コミック

  • オメガ・リバース~番えない君は夜に溺れる~

オメガ・リバース~番えない君は夜に溺れる~

omega reverse

  • 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作オメガ・リバース~番えない君は夜に溺れる~

九条新,大学生,α
壮一郎,β,依頼主をβにするΔ

その他の収録作品

  • アフターストーリー①
  • アフターストーリー②
  • あとがき

あらすじ

セックスすると相手の性をβに変えられる性質「Δ(デルタ)」を持つ、壮一郎。困っているΩを救うため、依頼主をβにする仕事をしていた。ある夜、セックスを頼んできたのはαの青年。初めて抱かれる側になった壮一郎だったが、優しすぎる愛撫に戸惑ってしまう。彼の正体は、長い間会っていなかった幼馴染の新だった――。【セックスしたら、番えない】性別を超える愛を描く、新感覚オメガバース。後日談を描いたコミックス描き下ろし漫画13pを収録。

作品情報

作品名
オメガ・リバース~番えない君は夜に溺れる~
著者
すぎちよ 
媒体
漫画(コミック)
出版社
双葉社
レーベル
comic marginal &h
発売日
電子発売日
ISBN
9784575380941
3.9

(74)

(29)

萌々

(24)

(13)

中立

(5)

趣味じゃない

(3)

レビュー数
15
得点
285
評価数
74
平均
3.9 / 5
神率
39.2%

レビュー投稿数15

新感覚オメガバース

電子分冊版の頃から大好きで、コミックス発売をずっと待ち望んでいた作品です。

性の狭間でもがく『Δ』の、救いと愛の物語です。

主人公の壮一郎(自身の階級はβ)は、セックスすると相手の階級をβにするという不思議な力(Δ)を持っていました。そんな壮一郎の前に金持ちのαが現れ、想い人と添い遂げるためβにデリートしてほしいと依頼してきます。実はその依頼をしてきた相手が、子供の頃に施設で一緒に育った幼馴染みの新だった...というところから物語が動き始めます。

見所は壮一郎が何故『Δ』として、階級社会に苦しむΩを救っているのか?ですね。

『Δ』の力には更に秘密があり、Ωを救うΔの力を使うことで自身が『Ω』になっていく...というもの。

新がもしデリートされたらα→β
β→Ωへ変化していく壮一郎とスレ違う性、まさしくこれが『セックスしたら、番えない。』ということです。

更にΔの力を利用する者が現れ、様々な困難が2人に襲いかかります。そんな中、壮一郎は新への想いを少しずつ育てていきます。
2人は無事に番うことができるのか!?是非、作品を読んで確かめてみて下さい!

登場キャラクターも魅力的です。

主人公の壮一郎(β)はぶっきらぼうで口は悪いですが、お人好しで優しい心の持ち主。セックスを仕事にしているのに、めちゃくちゃピュアだったりします。あと食いしん坊でジャンクフードが大好き。

幼馴染みの新(α)は、九条家の御曹司でお金持ち、イケメンですが、子供時代はちびで泣き虫、壮一郎に甘えていたので、時折チラッとその姿が顔を覗かせます。性格は天然ちゃんですね。少しズレたところがあるのも面白いです。そして好きな子にはスケベです(笑)

他にも物語のキーマンとも言えるユキ、壮一郎のΔの力に興味津々な闇医者、壮一郎と共に仕事をしているマサ等、様々なキャラクターが登場します。

また壮一郎と新の恋愛メインではありますが、色々な切り口から物語を楽しめます。

一途な幼馴染みα×階級デリートの青年Δの『新感覚オメガバース』

とってもオススメなので是非読んで頂きたい作品です。

8

今までない新しいストーリー

すぎちよ先生の作品は、どれも新しいストーリーだなぁといつも思って読んでいます。
Ωバースの話はたくさんありますけど、デリートする、と言う着目点がすごくいいです。
ぶっきらぼうだけど、心優しいβのDとαのアラタと。
辛い思いをしているΩのためにセックスをするD。
自分の本名も口にすることなく毎日を送っていて切ないです。アラタはずっと探していたんですね。大好きな壮を。
相手の階級を変えてしまうから、番になれない(T_T)
闇医者、そこは何とかしてあげて。二人にいつか可愛い子どもがやってきますように。
絵もキレイでおすすめの作品です。

5

良い!

新しい設定で引き込まれます!これから増えるのかな???スピンオフも楽しみにしてます!

1

初めて読む設定

相手の性別を変えることができるΔのお話。
Δの存在をこの作品で知りました。他にΔを書いている作家さんっているのかな?
初めて読む設定で面白かったです!
オススメです。未読の方は是非読んでみて!!

1

運命に抗う事こそが2人の運命

Ωをβに変える能力を持つΔである壮一郎はΩと肉体関係を結ぶ度に次第にΩに近づいていってしまいます。自分だけが苦しむΩを救えると、自分を犠牲にしていく壮一郎の苦悩が胸に迫ります。
また、自分を犠牲にしてまで見ず知らずのΩの幸せのために身を削る壮一郎の優しさにも胸が熱くなります。
相手のために生きようとする壮一郎を一途に想う新もまた、バースを変えてでも壮一郎のそばにいようとします。
両思いでありながら、共に生きることはできないと新を拒絶する壮一郎の心を知るにつけ、胸が締め付けられるように痛くなりました。
そんな壮一郎や新を自分の利益のために利用しようとする新の義父や峰岸市議、マサが2人を翻弄します。
そして、その過程で新も壮一郎も葛藤し、懊悩しながら、頑なだった壮一郎の心も少しずつ解けていきます。
その過程も感動的なので、是非堪能してほしいです。
2人の物語はやまびこ園で始まり、やまびこ園で帰着する、というとても素敵な構成になっていて、心憎い展開にやられた!!と思ってしまいました。
エッチなシーンだけでなく、主役2人の心情を追って読むとより深く作品を楽しむことができます。
とても素敵な物語に出会えました。

1

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(コミック)一覧を見る>>

PAGE TOP