• 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作可哀想なガラクタと君

矢藤 雪平(21歳),便利屋バイトの大学生
森生 暁,引きこもり医大生,汚部屋住人

その他の収録作品

  • after/
  • illustration
  • あとがき

あらすじ

便利屋勤務の雪平に来た部屋の片付け依頼。
ゴミためのような部屋で一人きりで過ごすのは顔の綺麗な大学生・森生だった。
実家から疎ましがられる森生の境遇を知り怒りを覚える雪平の前に、森生と過去付き合っていたという斉木教授が現れ、理不尽な要求を告げるが……。
唯一自分を必要としてくれた斉木に依存していた森生。
雪平はそんな森生をもどかしく思い――。
描きおろし短編も収録!

作品情報

作品名
可哀想なガラクタと君
作画
緒花 
原作
雪代鞠絵 
媒体
漫画(コミック)
出版社
幻冬舎コミックス
レーベル
バーズコミックス ルチルコレクション
発売日
電子発売日
ISBN
9784344852266
3.8

(21)

(8)

萌々

(4)

(8)

中立

(0)

趣味じゃない

(1)

レビュー数
5
得点
80
評価数
21
平均
3.8 / 5
神率
38.1%

レビュー投稿数5

1巻だけでは勿体ない!

コミックスはどうしてもまずは一冊に纏めないといけないので、ページ数も限られ、小説と違い細かいエピソードや深掘りが描ききれなかったりで難しいとは思うのですが、緒花 先生の描かれる森生くんが美人で可愛くっていじらしくて最高でした。
そして、鞠絵先生の真骨頂、心に傷を負ったり不憫で健気な受くんが攻との出会いによって少しずつ幸せになるお話が大好物なのですが、森生くんの幸せを祈りながら読み進めました。
カップル的にはまだまだこれからな感じで初々しさも残しながら、描きおろしではちゃんとラブラブいたしてました(´∀`*)ポッ

プラス、雪平くんの弟君達が可愛くって「にいたん」呼びにもうもう萌転がりました。雪平家の弟くん達との日常をもっともっとみたいです!

森生くんの友人や雪平くんの職場の人達等サブキャラも魅力的な人物で彩られていて楽しめました。
なのでもっともっと彼らのその後をぜひぜひ読ませて頂けたら嬉しいです~。
(まずは全サですねっ! 楽しみです~♪)

2

内にこもる弱さと強さ

今回は便利屋でアルバイトする大学生と
汚部屋の住人で休学中の大学生のお話です

引篭もった受様が攻様との関り再び外の世界に踏み出すまで
と本編後のラブラブ短編を収録。

攻様は5人兄弟の長男です。
母は双子の生んで体調が戻らないまま亡くなり
父は攻様が大学に入った年に交通事故で急逝したため
両親の遺した家で男5人で頑張っています。

両親の貯金と生命保険にはなるべく手を付けないように
攻様は便利屋のアルバイトに精を出しています。

ある日の攻様のバイトは
漫画家の飯スタントバイトでしたが
3泊4日の突貫修羅場と原稿上がりの祝宴に巻き込まれ
タクシーてに自宅近くのコンビニまできたものの
疲れと酔いでその場で撃沈してしまいます。

そんな攻様を親切にも拾ってくれた人がいたのですが
攻様が目覚めたのはゴミに囲まれた布団で
凄まじい汚部屋ぶりに逃げ出しす事になります。

部屋には住む人の全てが現れるし
有んな家がある事も仕事柄知ってはいても
もう関わりたくもない程の酷さです。

ところが次の仕事として斡旋されたのは
地方から上京したという若い男性の部屋の片付けと
引篭もっている住人をまっうな生活に戻して欲しい
という依頼でした。

しかーし、
攻様宅のご近所だからと紹介された現場&住人は
先日受様を拾ってくれた汚部屋の主だったのです。
そして彼が今回の受様です♪

攻様が身内の依頼で片付けにやってきたと言っても
「勝手にしてくれていいけど何もしない」と言い、
引篭もり解消の依頼の話をしても
「家から出ているからコンビニで君を見つけた」と
暖簾に腕押しな状態です。

果たして攻様は今回の依頼を完遂できるのか!?

雑誌掲載作をまとめての紙単行本化で
汚部屋住人の受様とバイトスタッフの攻様の
恋物語になります♪

コミカルな始まりですが、
雪代先生の原案なので痛い設定必須です。

受様の身内の登場により
受様がこんな状況を引き起こした理由が明らかになりすが

家族には怠惰故と捉えられていた汚部屋と引篭もりが
受様が心を守るためにできた精一杯だったと知った攻様は
面倒見の良い長男気質を発揮していきます。

受様の置かれた状況の危うさにハラハラしつつも
2人のハピエンを信じてドキドキで読ませて頂きました。

攻様の弟達の存在もお話を優しくさせていましたし、
受様も世間と関わることができなくなるものの
攻様を助けたように他人との関りを拒絶していないのが
卑屈さを感じさなくて良かったです。

2

ガラクタ城の眠り姫

原作ありの緒花先生作画、絵が綺麗でした。裏のあらすじ見て面白そうだったので購入
お気に入りキャラは便利屋元男性のボス、ファッションがステキとても麗しいです。この人良いこと言うのよね。

お話は医大休学中の汚部屋住人の美人さんと世話好きワンコ系の大学生の恋
やはり原作で読むのと違ってコミックスなのでさらっと読めちゃいました。少し物足りない感じです。
しかし受さんの周りはロクな人間いないな
現実でも汚部屋の住人って問題抱えていることが多いと聞きますが、森生くんも例外ではなく
認めてくれた。求められたそれだけで、クソ教授になついちゃって、そんなこと言ってくれる人がいたら別に教授じゃなくても良かったかも
たださみしかっただけで、親兄弟からも邪魔者扱い、認められたかったんだろうな、みんな承認欲求というものがあってだからSNSとかはやってるわけで、現代人の心の闇とか寂しさがかいまみえてしまったり…
でもほんとに雪平に出会えて良かった。あんな寂しい場所で朽ちていかなくて良かったなと思いました。
お人好しで面倒見の良い雪平と優秀で可愛らしいとこもある森生はとてもお似合いです。
この二人はもっともっと幸せになってほしいなと思いました。原作も読みたい!

1

ヤツらにも痛い目見させたいしな

新刊予定にお名前見つけたときから楽しみにしておりました

【真夜中のカフェでお茶を】が好きすぎて そこからコミカライズされたものはすべて読むッ!の勢いでの読み漁り
とは言え 好きな作家さまでも悪いクセで上手くハマれないものも多々あるので そこも含めほんと楽しみにしてたんですよね

しかも作画に緒花さん 
もうさ めっちゃ可愛いお話になる気しかしない


父母を次々に亡くし残された兄弟の安寧を守るため 日々便利屋バイトに勤しむ大学生長男
社長の気遣いで任された次の任務は 汚部屋清掃に引きこもりお兄さんの更正


汚部屋がだんだん息子の部屋に見えてくるコワさ 流石に食いかけの納豆はみないけど



すんごい気になるのが 地方から上京した若い男性のひとり暮らしに一軒屋借りるか?ってとこ
これを引きずるとこのあと楽しめないのがわかっているのに気になってしまう ←これも悪いクセです

平屋だからワンルームと変わらない 平屋だからワンルームと変わらない 平屋だからワンルームと変わらない

よしッ!3回いった ←なんのまじない?



あぁ なんかすんごい久しぶりに胸くそ悪くなるお話にぶち当たった気がする
大興奮で鼻息荒くなるやつです もうさ ほんと胸くそ悪い

兄貴は嫌なヤツだし ありがちだけど教授もヤな奴

なじり蔑み 疎まれたところから逃げだしゃ 妬み嫉みやっかみがパンパン
与えられたことがなく 求め方もわからない そんな空っぽなキモチにかけられた言葉に釣られ求められた気になって 落ちたところで利用されてって


ページ数のせいなのでどうすることも出来ないんだろうけど 都合よく展開しちゃうのがね
いや 見せたい不憫は十分読めるのでいいんだけど もっとゆっくり深いところまで読みたかったな


タイトルの可哀想な「ガラクタ」がわかって 汚部屋や彼を拾った理由が自分の中に落とし込まれる頃には怒りや哀しみより胸の痛さが先に読めちゃって

吐くかと思った


寂しさを認められず埋め尽くされたゴミの中で空っぽでいるしかできなかったところから 空っぽになった部屋にひとつずつ大事なものを増やしていけるようになった
捨てられたものが自分みたいで可哀想で捨てられない そんな虚しいだけのお話で終わらなかったのはよかったんだけど

やっぱり何かが物足りない そう 恋する部分がないんだよね
互いを大事なものとして意識したのはいいんだけど そこも流されてるだけみたいで

もう 寂しい思いはさせない

ってところはほんとによくわかるのに なぜだッ! なぜ1冊でまとめようとした 
本当に読ませたいところはもっと深いところにあるとみているんだけど


今回も読解力のなさを呪い 泣き寝入りするしかないのか?
なんなら 恋する二人の歩き出した未来 を期待する声を上げる準備はできているのだが
とりあえず 弟たちもいますし 長男の立場考えたらここで終わるしかないんだろうな

すんげぇ 物足りないんだけど

3

汚部屋

雪代先生だし緒花先生なので購入。どんなお話かなあと楽しみにしていましたが、王道だったので中立寄りの萌にしました。緒花先生のかかれるデフォキャラが可愛くってお気に入りです。ルチルさん掲載分+描き下ろし12P+キャララフ2P等。カバー下はなし。

疲れ果ててタクシーで帰ったものの立ち寄ったコンビニで眠りこけてしまった雪平。目が覚めると超超超超汚部屋のごみの中の布団に寝かされていて、近くにはひたすらゲームをしている美人がいて・・と続きます。汚部屋の描写はぞわぞわしちゃったよ・・サムイ・・自分の部屋片付けよう・・

攻め受け以外の登場人物は
攻めの弟複数、攻め勤務先の上司、受けの兄(くず)、受けの学生時代の知り合い(くず約1名)ぐらいかな。受けの周りにくず多いよな。不憫だわ。

++好きだったところ

絵が綺麗なんですよね、緒花先生の絵大好き!1コマ、デフォキャラの受けが「こけっ★」ってしているところがあるんですけど、そのちまちました感じがツボなんです。デフォキャラじゃない時は受けさん美人で良い。頼むから汚部屋のごみの中にいないでほしい。美しいものは美しいところに置いておきたいw

だから攻めさんが一生懸命要らないもの(くず2名含む)も片づけてキレイにしてくれて、とても嬉しかった。くずな関係になってしまう方がいるのはしようがない、事故だと思って、さっさと切り捨てて、違う人生送りましょう!

これからきっと綺麗好き?な攻めさんと良い関係を築いていけるんじゃないかなあと嬉しかった終わり方でした。

1

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(コミック)一覧を見る>>

PAGE TOP