• 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作のみ×しば 4

野宮竜斗、高校2年生
御子柴奏、高校2年生

同時収録作品のみ×しば4

宮井雄大,中学生(回想)
藤間 光,大学生,家庭教師

その他の収録作品

  • カバー下 男子+女子図鑑簡易盤(宮井過去編)

あらすじ

宿泊体験入学会が終わり穏やかな生活が戻ってきたと思ったら大間違い!? 久々に部屋に2人きりになった野宮と御子柴は抱き合いながらキスをしてベッドになだれ込むと…?
エッチに必要不可欠な“アレ”をどこで手にいれる!? 教えて宮井くん!

作品情報

作品名
のみ×しば 4
著者
田倉トヲル 
媒体
漫画(コミック)
出版社
集英社
レーベル
集英社ガールズコミックス
シリーズ
のみ×しば
発売日
電子発売日
ISBN
9784088552088
4.6

(260)

(195)

萌々

(49)

(13)

中立

(1)

趣味じゃない

(2)

レビュー数
25
得点
1211
評価数
260
平均
4.6 / 5
神率
75%

レビュー投稿数25

宮井くんの恋は再稼働してほしい

終わってない‥終わってないと思いたい!
宮井くんの中学時代の濃ゆい恋、始まってほしい!!

当て馬の細貝に何をされたのかとっっっても気になります。
一ヶ月で終わった!?嘘だーーー!!
と思ってます。

宮井くんは主役のカプに対してもとっても大切なキーマンだし、まさかそんな切ない恋をしているとは‥!!そして相手の藤間先生もなんて素敵な人なんだ‥
お似合いです。お似合いの二人すぎる。
そんなんだから終わったなんていわないで!!
先生と生徒の関係ですが教育実習だし!ありえますよね!!って思いながら次巻を待ちます。

15

のみ✕しば4冊目!のみしばは勿論宮井くん編も最高です

※思いっ切りネタバレレビューなのでご注意ください!



もう説明不要な萌えがそのまま具現化したような名作「のみ✕しば」の4冊目です!

遂に結ばれたのみしばですがもう本当に可愛さがとめどなくて読んでるだけでひたすらニヤニヤします。

しばこと御子柴が可愛いのは周知の事実なのですが野宮も負けてませんよね。

この二人が揃うと何の化学反応が起こってるのか可愛さが天元突破して色々ヤバ過ぎるんですよね。

エッチに必要なアレは何処で手に入れればいいの!?教えて宮井くん!!て
そこもクッソ可愛いし何より頼られる頼りになる存在宮井くん!

彼はのみ✕しばにおいて欠かせないキャラである意味第三の主役とさえ思っています(笑)

そして今回はそんな宮井くんの恋のお話が描かれていてそれがまた本当に最高にエモいし萌え散らかしました。

宮井くんと藤間先生、一旦離れちゃったようだけどその理由は?そしてこの先二人は再び交わるのか?てか絶対交わって欲しい!

その辺りはこれからじっくり描かれて行くとは思うのですが本当に単話で追わないと我慢できないレベルで気になります笑

宮井くんにこんな過去があったなんて…本当に驚きですがやっぱり彼は経験値も違いましたねw

そして藤間先生もかなり気になるキャラ…年下の宮井くんにたじたじなのも萌えますが年上だし宮井くんが色々繊細なお年頃…

しかもまさかの宮井くんが攻めと言う…wここは流石の宮井くん(真顔)

藤間先生は宮井くんの事を今でも想ってるのかな?そして彼との未来はあるのだろうか?あって欲しいなぁ…

その辺りを激しく期待しながら続きを待ちたいと思います。

しばらくのみしば編から宮井くん編が続くと思いますがのみしば編とはまた違ったエモさと魅力が溢れまくってます。

早く続きを読みた過ぎてソワソワが止まらない…そんな4巻でした。

もしのみ✕しばシリーズ読んでない人いたら自信を持っておすすめします。

のみ✕しばの世界に触れて無いのは損失まであります(笑)

勿論あくまで個人的な意見ですがそれくらい魅力的で素敵な作品だと思います!

13

何でこうも最高なの!!

朝から書店に行った甲斐がありましたわ。
ひぃーー…最高以外の言葉が見つからない。
何じゃこれ何じゃこれ何じゃこれ

野宮と御子柴の2人の激しいキスのその先がね…もうね…もうね…エッチ過ぎて。
た・の・し・い……(//∇//)

野宮のマグナムもご開帳しました!
最後までしてないのが不思議なくらいの進捗状況です。これでも2人にしたらどえらい進歩。
やーー…これ。最後まで致す時は、世の中ののみしばファンが幸せのあまりバタバタ倒れまくるんじゃないかなと思ったりします。
とんにかく最高でした。

でも。
4巻は野宮と御子柴の2人がメインじゃないんですよね。

そう、この4巻は大人気の宮井がメインのお話です。宮井が中学時代に出会った家庭教師との恋のストーリーが主軸。それに加えて、宮井の家族や中学時代がどうだったとかの彼の生まれ育った環境が垣間見えました。

じっくりと丁寧に描かれていてかなりの見応えです。
宮井は脇役ではありますが、のみしばにおける彼の貢献度を考えればこれだけの尺を使って描かれるのも納得。宮井がこの作品において重要なキャラであることを物語っていますね。
それにまだまだ宮井の物語は続く勢いです。むしろ序章に過ぎなかったのかも。宮井の恋愛ターンが、桐浜の学園生活に絡んでくるのが楽しみ過ぎて、のみしばカップル意外にも注目カップルが現れて幸せの極みです^ ^♪


4巻を読むまで、宮井の相手はどんな人なんだろうと思い描いていましたが、素敵なお相手ですごく嬉しかったです。大人で達観した宮井の恋愛は、のみしばの2人とは雰囲気が違うビターな関係ですが、この切なくてしっとりした恋愛模様がグッときました。本当に素敵なんですよ〜……

野宮と御子柴の明るく元気な恋愛も大好きですが、宮井の大人っぽい恋愛も大好きです。どこを向いても見どころだらけで忙しい♪
5巻も大きな動きがありそうで、続きを早く早く!って感じです。

のみ×しばは1巻から既に最高の作品ですが、勢いは巻を増すごとに衰えることなく最高を更新していっている神作品。何度も何度も読み返して大切にしていきます^ ^

12

読後の感情の振り幅が大きくなりすぎる~~

今作は宮井の過去編がメインですが、

まずは前回の続き、体験入寮生のお世話でお互いの成分接種不足だった野宮×柴ちゃんの想いが昂って、部屋の鍵をかけちゃった所から~です。




寮生が周知の事実…野宮の、のみやが、ほんとに凄かった⇧
まだグレーゾーンですが眼福でした♡

舞台の桐浜高校は進学校設定ですが、思っていた以上の難関校で(あのワチャワチャ寮生も賢い)、何事にも無気力な少年宮井が真剣に進路を考え、人生を変えてくれた人 藤間先生との出会い編が描かれています。
宮井はオープンゲイで、寮生にゲイ講座とかしてるんですが(3巻)、彼が真剣に切ない恋をしてきたなんて……!



1巻からフリーだった宮井。どうして別れる事になったのか…
大学生の家庭教師だった藤間先生が、教育実習生として再会!?
のところで続く…となって気になって気になってーーーまた次回を楽しみにします!

10

宮井の幸せを願う…!

すっっっっっごい良かった!!!(;///;)

なんていうのか……、
のみしばちゃんのラブラブは盤石で揺るがない状況でね。
残るネタは初エッチと寮での騒動ぐらいじゃないですか。

さーイチャラブ楽しむぞー!ヾ(*´∀`*)ノってテンションでページをめくって、
冒頭のめちゃエッチなエッチでうあ”ぁ”ぁ”!(←想像以上のエッチに精神の乱れ)
アナニー頑張って尻広げましょ☆という話が始まっていくのかと思いました (恥)

(↑これ、本気で思ってた)
(なるほどなるほど、しばちゃんのア○ル開発日記ね)
(よっしゃ、見届けてやるから来いやー!!(気合い))
(と、読み始めた自分を全力で反省する賢者タイム…)

そしたら宮井の過去編が始まるんですよ…。
これがものすごく良くて良くてッ!!!!!
良い意味で本編にはない空気がドドドっと流れ込み、
"今の宮井"が構築された過程にグッと鷲掴みされました。

思春期の難しい心理描写が丁寧に描かれているんですね。
思春期特有の拗らせた感情の中に、
頭が良いからこその悩みも抱えていてーーー。

【宮井雄大】という男の人間性がどのように作られたか。
人生の岐路で出会った大人の存在の大切さが沁みました。

そして現在、
バカ騒ぎして大笑いしてる宮井を改めて見ると泣けます。
のみ×しば全体で考えても引き締まる素晴らしい過去編。
のみしばちゃんの登場は少なくなっちゃってますが、
今後の展開においても大切な巻になったな~と思います!


さてさて。

最初に収録されている1話目はのみしばちゃんのエッチ。
何度も書くけどこれがもうすっっっごくエッチですた!
寮の中でイケナイことしている背徳感も手伝って
のみしばちゃんたちの興奮も伝わる…!!!(∩´///`∩)

いやはや、良いですね、寮内エッチ。
扉1枚隔てて秘密の行為って夢がありまする//////

あと野宮のtんkがすっごい大きくて…!!
ズシッとした重量も感じられるXLサイズ!

個人的にツボだったのが↓
野宮:「柴ちゃんも勃ってるでしょ…?」
柴 :(バレてたー!ちいさいのに…ッ)

ちいさいのに…www
そのあとも尻開発に積極的でとても可愛かったです♪
性への欲求に貪欲なのみしばちゃんに癒やされました♡

そして宮井の過去編に突入。
中学時代の宮井少年が抱えている鬱屈した気持ち、
何もかもに無気力で諦めと投げやりが入り交じり、
誰にも心を開くことなく生きていました。
いわば真っ暗な中で道がわからずポツンと1人佇んでいる状態なんですね。

そんな中で出会ったのは宮井を理解してくれる大人。
大学生で塾講師をしている藤間でした。

藤間は暗闇の中で道を照らしてくれる存在なんですね。
ずっと笑えなかったけれど笑えるようになった。
つまらない勉強が楽しいと思えるようになった。
本気になれなかった宮井が本気の楽しさを知っていく。
宮井の世界が広がる面白さがガンガンに伝わります…!

そして藤間への尊敬の念はいつしか恋へーーー。

藤間の隙をついてグイグイ押す姿はさすが攻め様。
そのくせ肝心なところでいじらしいからめっちゃキュンキュンするんですよ!

で。
1~3巻で宮井に恋人がいる雰囲気は見られなかった。
ってことは片思いか失恋は確定してるんですよね…;
未来を知ってるからこそジワジワと切なさが襲ってきました(;ω;)

4巻は220P越えの大ボリュームです。
宮井少年と藤間の距離感・関係性が繊細に描かれていて、
距離は近いのに最後の1歩が近づけないもどかしさが…。
一緒にいるのが自然に見える2人なのになんで…?(涙)

『何度も 何度も これからもずっとそうだと思ってた』
過去を振り返る宮井のモノローグに涙腺がゆるみました。

そして過去が現在へと繋がるの描写が上手い。
この後に何があったの!?と濁してからの現在ですよ。
あーーーーーーー5巻はよ!
明日発売になりませんか…?

藤間は本当にイイ人で頼りになる大人でした…!!
教え子と教師という間柄でも安心して見てられます。
(といっても過去編では大学1年~2年なので、)
(ギリ10代なんだよなぁ…)
(頭が良くて人間が出来すぎてて尊敬しかない…)

5巻は嵐が巻き起こりそうで楽しみですヾ(*´∀`*)ノ
宮井の幸せを願ってます!!!!!!!(クソデカボイス)

10

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(コミック)一覧を見る>>

PAGE TOP