キミログ

kimi log

キミログ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神33
  • 萌×211
  • 萌13
  • 中立5
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
33
得点
253
評価数
62
平均
4.2 / 5
神率
53.2%
著者
高将にぐん 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
室木チカ 
媒体
小説
出版社
白泉社
レーベル
花丸文庫
発売日
価格
¥533(税抜)  
ISBN
9784592875413

あらすじ

どこにでもいそうな中学二年生の高垣睦は、寝る前にインターネットに繋ぐことが日課になっていた。
ある日、睦は同じクラスで近寄りがたい優等生の曽原淳が開設しているブログを偶然発見する。
が、そこに書かれている文体は、普段の曽原とは全然ちがう弾けた文体で、秘かに好きな人がいるなんてことも告白していた。
が、その「好きな人」の符号がなんだか睦と合致するような気がして!?第58回花丸新人賞受賞作に書下ろしを追加した、純愛電波恋物語。

表題作キミログ

曽原淳・睦と同じクラスの優等生
高垣睦・勉強の苦手な中学二年生

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数33

ビバ! ハイテンション!

どこにでもいそうな中学生・高垣睦は、ネットサーフィンの途中で、自分のクラスで起こった出来事が綴られているブログを見つけます。HNからブログ主は、近寄りがたい優等生・曽原淳だと気が付きます。
文章のテンションの高さなど、普段の曽原からは想像も付かないことに驚く睦ですが、実は曽原の好きな相手というのが自分だったことには、もっと驚くんですが。
それからは、曽原のことが気になって。

最初は登場人物が中学生と知らなくて、読み始めて「どうしよう」と思ったのですが、テンポやノリの良さにぐいぐい引き込まれ、気が付いたら読み終わってました。
それくらい楽しいお話でした。

曽原の書くブログは、とてもとてもハイテンションでHNをもじり“ソファラ節”と呼ばれるほど。訪問者からも、曽原の恋に対して「頑張って~」と応援されるほどなんですね。
学校行事や些細な出来事を通じ、だんだんと曽原のことを好きになる睦。
でも、曽原本人は自分の気持ちを知られているとは思ってもいなくて、ラブと呼べるようになるには、なかなか時間がかかります。
なので、チュー止まり。でも中学生だし、ちょうどいい感じ。だからこその中学生のお話だったのかなぁ? って思ったり。
あまりの甘酸っぱさに、中学生じゃないと出来ない恋だわと思ったり。

曽原のブログ内のテンションの高さや、おバカなノリ、些細な失敗やつまずきに、ついつい応援したくなっちゃいます。

12

完熟寸前の愛しさ

性描写無しで恋の暴走を描き出す事は
何処まで可能なんでしょう?
ここまで暴走しているのに純情で清らかな
関係描写には中々お目にかかれるものでは
ないでしょうね。

ネットを知っていれば判る描写を織り込んだ
小説は存在するでしょう。
でもその描写を古びたものと感じさせず活き活きと
恋の描写に使えると言う事もまた滅多には
無いでしょう。

で、その暴走に挿絵でトドメをさすのですから、
極悪の一作であるとしか申し上げ様がありません。
挿絵と文章の相乗効果は、実に恐ろしいものですね。

因みに。
この作品はネット上で連載していたものだったとの事で、
そのログは現在も閲覧可能です。
そこに室木さんの絵とはまた別に色々掲載されているの
ですが…描いた皆様も本当によく判っていらっしゃる。
そちらもかなり美味しいです。
→http://ponkotu.chocot.net/log/log.htm

10

悶絶

声出して笑いながら本を読んだのって何年ぶりだろう。
こっそりつけてるブログを好きな人に見られてるという設定に恥ずかしくて悶絶しつつ、最後のページまで、レモンサイダー味の恋を楽しませてもらいました。
そのあと自分のブログに日記を書いてたんですが、ソファラ節に影響されて、へんてこな文体の日記になってしまった。
いいなぁこの二人。
笑ってキュンとなって癒されて、残りページが少なくなったとき、読み終えるのが悲しくて、思わずまた最初から読んでしまったほど。

9

優しさ漂う

こちらで好評だったので読んでみました。

甘酸っぱーい中学生の恋のお話。
たまたまのぞいたブログの開設者が同級生の曽原で、彼が思いを寄せているのは自分のようだということに気付く高垣。近寄りがたい雰囲気だった優等生・曽原のことをだんだん意識しだし、恋心は無いもののブログの更新が気になって仕方がない。
いつもは真面目でポーカーフェイスなのに、高垣のちょっとした出来事も大感動しながらダジャレ交じりのブログを書く曽原。

何がいいって、曽原の純粋に高垣を思う気持ちと、何があっても前向きにとらえられる価値観。高垣の肯定的なものの見方。それぞれが自分のことだけではなく相手のことや他の子(特に、曽原を好きな女子・芳野)のことにまで気を配ることができる優しさに感動しました。芳野ちゃんもとってもいい子なんです。

中学生らしい明るさと元気さとせつなさと、色気のなさ・・・なのに、じんわりと涙がにじむ優しさを感じる作品でした。

8

ソファラ節、感染ります

中学生のヒミツの恋。好きで好きで大好きで、その気持ちをブログで萌え叫ぶ。片思いで、告白したら相手が迷惑だからずっと見てるだけ。でも相手を好きになることで自分のことさえ好きになれる、そんな前向きさがヒシヒシ伝わってきます。目があっただけでブラヴォー、誕生日を祝ってもらったらナイアガラ、な感じですよ。
視点はそのブログを偶然見つけた片思いされてる側のほうで、クールな優等生であるはずクラスメイトのブログでの電波っぷりにツッコミを入れつつ、気になって毎日見てしまう。知らなかったら普通の友人として仲良くなれたのに、かえって意識する。相手が自分のことを好きだから好きになるわけじゃないけれど、ネットを通して友人になれるように、いつのまにか元気で幸せな気持ちをいっぱいもらってたんじゃないかな。
とにかくかわいいお話でした。中学生なのでちゅー止まりですが(世の中には爛れている中学生もいますが)、好きな気持ちはアンドロメダ大星雲まで行っちゃうくらい負けてない。大好きが溢れてる。ブログの中だけでなく、オフでも時々壊れたソファラくんもっと見たかったなあ。おもしろかったです。

作者ご本人のサイトに番外編があるとのことで、読んできました。ネットならではの演出。ソファラ節に声を立てて笑いました。両思いになってよかったね、と言いたい! ほんとにおめでとう!

7

ひよこ

>むつこさん

こうやってコメント返せばいいんですね!
初心者なもので…。

HPにある番外編、たくさんあって、本当に得した気分ですね。
ソファラくんもやっぱりオトコノコなんだなあ、と妙な感心をしまいました。

レビューは1年くらい前に書いたものを転載したのですが、私も読み返したくなってしまいました!

むつこ

ひよこさん、こんばんは。
私もこの作品、大好きです。ソファラ大好き。
作者さんのHPにある番外編、めちゃくちゃイイですねー!レベルの高い番外編の数々が惜しげもなくHP上に掲載されてて、すごく得した気分になりました。
文庫のなかには収録されてなかった初エッチの話も、数年後の話も、ぜんぶぜんぶ面白かったなァ。
ひよこさんのレビュー読んでまた文庫を読み返したくなって、段ボールひっかきまわして探してしまいました…w

なんて可愛い恋の話!

こちらで紹介されてなければ手に取ることもなかったかもな作品でしたが、買ってよかった!
ブログで好きなあの子への思いのたけをハイテンションで書きまくりなソファラ君。
もう、そのブログが中学生の無駄なエネルギーやら恥ずかしい感じやらお馬鹿な感じやら、、爆笑ものです。
声に出して笑ったよ。ああもう堪らん。
おかーさーーん、お赤飯ーーー!とかね。
中学生ってこんな感じだよね。高校生じゃあ出せないんだよねこの可笑しさは!
さんざん笑いながらも時にはホロリ。
こんな、ただただ純粋な子供の恋に、誰もが淡い恋心を思い出すのでしょう。
君と目が遇っただけで、たわいも無い言葉で、宇宙一幸せになれる。
何度も読み返してはウルッときてしまいました。
ソファラ君の言葉一つ一つが愛おしい、もっと読みたかったなぁ。
BLでこのようなキスどまりな話ってなかなか無いですよね?
むしろHが無かったから良かったと思います。話が良ければ萌えられるんです。
腐ってるお嬢さんも、そうじゃないお嬢さんも是非是非読んで欲しい。
とても暖かい気持ちになれました。
にぐんさんのホームページのサプライズも良かったです!

ソファラ君おめでとう!!

7

ビタミン剤のような1冊

優等生なのにブログ上では電波な曽原×ちっちゃいのが悩みの元気な中学生・睦の、初恋物語。
笑って、笑って、少しの切なさと、最後はやっぱり笑顔になれる。
そんな、まるでビタミン剤のような大好きな1冊。

元々はネット小説だったので、その当時ネット上で少なくとも3回、そして書籍になって購入後2回。そして今回レビュー前に1回と、通算6回は読んでいることになる。
これだけアホみたいに読んでる自分に驚きだけど、不思議な中毒作用に誘われてふとした時についつい手に取って読み返してみたくなるんです。
何に惹き付けられるんだろう?

ソファラ節は最高だしもちろん話の面白さも折り紙付きだけど、号泣するような心揺さぶられる話とかでは全くないし、攻めのキャラがちょい電波だってこと以外は至ってフツーの中学生の恋のお話でしかない。
でもなんて言ったらいいんだろう。
すごく「まっすぐ」な感じがする、というのが近いかもしれない。

友人と家族と好きな人。
そんな狭い世界に住む10代の子たちが持つ、素朴な「まっすぐ」さがさり気なくでも大切に描かれていて、大人の自分にはとても貴重で大事なものに感じるんだと思う。
だから何度も読み返したくなるのかもしれない。

エロい話も好きだけど、エロ無しで読める話もすごく好き。
そんな本がもっと増えるといいな、と(エロ好きだけどエロが氾濫しすぎてて)思う今日この頃。

6

ソファラ

たしか、昨年かなり評価高く~でなんかありましたよね??
それで気になって持ってはいたんです。
ようやく読むことが出来たわけですが、これはイイよ(*゚∀゚*)
エロとかないのにこの充実感やいかに!

どこにでもいそうな中2の睦。
ネットサーフィン中に思わずみつけたクラスメイトのブログ。
そこに書かれたのは片思いの自分をつづったものなのだが、あれ?この相手って・・・・もしかして俺!?
そんなところから始まるお話。
相手のまっすぐな気持ちがダダ漏れな挙句、学校にいけば顔を合わせるわけで、自分がその相手へ向けた言動が、どう捉えられたのかがブログを見るとまるわかりになってしまう。
しかも、いつもクールで冷静なアイツが、こんなハイテンションで・・・
と、いう妙なバランスがこれまた面白い
思わず笑ってしまう。
そして思わずかわいいとおもい、切ない一面にはシュンとしてしまう。
読んでいて久しぶりに「楽しい」作品でした。

ラストに向けて。
最初はなんとも思ってなかった相手の気持ちを知り
気になり、気になって、好きになる
最後までブログで~な展開が面白かったです。
たびたび睦が言う「馬鹿ソファラ」がなにより私的にツボ

6

転げまわってしまった~!

いや、面白可愛かったです。
ツイッターやブログ人口が増えてるネット社会の今、ありそうな話ではあるんですよ。

睦〔受〕はネットサーフィンをしていて偶然に同級生・曽原〔攻〕のブログを見つけちゃいます。
好奇心からそのブログを読んでいる内に、曽原に好きな相手が居て、それがどうやら自分である事に読んでいる内に気付いてしまうのですね。
もうその曽原ことソファラの書くブログがもう可愛いっていうかテンション高過ぎて笑える位にテンションが高くておもろい。
しかも優等生で真面目な曽原とブログの文体のギャップの激しさがこの作品の面白さのツボでもあると思う。

しっかし読んでてうひゃああああって転げまわりたくなったのは、こんなブログ書いててそれを好きな相手に読まれていたらそりゃなんつーかたまらん気分になるでしょうなー。
もっそい恥ずかしいと思う!もう叫んで転がりまわりたくなると思うのです。

恋する曽原のブログ内容が凄く可愛くて、面白くて、読んでいる内にイチ読者として彼の恋を応援したくなりました。
それと共に、おいおい読まれてるぞーー君のブログが本人に!!とツッコミつつ読むのもまた楽しかったです。

いやーー面白かった、そして可愛かった!
曽原のブログ内容がともかくおもろいのでこれはおススメ。

5

特に曽原が可愛くて良すぎ

ものすごく面白かったです。
ほのぼのして笑えてキュンキュンする、疲れた時に読みたい本だと思いました。とにかく登場人物がみんな色々と可愛いです。
特に曽原のキャラが良すぎでした。眼鏡だし、というか眼鏡でなかったとしても良いキャラです。
ソファラのブログは「お前本当に中学生かっ!」とツッコミを入れたくなる上に、ラストを見る限りあれが地の性格のようで見ていて楽しいです。
睦の事をブログで可愛い可愛いと連呼していますが、「お前の方が可愛いよ!」と思って読んでいました。
「BL小説での自分の一番好きな攻めキャラ」があっさりと更新されていまいました。
睦視点で話が進むものの、ブログのおかげで曽原の気持ちがだだ漏れの為か、読んでいるうちに曽原の応援をしていました。

個人的に攻めを狙う女キャラは存在そのものが苦手なのですが、芳野さんは例外中の例外で、可愛くていい子なので好きです。
女子にモテようが告白されようが、曽原に全くブレが無いのが良いです。
これで曽原の心が1ミリでも動いたなら評価は多分違ったでしょう。

作者さんのサイトで番外編が無料で見られるのも良いです。
番外編の睦がいい男すぎます。本編でもラストは男前っぽかったですが、睦に関しては番外編を読んでとても好きになりました。
勿論本編だけでも神評価なのは間違いないんですが。

話が面白く性描写はキス止まりなので、BL初心者の方にはうってつけだと思いますし、BLに慣れた方はある意味新鮮に感じるかな?と思います。

自分がBLに嵌まりたての頃(実はBL小説に関してはまだ一年経っていません…)はBLにはほのぼのした癒しを求めていたのですが、まさにそれにピッタリの話でした。
もっと早く読んでおけば良かったと後悔したレベルで気に入りました。

エッチ無しの中学生同士の話がOKな方に手放しでオススメします!

5

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ