獣の妻乞い

kemono no tsumagoi

獣の妻乞い
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神41
  • 萌×217
  • 萌18
  • 中立4
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
23
得点
331
評価数
83
平均
4.1 / 5
神率
49.4%
著者
沙野風結子 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
実相寺紫子 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
レーベル
リンクスロマンス
発売日
価格
¥855(税抜)  
ISBN
9784344812000

あらすじ

通り魔に襲われた高校生の由原尚季は、狩野飛月という男に助けられる。
強引な手口により、飛月と一緒に暮らすことになった尚季は、凶暴そうな見た目に反し、無邪気で優しい男に急速に惹かれていく。
だが、仕事に行くたび尋常さを失う飛月に、尚季は昼夜を問わず、荒々しく抱かれるようになる。
次第に獣じみていく飛月の異変に不安を覚える尚季は、彼が凶悪犯罪者を抹殺するため、秘密裏に造られた「猟獣」だと知り―。

表題作獣の妻乞い

狩野飛月 猟狼
由原尚季 高校生

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数23

二人の愛が起こした奇蹟

良かった!もう言葉で言い表せないくらい良かったです!
今まで読んだ沙野さんの作品は自分の中で高評価なものがほとんど。その中でもこの「獣の妻乞い」はダントツです!
沙野さんが素晴らしい作家さんであることを再認識しました。

萌えるシーンが山ほどありすぎて全部書き出すことは不可能!もう始終萌えていたと思って頂ければ(笑)
皆さんのレビュー同様、飛月が尚季の精液がついたタオルをしゃぶりながら自慰をするシーンはイチ押しです。
あと、更に私のツボだったのはお互いが初めて同士でのエッチです。というか飛月が尚季以外とはしない、という気持ちを持っていたのがすごく嬉しい。
中に出す時に切羽詰まってる飛月の台詞に萌え滾りました。

両想いになって幸せな二人ですがそれも長くは続きません。日に日に自我を保てなくなっていく飛月。獣医の与野に促され尚季を傷つける存在になる前に離れることを決意し、尚季の前から姿を消します。
もう切なくて!このあたりから私の涙線が危険な状態に。

尚季は野犬の情報を元に辿り着いた場所で立派な森林狼と遭遇します。一目でそれが飛月だと分かった尚季はそこで飛月と生活を始めます。
完全なる狼の姿ですが飛月は自我を失っていないのです。尚季に感謝をされると尻尾を振って喜ぶ飛月が可愛すぎる。
怪我をした尚季の為に食べ物を調達したり、人間に深手を負わされながらも鎮痛剤を持ってきたり…このへんずっと泣いてました。

野犬に尚季が襲われるシーンからの盛り上がりが物凄いです。尚季の飛月への深い愛に感動。野犬にあちこち噛まれ満身創痍になりながらも、飛月を抱きながら最期を迎えようとする尚季の姿に涙が止まりませんでした。
月貴と睦月により危機を救われますが、この先に待っているのは残酷な未来を知らされることに。ここで尚季はある決断をします。

そして本作品最大の山場、獣姦シーンです。口絵を見てからこのシーンをどれほど心待ちにしていたか。肉体的にはすごく痛そうなんだけど、それでも尚季が幸せを感じているのがすごく伝わってきます。
そして二人の愛が奇蹟を起こします。恥ずかしい表現ですが読んだ方には分かって頂けるかと思います。本当に感動しました。

ラストも良かった。結局の所、飛月がいつ堕ちてしまうかは分からない状態なんですよね。そんな日が来るまで寄り添いながら生きていくのだろう二人の未来に幸あれ。

あとがき後は月貴と睦月。こっちもなんて切ないんだろう…!早く月隠りも読まないと。

読後すぐで興奮が止まない状態でした。長すぎる感想申し訳ございません!

9

マイベスト獣姦BL

獣姦ものにおいて外せない要素といえば、獣の姿と人間の姿、両方でのエロシーンがあること。
(だと個人的には思っている)
その点、この作品には獣姦萌えの自分を黙らせるに相応しい、激濃の獣姦シーンがたっぷり詰まっていました。
だいたいが、口絵からしてトバしてます。いきなりクライマックス。
細々した説明はしないので、獣姦好きにはぜひ読んで欲しいですね。
攻の猟獣・飛月の言動や思考はまさにワンコという感じで、精悍で大きいなりして中身はひたすら一途で、必死に受の愛情を得ようとするさまが可愛くて、大いにギャップ萌えしました。

元々沙野さんの作品はどれも大好きですが、今回は本文二段組ということで、沙野作品特有の薄暗くどこか刹那的で排他的な世界観をたっぷり堪能することができました。
沙野作品は、たいがいにおいて設定が濃い。そしてエロシーンも激濃。
この作品も冷静に考えればトンデモ設定なんですが、ご都合主義もするっと受け入れさせられるというか、なんか強引な説得力があるんですよね(笑)
挿絵があまり好みでないので読むのを躊躇してたんですが、物語性や萌え要素ぎゅうぎゅう感により、ずっと取っておきたいお気に入りの一冊になりました。
この作品のスピンオフ作「獣の月隠り」も読みましたが、そちらは獣同士カプ。本作「獣の妻乞い」の獣×人間カプのほうがより禁忌感が高いので、私はこちらのほうが断然好きです。
マイ殿堂入り決定です。

7

なに…?獣姦だ…と…?でもハンカチのご用意を!

蛇恋シリーズでもブットビ展開に度胆を抜かれましたが…。
思うに、沙野先生のスゴいところはタブーに近い挑戦をしながら、
エロスとともに誰かを強く思う気持ちをきっちり書きだすバランスの良さです。

序盤は正直、単なる人外系ファンタジーのもふもふテンプレかと思いましたよ。
しかし、そこから徐々にダークな世界が映し出されます。

犯罪率が高まり、凶悪犯罪者が闊歩する近未来。
孤独な少年・尚季は、通り魔に殺されそうになったところを謎の青年・飛月に助けられます。そこから飛月のなかば強引なアタックにより、二人は同居するようになりますが、
飛月の正体は、かつて尚季が助けた手負いの黒犬だった…。
しかも極秘の国家プロジェクトとして作られた「猟獣」のトップ。
凶悪犯罪者を秘密裏に始末していく役目を負わされた人と狼の遺伝子混合体が「猟獣」なのですが、人と狼の変化を繰り返すうち、人に戻れなくなる運命でもあります。

その運命を知ってか、飛月は尚季を激しく求めますが、
殺戮を繰り返しつつ怪我を負う飛月はついに人の姿に戻れなくなります。

狼の姿のまま、尚季と激しいセックス(=交尾)をするシーンは、
ヒリヒリと焼け付くようなタブーを感じますが、決して暴力的ではありません。
それどころか、セックスのあとに尚季が狼の飛月を縊り殺そうとするくだりは
涙ナシには読めません。

人獣系の悲恋ストーリーは人と豹の変化体「キャット・ピープル」や
人とハエの混合体を主人公にすえた「ザ・フライ」など
80年代の映画にもたびたび出ていますが、その文脈に近いでしょう。
ただ、これらと違う新しさとして、「猟獣」があくまで社会的な都合で作られた産物であり、猟獣には積極的に人を殺める意志はないこと、そして最後は人として生きる決意をすることがあげられるでしょう。
(「キャット・ピープル」は血統的な宿命だし、「ザ・フライ」は偶然の産物)
なにやら、そこにメッセージ性を感じるのはワタクシだけか?
なにかと物騒な世の中、しかもクローン技術などバイオ的な技術が空想物語でなくなってきている今日とあっては、本作品の背景に妙なリアリティがありますね…。

7

すごいっ

狼がおる~~~

まんま狼ってなかなかないと思っていたのを、実現したっ

リアル獣姦でしたっ

そして、切ないっ

何度も泣いてしまいました。


次どうなるのだーと泣きながらページをめくっていた記憶があります。

私がただの痛い子みたいになってますが、
本当に泣けます。

障害がでかすぎるっし、多いっ

乗り越えて生きていく二人が大好きになりました。



まんま狼で、切なくて、本当に`神´な作品でした。

3

せ、せつない・・

もふもふ系という部分に惹かれて読んでみました。(獣姦に、ではない)

軽い気持ちで読んだら、二人とも健気で切なくて、持っていかれました!

家族の縁が薄い尚季と、猟獣として道具のように利用される飛月。淋しい境遇の二人が必死に貫こうとする純愛が切なくて切なくて。
獣姦を書きたかった沙野さんが周到に用意したのがこの展開で、そっちにがっつり気持ちを持っていかれてしまい、獣姦?いいんじゃないの?二人が幸せになれれば!と、まんまと思惑に乗せられてしまいました。

ケモノっぽい飛月の行動もなかなかにおいしく、タオル咥えて…のシーンは絶品でございました。

テンポがよいので、二段組みのボリュームもむしろ満足。イラストも秀逸で、どこにも突っ込むところがないという秀作。
私は大満足でした。獣姦はどっちでもいいけど、それを成立させるためにこんな濃いお話を書いてくれるのなら、ウェルカムです!

3

(獣の妻乞い)(獣の月隠り)是非とも読んでみて下さいませ!

ハードな場面も多々ありますけど、ガッツリと納得いくお話しです!!
沙野先生は、作者買いの御方です。重くても、救いも味わいもある作品ばかりなので、大好きです。そろそろ、ここいらで(メテオラバーズ)みたいな、ぶっ飛んだ夢を追いかけるお話し、また読んでみたいです(^з^)-☆

1

精悍な狼の いたいけな愛

獣姦ものというよりは、人外ファンタジーで純愛もの。
件のシーンに関しては、物語の展開上必然もあって別にグロくないし、
むしろ心打たれるシーンになっている。

舞台は近未来、法律で死刑執行が禁止され、刑務所には受刑者が溢れ、
結果短い期間で出所して再び罪を犯す凶悪犯罪者達。
彼らを極秘裏に処刑し、治安維持する為に生み出された狼と人とのハイブリッド「猟獣」。


幼獣の頃助けてもらった尚季を慕い続ける、「猟獣」飛月。
ようやく8年越しの想いを叶えて、再び尚季の前に現れた彼は
見かけは精悍な大型獣なのだけれど、中身はチビ狼w!
一途にひたすらに尚季を求めます。

変化を繰り返す中で、堕ちる(人型に戻れなくなる)日が近づいていく飛月。
何が起きているか真実はわからないながらも、不安が募る尚季。
強く思い合い求め合い、違う種だと分かっていても共に生きて死にたいと願う二人。

尚季がハンカチを濡らそうとつけた唾液を、怪我をした飛月が啜るシーン。
タオルについた尚季の精液を舐めながら、飛月が自慰をするシーン。
どちらも、すごくエロティックなシーンでした。

森の中でのシーンが圧巻だっただけに、その後のオチというか収拾のつけかたが甘いのが残念。
(秘密組織がそんな簡単な訳ないでしょ?!と思ったよw)
結末としては、とりあえず共に生きられるようにはなったものの
今後予断を許さない状況での、不穏さを残した暫定ハッピーエンドという感じでした。


個人的には、脇役だった月貴と睦月が好き。
後書き代わりのSSがこの二人の話なんですが、キュンときました。
と思ったら、スピンオフがあるらしい…ということで、いざっ!


※追記
 どうでもいいんですが、ハイブリッドの語源はラテン語のHybrida=イノブタらしい。
 更にどうでもいいんだけれど、こういうモフモフ物で私がくふふ~と思うのは
 獣→人に変身した後の全裸のシーン。うん、ほほえましくて好きです。
 で、この話でおかしかったのは、服を引き裂いて獣化したりはなくて
 ちゃんと脱いだ服を畳んでいたり、鞄に詰めていたりするところ。流石公務員?
 それから、感動的な奇跡に関して、月貴と睦月が二人して
 セロトニンがどうのって解説しているところも妙におかしかった。

7

God bless you.

凄く素敵な獣姦でした。
萌えメーターがはちきれそうだぜ。面白かったぁああ!

飛月がもう本当にピュアで野生的で可愛い!
そんな彼からストレートに愛情をぶつけられ戸惑いながらも徐々に受け入れていく尚季も可愛い!
発情期に入り葛藤するシーンは最高です。

そんなことを言われても困っちゃう驚きの展開ではありますが、不思議と受け入れられる気持ちです。妙に現実性があるからでしょうか。
これは盛り上がざるをえない、という内容でした。とても満足。

飛月と尚季、双方向からの視点で進む物語。
さりげないエピソードでキャラ立てるのが上手い。

飛月が人間性を失い、行動がだんだん夢と熱に浮かされたようになり獣に近づいていくさまは妙な迫力があった。

飛月視点は刻一刻とその時が近付いているのを感じさせるので切なく、彼が感じていた不安、獣に取り込まれているんだという危険信号……最初からこうなるだろうと理解していたはずなのに、そんなものが実在の危機として襲いかかってくるくだりは心臓が止まりそうな勢いで読んでいました。

終盤、猟獣から解放され幸せに満ち溢れた日常の中で、それでも必ずいつかは堕ちる日がくると示唆する描写は切ないです。

5

神聖、な?

このキーワードを検索してしまった動機がいまでも謎なのですが(笑)、読めてよかった、というか、すなおに、良いBL小説に出会えたなあ、という感想です。

個人的にいちばんえろく感じたのは、ここのレビューでも何度か挙げられている、いっしょにシャワーした時のえち(おさわり)シーン。
やっぱりなんといっても、尚季が出したものをすするのはえろすぎます…っ。
読み進めていってそのシーンに遭遇した時もうわあああってなりましたが、読み終えた後も、ふとその描写を思い返してはばったんばったんするくらいに悶え萌えております。
がっつく攻めって好きなんですが、がっつき方がこんなに獣だと、ますます良いですね…!(きらきら)

そして、問題?の狼さんとのシーンも、主人公の尚季がそれを望む心境がひしひしと伝わってくるというか、命のぎりぎりの場所で行っていることでもあるので、神聖な行為っていう印象がつよかったです。

理性ぶっとばすえろえっちってより、切なくも愛しい性行為っていう感じ?かな?
とはいえ飛月(狼さん)の身体構造はしっかり獣のそれなので、そういうあれこれを尚季はしっかり味わっちゃうわけですが。
このジャンルって2、3しか読んだことないんですが、それらぜんぶで身体構造的なあれこれはふまえられてたので、こういうのが王道なのかなあと思います。(あいまいな言い方ですみません…;ちゃんと説明しようとすると、ものすごい単語を乱発することに…!;)

本編の後半ずっと、「え、そうくるの、どうなるの、うああああ」って息も絶え絶えに駆け抜けた後、巻末のショートストーリーでものすごいきゅんきゅんきて、それからもう一度ここのレビューをじっくり読み直しに来てみたら、うああ知りませんでした、巻末の2人は続編が出てるんですね><。
わりと世界観が濃いので、続けては読めませんが、続編も読んでみたいと思います。

巻末の2人もですが、飛月の背負っている宿命もかなりしんどくて、後半は特にその切なさにぐわんぐわんと揺らされまくりでした。
そんな中でも、尚季がまっすぐに飛月のことだけを考えていて、心根の強さというか、芯の強さをずっとみせてくれていたので、辿り着いた結末にはほんとうに安堵しました。

狼さんとのあれこれに根本的な拒否反応がなくて、なおかつ、「自分で運命を切り拓こうと行動する受け」を読みたい、という方におすすめしたいです。

4

動物もアリ…でした

緊縛物も凌辱物も複数でもわりとすんなり受け入れてしまう私でさえ、人外は大好物だけど、さすがに獣相手は無いわ〰と考えていましたが改めました(笑)
きっとこの話も他の人外ものにありがちな本当の姿は動物でも人間に変身して事に及ぶ話だろうと軽い気持ちで読み始めましたが、ガッツリ4本足、毛もふもふの狼(攻)でビックリ、うわっです。

獣姦物には抵抗を感じますが、この話は獣の姿の攻とのセックスに至るまでにお互いをかけがえのない無二の存在として大切に、これでもかっとばかりに愛情を注ぎあっているので、ハードルが下がったのだと思います。
ですがキスだけでなく、フェラやアナルまでしっかり描かれているので地雷の方は要注意です!

母親を早くに亡くし、ワーカーホリック気味の父親と二人暮らしの受・尚季は幼い頃飼い犬に孤独を癒されながら生きていましたが、一匹目は他者による暴行により死亡、さらには怪我をした仔犬を助け可愛がるも逃げられたことがトラウマとなり、失うことの怖さから人にも一線を画してしまいます。

一方、助けられた仔犬は実は移送途中に逃げ出した半人半獣の猟獣攻・飛月で尚季の元から連れ戻された後も尚季に会いたい一心で苛酷な世界を生き抜き無理に無理を重ねて、8年の歳月を経て再び尚季の元に現れます。

人間の感覚が欠落した飛月と人を一定以上近づけない尚季なので、最初のうちはかなりギクシャクしますが、尚季を暴漢より救ったことにより二人の仲は急激に接近し、自らの欠けたピースを補うようにお互いを無くてはならない愛情の対象としていきます。

しかし、蜜月は長く続かず無理を重ねてきた飛月に徐々に異変が起こり始めます。そんな獣じみ、堕ちていく恋人を救おうとする尚季の痛いまでの必死さはぐっときます。この延長線上で獣姦に至るので、それもアリかなっと納得してしまうのですが…リアルに思い描くとなかなかすごいですが…タブーな分、一層萌えてしまったのも確かです(笑) 獣特有の長く大きな舌で乳首を執拗に舐められたり、蕾にこじ入れられたり、鋭い牙で太腿を甘噛みする様はかなりエロティックでドキドキです(笑)

愛する人との世界がいつ終わるともわからない状況で不安に押し潰されるのではなく、今日一日を大切に生きている二人に心を洗われました。ご都合主義なところはちょっと目につきますが(笑)ファンタジーにはつきものということで…
大型犬欲しくなる一冊です(笑)

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ