サンドリヨンの黒い革靴

Cendrillon no kuroi kawagutsu

サンドリヨンの黒い革靴
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
1
得点
9
評価数
4
平均
2.8 / 5
神率
25%
著者
井上ハルヲ(オハル) 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
斧田籐也 
媒体
小説
出版社
SNP
レーベル
ブリリアントプリン文庫
電子発売日
ISBN

あらすじ

灰原歩は仕事を完璧にこなす有能な議員秘書だ。しかし普段気を張り詰めているせいか私生活では抜けているところがあった。
 
ある夜、灰原は混雑している電車から降りる際に靴が脱げてしまい、そのままホームに押し出されてしまう。ホームで茫然とする灰原に靴を拾って届けたのは、火神尊という灰原好みのイケメンだった。

このまま別れてしまうのはもったいない。

ダメ元でお礼に誘うと、火神のほうも同じ思いでいることがわかり、二人は本能の赴くまま激しく濃厚な一夜を過ごす。

もう会うことはないだろうと思っていた矢先、二人は職場でまさかの再会を果たしてしまい……。

サンドリヨン(シンデレラ)の落とした黒い革靴から始まる、強面SPと美人秘書の政界スリリングラヴ!

※BLリーディングCD「サンドリヨンの黒い革靴」をノベライズ化。
 本編CDの特典「サンドリヨンの甘い誘惑」もノベライズし、巻末に収録。

表題作サンドリヨンの黒い革靴

火神尊,警視庁SP
灰原歩,議員秘書

レビュー投稿数1

朗読CDの補足には良いのかも

初読み作家さん。朗読CD用シナリオのノベライズで短め。CD未聴。
最初のうちは受けと攻めで一章ごとに視点が切り替わっていたが、後半になるにつれスイッチ頻度が高くなり、細切れに視点が切り替わる。名前だけ出されて不自然にセリフも描写もないキャラが複数いて、二人用の劇シナリオそのままの仕上がり。
ノベライズといってもそんなに加筆修正してないのかな。CDを聴いた人の補足には良いかもしれない。

警視庁警護課員(SP)×代議士の秘書。短い作品ながらエロシーンが長めに描写されてるので、エロ特化としてストーリーには突っ込まないお約束なのかも。偶然の連続で進み、受けのキャラにやりすぎ感があって、読んでいて恥ずかしくなった。
小悪魔、最高の王子様、そそっかしいシンデレラ、などなどにときめく方にはおすすめ。攻めはクサイセリフを連発してくれる。

二人の出会いは偶然で、受けの靴を攻めが拾ったことから色々あって、都合よくお互いゲイでお互い好みだったのでホテルへ。後日偶然代議士のSPとして派遣された攻めと受けは再会し、事件を乗り越えて一旦離ればなれに。再度偶然受けの靴を攻めが拾って再会し、カップル成立という流れ。
巻末特典小説は久々に会う二人のらぶエロだった。

限られた尺の中でストーリーを動かそうとしているので、仕方ない面もあると思う。だがドラマチックに演出しようとするさまが過剰で、朗読では映えるかもしれないが、普通に読むとついていき辛い。

受けは仕事はできてもプライベートはポンコツという設定。仕事中にトイレで攻めを襲ったり、事件現場ではひどく冷静さを欠いているのに、これで仕事はできるなんて説得力がない。特に暴漢と戦う攻めを見守る受けのヒロインっぷりに冷めた。

初読み作家なので分からないが、朗読用だからこんなことになってるのかな。シナリオっていうならまだしもノベライズと謳ってこれはちょっと……。
安っぽいドラマのような作品だった。

1

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う