コミック

  • 五百路准教授の密かな愉しみ

五百路准教授の密かな愉しみ

ioji jun kyouju no hisoka na tanoshimi

  • 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作五百路准教授の密かな愉しみ

須賀井漣音、大学生
五百路渉、大学准教授

その他の収録作品

  • 描き下ろし

あらすじ

ガジェット好きの大学生・須賀井が買い物の参考にしてるのは、大学の准教授・五百路先生とレビュアーのねこわたさん。
ある日、ねこわたさんのガジェット以外のレビューを覗くとアダルトグッズだらけで!?
ねこわたさんのレビューのアイコンから「ねこわたさん=五百路先生」では、という疑惑を持つ須賀井。
妄想が爆発して先生でヌいてしまって以来、なぜか先生が可愛く見えてしまいパニック!
一方、須賀井に自分がアダルトグッズのレビューをしていると感づかれてしまった先生は、
それを分かったうえでレビュー投稿を繰り返していて!?
「そんなにエロいことが好きなら 俺が相手になりますよ!!!!」

若さと妄想爆発大学生×エッチでちょっとワルい大人の大学准教授
誰にも言えない秘密のライフワーク★★

作品情報

作品名
五百路准教授の密かな愉しみ
著者
由元千子 
媒体
漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックス 麗人セレクション
発売日
電子発売日
ISBN
9784801979680
3.5

(30)

(8)

萌々

(7)

(10)

中立

(2)

趣味じゃない

(3)

レビュー数
6
得点
100
評価数
30
平均
3.5 / 5
神率
26.7%

レビュー投稿数6

ずるい大人に翻弄される年下攻め、堪らん…!

大人の余裕で年下を翻弄するおじ様受け、最高でした…!
余裕のある年下攻めも好きですが、ズルい大人に翻弄される必死な年下攻めも良いですよね〜〜〜!!!
個人的には大人の余裕に翻弄されて悶々とする年下攻め君、大好きです♡

普段は真面目なガジェットオタクの理系准教授。しかし、その裏ではアダルトグッズ(ア●ル用)マニアで夜な夜な感想を投稿するトップレビュアー"ねこわた"さんこと、五百路(イオジ)先生。

仲の良い生徒・須賀井に正体がバレそうになっても冷静沈着で、焦るどころかエロい体験レビューを投稿して須賀井君を翻弄する展開にグッときます!

五百路先生のエロレビューが兎に角、エッロい。
もう、官能小説か⁉︎と思う程の詳細な使用感レビューにドキドキ勃起しちゃう須賀井君が可愛いんだなぁ、これが。

「ねこわたさん=五百路先生か?」と疑いつつも確認出来ない須賀井君と、「もしかしてバレてる?」と思いつつもレビュー投稿を止めない五百路先生の駆け引きが焦ったく、レビューを通してゆっくり距離を詰めていく2人にニヤニヤが止まりませんでした♡

前半は須賀井君視点で「ちょっと、先生何考えてるの⁉︎」と"ねこわた"さんのエロレビューに翻弄され、後半は五百路先生視点で翻弄される須賀井君の必死感にキュンとする構成も面白い!

初読みの作家さんでしたが、淡々と静かに進む展開でもしっかりエロく、捻りのあるストーリーで好みの作風でした。
描き下ろしでも、五百路先生の余裕っぷりに翻弄される須賀井君が見られて大満足!
ズルい大人に翻弄される年下攻めがお好きな方に是非。

▶︎Renta!/白ペンぐしゃぐしゃ修正

2

准教授、、!

作家さん買いです。
2人の関係性がどツボでした。
そして2人ともかわいかった!

0

ギャップが最高

由元先生の描く年上受けがエロくて好きなので、今作はどんな色気のあるおじさまが見れるのかなー?と期待して読み進めました。

普段の五百路先生は物静かで優しげな人だなという印象だったけれど、実は毎日のようにアダルトグッズを使ってアナニーをしていて、さらにグッズの詳細なレビューを上げているという…そんなギャップがたまらなく良かったです。

そんな五百路先生の秘密に気付いてしまった須賀井は、いつしかエロい目で見始めてやがて自分の気持ちも自覚していくという展開に。
結局は手のひらで転がされていたのがわかるわけですが、その駆け引きはとても平和でなんだかほのぼのした気持ちにすらなったのでした。

結構危うい関係な気もしたのですが、周りにバレることもないしすんなりくっつくのでハラハラすることもなく、安心してふたりのエロい絡みを楽しめたお話でした。

1

年上の手のひらでコロコロされる攻めくん

タイトルが、本編の内容をめちゃくちゃ簡潔に言い表しています。
受・五百路先生の密かな愉しみに、だんだん巻き込まれていく攻・須賀井くんが、可愛かったです。
可愛くて、一生懸命な須賀井くんがめちゃくちゃ見どころあります。
自分で一生懸命考えて、五百路先生の真意を読み取ろうとしても、結局は五百路先生の思い通りになっているところ、とか。

五百路先生側は、研究者でもあり、突き詰めることが趣味のようなので、須賀井くんをこれからも愛しく思っていくでしょうが、逆は大丈夫か……?と少し不安になってしまいました。
未来の二人もみてみたいな、と思う作品です。

0

これも一つの探究心

由元先生一流の「ドエロおじさん」降臨。
物静かなインテリジェンスとドエロは共存しております。

主人公は、大学生の須賀井。
ガジェットが大好きで、普段から「amozon」の商品レビューを参考にしています。なかでも「ねこわた」さんというレビュアーさんを信頼していたのですが、その人の他のレビューを見てみたらなんと!◯ナルプラグなどの大人のオモチャのレビューがズラズラ〜ッ‼︎と出てきて…!
…と始まります。
須賀井は「ねこわた」が大学の五百路准教授なのではないか?と疑問を抱き始めます。
先生の前でエロレビューの話をしてみる須賀井。
なんとなく恥ずかしそうな先生。
先生がオモチャであんな事こんな事!と脳裏に浮かんでしまい、もう頭から離れない。思い余って先生に直撃する須賀井!
という感じで、須賀井の若さと直截さがなんともおバカというかまっすぐというか…可愛いですね。
そして、実際にねこわたさんは五百路准教授なのです。

若さの盲目で突っ込んできた須賀井と、彼に押し切られたテイで受け入れた五百路。
そりゃゲイ経験どころか童貞の須賀井はもう。ねえ。
一方五百路先生サイド。
元々恋愛や性欲に淡白そうだった先生の「オモチャはじめ」は女性から。こういう女性っているのかな。いるのかも。
ともかく、セックスよりも自己開発にハマった先生。次第にレビューにもハマっていき今に至る。
で、須賀井が悶々としてた時の五百路視点が語られるんだけど、これが可笑しい。
須賀井くん、手のひらで踊らされてたのかもね…
いえね、五百路先生は別に悪い人じゃないです。ただ、須賀井がどう行動するかちょっと試してたというかお見通しっていうか。
基本的に須賀井を可愛く思っているので良しとしましょう。
先生はリアル恋人ができてもオモチャレビューを辞める気はないようなので、須賀井も一緒に頑張ってください。

2

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(コミック)一覧を見る>>

PAGE TOP