「情」なのか「恋」なのか? 心乱れるときめきラブ&エロス★

ミスターコンビニエンス

mr.convenience

ミスターコンビニエンス
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神36
  • 萌×219
  • 萌22
  • 中立5
  • しゅみじゃない10

--

レビュー数
32
得点
327
評価数
92
平均
3.7 / 5
神率
39.1%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
東京漫画社
レーベル
MARBLE COMICS
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784904101186

あらすじ

そこそこのセンスにルックス、そこそこの肩書きに収入、
不平不満もそこそこで、そこそこ良い女とそこそこに長い関係。
今までの人生、たいていのことが「そこそこ」レベルで足元が
安定していた人生に色恋沙汰で天変地異が起きた!

コンビニ店長・北村誠光31歳。
バイトの年下男・南原に狂わされ、恋に乱れるときめきラブ&エロス★

2人のその後を大量に描き下ろし、阿仁谷ワールド炸裂のセカンドコミックス!
出版社より

表題作ミスターコンビニエンス

コンビニ店長/北村誠光(31歳)
クビになったコンビニ店員/南原竜司(21歳)

その他の収録作品

  • Mr and Ms.コンビニ(番外編)

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数32

エロくて健気な受けに骨抜きにされる

 ストーリーを大まかに纏めると、彼女と付き合ってはいるけれどドライな関係になりつつある攻めの北村が、受けの南原が自分に好意を持っていることを知り、なし崩しで体の関係に発展してしまうところから始まります。北村はなかなか頭で同性を受け入れることができず、酷い男だと自覚しつつも彼女と南原の間でふらふらしながら、徐々に南原に向いていく自分の気持ちを認めて彼を受け入れる覚悟を決める、という流れです。相手に尽くすタイプで尚且つ割り切った関係でもいいと予防線を張ってしまう南原が可哀想なんですが、北村もなんだか憎めないキャラでした。

 シリアス感はそこまで強いわけでもなく、適度にギャグも挟んであって読みやすい作品です。そんな中でも南原のフェロモンが垂れ流される濃厚な濡れ場や、気丈に振舞っていても時折隠しきれない感情が溢れ出す表情にぐっと引き込まれました。そして番外編では、南原の過去や恋愛観が描かれています。便利なコンビニのように相手に尽くして尽くして尽くしきって、最後の最後でもいいから自分をこれほど愛してくれるのは南原だけだと気付いてくれたらいい。なんて美しくてエゴが強くて健気な愛なのか。この番外編で彼の本当の魅力を知れた気がします。

 この作品を気に入った方には、2人の後日談を描いた『Mr. CVS』もオススメです。北村の南原への気持ちがかなり強くなっていて、セックスでも歯止めが効かず暴走してしまうほど南原を愛していることが伝わってきてすごく萌えました。

0

南原が可愛くてたまらん!

南原が健気で一途で可愛くてたまりません!

つけこみますよ!全力で。
でもノンケに告白した時はフラレる時って切なかったなあ。

北村がなんでもソコソコ平均値にとらわれて優柔不断というか少しズルい大人ですね。

南原が軽そうに見えて実はいいやつで売り上げにも貢献してましたね。

彼女持ちのノンケに惚れて、でもぐらついてる北村につけこむよ!南原のエロ顔に北村はぐらつき、南原に触れたくて、でもそんな気持ちを認められなくて。彼女も浮気してたのに別れる気ないとか言っちゃって。

最後に合鍵をドアに張って見つけてくれるかかけるところ、北村の住む街で就職するのに2ヶ月かけて南原が会いに来たところ、ティッシュが一箱なくなるまで盛るところ。この辺がたたみかけました。

1ページ目の二人がまさかこの二人とは全然わかりませんでした。

短編は秋名が南原にひどいことするけど好き故になのでなんとも…。南原が可哀想、でも可愛い。

0

ドロッと、それでいてポップ

久々にじっくり読み返し、なんだか感慨深くなったので初レビューをこの作品に捧げます。
阿仁谷作品はこれが初でした。初めのうちは独特な絵柄に少し抵抗があったものの、ストーリーに魅せられ、そのストーリーにマッチした絵柄に今では虜です(笑)
内容は他の方のレビューや作品紹介にもある通り田舎のコンビニの店長×クビになった元バイトくんのお話です。
どこにでもいるような可もなく不可もなく、なコンビニのような男・北村(攻)がまー煮え切らないこと…
女性関係然り、元バイトの南原(受)との関係然り、全部曖昧です。ハッキリとせず色々濁してその場をやり切ろうとする様子はすごくもだもだします。でも、あーこんな人いるなあ。と思うほど、北村は普通の人なんです。そんな普通の人に降りかかるスパイス、もといイレギュラーが南原。ゲイで十歳年下で考え方も価値観も違う南原に好意を寄せられて、だんだんと北村が絆されていくのですが、南原がひたすら健気でいじらしい。物語を大きく動かしていく北村の彼女・秋名や秋名の妹の春名がなんせ強かでずる賢いタイプなので、自ずと南原の健気さが際立ちます(笑)
北村との別れのシーンで、北村の前では明るく元気に別れを告げて、北村宅の玄関の扉を閉めてから南原が啜り泣くシーンは見ていて心臓が鷲掴みにされたような感覚になりました。阿仁谷さんの作品はキャラの表情や感情が豊かで感情移入しまくってしまいます。
そんな南原の泣き声を扉越しに聞いて、やっと自分に踏ん切りを付ける北村。いやー、本当最後の最後でやっと…。
しかし秋名さん、恐ろしい…(笑)北村が自分から別れを切り出すまで別れてあげない宣言、しかし自分にも新しい男が既にいるという…魔性です(笑)でも秋名さんの気持ちも共感できる所があり、女の人ってこんなもんだよなあと。ハッキリと意思表示をしない北村に嫌気がさすのはわかります(笑)
そんな北村がハッキリと「好いとう」と言った時の破壊力がもう…嬉しそうに笑う南原が本当に嬉しそうで、ハッピーエンドで一安心です。よかったね南原くん!
長々と書きましたが、興味のある方は一度読んでみることをオススメします。たしかに阿仁谷さんの作品は好みが別れると思います。それでも、その癖にハマったが最後、阿仁谷ワールドに引き摺り込まれていきます。
エロ多めが好きな方にもオススメです(笑)

2

番外編まで含めての良く出来た面白さ

なんとなく読んだ「刺青の男」があまりにも良かったのでこちらも読んでみたのですが、面白い!

ものすごい巧妙だと思いました。
出てくる女性(春名、秋名)の計算高さ、狡さ、強かさでもって南原を一層健気に見せているというか、こんなふうに並べて見せられると否が応でも南原を可愛く思わざるを得ないというか。
秋名までいくとやりすぎですけど、春名のような女性は実際案外多いと思うのですよね。
それにひきかえ南原は、24時間尽くしてくれて、エロくて、健気で、可愛くて…世の男性の多くが理想とする女性像(でも実際には存在しないに等しい)に近い感じがします。
北村のヘタレっぷりもまた草食系というか最近の日本男性に多い感じ?(でも南原のお陰でちょい肉食化出来た?)

南原のエロい表情が堪らないですね。
好き嫌いが分かれるようですが、私はこの方の絵がとにかく大好きです。美しい。

2

も~煮え切らん男っちゃねぇ!

懐かしか~
こげん内容やったとね~
と思いながら読み返すこの本。
私の阿仁谷さん初読み作です。

阿仁谷さんの作品には博多弁がよく使われていますが、
博多弁けっこう好きです。
方言の持つ独特な温かみや人間臭さを感じます。

私の友達に博多弁が大好きで九州の大学に進学して九州で就職して九州の男と結婚した人がいますが、今や完全な博多弁でしゃべってます。
さすがにそこまで筋金入りの「好き」ではないですが。
Z○○P等のライブにもよく行くので、親しみのある方言・土地です。
やっぱり大陸との交流が多かった地域だからですかね。
美人も多いし、ご飯もおいしいし良いところです。
すいとーばい!

この作品に出会った頃は、とにかくダラダラと日常を描いた作品に出会いたい、ちょっと毛色の変わった作品に出会いたいと思っていたころで、そして気分にマッチして出会った作品でした。

多分阿仁谷さんといえばポップでキュートとか、
汁だくなエロとかウルウル感がいいとか、
割とそのあたりの推しが強いように思うのですが、
私はこの作品に関してはいい意味で泥臭いところが好きでした。

自分はあの人を好きなのか、
自分はあの人と付き合いたいのか、
自分はあの人とどうしたいのか、どうなりたいのか、
あのはっきり決めきらんところとか、
格好悪い部分もしっかり描かれているので、
リアル恋愛で感じたことをすごく思い出しました。

それと、実はこの作品の攻めの「店長」さん、
元彼に性格がそっくりでね(苦笑)
見た目は全然違いますけどね、性格が完全一致です;
なんであんなヤツと付き合っていたのか。
若気の至りです。

彼女さん(春名)の気持ちが超~分かるわ~と思いましたよ。
ちゃんと「別れて下さい」って言わんと別れてあげんけんね!
って気持ちになるんだよね。
んで、女の子のほうは実はもう次の人を見つけていたりしてね。
本当によくある、こういうの。

恋愛ごとってうまく進みそうで進まなくて、もどかしいことが多い。
あきらめようと思っても、あきらめきれなくて、
もうしつこいかな、やめようかな、でも押してみたら案外いいかもしれないし、
でももう潮時かな、こんな関係っておかしいよね、おかしいけど止められないよ・・・。

というあのグルグル感。
それが男同士だから余計にこじれているところが切なくて。

この作品の攻めは自分の知り合いにそっくりな人でしたが、
読み辛くはありませんでした。

たまにキャラが自分の友達や身内にそっくりで読むのが苦痛だったとか、
名前も性格も職業も全部被ってて面食らったことも過去にはありましたが、
この作品の場合はそこまでのきつさは感じませんでした。

ちょっと苦い気持ちにはなりましたが、
これを読んでいた時にはもう良い思い出になっていたから、だと思います。

そんなこんなでこれを読むと色々思い出しちゃう、
自分にとってはアルバム的な作品でした。

0

田舎のコンビニってこんな感じなのかな

全然家がないところにポツンと建てられたコンビニが舞台です。
あまりにも売り上げが上がらないので急きょバイトをクビにしなきゃいけなくなった店長北村。そしてクビになった南原の話。

元々北村は同じ会社の春名という女性とそこそこ長く付き合っていたんですが、クビ宣告をした南原にその場で告白されます。もう会う事もないと思っていたけどひょんなきっかけで再会し、やっぱり諦められないと言われ、南原のアタックが始まります。

北原さんのほどほど冷めてるけど大人でいるところにリアルさを感じます。
私は春名さん嫌いですね。酷い事してるのに自分は棚上げで上からで話の中であまり悪者になっていないところが嫌です。
南原エロエロで可愛くて良かったです。北原さんがすごく好きなのが伝わります。
ボーナストラック超きゅんきゅんでした。ハッピーエンドで良かったなぁ。南原と再会した時の北原さんの反応と、プレイ時にぶわっと泣きながら好いとうって繰り返すところすごく良かったです。感動的でした。

0

泥臭さが良い

あらすじや内容は、レビューがたくさん上がっていますので感想中心で。

阿仁谷さんは初読みでした。
うーん、評価が色々なところで良かったものでチャレンジしてみましたが、わたしにはあわなかったです(汗
ストーリーはとても良かったので、この作品が阿仁谷さん原作で、小説ならばすごくハマれた気がします。
ということは絵柄がハマれないということで……漫画では致命的。

攻めの北村は、彼女持ちのコンビニ店長。
かたや受けの南原は、コンビニアルバイトのゲイ。

北村は高望みしなければそれなりに人生送れることを知っていますが、南原と出会い、徐々に振り子が片方に傾くように。
退屈ですが平凡な日常からズルズルと引き倒れていきます。

女性はやっぱり鼻がききますね(笑
わたしは嫌いじゃなかったかな。
北村が優柔不断な様子も、ノンケがグルグル思い悩むことは当たり前なので良かったです。
なんといいますか、人の心の弱さや綺麗事だけじゃない現実を描かれていて、ああ、やっぱり絵柄にハマれず本当残念です。
絵柄が受け入れられる方ならば、きっと神作品と感じるのではないでしょうか。

0

受けが可愛くて萌え~

表紙が可愛くて期待して読んでみたら、思いの外中の絵が好みじゃ
なくてどうしよう…と、思ってた作品だったんですが、読んでいる
うちにあまり気にならなくなるくらい面白かったです。というか、
南原が可愛くて可愛くて!見た目はかなりチャライのに、一途で
攻めのことが大好きとかなんて俺得設定。

自分は北村が大好きだけど、北村は自分のことを好きじゃないから
言った「おれのこと好きなヤツにしか触らせてやらん」には相当心を
もっていかれました。私が。で、その後の「ほんとは、嬉しかった」
っていうのも最高に可愛かったです。……が、南原は好きだったん
ですけど、北村が個人的には好みじゃなかったです。年下の南原が
グイグイいくだけに、私的に中途半端で煮え切らないおっさんみたいな
イメージが付いてしまいました。

しかも、まっとうな現実に~とか言いつつ、北村の方が先だったとは
いえ相手の女は人事部長の愛人だし、いやいやいや真っ当じゃなくない?
女が相手っていうだけで真っ当なの?と。流され侍だけど大事なところ
までは流されない、みたいなはっきりしなさがどうも……好きになれない
です。(かといって流され侍も好きじゃない)

番外編の南原の過去の話で、南原が思いを寄せていた攻めも個人的に
すごくいけ好かない奴だったし、多分南原と趣味合わないんだなぁ…と
思いました。南原本人は好きだけど!

0

コンビニって良いなぁ

女性が登場するのは、好きじゃないですが、阿仁谷さんの描く女性はとてもセクシーで、邪魔には感じません

好きな作家さんですが、水の中にいるようなエロが多いので
読む時と読めない時が激しいです

今日はちょっと無理と思う日もあります、そんな作品の中でも、このコンビニエンスは、比較的今日は無理だなと思うことが少ない作品です

コンビニ店長の北村は、長年つきあっている彼女がいる
しかも、人事部長の愛人だった彼女

コンビニバイトの南原に告白をされる

当初北村はすべて受け身で生きているような感じで
本部の指示でクビにしなきゃいけないことすら回避も擁護もできない

なんだか情けないやつだなと
思ってしまったのですが
最後まで読んでから読み直しをすると、不思議と違う人物像が浮かび上がりました

綺麗なできすぎた人間関係なんてないですね

0

南原はカワイイが・・・

南原はゲイ。バイト先のコンビニの店長北村に密に想いを寄せてました。
ある日、売り上げの悪い店舗の人員削減のために、南原はバイトをクビに。
それをきっかけに、南原は北村に告白します。

南原、なんか妙にテンション高いです(笑)。でも、一途でカワイイ・・・
最初はおもいっきり引いていた北村が、だんだん絆されていったのも分かります。
そして、春名さんの裏切りを知って、北村は南原の愛撫を受け入れちゃいます。
一夜だけ、流されただけ・・・・
の、はずだったんですが(笑)

北村が、だんだん南原に惹かれていく様子が、よく分かります。
南原、エロカワイイ・・・!
そして「おれの事好きな奴にしか触らせてやらん」という気持がいじらしい。
北原じゃなくても絆されちゃいますよね!

だけど反対に、北原の魅力がいまいち分からない。
なんだろう、優柔不断と言うか煮え切らないというか・・・
最後はちゃんと男になりますが(笑)

方言はいいですね~!
「好いとう」には萌えました・・・
ただ、絵は好みが分かれると思います。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ