最後のドアを閉めろ!(1)(新装版)

saigo no door wo shimero

最後のドアを閉めろ!(1)(新装版)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神24
  • 萌×210
  • 萌11
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
12
得点
195
評価数
48
平均
4.1 / 5
神率
50%
著者
山田ユギ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
リブレ
レーベル
ビーボーイコミックス~BE×BOYCOMICS~
シリーズ
最後のドアを閉めろ!
発売日
価格
¥571(税抜)  
ISBN
9784862631640

あらすじ

飲んでこの痛みを忘れたい!特別にかわいい後輩・齋藤が結婚し荒れる永井は、その夜、本田と飲み狂いうっかりホテルへ。「なぐさめセット」と称したキスに流されちゃって…。苦悩する永井に、今度はヨメに逃げられたと齋藤が泣いてすがってきて…。どうなる3人の恋バトル!!大人気作品の新装版!

表題作最後のドアを閉めろ!(1)(新装版)

年下ノンケ・本田賢三
後輩(♂)がかわいくて仕方ないノンケ・永井篤

その他の収録作品

  • 最後のドアを閉めろ!?その後のおまけ

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数12

BLの世界に嵌った思い出の作品。

1巻と2巻両方読んでのコメントです。

本が好きで雑食上等とばかりに色んなジャンルを漁っていたので、もともとBLも読んではいたのですが、この作品との出会いが決定的なダメ押しになりました。

本当に大好きな要素がこれでもかと詰まっています。
うまくまとならないので思い付きを箇条書きで失礼します

・気の強い美人受け(けれどちゃんと大人の男)
・普段は落ち着いていて余裕のある(ように見える)受け大好きな黒髪攻め、
・ギャグと切ない要素のバランスの良さ。
・ケンカップルな2人の軽妙なやりとり。
・男同士のリアルをそこはかとなく感じさせてくれる日常と会話のセンス。
・ダメなところを自覚しているからこその葛藤とそれを結局受け入れてくれる寛容で男前な攻め。
・作品全体のバランスの良さは本当にみごとだと思います。しっかりエンタメしつつも人間らしさも描かれていて、尚且つ、ありきたりにはならない作家さんの個性もあります。

本田さんカッコよすぎなんですよね。しかも、かっこよさのラインが絶妙なんですよ。探したらその辺にいそうなリアルを感じさせてくれるカッコよさ。不動の攻め様ですよ!
永井さんは愛すべきキャラです。美人でありながらやんちゃなとこもありつつ、エッチの時は意外と大人しくて攻めに翻弄されてしまうところがあります。ツンデレなんですよね。なんだかんだ言いながら攻めを思って涙してしまうくらい攻めが好きですしね。

沼に嵌って10数年経つのですが最近になって好きなカプの傾向はこのカプが元になっていると気づきました。
どうやら自分で思っていた以上に好きだったみたいです笑
我ながら気づくの遅すぎですが、この記念にレビューを書かせていただいたしだいです。

最後にもう一度繰り返させていただきたい!
この作品を読み萌えを知り、かれこれ10数年、抜けられない沼にはまることになりました!

4

さすがユギさん

この作品を読んですっかり山田ユギさんのファンになりました。

最初、三角関係だからせつない感じなのかな?と思っていたら、ギャグ多めでテンポよく進んでいきます。でも、シリアスな場面はガッツリと読ませてくれます。斉藤のポジションは永井のアイドルですね。斉藤は無意識に?永井を誘惑しまくってます(笑)

本田と永井がお互いに意識しあうようになる過程はすごいのめり込めますね。キャラも人間味溢れてて、すごい共感出来るし。

ユギさんの書くリーマンって素敵だなぁと思います。お気に入りの一冊になりました。

2

面白い!!楽しい!!

大好きな作家さん。
山田ユギさんは、ハズレがない。
その中でも結構上位の作品です。
元気になりたい時とか、楽しいもの読みたい時に手に取る作品です。

もぅ〜楽しすぎ!
三角関係のものなんですが、
齋藤が可愛くてしょうがない永井が
ふとした瞬間に齋藤に悩殺される所、
いちいち笑っちゃいます。
そんなにのけぞんなくても…(笑)
後、本田と永井の出会いも好きです。
なんか男のかっこいいやけ酒の夜って感じだったんだろうなぁと
勝手に想像します。
永井のマンションで齋藤と本田がはちあわせて、
永井が本田を殴っちゃう所、
帰る本田の背中がせつなくてせつなくて。
1巻最後で永井が初めて本田を受け入れる所、
「もういいや」って、なんかいいですよねー。
読んでて嬉しくなりました。

ひとつひとつ上げたらキリがないですが、
笑える所、せつない所、ドキドキする所、読んでて嬉しくなる所、
たくさん詰まってます。
何回読んでも飽きないです(^_^)

2

かなり大好きな作品

記念すべき100レビュー目は山田ユギ先生!

この作品かなり大好きですw
とにかく面白い。
いきなり、大好きで可愛がっていた後輩が結婚。
その後輩の結婚相手の元彼と一夜の過ちwww

奇想天外のように見えて、あり得るように見えてしまう!
そんなリアル感w
しかも後輩は奥さんに逃げられてしまって
結果変な三角関係に!

ここまで面白いBL三角関係はなかなかないな~と
思っています。
これは凄く名作ですね。
古い作品だけど、全然色褪せなくて、今でも時々
読み返します。そして爆笑w

3

約15年!

手元にありますのが新装版ですのでこちらにレビューをば。
間違いなくユギ先生の代表作ですね! こんな内容でしたということではなく、ただただ自分の萌えポインツを連ねてまいりたいと思います。

・スーツ萌え
スーツ良いですよね、スーツ!
どこを捲っても大体スーツ! スーツ萌えを10年以上こじらせている身といたしましてはスーツ祭りはなによりのご褒美です。

・本田のすべてが萌え心をくすぐる
主役であるはずの永井さんがちょろっと霞んでしまうくらいに攻めの本田(えろ魔人)さんが素敵ですね。斉藤の結婚でハートブレイクした永井さんの気持ちがグラついたのも、分かるんです。
タバコを持つ手もお酒を飲む仕草もそしてスマートになにかとこなすあたりも。それでいて年下。年下攻めはオイシイ!

・永井さんの不思議なかわいらしさ
忘れよう、やめよう、仕方ない、諦めよう……とそういうスタンスが可愛らしく見えるひとつの要因かなと思っています。
そういう弱さと斉藤を好きだという弱み(とここではします)を本田さんが知っちゃったからこそ、そして知られているからこそのふたりの関係ですよね。秘密を共有しているからこそ、関係性がより近くなる。

・斉藤がかわいい子攻め
かわいい子が攻めているのもすごく好きです。
またこのかわいい子にもかっこいい人にも攻められているわけで、一冊で二度おいしい枠だと私は思います。かわいらしさを武器にするのも、斉藤くんの場合そこまで嫌味がなくむしろさっぱりしているので、キャラクタとしてもとっても魅力的!

・嫉妬要素ありのベッドシーン
いわゆるネトラレ属性とまではゆきませんが、本田さんと永井さんのセックスについて回る[嫉妬]のパワー!
好きだから独り占めしたいけれどそれでは男らしくもなく、でももちろん許すものでもなくしかしよくよく考えれば別段合意でキスをしたのでもないし本田<斉藤なのは重々分かっているうえでの付き合いだから我慢……しない!できない!それは違う!仕置き!! な本田さんのガルガルエロ魔人セックスがすごく好きです。
永井さんは自らの優柔不断さを呪いながら本田さんにたくさん愛されるがよし、と私は思います。

1巻ではノンケ同士のふたりがひょんなことから恋人の関係にまで発展する、その過程が描かれています。
明るく、ハッピーでクスッと笑える幸せなスーツBL! ふと思い出しては、読み返しています。

2

さすが・・・

丸ごと一冊ひとつのストーリー。

さすが・・・ユギさんです。

面白くて、ガハガハ笑うところ満載。
えーっ!?ってビックリするところ満載。
うぅぅぅっ。。。とキュンとなるところ満載。

ワタクシのツボとピッタリ過ぎて・・・
ものすご~く面白かったです。

受けの永井さん、男っぽくてカッコイイ~。
男前でモテるけど、でも好きなオトコ達の前では
ふつーにカッコ悪いところも見せたり。ステキです♪

このキャラ達には思い入れたっぷりに、
一緒になってワーキャー言いながら読めましたw

1

ノンケ✕ノンケの恋の行方

二巻まとめての感想です。

山田ユギ先生は、自分的にはなにを読んでも萌えの部分でもお話の面白さでも、まさに「ハズレのない」作家のひとり。

男前の攻めと美人受けが失恋をきっかけに、慰め合ったのをきっかけに…という、BLではわりとありがちな導入ではあるのですが、そこにいろいろな人間模様が絡んできて、終始ワチャワチャドタバタしながら愛を深めていきます。

脇役の後輩くんや元カノなどもがっつりなんども絡んできて、三角関係の様相を呈しますが、鬱陶しさは皆無。むしろ適度に攻めを煽る良いスパイスになっています。
ケンカップルという感じのふたりですが、甘い雰囲気の時はもう、すっごく甘い。時々見せる攻めの嫉妬、からの情熱的な愛情表現がたまらんです。
また、ユギ先生の描く美人受けが、本当にいいんだよなあ……。
リーマン好きな方、スーツ萌えの方、誰にでも、安心してオススメできる作品だと思います。

0

むしろ3Pでも…

この作品が私の山田ユギデビューです。はじめは永井×斉藤だと思ってたんですが、読んでたらええぇ[iLPj(@Д@)そっちか!と思ったのが一番の感想。これで山田ユギさんの作品が大好きになりました。

主人公の永井はホモじゃないけど、後輩の斉藤のことが可愛くて可愛くて仕方がないんです。しかし斉藤はこの度別の会社の女性と結婚することに。ショックで落ち込んでいた所を新婦側の会社に勤めている本田という男に慰められます。キスのオプションつきで。
二人とも男には興味は無いはずなのに流されて…。いや、最後まではいってないですけどね。それからお互いのことが気になるように。

しかしその後日、斉藤の嫁が他の男と逃げた!斉藤は永井のもとに泣きついてきました。さぁ今こそ斉藤に想いを告げるか?…というストーリーです。ええ[iLPjじゃあ本田とはどうなるんだ~?みたいな三角関係(?)のお話。

さて、本田×永井ですが二人はホント男×男!という感じがします。どっちもサラリーマンです。私は永井が感じるように斉藤のことはそんなに可愛いとは思わなかったけどなぁ。どっちかっていうと斉藤も「男」だったよ。

いやしかし山田ユギさんはキスシーン描くのが本当に上手いと思います。まさか斉藤があんなテクニシャンだったとは…(笑)負けるな本田!と応援したい。ええそうです。私は本田派です。斉藤×永井はありえないとさえ思ってます。完全な贔屓です。

っていうか永井さんって彼女いたのか。もう別れちゃったみたいですけど。涼子さん美人だな~。そうか本田×涼子さんっていうのは考え付かなかった。二人とも大人の男女関係って感じがしてアダルティですね~。結局寝てはなかったみたいだけど。

永井×涼子もいいと思いますよ。BLだけど(笑)永井さんが女性を押し倒してるのが新鮮で色気もあってよかったです。その直接に今度は本田と弄り合ってるのがギャップがあっていいですね~。

というか、挿入に至るまでが長かった…。それまでずっと口か手なんです。その隙に斉藤に取られたらどうしようかと思っちゃいました(笑)だって離婚してからの斉藤はなんだか永井さんに対して積極的なんです…。本田と永井と斉藤とで飲んでる最中、机の下で永井さんの脚をツツッ…と足先でやっちゃってます。性悪だ!

は~…そんなこんなでようやく初Hですよ。たぶんこの二人は斉藤が割り込んで来なきゃ、ここまでなるのにもっと時間かかってたんじゃないか…?ともあれ合体(笑)できてよかったよかった。本田がすぐイっちゃったのには萌えさせられました。本田か~わい~。

これでめでたしかと思ったら、永井さんは斉藤からの電話があったらすぐ飛んで行ってしまうんです。本田が怒るはずだよ~。
②巻に続きます。

2

ノンケだった2人の間にー…!?

山田ユギさんのシリーズの中で
大好きなのが…
この「最後のドアを閉めろ!」です!!


ノンケだったはずの2人の間に
恋が芽生える!?って所に少し萌えますね^^


見た目的には3P!?って思ったり…
斎藤って言う後輩が受けだと思ってました。


それが意外にも意外で
攻めっぽい2人がくっついてしまいました!!


それに…その後輩の斎藤は…
外見は可愛いのに…意外にもテクニシャンな奴で
小悪魔って感じを見せる所も意外で…
ドキドキして見れました★


むしろ3Pって感じでも萌えて…
良かったかもしれませんが…
これはこれで面白くて楽しかったです^^b

2

可愛い(?)後輩に振り回される

面白かったです!

後輩の斎藤くんが予想外に振り回してくれますね(笑)
天然ぶって世間を上手く渡り歩いてきたに違いないと思いました。
どの辺が可愛いのやら・・・。
永井さん、騙されてるぞ!

それに対して本田さんは男前でいいですね!(^^)!
私は本田さんの方が断然イイと思うのですが・・・。
永井さんはなんやかんやで斎藤くんを放っておけないのでしょうね・・・(-.-)
本田さんが気の毒です↓

次巻で完結ですが、本田さんが気の毒なので、斎藤くんにはちょっぴり痛い目にあってほしいなと意地悪なことを思いました(笑)

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ