎ですが、ごくごく普通のリーマンなんですよね。
いや、全然普通では無いけど、性的指向と言う意味ではノンケの平凡な青年。
当然、男とエッチなんて抵抗感を持つんですよ。
が、「それが効率的だろう」とか言われると、アッサリ納得して受け入れてしまう・・・。
いや本当、ここまで自分の信念(?)に忠実だと、いっそ清々しいですよ。

また、何だかんだ言いつつ、面倒見の良い騎士団長のアレシュ。
彼のツンデレな愛情表現にも、ほのぼのさせてもらえます。

う~ん・・・。
ただですね、やっぱりBLとして読もうと思うと、圧倒的に萌えが足りない。
ラブが主軸になる作品では無く、異世界での冒険が主軸な作品なんですよね。

まぁ、好みの問題ではあるのですが、私は恋愛をメインに読みたいので。
あと、抱腹絶倒の煽りに惹かれて購入したんですよね。
トンチキ系が好きなので。
ただ、これは私の笑いのツボがズレてるせいかと思うんですけど、抱腹絶倒では無いかなぁ。
面白くてクスッって感じではあるんですけど。
ついでに、聖女(女子高生)が個人的に好きでは無いです。
悪い子じゃない。悪い子じゃないんだけど、勘違い系でイラッとする。

そんな感じで、個人的にはちょっとズレを感じる作品でした。
しつこいですが、異世界冒険譚として読む分には、とても面白いです。

11

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う