小説

  • 輝ける金の王子と後宮の銀の花
マンスリーレビューランキング
14

輝ける金の王子と後宮の銀の花

kagayakeru kin no ouji to koukyuu no gin no hana

  • 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作輝ける金の王子と後宮の銀の花

フェリクス、25歳、アルキオ王国第三王子
リクハルド、22歳、ヴィルタネン王国嫡男で、人質兼愛妾

その他の収録作品

  • 後宮に咲く相愛の花

あらすじ

後宮で人質兼愛妾として王の訪れもなく孤独に暮らす小国の王子リクハルド。ある時そんな彼の元へ、この国の第三王子であるフェリクスが忍んできて……? 宮廷シークレット・ロマンス♡

作品情報

作品名
輝ける金の王子と後宮の銀の花
著者
名倉和希 
イラスト
石田惠美 
媒体
小説
出版社
新書館
レーベル
ディアプラス文庫
発売日
ISBN
9784403525971

マンスリーレビューランキング

14

4.1

(24)

(11)

萌々

(8)

(4)

中立

(0)

趣味じゃない

(1)

レビュー数
7
得点
99
評価数
24
平均
4.1 / 5
神率
45.8%

レビュー投稿数7

転がるように惹かれて

手に汗握るハラハラドキドキするような超展開や、ものすごく強く印象に残るキャラクターがあるかというとそうではなかったのですが。
ちょっと何か読んでひと息つくのにぴったりの、重すぎず辛すぎずなちょうど良さの中に名倉先生らしさありの読みやすい1冊でした。

国内に蔓延る膿を排除するため、他国からやってきた王子であり、忘れ去られかけていた人質でもあるリクハルドを利用しようと近付く第3王子のフェリクス。
ところがどっこい!な展開は定番ではありますが、多くを望まないリクハルドのくどすぎない自然な健気さに触れ、転がるようにみるみると惹かれていくフェリクスの図ににやりとしてしまいます。
健気受けってどれくらい健気にするかの塩梅が非常にむずかしいと思うのですけれど、きちんとまっすぐとした芯があるリクハルドの健気受け具合がとってもよかったのです。
早くしあわせになってほしい受けというのかな。
両視点でそれぞれの葛藤と想いが追えるので、恋愛成就という名のゴールを見据えながら、その時がくるのをページをめくりながら待ち侘びる楽しさがあります。

内容的に特におもしろく感じたのは、その後の書き下ろしとなる後半部分。
いわゆるめでたしめでたしのその後が描かれていて、異例の存在となった受けの立場の自覚とサブキャラクターたちの交流がなんだか気持ちがよく好みでした。
うーん、フェリクス母の雰囲気が本当に素敵!
そして、素直なリクハルドに閨でいろいろと言わせたいフェリクスに名倉先生作品に登場する攻めの片鱗を感じて、これはきっと今後もっと溺愛盲目攻めになってくれるのではないかと期待をしてしまいます。

もうちょっとじっくり読みたいなと思うところもありましたが、サクサクとテンポ良く楽しむのならこれくらいの味付けのほうが読みやすいのかもしれませんね。
その後があったら追いかけたい2人のお話でした。
今後リクハルドはどんな絵を描いていくのかな。

0

絆され攻めから溺愛攻めへ

名倉和希先生の既刊作品は拝読させて頂き、今作も作家買いさせて頂きました。

個人的、各項目5段階で
健気 5
絆され 4
溺愛 3
エロ 3
な感じだと思います。

第三王子のフェリクスさん×人質兼愛妾のリクハルドさんのカプです。

人質兼八十七番目の愛妾として、後宮で孤独に暮らしていたリクハルドさん。そんなある日、第三王子のフェリクスさんがリクハルドさんの元を何度も訪れ、次第に親しくなる。しかし、フェリクスさんの目的は、第一側妃のシルヴィアの不義を暴く協力者を得る為にリクハルドさんに近付いたのだが…。

人質兼愛妾として後宮で暮らしているリクハルドさん。国王は異性愛者である為、伽を命じられることはなかった。しかし、後宮の金の分配は第一側妃のシルヴィアが行っており、後宮内で贅沢三昧のシルヴィアの所為で貧しい後宮生活を送っていた。
だけど、生活面も人質となったことにも文句や不満を言わないリクハルドさんが健気ですね。

そんなリクハルドさんを協力者とする為に近付いたフェリクスさん。それだけだとフェリクスさんが嫌な人になりそうですが、元々リクハルドさんに近付くことを提案したのは、近衛騎士団の団長グスタフなので、フェリクスさん自身はそんなに悪くないと思います。
フェリクスさんもグスタフの提案に、乗り気じゃなかったり、後ろめたい思いをすると分かっていたので、案の定健気で純粋無垢なリクハルドさんに絆されていきます。

野心家かもしれませんが、人となりが良いフェリクスなので、リクハルドさんに絆されて惹かれていった後の言動は溺愛っぷりが凄いですね。リクハルドさんの方もフェリクスさんに惹かれていくので、このまま上手くいく2人なのかなと思いましたが、やはり元々協力者にする為にリクハルドさんに近付いてきたことを知った時の落胆や周りの人達の策略で不憫な思いをするリクハルドさんが切ないです。

周りの脇役達の所為で不憫な思いや切ない展開もありますが、フェリクスさんもリクハルドさんもお互いを想い合う気持ちは強くて、通じ合ってからは溺愛されて敬愛されて少しずつ幸せになっていくので、是非とも読んでほしいです。

2

攻めがとにかく忙しい

じわじわとした違和感が確定したとき。
ツメが甘いんだよ!フェリクス。なぜ自分の足と時間を使って直接伝えない?ぬるい!ぬるすぎる!いくら時間がないからって。

いきなりすみません。

主人公リクハルドの心の美しさ聡いところ。泣けて泣けて。全てを察しても…愛してるからと。この美しい想い出を一生大事にと。号泣でした。薄幸過ぎる!
なのになのに。まあ、うーん、良かったですね。
な前半でした。

なんか前半の始まりが胸糞で、途中からはそんなこと忘れてフェリクスがリクハルドに夢中になるんですけど…。

後半はフェリクスがそれはそれはリクハルドを愛しくて会いたくて抱いてたくてなお話でした。リクハルドの侍女達への言葉にこちらも泣けて泣けて。

これからは寒い部屋のかたいベッドの薄いシーツで震えて眠らなくていいね(泣)
好きなだけ絵を描いて本を読んで自由に過ごしてね。

2

ハズレがない名倉作品

ここ最近の名倉和希先生の作品はハズレが無いので、今回も楽しみにして予約していました。雑誌掲載作である表題作と書き下ろしの「後宮に咲く相愛の花」から構成されてます。

受け攻め両視点があるので、フェリクスの苦悩とか決断が分かるので気持ちに関しては安心して読めます。でもそれ以外でハラハラドキドキさせてくれるのです。流石でした。

フェリクスがリクハルドを守りたいと思ってても、彼を取り巻く環境がそれを許さないのです。そしてフェリクスの為にと健気なリクハルドの思いにジンと来ました。

表題作は緊迫感があってページを捲る手が止まりませんでした。テンポ良く書かれてて変に勿体ぶらずに進められてる点も好感が持てました。

そして書き下ろしではもう二度とリクハルドを傷付けることが無いように、あちらこちらに気を配るフェリクスがスパダリでした。

実はフェリクスの元婚約者が横やりを入れて来るのではと身構えてたんですが、それさえ無いくらいに守り切っていました。ちょっと物足りなかったけどこの元婚約者に瑕疵はないのでこうなったんでしょうね。

フェリクスの母親が素敵な人物で、個人的にお気に入りのキャラでした。

それと勝手な私のイメージなのですが受け攻めの名前が逆な感じがして、読んでてどっちが受けだっけと何度かなりました。私のフェリクスという名前のイメージは受けなんです…。

3

利用するつもりが、溺愛へ

名倉先生の書かれるハッピーストーリーが大好きで、今回の新作も発売を楽しみにしていました◎

コミコミさん便が本日やっと届き、石田惠美先生の美麗な表紙にうっとり、ワクワクしながら早速読んだのですが。

んん…なんだろう、サラっと読めてしまう…先生らしい、いつものように読みやすい文章なんですがそういうことではなくて、なんというかこう…刺さらない。。
展開が早く、攻め受け・ストーリー共に特に心にグッとくる!という部分があまり無かったな、、と。

以下、簡単なあらすじです。

小国から人質兼、87番目(!)の愛妾として大国へと送り込まれた王子・リクハルド。愛妾と言っても王の訪れは一度もなく、12歳の時から10年間、閉ざされた後宮内で慎ましく暮らしていました。
そんなある日、王の第2側室の息子である王子・フェリクスがリクハルドのもとを訪れ、優しい彼の態度にリクハルドは恋に落ちてしまいます。
しかしフェリクスには、第1側室の不貞を暴いて失脚させ、自分が立太子するという野望があり、そのためにリクハルドを利用しようと近づいていてー

と続くお話です。

何と言うか、知りたいことがちょくちょく省略化されていたり、ん?と引っかかる部分があり、ちょーっと消化不良・萌え足りない読後感でした。

・そもそも、一人しかいない息子を人質として隣国に出したリクハルドの父王の考えとは??(リクハルド自身が希望した&リクハルドの妹がまだ2歳だったとはいえ、王太子を人質として送り込むの…?)

・フェリクス、企みを持って近づいた割に、結構簡単にリクハルドに情が湧いたな〜…

とか、

・リクハルドが、第1側室の不貞の証拠を見つけ出す場面がない…いつの間にか見つかったことになってストーリーが進んでいる

・フェリクスが第1側妃の不貞の証拠を父王に突きつける場面もない…緊迫感のありそうなやりとり、見たかったんだけどな。。
etc..

こんな↑部分に所々モヤっとし、物語の世界に没入しきれなかった感が。

そしてこれぞ名倉先生!と膝を打ちたくなるような、「受けのことが好きすぎるあまりちょっと様子のおかしくなる攻め」の姿が今回は全く見られなかったのも、個人的に残念だった。。

と、いうことで、すっきり綺麗なお話なんですが「萌」とさせていただきました。

先生の作品は本当に大好きなので、他作品を読み返して萌えを思う存分吸収したいと思います…!!

4

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(小説)一覧を見る>>

PAGE TOP