「俺のこと抱いてよ」

コミック

  • 誰も知らない恋の果て
  • 誰も知らない恋の果て
マンスリーレビューランキング
94

誰も知らない恋の果て

daremo shiranai koi no hate

  • 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作誰も知らない恋の果て

鬼塚椿、フリーのライター
神代真白、大学生

あらすじ

友人に無理やり参加させられた合コンで場に馴染めずにいた鬼塚は、
そこで初めて出会ったやたら顔の綺麗な男・真白に突然「やっと会えた…!」と抱きつかれる。
まったく身に覚えはないものの、真白の押しの強さに流されるまま身体の関係を持ってしまい――
そのときから、不思議な夢を見るようになり…?
それは、真白とよく似た子供と、鬼だった自分の前世の姿で――

何度生まれ変わっても、あなたに食べて欲しい…
かけたまが描くひたむきで刹那な愛のかたち。

《収録内容》
◆『誰も知らない恋の果て』1~7話
◆描き下ろし6P

作品情報

作品名
誰も知らない恋の果て
著者
かけたま 
媒体
漫画(コミック)
出版社
一迅社
レーベル
gateauコミックス
発売日
電子発売日
ISBN
9784758027113

マンスリーレビューランキング

94

4.1

(13)

(6)

萌々

(3)

(4)

中立

(0)

趣味じゃない

(0)

レビュー数
3
得点
54
評価数
13
平均
4.1 / 5
神率
46.2%

レビュー投稿数3

運命的

同時発売だったオメガバースがすごく好みだったので購入。
帯はちょっぴり不穏な感じでしたが、内容はとってもハートフルでした。

前世の記憶があってその想いを募らせたまま椿を探し続けていた真白。
椿は何も憶えていなかったけれど、現世での初対面の時の強引すぎる真白を受け入れてしまっているあたり、本能的に何か感じる部分があったのがわかります。
ものすごく不思議なタイミングでの再会でしたが、それも偶然ではなく運命に組み込まれたものだったのだろうなと思いました。

真白は前世でのふたりの繋がりやそもそも記憶があることすら椿に言わずに過ごしていたので、鬼だったころを思い出した椿が過去の自分を責める気持ちから真白に別れを告げるシーンはめちゃくちゃハラハラしたけれど。
でもすぐに真白のことが大切だと気付いてくれるのですれ違うことはなく、幸せな結末へと向かってくれて本当に嬉しかったです。

ラストシーンのお互い好きだと言い合う様子はめっちゃくちゃ甘くて、でもまた巡り会えて本当に良かったなぁとしみじみ思うような感動もありました。
過去の記憶を辿るところは切なかったりもしますが、でもその中にも幸せな瞬間がしっかりと見えて、メリハリがある展開にものすごく引き込まれたお話でした。

0

ラブコメの裏に隠された前世の因縁に涙なしには読めない

椿×真白


コミカルの展開の中、
泣いた・・・泣いた・・・。

ガンガン天然ワンコやんちゃ受け!が最高!

鬼と人間としての
深い愛と前世からの因縁が交差し、
次第に明らかになる2人の過去に、
切なくて苦しい展開が胸を締め付ける!


ちょっとひんやりした恋に無関心のような大学生の主人公・椿が、
出会うのが、同級生の美人・真白。
真白の無理やりな誘いっぷりから始まる体の関係から、
無理やりに恋人同士になっていく2人!

前世の記憶が蘇っていく椿と、
前世の記憶を持つ真白。

強引だけど、一途で健気な真白(艶美な体の魅力)に、
どんどん動かされる椿の気持ちにキュンとなると同時に、
前世の影の痛みが心にしみる。

椿の感情の変化と共に次第に進展していく 
エッチの光景が全部心躍るものばかり!
真白からの誘いから始まるドキっエッチ!
椿の欲望に突入する渇求エッチ!
椿の独占欲と嫉妬が爆発する激エッチでは心臓がもたない!
2人の愛が溢れまくるトロ甘エッチ・・・完全に萌えてしまう!

ドタバタラブコメの裏に隠された
前世の宿命に涙なしには読めない・・・、
笑いと涙と愛とエロのバランスが絶妙で、
繰り返される輪廻の中で、
2人の愛が繋がっていく様子が感動で胸がいっぱいになりました!

2

前世で大好きだった人との、再会愛

前世で恋仲だった二人が生まれ変わってーーという、転生もの。

攻めが前世では鬼、受けはその生贄だったという設定です。
ちょっと全体的にサラッと読めてしまったかな…という感じがしたため、「萌」評価で。。

友人に連れて行かれた合コン先で偶然出会った男・真白(受)に突然「やっと会えた!」と抱きつかれた椿(攻)。二人で一緒に飲むことになり、酔い潰れた真白を仕方なく自宅へ連れて帰ったところ、突然「俺のこと抱いてよ」と言われ、関係を持ってしまいー

と続くお話です。

再会してから二人の距離が近づくまでの展開が、感動をじっくり味わいたい自分にはちょっと早すぎるように感じたかな、、

夏祭りの最中に急に椿が「抱きたい」って気持ちになるのにちょっと違和感が;
前世の記憶がそうさせた、ってことなのかと思うのですが、前世は前世として、現世では少しずつ関係を築いていく様子が見たかったなー、と。

そして、これはただの自分の好みの話だけど、攻めの髪型!!
最後に変わっちゃうんです。髪を切らない方が良かったよー!長い方が似合ってたよーう!!と残念に思っちゃいました。。

1

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(コミック)一覧を見る>>

PAGE TOP